新鮮な魚介や地元で評判の有名グルメまで、八戸の名物ランチ4選
56

青森県の東の玄関口・八戸は、県内きってのグルメタウン。港町ならではの獲れたての魚介を味わえる店、地元の素材にこだわったおしゃれなレストランなど、ハイレベルなランチスポットが集まっています。なかでも、和・洋・エスニックからピックアップした選りすぐりの4店をご紹介します。

八食センター

「いちば亭海鮮丼」2,980円は+800円で八戸の郷土料理「いちご煮(小)セット」に「いちば亭海鮮丼」2,980円は+800円で八戸の郷土料理「いちご煮(小)セット」に

八戸や青森県の名物グルメが勢揃いするフードマーケット。鮮魚市場を中心に、新鮮な地魚を味わえるレストランも集まっています。
なかでも「いちば亭」は、海鮮丼をはじめ、すし、刺身、フライほか、おいしい魚をさまざまな料理で楽しめると評判の店です。ランチのおすすめ「いちば亭海鮮丼」は、マグロやイカ、ウニ、自家製のシメサバなど10種類以上のネタを盛りつけた豪華な丼。ごはんを白米か酢飯から選べるほか、セットの吸い物はウニやアワビを具にした潮汁「いちご煮」にも替えられます(プラス料金)。
17時以降、すし&しゃぶしゃぶの食べ放題専門店になるというのも人気の理由です。

サポーターズコメント
友人や家族が青森に遊びに来た際には必ず連れて行きます!ランチを食べて、お土産を買うのが定番コースです。

海鮮レストランも充実

新鮮な魚がずらり。宅配もOKなので、荷物の重さを気にせず買い物を楽しめます新鮮な魚がずらり。宅配もOKなので、荷物の重さを気にせず買い物を楽しめます

八戸港に近く、水揚げしたばかりの上質な魚介が手に入るため、館内のテナントは鮮魚店がメイン。長さ170mほどのメインストリートに沿って、魚介を売る店が延々と並んでいます。
レストランは、「いちば亭」のほか、回転ずしや海鮮丼の店がある「厨(くりや)スタジアム」、八戸ラーメンや郷土グルメの店が揃う「味横丁」、場内で買った魚や肉を炭火焼きにできる「七厘村」など3つのコーナーに計10軒。
さらに海産物の加工品、県産の野菜やフルーツ、肉、南部せんべいをはじめとした青森銘菓、地酒などのショップもあり、八戸の一大グルメパークとなっています。

店舗情報

八食センター

八食センター
  • URL:https://www.849net.com
  • 住所:八戸市河原木字神才22-2  MAP
  • アクセス:八戸駅から100円バス八食センター行き乗車約11分、終点下車すぐ
    八戸駅からタクシーで約8分
  • 営業時間:厨スタジアム9:00~21:00(いちば亭は10:00~(ランチL.O.17:00、17:00~L.O.20:30はすし&しゃぶしゃぶの食べ放題のみ))、味横丁9:00~18:30(L.O.18:00)、市場棟9:00~18:00 ※お盆・年末年始は変更あり
  • 定休日:水曜(祝日・繁忙期は営業)・1/1、厨スタジアムは無休(除く1/1)
  • TEL:0178-28-9311、いちば亭直通0178-28-8748
  • 駐車場:無料

イタリア料理Casa del cibo(カーサ・デル・チーボ)

ランチコース「MENU B」1,300円の一例。前菜、パスタ、デザート、自家製フォカッチャにドリンク付きランチコース「MENU B」1,850円の一例。前菜、パスタ、デザート、自家製フォカッチャにドリンク付き

八戸の食材を、味も盛りつけも洗練された品々にアレンジして楽しませてくれるイタリアン。ランチは、コースが3種類。前菜やパスタ、メインといった食事はそれぞれ4品から、デザートは3品から好みのものを選ぶプリフィクススタイルで、チョイスのなかでは、何といっても海の幸を取りいれたメニューが人気です。
たとえば、春ならサクラマスのマリネやトゲグリガニを使ったサラダ、ツブ貝のパスタほか。夏には八戸名産のイカやウニ、秋にはサバ、サケ、アナゴをはじめ、バラエティ豊かな魚介を使った料理が並びます。

サポーターズコメント
地元の食材を多く使用した料理はどれもおいしく、繊細な盛り付けも魅力的です。

腕利きシェフも魅了する八戸の食材

ソムリエの奥様と開いた店。店内のテーブルは、会話がしやすいよう円卓をセレクトソムリエの奥様と開いた店。店内のテーブルは、会話がしやすいよう円卓をセレクト

シェフは都内にある数々の有名レストランで修業し、2011年にこの店をオープン。近年では、豪華旅列車「TRAIN SUITE(トランスイート)四季島」の料理人としても活躍しています。
そんな一流どころで腕を磨いてきたシェフにとっても、新鮮な地魚やみずみずしいオーガニック野菜といった八戸の旬の食材はとても魅力的。生産者や食材と直にふれあいながらメニューを考え、ときには初めて知る八戸ならではの食材に出会ったりします。
地元のパワーたっぷりの食材を料理に仕上げることで、より豊かに味わってほしい、イタリア語で「食べ物の家」をあらわす店名にはそんな思いが込められています。

店舗情報

イタリア料理Casa del cibo(カーサ・デル・チーボ)

イタリア料理Casa del cibo(カーサ・デル・チーボ)
  • URL:http://www.casa-del-cibo.com
  • 住所:青森県八戸市湊高台1-19-6  MAP
  • アクセス:八戸駅から八戸市営バス旭ヶ丘営業所行き乗車約32~43分、「平和病院前」下車徒歩約2分
    八戸駅からタクシーで約20分
  • 営業時間:11:30~L.O.13:30、18:00~L.O.20:30
  • 定休日:日曜・第1・2月曜
  • TEL:0178-20-9646
  • 駐車場:無料

農風Kitchen Yui(ゆい)

「ビストロランチセット」1,500円の一例。前菜のほか、肉料理のソースにも野菜やハーブがたっぷり。写真のスープはカリフラワーがベース「ビストロランチセット」1,500円の一例。前菜のほか、肉料理のソースにも野菜やハーブがたっぷり。写真のスープはカリフラワーがベース

八戸市のとなり、南部町の農家出身のシェフが営むカジュアルフレンチ。地産地消をコンセプトにしており、料理には近郊の生産者が育てた野菜がたっぷり入ります。
なかでも「ビストロランチセット」は、前菜として「旬野菜の盛り合わせ」が付く人気のメニュー。10種類以上の野菜を楽しめるうえ、食感を楽しみたいキュウリはフレッシュで、ズッキーニは甘みが引き立つようにグリル、パプリカはマリネにと、それぞれの素材にあわせた味わい方をさせてくれるのも魅力です。

サポーターズコメント
旬の食材を使った料理は季節で変わるので、季節ごとに行きたくなるレストランです。ランチはもちろんですが夜もコストパフォーマンスが良いです。

おいしさのワケは顔の見える野菜&フルーツ

シックな雰囲気。店内には、生産者たちを撮影したポスターを貼ったコーナーもシックな雰囲気。店内には、生産者たちを撮影したポスターを貼ったコーナーも

店のネーミングは、絆を大切にする農業の「結い」の考え方から。シェフと生産者の強い結びつきがあってこそ、おいしい野菜を食べられるのです。
生産者の仲間には、シェフのお兄様もいて、野菜やフルーツを店に届けており、その素材は「兄貴のブドウスカッシュ」となってメニューに登場しています。
このほか、ソフトドリンクはオーガニックのニンジンでつくる「水野さんの人参とオレンジジュース」「ゆっきーさんのりんごジュース」などもあり、ランチタイムは半額になります。

サポーターズコメント
個室があるので、お子さま連れでも安心してお食事することができます。

店舗情報

農風Kitchen Yui(ゆい)

農風Kitchen Yui(ゆい)
  • URL:http://kitchenyui.info
  • 住所:青森県八戸市番町25MOTOBLD1F(旧グレイス番町)  MAP
  • アクセス:本八戸駅から徒歩約8分
  • 営業時間:11:30~15:00(L.O.14:00)、17:30 ~23:00(L.O.22:00、21:00以降来店がない場合は閉店)
  • 定休日:日曜・第3月曜
  • TEL:0178-44-3035
  • 駐車場:無し(近隣の民営駐車場を利用)

ROB PHOTONS(ロブフォートンズ)

「ビーフフォー」1,090円、後ろは、鶏のレバーペーストが隠し味の「チキンバインミー(L)」600円「ビーフフォー」1,090円、後ろは、鶏のレバーペーストが隠し味の「チキンバインミー(L)」600円

ベトナムの代表ヌードル「フォー」の専門店。フォーは米粉の平打ち麺に肉や魚介などの具をトッピングした麺料理で、この店では8種類のメニューを味わえます。
なかでも店のいち押しは、ゆでた牛バラ肉をたっぷりのせた「ビーフフォー」。ジューシーな肉の旨みがあっさりとした麺とよくマッチし、ベトナム人シェフ直伝という牛骨だしのスープとの相性もぴったりです。
食べる際は、ニンニク、酢、トウガラシが入った「シラチャーソース」や甘味噌風の「ホイシンソース」などの調味料をかけると、よりベトナム料理らしい味を楽しめます。

ベトナム風サンドウィッチ「バインミー」もおすすめ

県内ではベトナム料理店が珍しいため、遠方から来る人も。夏場は冷製のフォーも味わえます県内ではベトナム料理店が珍しいため、遠方から来る人も。夏場は冷製のフォーも味わえます

フォーと並ぶ、この店の名物がフランスパンを使った「バインミー」というサンドイッチ。蒸し鶏や紅白なますを挟んだ「チキンバインミー」や「エッグバインミー」などがあり、なますのサッパリした風味に食が進みます。
店内は、モノトーンでまとめたカフェバー風のデザイン。カウンター式のオープンキッチンを中心に、ゆったりしたシートのテーブル席やカウンター席などがあります。
また、2階席はガラリと雰囲気が変わり、ファンタジックなインテリア。赤、黄、緑、青と、ランタンをモチーフにしたランプシェードが無数に並び、天井をカラフルに飾っています。

サポーターズコメント
DIY感がある店内はおしゃれで居心地のよい空間です。一人でも入りやすい雰囲気なので、よくお邪魔してます。

店舗情報

ROB PHOTONS(ロブフォートンズ)

ROB PHOTONS(ロブフォートンズ)
  • URL:http://robphotons.com
  • 住所:青森県八戸市十八日町1-2 MAP
  • アクセス:本八戸駅から徒歩約10分
  • 営業時間:10:00~L.O.22:00、金曜日・土曜日は〜L.O.23:30
  • 定休日:無休
  • TEL:0178-51-8622
  • 駐車場:無料
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。