ご当地サポーター
締めパフェ専門店から地元の名店まで。札幌のおすすめパフェ店7選

札幌観光で味わうスイーツとして欠かせないものに「締めパフェ」があります。締めパフェとは言葉通り、飲んだ後や食事後の締めに食べるパフェのことです。おいしさだけではなく、見た目も華やかで、デザイン性が高いものが多いのが特徴。店によってはお酒とセットで味わうこともできます。
一日の終わりを冷たくて甘いパフェで締める札幌発祥のユニークな文化は、地元で大きなブームとなり、いまや全国に広がりつつあります。札幌の締めパフェ専門店と、締めパフェだけではない道産の乳製品のおいしさを満喫できる名店や、ゆったりくつろげる穴場の店を厳選して7つご紹介します。

締めパフェの立役者と言われるこだわりの店

さっぱりしたおいしさが人気の「塩キャラメルとピスタチオ~カシスと林檎でさっぱりと~」(1,454円) さっぱりしたおいしさが人気の「塩キャラメルとピスタチオ~カシスと林檎でさっぱりと~」(1,454円)

札幌のアーケード街、狸小路の一本路地に入った場所にある店。札幌の締めパフェ文化を語るうえで外せないパフェ店です。素材と手作りにとことんまでこだわったパフェの他に、お酒も提供しています。
「塩キャラメルとピスタチオ」のパフェは、ほろ苦いキャラメルアイスと、濃厚なピスタチオアイスクリームに、甘酸っぱいカシスムースを合わせた一番人気のパフェ。林檎のジュレがさっぱりとした後味なので、お酒との相性も抜群です。札幌締めパフェのおいしさを充分に体験できるお店です。

モダンで和風な店内は、落ち着いたひと時を満喫できる

カウンター席だけではなく、小上がりもあるので小さなお子さまがいても安心して利用できる カウンター席だけではなく、小上がりもあるので小さなお子さまがいても安心して利用できる

モダンでありながら和の落ち着きがあふれている店内は、ゆったりとしたひと時を過ごすのに最高の空間。和のムードに浸れる小上がりでおいしいパフェを味わえば、日頃の疲れも吹き飛びます。
季節を意識した相性の良い果物の組み合わせの「季節のフルーツ~2種類のソルベ仕立て~」も、味わってほしいおすすめのメニューです。季節のフルーツのソルベや道産の野菜を使用したアイスクリームは、旬の味覚を堪能できる一品。季節の恵みを意識したおいしさをお愉しみください。

ご当地サポーターコメント
締めパフェの名を全国にとどろかせたお店のパフェは、見た目も味わいもこだわり尽くした最高の一品。季節のパフェは時期によって内容が変わります。
パフェ、珈琲、酒、佐藤
  • http://www.pf-sato.com/
  • 北海道札幌市中央区南2条西1-6-1 第3広和ビル1階 MAP
  • 地下鉄「大通」駅から徒歩約3分
  • 火~木曜18:00~24:00、金曜18:00~26:00、土曜13:00~26:00、日曜13:00~24:00
  • 不定休
  • 011-233-3007
  • 無し

伝統の味を守り続ける札幌スイーツの名店

イチゴがたっぷりと贅沢に盛られた「Mashu Rubyのごほうび」(1,380円)。アイスには「スノーロイヤル」を使用している イチゴがたっぷりと贅沢に盛られた「Mashu Rubyのごほうび」(1,380円)。アイスには「スノーロイヤル」を使用している

札幌中心街にある、創業61年の歴史を持つ札幌スイーツを代表する名店。天皇・皇后両陛下のために数年をかけ作られた「スノーロイヤル」は、品格にあふれた芳醇なアイスです。卵を使用せず「乳」本来の風味を追求し、乳脂肪分15.6%を実現した味わいは濃厚でありながらまろやかで、生乳の旨みを存分に堪能できます。
「スノーロイヤル」を使用し、弟子屈町(てしかがちょう)で栽培されたイチゴ「摩周ルビー」をふんだんに使用したパフェ「Mashu Rubyのごほうび」は、甘みと酸味が相性抜群のおいしさ。まさにご褒美にふさわしい贅沢な一品です。

たくさんの人数で楽しむことのできる広々とした店内

グループでも楽しむことのできる広い店内は、にぎやかに食事やスイーツが楽しめる グループでも楽しむことのできる広い店内は、にぎやかに食事やスイーツが楽しめる

店内は広いので、くつろぎながら食事を楽しむことが可能。パフェは定番から季節限定のものまで、30種類以上のメニューがあります。
見た目も圧倒される話題のメニューに、本店名物の「ドリームジャンボパフェ」があります。高さが約50cmで、生クリームやバウムクーヘン、アイス、果物がたっぷりと盛られた、10人以上でないと食べきるのは無理かもしれないというほどボリューム満点の品です。3~4名タイプのジャンボパフェもあるので、札幌観光の思い出にチャレンジしてはいかがでしょうか。

ご当地サポーターコメント
アイスのおいしさもさることながら、濃厚なのに口当たりのさわやかな生クリームのおいしさにも注目。生クリームは苦手だけど、このお店ではおいしく食べられるとファンが多いそう。
雪印パーラー 札幌本店
  • https://www.snowbrand-p.co.jp/
  • 北海道札幌市中央区北2条西3丁目1-31太陽生命札幌ビル1階 MAP
  • 地下鉄「大通」駅から徒歩約5分
  • 11:00~18:00(L.O.17:30)
  • 水曜 ※祝日にあたる場合も休業
  • 011-251-7530
  • 無し

花束のように愛らしく豪華なパフェを味わえる店

シャインマスカットが贅沢に盛られた花束のような「パルフェブーケ」(2,420円) シャインマスカットが贅沢に盛られた花束のような「パルフェブーケ」(2,420円)

大通りからアクセスのいい、狸小路のビルの中にある店。豪華なパフェとカクテルをいただける地元でも人気の店です。ブドウの王様である「シャインマスカット」をふんだんに盛って、花束のように見立てた「パルフェブーケ」は、華やかさもさることながら、素材それぞれの味の変化も楽しめる最高の一品です。
巨峰とカシスのジェラート、ブドウのムースなどパフェを形づくるパーツの一つ一つが、シャインマスカットの持つおいしさをより引き立てています。

レトロなシャンデリアとシックな店内が、落ち着いた魅力を醸し出す

窓際にはソファ席もあり、ゆったりとくつろぎながらパフェを食べられる 窓際にはソファ席もあり、ゆったりとくつろぎながらパフェを食べられる

エレベーターを降りるとすぐに店内になります。窓が通りに面していおり、店内はとても明るく和やかな雰囲気。さらにクラシックなシャンデリアやライトがシックで、落ち着いた空間を演出します。
カクテルでは、「桃といちごのカクテル」や「ブラッドオレンジのカクテル」が男女問わず人気。パフェでは他に、北海道産のイチゴ「よつぼし」を贅沢に使った「いちごづくし」が、イチゴのあまりの濃厚な甘さに驚く人もいるほど。ピスタチオソフトクリームと相性抜群で、香ばしさと甘さが絶妙な味わいの人気メニューです。

ご当地サポーターコメント
ゴージャスなおいしさに満足感充分。シックで落ち着いた空間でカクテルとパフェを味わう、贅沢時間をぜひ満喫してください。
INITIAL Sapporo
  • https://www.instagram.com/initial_sapporo/
  • 北海道札幌市中央区南3条西5丁目36-1F・DRESS五番街ビル2階 MAP
  • 地下鉄「大通」駅から徒歩約5分
  • 15:00~24:00(L.O.23:30)
    日曜・祝日15:00~23:00(L.O.22:30)
  • 無休
  • 050-5594-7040
  • 無し

北海道産ミルクのおいしさをストレートに堪能できるパフェが味わえる店

ミルクのおいしさがストレートに味わえる。雪のような白さがポイントの「よつ葉の白いパフェ」(790円) ミルクのおいしさがストレートに味わえる。雪のような白さがポイントの「よつ葉の白いパフェ」(790円)

JRタワーの商業施設内にある、北海道を代表する乳業メーカー直営のカフェ。「北海道のおいしさを、まっすぐ。」がコーポレートスローガンだけあり、北海道産ミルクのおいしさをストレートに味わうことができるスイーツがたくさんあります。
乳脂肪分以外の油分は一切使用していない、純乳脂肪タイプのソフトクリームを使った「よつ葉の白いパフェ」は、牛乳本来のさっぱりとした甘みが凝縮したおいしさ。甘さが控えめなので普段スイーツを食べない人にも好評で、シンプルなミルクのまろやかさを存分に堪能できます。

随所に北海道を感じさせる店内は、おしゃれでナチュラルな空間

店内にはかわいい雑貨や牧場の景色を描いたイラストが展示されており、北海道の魅力を満喫できる 店内にはかわいい雑貨や牧場の景色を描いたイラストが展示されており、北海道の魅力を満喫できる

北海道の魅力を感じさせるインテリアや雑貨が置かれ、木目調のテーブルやイスで統一された店内はホッとできる空間。また、北海道の雄大な自然と放牧風景の絵画は、眺めているだけでさわやかな気分になります。
パフェの他にも、よつ葉バターをたっぷりと乗せた「よつ葉のふんわりけずりバターパンケーキ てん菜糖蜜添え」もおすすめの人気メニューです。香ばしいもっちりとした食感のパンケーキに、溶けたバターのコクとやさしい甘さのシロップが絶妙の味わい。口いっぱいに至福のおいしさが広がります。

ご当地サポーターコメント
JRタワーの商業施設の中にあるので、アクセスは抜群。ウィンドーショッピングを楽しんだ後に寄るのもおすすめです。パフェは他にもたくさんの種類があるので、どれを食べようか迷ってしまうかもしれません。
ミルク&パフェ よつ葉ホワイトコージ 札幌ステラプレイス店
  • https://www.yotsuba.co.jp/white/
  • 北海道札幌市中央区北5条西2丁目 ​札幌ステラプレイス センターB1階​ MAP
  • JR札幌駅から徒歩約3分
  • 10:00~20:00(L.O.19:20)
  • 商業施設に準じる
  • 011-209-5577​
  • 商業施設に準じる

和のテイストを取り入れた夜パフェの専門店

名前も見た目もかわいらしいお茶の味わいを堪能できる「お茶目な“すずらん”~return of happiness~」(1,680円) 名前も見た目もかわいらしいお茶の味わいを堪能できる「お茶目な“すずらん”~return of happiness~」(1,680円)

すすきのの通り沿いにある、夜パフェ専門の店。日本酒などの和のテイストを取り入れており、大人の雰囲気が満喫できる店です。
人気のパフェ「お茶目な“すずらん”~return of happiness~」は、抹茶、ほうじ茶、石川県の有名な加賀棒茶(かがぼうちゃ)という3種類のお茶を使い、ほろ苦さと香りを楽しめる大人の味のパフェです。グラスの底には、加賀棒茶のジュレをしいており、最後までスッキリとパフェを味わうことができます。ホワイトチョコレートで作られた「おもち」は、抹茶のジェラートと一緒においしく食べられます。

和がコンセプトの店内は、落ち着いた夜の雰囲気を堪能できる

夜のぬくもりあふれる店内は、カウンター席とゆったりと落ち着ける小上がりがある 夜のぬくもりあふれる店内は、カウンター席とゆったりと落ち着ける小上がりがある

和のテイストにこだわった店内は、一日の締めにパフェを味わうのにふさわしい、隠れ家的な落ち着きに満ちています。飲んだ後だからこそ、締めにさっぱり食べられるようにパフェの甘さは控えめで、旬の素材のおいしさを大切にしているといいます。
タピオカ、レモンのジュレ、香草を使用して水槽を作り、金魚も練り切りでできているというこだわりの「シャインマスカットと情熱の金魚鉢」もおすすめのメニュー。シャインマスカットの甘さと、パッションフルーツを使ったソルベの酸味の組み合わせが絶妙の一品です。

ご当地サポーターコメント
飲んだ後の締めに甘いものが食べたい!そんな方にこそ行ってほしいお店です。ほろ酔いの後にほのかな甘みやさっぱりとしたパフェを味わえば、一日を最高の気分で締めくくれますよ。
夜パフェ専門店 ななかま堂
  • https://risotteria-gaku.net/
  • 北海道札幌市中央区南4条西5丁目 第4藤井ビル2階 MAP
  • 地下鉄「すすきの」駅から徒歩約2分
  • 18:00~24:00(L.O.23:30)、金・土曜・祝前日18:00~26:00(L.O.25:30)
  • 不定休
  • 011-596-8607
  • 無し

趣ある古民家で、季節のパルフェを味わえる店

季節の味わいが堪能できる「ソルダムと葡萄のパルフェ」(1,540円)、「シャンパン」はセット価格で(760円) 季節の味わいが堪能できる「ソルダムと葡萄のパルフェ」(1,540円)、「シャンパン」はセット価格で(760円)

すすきのの喧騒から少し離れた場所にある、バーとパーラーを掛け合わせた店名が印象的な店。お酒を飲める人も飲めない人も、ともに楽しめる空間を作りたいと15年前からパルフェとお酒を提供しており、パルフェとドリンクのセットメニューがおすすめです。
オリジナル配合のソフトクリームと、季節のフルーツのソルベを使用したパルフェは、あっさりとした甘みが多くの人に好評。パルフェに添えられているメレンゲや焼き菓子、飴細工まですべてが手作り。パルフェセットは30種類程のドリンクの中から、パルフェに合うものを選べます。

古民家のぬくもりが懐かしい、和やかさに満ちた店内

ぬくもりある店内は、かわいいペンギンの雑貨であふれている。中には手作りのぬいぐるみも ぬくもりある店内は、かわいいペンギンの雑貨であふれている。中には手作りのぬいぐるみも

明るすぎない灯りが、店内に穏やかでぬくもりある雰囲気を演出しています。季節によってパルフェの内容は変わり、秋には洋梨、柿のソルベ、栗のジェラートなどもあります。
飽きのこないおいしさで一年を通して人気なのが、「チョコレートと塩キャラメルのパルフェ」と「胡麻と白玉のパルフェ」。パルフェによく合うお酒としてはシャンパンが人気で、チョコレート系のパルフェにはウィスキーを注文する方が多いとのこと。店内はあまり広くないので、4名以上のグループはお断りしているそうです。

ご当地サポーターコメント
おいしさはもちろん、フォトジェニックなパルフェは思わず写真を撮りたくなります。甘いものが好きな方もお酒が好きな方も、一緒にくつろいで楽しめる空間は、親しい相手との思い出の場所に最高です。
バーラーペンギン堂

抹茶スイーツのおいしさと和の雰囲気を堪能できるカフェ

30cmもの高さがある、抹茶をふんだんに使用した「濃厚パフェ宇治園プレミアム 」(1,200円) 30cmもの高さがある、抹茶をふんだんに使用した「濃厚パフェ宇治園プレミアム 」(1,200円)

創成川イーストエリアにある、お茶の銘店が運営する和カフェ。「濃厚パフェ宇治園プレミアム 」は高さが30cmもあり、抹茶アイスの他にクリームや求肥、玄米パフ、わらび餅など様々な素材が層になっており、和のおいしさが堪能できるパフェです。食べ進めるごとに味や食感の変化が楽しめます。
彩りも鮮やかで、思わず写真に収めたくなる美しさ。アイスに使用する牛乳や餡の小豆は、道産を使用しているというこだわりです。抹茶のしっかりした濃厚さとさわやかな味わいは、抹茶スイーツ好きにはたまりません。

落ち着いた和の空間で味わうスイーツは格別のおいしさ

明るく広々とした店内は。和の雰囲気を堪能しながらくつろげる 明るく広々とした店内は。和の雰囲気を堪能しながらくつろげる

グリーンティーカラーの店内には、日本茶のいい香りがいっぱいに広がっています。カフェは通りに面しており、明るくリラックスした雰囲気。ゆったりとした気分でスイーツをいただけます。店内には産地の銘茶や美しい急須などの茶器、抹茶スイーツも販売しており、お土産にぴったりです。
モンブランの太さが1mmという「抹茶1mmモンブランパフェ」は、口当たりのまろやかさが最高の一品。抹茶セットや緑茶セットなど、茶舗ならではのメニューも豊富で、日本茶と和スイーツの魅力を存分に味わえます。

ご当地サポーターコメント
日本茶や抹茶のスイーツのおいしさを堪能できます。遠方から車で来る人も多いほどの人気。テイクアウトメニューも充実しています。
宇治園
  • https://ujien-tea.jp/
  • 札幌市中央区北2条東10丁目93-12 MAP
  • JR苗穂駅から徒歩約4分
  • 10:00~18:00(L.O.17:00)
  • 祝日、年末年始
  • 011-231-7225
  • 有り
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。