会津地方(会津若松・磐梯・猪苗代湖)の気温・服装を知っておこう
143

全国第3位の広大な面積を持つ福島県。太平洋側沿岸の浜通り、太平洋側内陸の中通り、日本海側内陸の会津地方に地域が三分されており、気候が異なります。会津地方は、日本海側気候で全国有数の豪雪地帯。特に、磐梯山(標高1,819m)や日本で4番の広さを持つ猪苗代湖周辺は、ウインタースポーツをはじめ、大自然を楽しめる一大リゾートエリアとしても知られています。
一年の平均気温は11.9℃。東京の平均気温16.4℃と比べて4.5℃低くなります。盆地気候の会津若松市に猪苗代湖・磐梯が隣接して広がり、磐梯山へと標高が上がります。温泉地やスキー場などがある磐梯山中腹や裏磐梯エリアでは標高が約800mとなります。その標高差は大きく、盆地では特有の暑さ、標高の高い地域では厳しい寒さなど、季節ごとに各地で服装の備えも変わってきます。

会津地方(会津若松・磐梯・猪苗代湖)の気候・服装

会津地方(会津若松・磐梯・猪苗代湖)の春(3~5月)の気温・服装について

春の鶴ヶ城春の鶴ヶ城

福島県内の3つの地域で最も春が遅い会津地方。3月の平均気温は3.1℃と、寒い冬がまだまだ続きます。G.W.までウインタースポーツが盛んな猪苗代湖・磐梯に出かける場合は、ダウンコートやスノーブーツなどが必須となります。
会津若松市にある「鶴ヶ城」が1,000本の桜で染まるのは、4月中旬。平均気温が9.4℃まで上昇し、徐々に暖かく感じられるようになりますが、この頃は低気圧と高気圧が交互に張り出し、天気が乱調する傾向にあるので雨具の携帯が必要になります。また、夜は放射冷却で零下になることもあるので、厚手のコートやマフラーを用意しておきましょう。
5月になると陽気も良く、平均気温は16.2℃に。晴天の日も多く、おでかけ日和が続きます。

会津地方(会津若松・磐梯・猪苗代湖)の夏(6~8月)の気温・服装について

猪苗代湖の志田浜猪苗代湖の志田浜

会津地方の6月の平均気温は21.1℃。東京の平均気温より約1.5℃低くなります。梅雨は6月中旬から始まり、梅雨前線が停滞しやすい7月に入ると降水量が高くなる傾向にあります。標高の高い磐梯・猪苗代湖では、平均気温が会津若松市内より5℃前後低く、さらに雨が降ると気温が一気に下がります。出かける時は、防風・防水に優れたウインドブレーカーなどを用意しましょう。
梅雨が明けると、気温も上昇。特に盆地は蒸し暑い日が続き、Tシャツやノースリーブが快適な服装となります。レイクアクティビティやハイキングなど、大自然を満喫できる猪苗代湖・磐梯の平均気温は23℃前後。ただし、夜は10℃台まで気温が下がることもあるので、パーカーなど羽織れるものが必要となります。

会津地方(会津若松・磐梯・猪苗代湖)の秋(9~11月)の気温・服装について

磐梯高原・裏磐梯エリアの紅葉磐梯高原・裏磐梯エリアの紅葉

東京の9月の平均気温24.6℃と比べ、平均気温が3.5℃ほど低い会津地方。秋の到来も一足早く、磐梯・猪苗代湖では9月中旬から紅葉が始まります。この頃は、秋雨前線や台風の影響で、雨の日も多くなりますので、雨具と合わせてストールなど、防寒用の小物を携帯しておくと便利です。
会津駒ヶ岳や飯豊山、磐梯山が初冠雪を観測する10月下旬になると、会津若松市内中心も平均最低気温が10℃以下に。この時期の会津盆地は、朝霧が発生するほど朝晩の冷え込みが厳しくなり、マフラーや厚手の上着が必須となります。
市内で初雪が観測される11月下旬頃の服装は、防寒対策をしっかりと。車で出かける時はチェーンやスタッドレスタイヤを用意しましょう。

会津地方(会津若松・磐梯・猪苗代湖)の冬(12~2月)の気温・服装について

東北最大級のスキー場「アルツ磐梯」東北最大級のスキー場「アルツ磐梯」

シベリア高気圧が優位になり季節風が吹く12月の会津地方は一面が銀世界に様変わり。年間降雨量の約半分が雪という豪雪地帯で知られ、特に奥会津では一晩で1m以上雪が積もることもあります。平均気温も12月が1.9℃、1月が-1.2℃、2月が-0.8℃と厳しい寒さが続きます。
スノーアクティビティで賑わう磐梯・猪苗代湖周辺に出かける時は、厚手のインナーにセーター、ダウンコート、足元はスノーブーツの着用を。その他、手袋やニット帽、カイロなど、足元から頭まで防寒対策を行いましょう。
冬が長く雪も深い会津地方には温泉も多く、スキー場やワカサギ釣りなど、冬ならではの遊びも満載。防寒を整えて雪遊びを楽しみましょう。