ご当地サポーターみちくさガイド 編集部
会津若松のおいしいお土産おすすめ7選。かわいいお菓子から日本酒、味噌まで
59

和菓子や洋菓子、地酒、調味料まで、会津地方のおいしいものが一堂に会する会津若松市。地元の人がこよなく愛するロングセラーの銘菓や、パッケージにもこだわったギフト向けのかわいいお菓子、会津の米で仕込んだ日本酒など、会津若松で買えるおすすめ土産をご紹介します。

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間の変更や休業の場合があります。お出かけの際は事前にご確認ください。

1切ごとにシーンが変わる絵本のような羊羹(ようかん)

羊羹を切るたび、絵柄や味わいが少しずつ変化していく 羊羹を切るたび、絵柄や味わいが少しずつ変化していく

嘉永元年(1848年)創業の老舗和菓子店。「和菓子の素晴らしさを広く知ってもらいたい」という思いから生まれたのが、「Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア」です。
小豆羊羹に挟まれたシャンパンの錦玉羹(きんぎょくかん)で空を、三日月から満月へ移ろう月と、鳥が羽ばたく様子をレモン羊羹で表現。1切ごとに場面が進んでいく絵本のような演出も食べる楽しさを誘います。上にはドライクランベリー、会津産鬼クルミ、レーズンをトッピングしていて、紅茶やワインとも相性抜群。
ファンタジックなパッケージは福島県浪江町出身の画家による描き下ろしで、大切な方への贈り物にも最適です。

【商品名・価格】Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア(高さ約5.5cm×下部横約12.5cm×下部縦約8.5cm、約500g)3,500円
【賞味期限】製造日から2カ月
【取扱店】七日町店、本店

会津長門屋 七日町店
  • http://www.nagatoya.net
  • 福島県会津若松市七日町3-30 MAP
  • JR七日町駅から徒歩約3分
  • JR会津若松駅から周遊バス乗車、「七日町駅前」下車徒歩約3分
  • 9:30~17:30
  • 年末年始
  • 0242-29-7070
  • 無し(七日町浪漫デッキ駐車場利用の場合、2,000円以上の買い物で30分無料サービス券あり)

冷やしてもおいしいふんわりブッセ

会津銘菓の「会津の天神さま」。右からチーズ、ブルーベリー 会津銘菓の「会津の天神さま」。右からチーズ、ブルーベリー

会津・郡山エリアで14店を展開する地域に根差したお菓子屋さん。会津地方では、男の子が生まれると「会津の天神様」という張子玩具を贈る習わしがあり、その文化を残していきたいという思いから生まれた銘菓が「会津の天神さま」です。ふわふわのブッセ生地に、有塩バターとプロセスチーズを合わせたクリームをサンドした軽やかな洋菓子で、甘味と塩気、酸味のバランスが絶妙な味わい。
クリームは定番のチーズやラムレーズンの他、季節限定でいちごミルク、夏みかん、キャラメルリンゴ、チョコなども登場します。常温はもちろん、冷蔵庫で冷やしたり、冷凍したりして食べるのもおすすめです。

【商品名・価格】会津の天神さま 1個151円~
【消費期限】製造日から8日
【取扱店】会津総本店、七日町菓房、会津城南店、にいでら工房店 他10店

太郎庵 会津総本店
  • https://www.taroan.co.jp
  • 福島県会津若松市白虎町180-1 MAP
  • JR会津若松駅から徒歩約8分
  • 9:30~19:00
  • 1月1日
  • 0242-32-2877
  • 無料

縁起物の郷土玩具が入った、ギフト向けのかわいいお菓子

民芸調の箱の中に、小法師の人形とお菓子をセット 民芸調の箱の中に、小法師の人形とお菓子をセット

会津藩御用の茶問屋の系譜を持ち、会津藩に伝わる料理献立書や茶会記を読み解き作った創案菓子を提案。中でも人気なのは「小法師」という和菓子。起き上がり小法師の玩具は会津三縁起の一つで、家族の数より一つ多く買い求めて神棚に供える習わしがあり、商品の中にも一つ入っています。小法師の形に丸めたお菓子は、自家製の小豆あんと白小豆黄身あんの石衣で、雪の情緒を表しています。箱にも会津三縁起の一つである風車が描かれ、「一年中元気にくるくる回れるように」という願いを込め、食べ終わった後も長く使えるようになっています。

【商品名・価格】小法師(15個入り)1,080円
【消費期限】製造日から2週間
【取扱店】本店、シルクロード文明館、南蛮館

上菓子司 会津葵 本店
  • http://aizuaoi.com/
  • 福島県会津若松市追手町4-18 MAP
  • JR会津若松駅から車で約8分
  • JR会津若松駅から周遊バス乗車、「鶴ヶ城北口」下車徒歩すぐ
  • 9:00~18:00
  • 無休
  • 0120-26-7010
  • 無料

バターとアーモンドが香るサクサクのクッキー

こけし絵のパッケージが愛らしい「あいづじょっこ」 こけし絵のパッケージが愛らしい「あいづじょっこ」

明治41年(1966年)から続く老舗の菓子処。餅米から作る水飴を使った「白虎あめ」や、杵つき餅で自家製の餡を包んだ大福など、昔ながらのお菓子を守り続けています。
ロングセラーの「あいづじょっこ」は、スライスアーモンドがたっぷり入ったクッキーで、ほろほろサクサクの食感が楽しい一品。「じょっこ」は会津弁で「お嬢ちゃん」の意味で、 喜多方のこけし工人によるこけし絵が描かれたパッケージにも和みます。味はバターとココアの2種類。1枚ずつ個包装になっているため、友達などに配るのにも便利。10枚入りはこけし絵が描かれた箱に入っていて、会社などへのお土産におすすめです。

【商品名・価格】あいづじょっこ 1枚90円(税別)
【賞味期限】製造日から3週間

白虎堂
  • https://www.aizukanko.com/souvenir/799
  • 福島県会津若松市馬場町1-51 MAP
  • JR会津若松駅から徒歩約20分
  • JR会津若松駅から周遊バス乗車、「会津若松市役所前」下車徒歩約5分
  • 8:30~19:00、日・祝 9:00~17:30
  • 不定休
  • 0242-22-1123
  • 無料

東山温泉名物の絶品水羊羹(ようかん)

小豆の粒を生かし、味わい深く仕上げている 小豆の粒を生かし、味わい深く仕上げている

文政2年(1819年)に会津若松市の東山温泉で創業。当初は日用品も販売する休憩所として湯治客に水羊羹を振る舞っていたところ、お土産に持ち帰りたいという声があとを絶たず、明治時代から羊羹専門店として営業しています。かつては「田舎ようかん」の名で親しまれていた「水ようかん」は、小豆、寒天、砂糖だけを使い、無添加・手作りを守り続けています。会津の名水を使ってみずみずしく仕上げていて、自然な甘さでさらりと食べられると評判です。
他にも様々な羊羹があり、「会津天宝醸造」とのコラボレーションで生まれた「塩糀羊羹」や、ひと口サイズの「あい姫ようかん」も人気です。

【商品名・価格】水ようかん(縦約2cm×横約15cm×高さ約2.5cm)5本入り 1,120円(保冷箱付き)
【消費期限】製造日から3日

松本家
  • https://yokan.jp
  • 福島県会津若松市東山町湯本123 MAP
  • JR会津若松駅から車で約13分
  • JR会津若松駅から周遊バス乗車、「東山温泉駅」下車徒歩約2分
  • 8:00~17:00
  • 水曜午後
  • 0242-27-2009
  • 無料

オリジナルの味噌や調味料が揃う江戸創業の老舗

伝統製法で醸造した味噌が揃う 伝統製法で醸造した味噌が揃う

江戸末期の天保5年(1834年)創業の味噌専門店。会津若松市にある「会津天宝醸造」の本家にあたり、満田屋オリジナルの味噌をはじめ、味噌漬けやおかず味噌、食用油などを販売しています。オリジナルの味噌は、甘口の白味噌「甘糀みそ」や中辛の赤味噌「田舎みそ」、国産玄米で仕込んだ中辛の味噌「玄米みそ」など、個性豊かな味噌を用意。この他、「会津天宝醸造」の味噌や調味料も揃います。
味噌蔵を改装した店内には食事処もあり、会津の郷土料理であるみそ田楽が楽しめます。秘伝の味噌だれを塗り、炭火で焼き上げるお餅や里芋は格別のおいしさです。

【商品名・価格】右から「満田屋甘糀みそ」430円、「会津こしひかり味噌」1,000円(各500g)
【消費期限】製造日から約半年

満田屋(みつたや)
  • https://www.mitsutaya.jp
  • 福島県会津若松市大町1-1-25 MAP
  • JR七日町駅から徒歩約10分
  • JR会津若松駅から周遊バス乗車、「七日町白木屋前」下車徒歩約3分
  • 10:00~17:00(食事処 L.O.16:50)
  • 第1~3水曜(1~3月は毎週水曜)
  • 0120-30-8803
  • 無料

会津地方の日本酒が圧巻の品揃え

定番酒や季節限定品、オリジナルの日本酒も揃う 定番酒や季節限定品、オリジナルの日本酒も揃う

会津エリアの日本酒を豊富に取り揃えた地酒専門店。利き酒師でもある店主自ら蔵元に足を運び、作り手の思いや商品のストーリーも伝えながら、おすすめの日本酒を提案してくれます。店に並ぶ商品の9割が会津エリアの日本酒で、さらに地元の米を使った商品を中心にラインナップ。全国区の人気を誇る「宮泉」をはじめ、「会津中将」や「会津娘」など、会津若松市の地酒もバラエティーに富んだ品揃えです。
この他、「天明 焔(ほむら)宗」や「ささまさむね」など、地元の蔵元が酒楽館のために造ったオリジナルの日本酒も人気。ほとんどの商品は試飲できるので、お気に入りの1本を見つけたい人におすすめのお店です。

【商品名・価格】右から「会津中将 純米吟醸 夢の香」1,540円、「口万(ろまん)純米吟醸 一回火入」1,510円、「会津娘 芳醇純米 上汲み」1,705円、「宮泉 純米酒」1,430円、「天明 焔 宗」1,650円(各720m)

會津酒楽館 渡辺宗太商店
  • http://www.souta-shoten.com
  • 福島県会津若松市白虎町1 MAP
  • JR会津若松駅から徒歩約5分
  • 9:00~19:00
  • 火曜(祝日の場合は営業、翌日休み)
  • 0242-22-1076
  • 無料

観光を楽しんだ後は、磐梯山の麓の位置するリゾートホテルでくつろぎのひとときはいかがでしょうか。ホテル内では、会津の歴史や文化を滞在の中で感じることができます。

会津文化を満喫し、一年中アクティブに過ごせる宿

「会津モダン」をコンセプトにしたゲストルーム 「会津モダン」をコンセプトにしたゲストルーム

日本百名山の一つである「磐梯山」が眼前にそびえ立ち、眼下には鏡の様に輝く「猪苗代湖」を望む場所に位置する「星野リゾート 磐梯山温泉ホテル」。温水プール、スパ、温泉が揃い、知られざる会津文化に触れる滞在をお楽しみいただけます。新緑から紅葉に燃え、深雪に包まれる季節までアクティブに過ごせます。雄大な自然と四季の移ろいの中での高原リゾートステイをお楽しみ下さい。

星野リゾート 磐梯山温泉ホテル
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。