桜が5月まで楽しめる!北海道 お花見の名所
27

北の大地、北海道では4月下旬から5月中旬にかけて、桜が楽しめます。
薄紅色の大きな花をつけるエゾヤマザクラや、花が開くにつれて白から薄紅色へと少しずつ色合いを変えていくチシマザクラなど、本州にはない品種が見られます。
また、多くの人が桜の下でジンギスカンを楽しむ風景も北海道の春の風物詩です。

旭山公園

旭川市公園の桜 写真提供:旭川市公園緑地協会

旭山公園は人気の旭山動物園の隣にあり、その名も「旭山」という丘の斜面に広がっています。園内には3500本ものエゾヤマザクラがあり、特に公園の駐車場から中腹のあずまやにかけて、桜がたくさん植えられています。入口からは、薄いピンクでふんわりと染まった山を見上げられ、ゆるやかな坂を少しのぼって振り返れば、桜越しに旭川の市街地を一望できるのも魅力です。
桜の見頃は5月上旬から中旬で、この時期に毎年「夜桜まつり」が開催されています。桜の開花から5月末までは、火の使用が許可されるため、バーベキューを楽しむ人も多くなります。

▼旭山公園夜桜まつり 時期未定 ライトアップは19:00~22:00
開催時期については旭山公園のウェブサイトで発表。

施設情報

旭山公園
  • URL:http://www.asahikawa-park.or.jp/park/special/asahiyama.html
  • 住所:北海道旭川市東旭川町倉沼 MAP
  • アクセス:旭川電気軌道41、42、47系統、旭山動物園方面行きで動物園正門下車、徒歩約15分
  • TEL:0166-52-1934(旭川市公園緑地協会) 0166-36-6811(庭園受付)
  • 駐車場:無料

常磐(ときわ)公園

常磐公園写真提供:旭川市公園緑地協会

2016年に開園100周年を迎えた常磐公園は、旭川市内で一番古い公園で、「日本の都市公園100選」にも選ばれています。市街地からも近いため、旭川市内の観光がてら訪ねられるのも魅力のひとつ。
園内では約200本のエゾヤマザクラが見られるほか、「千鳥ヶ池」の周りでは、シダレザクラが咲き、同じ時期に北海道の山岳地帯などでよく見られる、エゾムラサキツツジの花が咲き、緑の芝生によく映えます。池の水面にシダレザクラが映し出される様子は、思わず目をみはる美しさ。また、池の上から周辺の桜をぐるりと眺められるボートも人気です。
4月終わり頃から白く大きなキタコブシの花が咲きはじめ、5月上旬から中旬にかけてエゾヤマザクラ、シダレザクラ、エゾムラサキツツジと続き、華やかなシーズンを迎えます。

施設情報

常磐公園

神楽岡(かぐらおか)公園

神楽岡公園写真提供:旭川市公園緑地協会

旭川市の中心部から南東に3キロの場所にある神楽岡公園も、100年以上の歴史を誇ります。自然の地形が活かされているのが特徴で、エゾリスやアカゲラなどの小動物や野鳥が暮らす林は、散歩やピクニックに最適です。
園内にはエゾヤマザクラを中心に約200本の桜があり、お花見シーズンは5月上旬から中旬にかけて。緑の芝生に座って、上空に広がる桜をのんびり眺めるのも素敵ですが、他の公園にくらべると、背の高い桜の木が多く、高い位置に花をつけるため、少し離れた場所から眺めると、より華やかな風景を楽しめます。

施設情報

神楽岡公園
  • URL:http://www.asahikawa-park.or.jp/park/synthesis/kagura.html
  • 住所:北海道旭川市神楽岡公園 MAP
  • アクセス:旭川電気軌道 82系統、南高校行き、84系統ひじり野1の1行きで、上川神社前下車 徒歩10分
  • TEL:0166-52-1934(旭川市公園緑地協会)、0166-65-5553(緑のセンター)
  • 駐車場:無料

東大樹木園そばの桜

東大樹木園そばの桜写真提供:ふらの観光協会

富良野市にある「東大樹木園」は、東京大学が森林研究のために所有する施設。一般にも開放されており、エゾマツやカラマツ、ブナ、ポプラなどさまざまな樹木を見学できます。
園内でも桜の木は見られますが、お花見のスポットとしては樹木園の外側、国道38号線沿いに約500m続くエゾヤマザクラの600本の並木が有名です。道の両脇をピンクに彩る桜の木々と青い空、そして雪をいただいた山々の風景は北海道の春そのもの。写真スポットとしても人気が高く、桜が見頃を迎える5月中旬頃には、ドライブがてら、たくさんの人が立ち寄ります。

スポット情報

東大樹木園そばの桜

モエレ沼公園

モエレ沼公園写真提供:モエレ沼公園

世界的アーティスト、イサム・ノグチが設計した、札幌市の郊外にあるモエレ沼公園は、自然とアートが見事に調和する公園として多くの人に愛されています。
この時期のおすすめは「サクラの森」と呼ばれるエリア。イサム・ノグチがデザインした126基の遊具が置かれた7つの広場の周りを2000本もの桜の木が囲んでおり、4月下旬から5月上旬にかけてエゾヤマザクラ、それより少し小ぶりのカスミザクラ、チシマザクラ、フリルのような花びらが愛らしいヤエザクラと、順番に咲いていきます。桜のピンク色のグラデーションと青い空、そしてカラフルな遊具のコントラストが美しい、アーティスティックな空間です。

施設情報

モエレ沼公園
  • URL:http://moerenumapark.jp/
  • 住所:北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1 MAP
  • アクセス:地下鉄東豊線「環状通東駅」から「東69 あいの里教育大駅/中沼小学校通り行き」、「東79 中沼小学校通り行き」で約25分、「モエレ沼公園東口」下車。その他、土、日曜と祝日は地下鉄東西線「バスセンター」、地下鉄南北線「麻生」、地下鉄東豊線「栄町」他から「モエレ沼公園行き」の期間限定運行バスあり。
  • TEL:011-790-1231
  • 駐車場:無料 7:00~19:00 (P2中央のみ7:00~22:00)

円山公園

円山公園写真提供:円山公園

札幌の桜の名所として知られるのが円山公園です。パークセンター周辺や坂下野球場があるエリアには、約150本のエゾヤマザクラをはじめソメイヨシノやヤエザクラ、シダレザクラなどがあり、隣り合う北海道神宮の境内でもお花見が楽しめることから、多くの人で賑わいます。
桜がほころぶのは、ちょうどゴールデンウイークあたり。まずエゾヤマザクラが咲き、その後ソメイヨシノなどその他の桜が咲いていきます。また、円山公園では桜の開花に合わせて園内での火の使用が許可されるため、ジンギスカン・パーティの輪も見られます。

施設情報

円山公園
  • URL:http://maruyamapark.jp/
  • 住所:北海道札幌市中央区宮ヶ丘他 MAP
  • アクセス:地下鉄東西線「円山公園駅」から徒歩5分
  • TEL:011-621-0453
  • 駐車場:無し
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。