会津若松を満喫できる、おすすめランチ
14

「鶴ヶ城」や「飯盛山」、大正時代の建物が並ぶ「七日町通り」など、観光スポットが点在する会津若松市には、ランチにおすすめのスポットもたくさんあります。郷土料理店からグルメバーガーショップまで、市内観光の途中にぜひ立ち寄りたい厳選6店をご紹介します。

渋川問屋(しぶかわどんや)

会津に伝わる滋味深い郷土料理を堪能

「祭り御前 鶴」2,200円[「祭り御前 鶴」2,200円

「七日町通り」にある郷土料理の店。明治から大正時代にかけて建てられた風情ある建物で、会津に古くから伝わる食事を楽しめます。内陸に位置する会津地方では、新鮮な魚の代わりに様々な乾物が料理に用いられ、ニシンの頭や内臓、卵を取って干物にした「身欠きニシン」を山椒漬けや昆布巻き、天ぷらなどにする料理が生まれました。人気の「祭り御膳 鶴」では、それら3種類のニシン料理の他、干して棒のように固くなったマダラを煮つけた「棒タラ煮」、会津地方の蕎麦の実をゆでた「そば粒がゆ」などが味わえます。

歴史ある建物で過ごす、特別なひととき

のれんをくぐると右に和の空間、左に洋の空間、奥に庭が広がるのれんをくぐると右に和の空間、左に洋の空間、奥に庭が広がる

渋川問屋は明治20年代に海鮮問屋として創業。昭和40年代に問屋業を終え、現在は郷土料理の店と宿泊施設として生まれ変わっています。細かい格子が印象的な建物は、「七日町通り」でもひときわ目を引く大きさを誇り、会津の大店(おおだな)として栄えた歴史を感じさせます。
食事は予約なしでも利用でき、囲炉裏(いろり)のある「大漁の間」は、連日多くの人でにぎわいます。事前予約をすれば、美しい中庭を望む「蔵座敷」なども利用可能。非日常の時間を過ごせます。

店舗情報

渋川問屋(しぶかわどんや)

渋川問屋(しぶかわどんや)
  • URL:http://shibukawadonya.com/
  • 住所:福島県会津若松市七日町3-28 MAP
  • アクセス:JR七日町駅から徒歩約2分
    バス:JR会津若松駅から周遊バス乗車、「七日町駅前」下車すぐ
  • 営業時間:11:00~21:00(L.O.20:00)
  • 定休日:不定休
  • TEL:0242-28-4000
  • 駐車場:無料

野菜レストランポタジエ

旬の野菜を使った、目にも美しい料理

彩り豊かな料理と5~6種類のスイーツが楽しめる「スイーツランチ」2,090円彩り豊かな料理と5~6種類のスイーツが楽しめる「スイーツランチ」2,090円

白虎隊ゆかりの地として知られる「飯盛山」の近くにあるレストラン。料理の主役は野菜で、ランチコースのオードブルには、約20種類もの旬の野菜が使われています。内容は毎日少しずつ変わりますが、テリーヌやポタージュ、ラタトゥイユなど、ひと皿で様々な料理を味わえるのが魅力です。
女性におすすめなのが「スイーツランチ」。野菜のオードブル、パスタ、スイーツ5〜6種の盛り合わせ、ドリンクとボリューム満点。スイーツはすべて手作りで甘さ控えめなのも、うれしいポイントです。

福島の野菜のおいしさを実感

来店客の約9割を女性が占める人気のレストラン来店客の約9割を女性が占める人気のレストラン

料理に使われる野菜の多くは、会津若松市内や会津坂下町、北会津地方などで栽培されたもの。「甘みが強く味が濃い」といわれる福島県の野菜の特徴を最大限に生かすため、料理の味付けはごくシンプル。上質なオリーブオイル、イタリア産の塩あるいは地元の「山塩」など、調味料にもこだわっています。仕入れは毎日変わるため、訪れるたびに新しい料理に出合えるのも魅力。旬の野菜の料理を楽しみに出かけてみてはいかがでしょうか。

店舗情報

野菜レストランポタジエ

野菜レストランポタジエ
  • URL:https://potager-aizu.com/
  • 住所:福島県会津若松市一箕町八幡字牛ヶ墓14-1 MAP
  • アクセス:JR会津若松駅から車で約6分
    バス:JR会津若松駅から周遊バス乗車、「飯盛山下」下車徒歩約3分
  • 営業時間:11:00~14:30(L.O.)、17:30~20:00(L.O.)
  • 定休日:月曜、日曜の夜
  • TEL:0242-93-8404
  • 駐車場:無料

満田屋(みつたや)

種類豊富な田楽を伝統の味噌でいただく

7種類の田楽が味わえる「田楽コース」1,400円6種類の田楽が味わえる「田楽コース」1,400円

「七日町通り」の近くにある老舗の味噌屋。食事処では様々な種類の田楽を1本から注文できます。おすすめは、6種類の味が楽しめる「田楽コース」。豆腐の生揚げ、こんにゃく(2本)、里芋、餅の他、身欠きニシン(干物)に、しんごろう(炊いたうるち米を半分つぶして丸めたもの)と、会津ならではの食材を満田屋の4種類の味噌(甘味噌、ゆず味噌、山椒味噌、じゅうねん味噌)でいただきます。中でもすりつぶしたエゴマを味噌に混ぜ込んだ「じゅうねん味噌」は、粒々とした食感と香ばしさがくせになります。

休日は行列ができる大人気店

カウンター席そばの囲炉裏。若女将と話しながら出来上がりを待つのも楽しいカウンター席そばの囲炉裏(いろり)。若女将と話しながら出来あがりを待つのも楽しい

満田屋の歴史は古く、創業は天保5年(1834年)に遡ります。手作り味噌の店として地元で愛されてきましたが、先々代の時代に田楽を提供するようになり、一躍有名になりました。
田楽の注文が入ると、七代目となる若女将が囲炉裏に串を刺し、炭火であぶっていきます。味噌は、食材に合わせて種類や塗るタイミングを変えるというこだわりよう。焦がさないよう絶妙な角度と頃合いを見計らって焼きあげられ、熱々の状態で供されます。休日は行列になるため、時間に余裕をもって出かけましょう。

店舗情報

満田屋(みつたや)

満田屋(みつたや)
  • URL:https://www.mitsutaya.jp/store.html
  • 住所:福島県会津若松市大町1-1-25 MAP
  • アクセス:JR七日町駅から徒歩約10分
    バス:JR会津若松駅から周遊バス乗車、「七日町白木屋前」下車徒歩約3分
  • 営業時間:10:00~17:00(L.O.16:50)
  • 定休日:水曜(祝日の場合は営業、4~12月の第4・5水曜は営業)
  • TEL:0120-30-8803
  • 駐車場:無料

鶴ヶ岡茶寮

贅沢な空間でいただく大人気ランチ

月替わりの料理が味わえる「利休弁当」2,200円月替わりの料理が味わえる「利休弁当」2,200円は平日のランチ限定

「鶴ヶ城」の近くにある、茅葺の門が目印の日本料理店。風情ある母屋や離れで、上品な味わいの料理がいただけると評判です。
一番人気は、季節の料理が味わえる「利休弁当」。前菜、小鉢、刺身、焼物、煮物、揚物の6品にご飯、味噌汁、デザートが付く充実の内容で、地元の旬の野菜がたくさん使われています。また月替わりの料理に合わせて器も毎月変わるので、会津漆器の椀や有田、伊万里の皿など、美しい器を愛でるのも、楽しみのひとつ。事前に予約を入れて訪ねましょう。

和の情緒と共に食事を楽しむ

各テーブルは御簾(みす)で仕切られている各テーブルは御簾(みす)で仕切られている

母屋に入ると、テーブルごとにスペースが広く取られ、よく手入れされた庭を眺めながら、ゆったりと食事を楽しめるしつらえになっています。小グループでの食事には、個室がおすすめ。特に離れにある個室はプライベート感が高く、時間を忘れて過ごせます。
一見、敷居の高い店に思えますが、価格は比較的リーズナブル。月替わりの季節料理7品が並ぶミニ会席膳「茶寮御膳」(3,100円)、会津の郷土料理である馬刺や鰊の山椒漬け、こづゆ、鯉の旨煮などをコースで楽しめる「会津まるごと膳」(4,400円・要予約)なども人気です。

店舗情報

鶴ヶ丘茶寮

鶴ヶ岡茶寮
  • URL:https://www.aizukanko.com/gourmet/590
  • 住所:福島県会津若松市東栄町8-47 MAP
  • アクセス:JR会津若松駅から車で約8分
    バス:JR会津若松駅から周遊バス乗車、「北出丸大通り」下車徒歩すぐ
  • 営業時間:11:30~15:00(最終入店13:40)、17:00~22:00(最終入店20:00)
  • 定休日:月曜(祝日の場合は営業、翌日休み)
  • TEL:0242-26-6052
  • 駐車場:無料

会津料理 鶴井筒(つるいづつ)

古民家で様々な郷土料理を少しずついただく

「会津の味 丸かじりセット(雪)」2,200円。会津本郷焼きや会津漆器の器にも注目「会津の味 丸かじりセット(雪)」2,200円。会津本郷焼きや会津漆器の器にも注目

「会津武家屋敷」のすぐ近くにある会津料理の店。会津地方には「蕎麦、餅、ごっつおう(ごちそう)」という言葉があり、蕎麦と餅でもてなす風習にあやかった料理が「会津の味 丸かじりセット(雪)」で味わえます。タラの甘露煮(棒タラ)やニシンの山椒漬けは、海から離れ新鮮な海の幸が手に入らなかったため生まれた会津を代表する料理。汁椀の「こづゆ」はお祝いの席には欠かせない一品で、きくらげや根菜類、豆麩が入った澄まし汁です。その他、厚揚げの田楽、ごまときなこのお餅、山菜そばが楽しめます。

明治30年代建築の造り酒屋の豪邸で、大地主の気分に

店内に入ると囲炉裏が目の前に。食事は奥にある32畳もの大広間で店内に入ると囲炉裏(いろり)が目の前に。食事は奥にある32畳もの大広間で

丸かじりセットに加え、会津名物で欠かせないのが「まんじゅうの天ぷら」です。餡入りのまんじゅうを揚げたもので、醤油をつけて食べればお酒のおつまみにも。さらに喜多方ラーメンなどもあり、会津地方の味を満喫できます。
建物は、喜多方市山都町にあった造り酒屋の母屋を移築したもの。3つの囲炉裏やケヤキの太い梁、大黒柱などが印象的です。食事をいただくのは店内奥にある32畳敷きの大広間。会津出身の日本画家の絵画などが掛けられた風情豊かな空間です。

店舗情報

鶴井筒

鶴井筒
  • 住所:福島県会津若松市東山町院内109-1 MAP
  • アクセス:JR西若松駅から車で約10分
    バス:JR会津若松駅から周遊バス乗車、「会津武家屋敷前」下車徒歩約1分
  • 営業時間:11:00~16:00(17:00以降は予約営業)
  • 定休日:不定休 ※1月6日~3月上旬冬期休業
  • TEL:0242-26-5629
  • 駐車場:無料

会津バーガー Lucky Smile(ラッキースマイル)

肉の旨みがジュワッと広がるグルメバーガー

「会津美人(べっぴん)バーガー」はラスク付きで880円。ランチセットはプラス250円でスープ、ドリンクが付く「会津美人(べっぴん)バーガー」はラスク付きで880円。ランチセットはプラス250円でスープ、ドリンクが付く

七日町通りにあるハンバーガーレストラン。メニューには「猪苗代バーガー」、「鶴ヶ城バーガー」など、地元にちなんだ名称が並びます。自家製のバンズは3種類。パティには特注の牛粗びき肉を使用し、野菜は地元の農家から仕入れています。
女性に人気の「会津美人バーガー」は、会津産コシヒカリの米粉にリコピン豊富な完熟トマトを加えてこね上げた、モチモチのバンズが特徴。クリーミーなチーズソースが、アボカド、トマト、フライドオニオンなどの野菜とジューシーなパティの味を見事にまとめます。

ポップな店内で楽しいランチタイムを

テーブルに並ぶおもちゃで遊びながらハンバーガーの完成を待つテーブルに並ぶおもちゃで遊びながらハンバーガーの完成を待つ

店内には風船や蓄音機、昔のおもちゃなどが並び、楽しい雰囲気が漂います。
七日町という場所柄、観光客や修学旅行生の来店も多いため、会津にしかないグルメバーガーを目指して、オリジナルの商品作りを行ったとのこと。約15種類のハンバーガ-は、3種類のバンズ(米粉とトマト、ライ麦、オニオン全粒粉)と多彩な具材を組み合わせた、魅惑的なものばかり。またハンバーガーにフライドポテトではなく、ラスクが添えられるのも特徴で、シュガー、キャラメル、アーモンドのいずれかの味が楽しめます。

店舗情報

会津バーガー Lucky Smile(ラッキースマイル)

会津バーガー Lucky Smile(ラッキースマイル)
  • URL:https://www.facebook.com/aizu.burger/
  • 住所:福島県会津若松市七日町3-45 MAP
  • アクセス:JR会津七日町駅から徒歩約5分
    バス:JR会津若松駅から周遊バス乗車、「七日町中央」下車徒歩すぐ
  • 営業時間:11:00~20:00(L.O.19:30)
  • 定休日:月曜(祝日の場合は営業、翌日休み)
  • TEL:0242-23-8241
  • 駐車場:無料
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。