弘前の四季の気温・服装をチェックしよう
2

北西部に岩木山、南部に白神山地と大鰐(おおわに)山地に囲まれた弘前市。それぞれの山々に連なる台地や丘陵地では、豊かな自然の中に、青森県内4割の生産量を占めるりんご園が広がっています。
年間平均気温は10.5℃。1年を通じて冷涼な気候で、東京の年間平均気温15.8℃と比べて5.3℃低くなります。
弘前市のある津軽地方は、梅雨の影響が少なく、初夏は気温が高く、乾燥した日が続く傾向にあります。一方、冬は季節風の冷たく湿った空気が奥羽山脈にぶつかり、雪を降らせるため日本海側特有の大雪に。同じ青森県でも、太平洋側にある十和田市、八戸市などとは気候が大きく異なります。

弘前の年間気温

春(3月~5月)の気温・服装について

弘前城の桜弘前城の桜

まだまだ白銀の世界が広がる3月。平均気温は2.2℃と厳しい寒さが続くので、防寒対策が必須です。最高気温が8℃まで上昇する3月中旬から下旬にかけて雪解けが始まり、木々や草花が芽吹き始めます。
4月の平均気温は、9.6℃。桜が見頃となる4月下旬から5月上旬にかけては、最高気温が15℃前後、最低気温が5℃前後と気温差が大きくなります。弘前城や岩木山などの桜の名所に出かける時には、コートを持ち歩くことをおすすめします。
りんごの花が満開を迎える5月中旬を過ぎれば、平均最高気温が20℃を超え、爽やかな季節を迎えます。この時期は、日中は厚手のカットソーなどの軽装で十分ですが、ウインドブレーカーやニットカーディガンなどを携帯しておくと万全です。

夏(6月~8月)の気温・服装について

弘前ねぷたまつり弘前ねぷたまつり

梅雨の影響が少なく、1年の中でも降水量が少ない6月は、お出かけ日和。平均気温は17.2℃と過ごしやすく、ノスタルジックな弘前市街を散策するのにぴったりの季節です。
7月の平均気温は24℃、8月が22.1℃と、東京と比べて3~4℃低く、冷涼な夏となります。
国の重要無形民俗文化財に指定されている「弘前ねぷたまつり」は、8月初旬に開催。熱気の渦に包まれた祭りが終われば、盛夏もそろそろ終了。半袖やノースリーブで過ごせるのは日中のみ。夜は、20℃未満となり、涼しさを感じます。カーディガンや長袖シャツなどを常備しておきましょう。

秋(9月~11月)の気温・服装について

弘前城の紅弘前城の紅葉

9月の平均気温は18.5℃。暑さも収まり、中旬になると朝晩は肌寒くなってきます。津軽富士と呼ばれる「岩木山」の紅葉も山頂が色づき、下旬になると山全体が錦秋に染まります。1000本のカエデと2600本の桜の色づく弘前城の紅葉は、10月中旬から11月初旬までが見頃。りんご狩りも10月から11月下旬まで楽しめます。
この時期、日中は15℃前後、夜は10℃前後の気温となるため、シャツやニットの上に羽織れるコートを用意しておくと良いでしょう。
11月半ばには、平均気温が5℃を下回る日が多くなり、ぐっと気温が下がります。初雪が降り、冬の便りが届き始めます。
11月の平均気温は東京の1月同様の気温なので、防寒対策をした服装で出かけましょう。

冬(12月~2月)の気温・服装について

弘前城雪燈籠まつり弘前城雪燈籠まつり「津軽錦絵大回廊」

弘前の12月~2月の平均気温は-0.6℃。最低気温が-8℃まで下がる日もあり、底冷えのする寒さとなります。雪の降る日も多く、12月から徐々に積雪量も増え、1、2月は80㎝を超えてきます。ダウンコートや裏地のついたロングパンツのほか、マフラー、手袋、カイロなどの小物も用意し、防寒対策を徹底しましょう。また、雪に備え、足元はスノーブーツが良いでしょう。
冬の弘前も、見どころが満載です。市内の洋館などをライトアップするイルミネーションや、約200基の様々な雪像と雪の燈籠が並ぶ「弘前城雪燈籠まつり」は、今や弘前の冬の風物詩に。ほか「鬼神社しめ縄奉納裸参り」など、津軽地方ならではの旧正月の民間信仰行事も多く行われています。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。