ご当地サポーター
観光スポットから地元の名店まで。札幌おすすめジンギスカン店5選

北海道を代表するご当地グルメとして有名なジンギスカン。札幌では、高級感あふれる道産羊の生ラムを味わえたり、おしゃれなダイニングジンギスカンでひとりジンギスカンが食べられたりする、様々なジンギスカンの店があります。観光スポットのビール園ではジンギスカンの食べ放題だけでなく、おいしい札幌ビールの飲み放題も可能。またタレを後からつけて食べる「後付けジンギスカン」元祖の店もあり、まさに札幌ジンギスカンの醍醐味を味わえる名店が多く存在します。その中から、選りすぐりのおすすめジンギスカンの店を5つご紹介。札幌観光の思い出にふさわしいご当地グルメをお愉しみください。

ジンギスカンは様々なシーンで食される、北海道を代表するソウルフード。独特の形をした鍋のまわりにモヤシやタマネギをはじめとした野菜をたっぷりとしきつめ、鍋の真ん中に豪快に羊肉をのせて焼く料理です。あふれ出た肉汁が次第に野菜にしみこみ、肉と野菜の両方の旨みを堪能することができます。また羊肉をおいしく食べるために発展したタレも、地域や店によって味わいが違うなど特徴があります。

羊の肉はラム(生後1年未満の仔羊の肉)とマトン(生後1年以上の成羊の肉)があり、ラムはあっさりとして食べやすく、マトンは熟成した香りと旨みが特徴です。羊肉を焼いてからタレをつける「後付けジンギスカン」と最初から味がついている「味付きジンギスカン」の2種類があり、札幌では後付けが主流と言われています。

北海道では大正時代に軍需羊毛の自給のために、札幌市の月寒(つきさむ)と滝川市に種羊場が設置され、羊の飼育がされました。しかし戦後は需要が減り、増えすぎた羊の有効活用として、羊肉を食するジンギスカンが普及したのです。月寒種羊場では焼いた肉をタレにつけて食べる方法がとられ、それが札幌市に広まり「後付けジンギスカン」が主流になったと考えられています。

ビールとジンギスカンを豪快に味わえる、札幌の一大観光スポット

「ラム5種盛り合わせ」(3,580円)、「サッポロ生ビール黒ラベル〈樽生〉小ジョッキ」(680円) 「ラム5種盛り合わせ」(3,580円)、「サッポロ生ビール黒ラベル〈樽生〉小ジョッキ」(680円)

札幌中心街からアクセスのいい、有名な観光スポット。ビールとおいしいジンギスカンを豪快に堪能できます。ジンギスカンは臭みのない上等なラム肉だけを使用。「ラム5種盛り合わせ」はショルダー・もも・ロース・肩ロース・スペアリブの部位を、贅沢に味わうことのできる人気の品です。自家製の甘みとコクのあるタレでじっくり味わってください。
ビールはスウィングカランによる、一度注ぎの自然な泡が軽くて最高ののど越し。生ビール本来のおいしさを存分に堪能できます。

レトロモダンな時代を彷彿とさせる、ジンギスカンホール

迫力がある大きなケッセルは大正元年製造。吹き抜けのホールは広々としており開放感にあふれている 迫力がある大きなケッセルは大正元年製造。吹き抜けのホールは広々としており開放感にあふれている

ジンギスカンホールのある「開拓使館」は、1890年に建設された歴史ある建物。1階が「トロンメルホール」で、2・3階が「ケッセルホール」です。巨大なケッセル(ビールの仕込み釜)があり、吹き抜けの開放感あるホールは、世代問わずジンギスカンを楽しめる場所です。レストランは他にも「ライラック」「ガーデングリル」があり、オリジナルのジンギスカンメニューが存在します。
自然豊かなガーデンでは、季節の美しい花や植物の姿が見られ、冬にはライトアップも行われます。札幌観光の記念撮影にも絶好の場所です。

ご当地サポーターコメント
開放感のあるホールで、ジンギスカンとビールを思う存分満喫してください。さらにレトロモダンな建物の前で写真を写せば、札幌のフォトジェニックな記念の一枚になること間違いなしです。
サッポロビール園

四季折々の美しい自然を感じながら、ジンギスカンを味わえる店

「ジンギスカン1人前セット(肉・野菜・おにぎり2個)」(1,600円) 「ジンギスカン1人前セット(肉・野菜・おにぎり2個)」(1,600円)

季節ごとの豊かな自然を満喫しながらジンギスカンが味わえる、札幌郊外にある店。1953年創業という歴史があり、ラムではなく厳選したマトンのジンギスカンを提供しています。「月寒式」という「後付けジンギスカン」発祥の店でもあり、まさに北海道ジンギスカンのレジェンドです。
ひとつずつ火加減を調節した七輪の炭火で焼いたマトンは、羊肉本来のコクと旨みがあり、秘伝のスパイシーな自家製タレにつけて食べると箸の止まらないおいしさ。小さなおにぎりは焼きおにぎりにしてもおいしいと好評だそうです。

ロッジ風の店内はくつろぎ感充分

オープンテラスで、さわやかな風を受けながらジンギスカンを味わうことができる オープンテラスで、さわやかな風を受けながらジンギスカンを味わうことができる

夏は白樺の木の新緑が美しく、冬には銀世界を眺めることのできるオープンテラスでジンギスカンを味わえます。食後にテラスから小道を通って緑の敷地を散策すると、最高の気分。敷地にはラベンダー園や菖蒲園があり、見頃の時期には咲き誇る姿が見られます。
店内にはワインセラーも完備されており、北海道産ワインをはじめとしたソムリエ厳選のワインから、好みのものを選ぶことが可能。ジンギスカンにはビールと思われていますが、実は芳醇なワインとのマリアージュも素晴らしいとのことです。

ご当地サポーターコメント
四季折々の自然を満喫しながら、おいしい料理を味わいたい方には最高の店。オーナーさんも、景色を見ながらの食事は最高なのでぜひテラスでどうぞ、とのことでした!ただし予約はできませんのでご注意を。
ツキサップじんぎすかんクラブ
  • https://www.tjc1953.com/
  • 北海道札幌市豊平区月寒東3条11丁目2-5八紘学園農場内 MAP
  • 地下鉄「福住」駅から車で約6分
  • 11:00〜20:00 ※木曜は17:00から
  • 水曜、第3火曜、年末年始
  • 011-851-3341
  • 有り
  • 予約はできません

地元に愛される味を守り続ける、60年の歴史を持つ名店

自家製の付けダレで食べる「ラムしゃぶ二人前」(2,400円)は、ラムの旨みが存分に味わえる 自家製の付けダレで食べる「ラムしゃぶ二人前」(2,400円)は、ラムの旨みが存分に味わえる

札幌駅からほど近い、大きな赤ちょうちんが目印の店。直前にスライスされたラムを、昆布出汁の入った土鍋でしゃぶしゃぶにしていただく「ラムしゃぶ」は、さっぱりした旨みが絶品です。ラムは沸騰した出汁にくぐらせるくらいで、すぐに引き上げるのがおいしくいただくコツです。
自家製のタレはポン酢と比べると、さっぱりしていながらほんのり辛みがあり、ラム肉の旨みを引き立てるおいしさ。しゃぶしゃぶの締めには、別注文でラーメンを頼んで、コショウとネギを入れてラムの旨みたっぷりの締めラーメンをいただくのがおすすめです。

懐かしいぬくもりがいっぱいの家庭的な店内

こまやかな気配りにあふれ、和やかな雰囲気が満ちた店内 こまやかな気配りにあふれ、和やかな雰囲気が満ちた店内

昔ながらの食堂の温かさを感じる店内は、老若男女くつろげるぬくもりが随所にあふれています。カウンター席とテーブル席の他に、奥に宴会ができる座敷もあるので大勢で利用可能です。落ち着いてゆっくりと食事を楽しんでほしいという女将さんは、時間に余裕のある時には、ジンギスカンやラムしゃぶのおいしい食べ方を丁寧に教えてくれます。
ジンギスカンは自家製のタレで味付けされたタイプで、柔らかな歯ごたえと肉汁たっぷりのおいしさが人気の秘密。家庭的な味わいのおつまみメニューもあります。

ご当地サポーターコメント
家庭的なぬくもりの中で温かなラムしゃぶをいただくと、心も体もぽかぽかになります。しゃぶしゃぶの旨みを全て味わえる締めのラーメンは、最高のおいしさで必食です!
ジンギスカン 義経
  • 北海道札幌市北区北7条西5丁目1 MAP
  • JR「札幌」駅から徒歩約7分
  • 17:00~23:00(L.O.22:30)
  • 日曜・祝日
  • 011-716-6801
  • 有り(2台)

スタイリッシュな店内で、ジンギスカンを味わえる店

「マトン肩ロース」(1,760円)、「マトンリブロース」(1,837円) 「マトン肩ロース」(1,760円)、「マトンリブロース」(1,837円)

中心街に近く、おしゃれなジンギスカンダイニングとして人気の店。オーストラリアやアイスランドから仕入れた上質な羊の、希少部位のフィレや肩ロース肉が堪能できます。
アイスランド産の羊は大自然で放牧されて育っているため、クセがなく旨みがあり、ミネラルも豊富。「マトンの肩ロース」は脂身と赤身のバランスが抜群で、甘みのあるタレにつけて食べると、ジューシーなおいしさが口いっぱいに広がります。ジンギスカン鍋用と網焼き用の七輪が用意されており、2タイプの焼き方で味わえます。

ジンギスカンダイニングの先駆け。おしゃれでクールな空間は居心地抜群

おしゃれなボックス席は個室として使用でき、ゆったりとした気分でジンギスカンを味わえる おしゃれなボックス席は個室として使用でき、ゆったりとした気分でジンギスカンを味わえる

テーブル席はダクト完備で仕切りがあり、ジンギスカンを味わいながら気兼ねなくおしゃべりが楽しめます。出張や接待で利用する人の要望からレイアウトが考えられたといい、スタイリッシュで清潔感あふれる店内は、札幌のジンギスカンダイニングの先駆けです。
お好みの肉を3品セレクトして、広々としたカウンター席でジンギスカンを堪能できる「おひとりさま限定プラン」は、男女問わず人気のおすすめメニュー。ひとりで観光の方も、じっくりとジンギスカンを味わえます。

ご当地サポーターコメント
おしゃれな店内で、ワイワイおしゃべりを楽しみながら、おいしいジンギスカンを味わう、最高のひと時を体験してください。
ジンギスカンひげのうし 南5条店
  • http://www.higenoushi.com/
  • 北海道札幌市中央区南5条西4丁目 サンヨービル1階 MAP
  • 地下鉄「大通り」駅より徒歩約5分
  • 17:00~23:30(L.O.23:00)
    5~9月・雪まつり期間中17:00~翌1:00(L.O.24:30)
    日曜・祝日17:00~24:00(L.O.23:30)
  • 年末年始
  • 011-200-0293
  • 無し

道産サフォークラムの、網焼きジンギスカンが食べられる店

サフォークラムのあらゆる部位が堪能できる「5種盛り合わせ」(5,038円)と「タン」(1,188円) サフォークラムのあらゆる部位が堪能できる「5種盛り合わせ」(5,038円)と「タン」(1,188円)

狸小路アーケード内の、道産サフォークラムの専門店。サフォークラムは、イギリスのサフォーク州原産の最高峰の羊肉。一頭買いして調理しているため、様々な部位の肉が味わえます。自社農場の士別産の羊をはじめ、道産の希少なサフォークラムは、肉が柔らかく脂もおいしくいただけるのが特徴。臭みも少なく食べやすいと評判です。
焼き加減はミディアムレアくらいがおすすめだそう。自家製のタレはさっぱりとしたポン酢と、少し甘めな昆布醤油ベースの2タイプがあり、どちらも最高の味わいです。

バーベキューを楽しむ雰囲気が満載の、木造りの店内

木製の椅子やテーブルは、バーベキューを楽しめる雰囲気にあふれている 木製の椅子やテーブルは、バーベキューを楽しめる雰囲気にあふれている

木製の椅子とテーブルが並ぶ店内は、ワイワイとにぎやかに楽しむもよし、じっくりと食事を味わうもよし、バーベキューを堪能できる雰囲気にあふれています。
「仔羊の生ハムのシーザーサラダ」や、ラムの骨の出汁と国産ニンニクで調理された「羊骨とにんにくのスープ」など、道産サフォーク肉のおいしさを余すところなく堪能できるメニューが他にも盛り沢山です。店長自ら選んだというラムによく合うおすすめワインも提供されているので、サフォークラムとともに味わってはいかがでしょうか。

ご当地サポーターコメント
部位の盛り合わせは仕入れにより内容が変わります。スペアリブはしつこくない脂の旨みと、柔らかい歯ごたえがたまりません。タンは希少な部位なので人気が高いそう。コリコリとした食感が最高です。
士別バーベキュー
  • https://www.instagram.com/shibetsubbq/
  • 北海道札幌市中央区南3条7丁目7狸小路アーケード内 MAP
  • 地下鉄「大通」駅から徒歩約10分
  • 12:00~15:00(L.O.14:30)、土・日曜・祝日12:00~23:00(L.O.22:30)
  • 不定休
  • 011-209-3210
  • 無し
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。