金沢の人気エリアにあるおすすめカフェ8選
15

古い街並みや歴史的な名所が残る金沢は、歩けば歩くほど発見がある町。
近江町市場をはじめ、金沢城公園や兼六園など、金沢を代表する観光名所近くのカフェをおさえておくと、散策の合間の休憩に役立ちます。
カフェから甘味処まで、メニューにも個性が光る7店をご紹介します。

上林金沢茶舗(かんばやしかなざわちゃほ)

お茶のプロが淹れた日本茶と和菓子で一服

加賀棒茶セット550円(2019年10月から600円)。「吉はし菓子店」の和菓子か加賀棒茶ブリュレを選べる加賀棒茶セット550円。「吉はし菓子店」の和菓子か加賀棒茶ブリュレを選べる

創業450年を誇る京都・宇治の老舗「上林春松本店(かんばやししゅんしょうほんてん)」から暖簾分けし、1949年(昭和24年)に金沢で開業した日本茶専門店。厳選された抹茶や煎茶、玉露をはじめ、金沢ならではの加賀棒茶や和紅茶など、豊富な種類のお茶を取り揃えています。「ゆっくりお茶を楽しんでほしい」という思いから、8年ほど前に店内の一角を喫茶スペースとして開放。特選の抹茶や加賀棒茶と一緒に、金沢の老舗和菓子店「吉はし菓子店」の季節の和菓子などが味わえて、豊かな時間が過ごせます。

試飲しながら自分好みのお茶をチョイス

店内の半分を使った喫茶スペース。九谷焼の湯呑みや急須も豊富な品揃え店内の半分を使った喫茶スペース。九谷焼の湯呑みや急須も豊富な品揃え

店内には加賀棒茶の甘く芳ばしい焙煎香が立ち込め、おいしいお茶に出合えそうな期待が高まります。ほうじ茶だけでも4種類あるので、時間に余裕があれば試飲するのがおすすめ。味・色・香りがそれぞれに異なり、飲み比べながら好みに合ったお茶を選ぶことができます。看板商品は、甘みと香りの高い一番茶の茎を使用した加賀棒茶「鏡花」。金沢の文豪・泉鏡花にちなんだネーミングと、茎の長さまで均等に揃えた目にも美しいお茶は、お土産にも最適です。

店舗情報

上林金沢茶舗(かんばやしかなざわちゃほ)

上林金沢茶舗(かんばやしかなざわちゃほ)
  • URL:https://kanbayashi-chaho.com/
  • 住所:石川県金沢市下新町1-7 MAP
  • アクセス:JR金沢駅から車で約5分
  • バス:JR金沢駅から周遊バス乗車、「橋場町」下車徒歩約5分
  • 時間:9:30~17:30(L.O.17:00)
  • お休み:第3日曜
  • TEL:076-231-0390
  • 駐車場:無料(2台)

豆皿茶屋(まめざらちゃや)

金沢の名物を厳選した贅沢な御膳を堪能

姫皿御膳1,800円。本日のお寿司やお菓子、汁物など6品が並ぶ姫皿御膳1,800円。本日のお寿司やお菓子、汁物など6品が並ぶ

2017年に完成した金沢城公園「鶴の丸休憩館」内にオープン。金沢のアンテナショップを兼ねていて、店内では金沢の銘菓や銘品が味わえます。輪島塗りの御膳にかわいい豆皿を並べた「姫皿御膳」は、金沢の名物を少しずつたくさん楽しめる趣向に。「芝寿し」の笹寿しや「加賀麩不室屋」のふやき御汁、「はしづめ」の上生菓子、「メープルハウス」の米粉ロールなど、内容は1〜2カ月毎に変わります。飲み物も「ダートコーヒー」の金沢珈琲か、「小林屋茶舗」の加賀棒茶から選べます。

金沢城内の名所を望む特等席で優雅に食事を

店内はガラス張りで開放感たっぷり店内はガラス張りで開放感たっぷり

金沢城の石川門をくぐり、広場を右手に見ながら進んでいくと「鶴の丸休憩館」が現れます。館内にある「豆皿茶屋」からは城内の名所である「橋爪門」と「五十間長屋」を一望できて、ビュースポットとしても人気です。香りのいい能登ヒバを使った安らぐ店内には、縁台のような「庭見の席」や「五十間長屋」を正面に望むベンチタイプの席もあり、座る場所によって過ごし方も様々。金箔ソフトなどテイクアウトメニューも豊富なので、金沢城公園や兼六園散策の際にはおさえておくと便利なスポットです。

店舗情報

豆皿茶屋(まめざらちゃや)

豆皿茶屋(まめざらちゃや)
  • URL:https://www.e-maplehouse.com/contents/shop/mamezara.html
  • 住所:石川県金沢市丸の内1-1金沢城公園 鶴の丸休憩館内 MAP
  • アクセス:JR金沢駅から車で約8分
  • バス:JR金沢駅から周遊バス乗車、「兼六園下・金沢城」下車徒歩約5分
  • 時間:9:00~17:30(L.O.17:15)、10月16日~2月末日~16:30(L.O.16:15)
  • お休み:1月1日
  • TEL:076-232-1877
  • 駐車場:無し

つぼみ

贅を尽くした料亭の甘味をカジュアルにいただく

葛きり 黒みつ 吉野産本葛粉(加賀棒茶付き)750円葛きり 黒みつ 吉野産本葛粉(加賀棒茶付き)750円

「ミシュランガイド富山・石川」で二つ星を獲得した料亭「杉の井 穂濤(すぎのい ほなみ)」が営む甘味処。料亭のデザートとして出していた葛きりが評判を呼び、「甘味だけでも気軽に食べられる場を」と、二代目店主が15年前にオープンしました。葛きりに使う国産の本葛粉は、掘り子と呼ばれる名人が山奥で採取した葛根から作る大変希少なもの。葛きりにかける濃厚な黒蜜も、全国25カ所の製糖所から黒砂糖を取り寄せ、すべて試食して厳選するなど、妥協のない食材選びがおいしさを超えた感動となって心に残ります。

おもてなしの心が光る純和風の空間

本店の料亭と同じ職人が手がけた上質な空間る本店の料亭と同じ職人が手がけた上質な空間

店のある「柿木畠(かきのきばたけ)商店街」は、江戸時代に築かれた金沢城の石垣に沿って辰巳用水が流れる、古き良き町並みが残るエリア。店内に入ると、間近に迫る石垣と庭の緑を借景に、落ち着いた和の空間が広がっています。一枚板で仕上げた長テーブルは、ひとりでも気兼ねなく過ごせる特等席。葛きりや本蕨もちといった定番メニューの他、毎年5月~9月には生のフルーツで作る自家製シロップをかけていただくかき氷「つぼみの氷」がお目見え。暑い季節には、ひんやりスイーツで涼を取りながら散策を楽しみましょう。

店舗情報

つぼみ

つぼみ
  • URL:http://tsubomi-kanazawa.jp/
  • 住所:石川県金沢市柿木畠 3-1 MAP
  • アクセス:JR金沢駅から車で約10分
  • バス:JR金沢駅から周遊バス乗車約10分、「香林坊(アトリオ前)」下車徒歩約3分
  • 時間:11:00~18:00
  • お休み:水曜
  • TEL:076-232-3388
  • 駐車場:無し

CAFE 甘(カフェ かん)

老舗和菓子店の中に誕生した話題の和カフェ

加賀棒茶ときなこのパフェ880円と珠手箱(たまてばこ)1,280円加賀棒茶ときなこのパフェ880円と珠手箱(たまてばこ)1,280円

創業約130年を誇る「越山甘清堂(こしやまかんせいどう)」が本店内にオープンした和カフェ。和菓子の老舗が提案する和スイーツは、餡をはじめ、ゼリーやアイスクリームまですべて自家製にこだわり、職人が丁寧に手作りしています。
その集大成とも言える「珠手箱」は、越山定番の和菓子から創作和スイーツまで、季節の和菓子を重ね箱に詰め込んだ豪華な内容です。一番人気の「加賀棒茶ときなこのパフェ」は、加賀棒茶のゼリーとアイスに、きなこクリームや白玉、餡などが層を成す、和菓子屋ならではの上品な味わいが楽しめます。

お茶のついでに金沢銘菓をお持ち帰り

カフェは2018年9月オープン。春から秋は外にお茶席も登場カフェは2018年9月オープン。春から秋は外にお茶席も登場

「越山甘清堂」は金沢市内に8店を展開し、焼き皮に餡を詰めて三角折りにした銘菓「金城(きんじょう)巻き」や和風トリュフ「加賀宝珠」など、金沢らしい和洋のお菓子を提案しています。カフェがあるのは本店のみで、和モダンな空間でカフェ限定スイーツが味わえます。
夏はかき氷、冬はつきたての餅を入れたぜんざいなど、季節限定メニューも登場。ラテ類も豊富で、やわらかく煮た小豆を入れた「抹茶ラテ」や、焙煎したきなこが香る「きなこラテ」など、ひと手間かけた一品が揃います。お茶もでき、お土産探しもできる便利な一軒です。

店舗情報

CAFE 甘(カフェ かん)

CAFE 甘(カフェ かん)
  • URL:https://www.koshiyamakanseido.jp/information/cafe-kan.html
  • 住所:石川県金沢市武蔵町13-17 越山甘清堂本店内 MAP
  • アクセス:JR金沢駅から車で約5分
  • バス:JR金沢駅から周遊バス乗車、「武蔵ヶ辻・近江町市場」下車徒歩約5分
  • 時間:9:00~18:00
  • お休み:水曜
  • TEL:0120-548-414
  • 駐車場:無料

collabon(コラボン)

こだわりのコーヒーでおもてなし

「二三味(にざみ)珈琲」のコーヒー450円と、どんぐりフィナンシェ180円(右奥「二三味(にざみ)珈琲」のコーヒー450円と、どんぐりフィナンシェ180円(右奥)

築約100年の建物を改装したセレクトショップ&カフェ。ほんわかとした女性店主が迎えてくれる店内には、地元作家の作品やクスッと笑える雑貨、全国のおいしいものなどを取り揃えています。
カフェでは奥能登の「二三味珈琲」を中心に、金沢の「blanket coffee(ブランケットコーヒー)」の他、広島の「深やき珈琲そにろき」の豆を使ったコーヒーを提供。「加賀ぼう茶・オ・レ」や「黒糖ナッツミルク」など、ほっと安らぐドリンクもあり、器やソーサーの演出にも和みます。ころんとかわいい「どんぐりフィナンシェ」は、ちょっとしたおやつにぴったりです。

時間を忘れてくつろげる古民家カフェ

古民家の風情が残る落ち着く空間古民家の風情が残る落ち着く空間

靴を脱いでカフェに上がると、本棚に囲まれた空間にダイニングテーブルのような机やソファが置かれ、知り合いの家に来たような気分に。看板犬のジャックラッセルテリアが遊びに来て、昼寝をしていることも多く、ほのぼのとした雰囲気に癒されます。
本棚にはアートから歴史、雑学、絵本まで幅広いジャンルの本が並び、思わず手に取りたくなるラインナップ。旅の計画を立てたり、コーヒー1杯でさっと帰ったり、滞在中に何度も立ち寄る人も多いオアシスのようなカフェです。

店舗情報

collabon(コラボン)

collabon(コラボン)
  • URL:http://www.collabon.com/
  • 住所:石川県金沢市安江町1-14 MAP
  • アクセス:JR金沢駅から徒歩約11分
  • アクセス:JR金沢駅から周遊バス乗車、「武蔵ヶ辻・近江町市場」下車徒歩約5分
  • 時間:11:00~19:00
  • お休み:火・木曜
  • TEL:076-265-6273
  • 駐車場:無し

Curio Espresso and Vintage Design(キュリオ エスプレッソ ヴィンテージ デザイン)

朝早くからにぎわうシアトル式カフェ

バーベキューポークサンドプレート1,100円とカフェラテ440円バーベキューポークサンドプレート1,100円とカフェラテ440円

シアトル出身のご主人と石川県出身の奥様が営むシアトルスタイルのカフェ。コーヒーは金沢の自家焙煎珈琲豆専門店「Ally caffé(アリーカフェ)」と一緒に味を決めて、焙煎してもらったブレンド豆をエスプレッソマシンで抽出しています。
フードはサンドイッチが中心。自家製のバーベキューソースで煮込んだ豚肉を挟んだ「バーベキューポークサンド」が名物です。地元のパン屋さんに特別に作ってもらった、天然酵母のパンがおいしさを引き立てます。ベジタリアンメニューやビーガン対応のメニューもあり、外国のお客さんも多く訪れています。

旅気分が味わえる異国情緒あふれる空間

タイルや雑貨をちりばめた、レトロでかわいい店内タイルや雑貨をちりばめた、レトロでかわいい店内

店のある「金澤表参道」は、金沢東別院の門前町として栄えた商店街。約300年の歴史があり、新旧のお店が入り交じるローカルな雰囲気が漂います。シアトルの街角にあるコーヒーショップをイメージした店内には、水色のエスプレッソマシンが置かれており、ご主人がコーヒーを入れる姿を見ていると外国に来たような気分に。エスプレッソとミルクの割合が半々の濃いカフェラテ「フラットホワイト」など、日本では珍しいコーヒーが味わえるのも魅力です。コーヒーはテイクアウトもできるので、コーヒー好きはぜひ訪れたい一軒です。

店舗情報

Curio Espresso and Vintage Design(キュリオ エスプレッソ ヴィンテージ デザイン)

Curio Espresso and Vintage Design(キュリオ エスプレッソ ヴィンテージ デザイン)
  • URL:https://www.facebook.com/CurioEspresso
  • 住所:石川県金沢市安江町1-13 MAP
  • アクセス:JR金沢駅から徒歩約11分
  • アクセス:JR金沢駅から周遊バス乗車、「武蔵ヶ辻・近江町市場」下車徒歩約5分
  • 時間:8:00~17:00、土・日曜、祝日9:00~
  • お休み:火曜
  • TEL:076-231-5543
  • 駐車場:無し

Bistro ひらみぱん

一日中好きな時間に使えるカジュアルなビストロ

モーニングセット1,320円(税別)。メインはクロックマダムかキッシュを選べるモーニングセット1,320円(税別)。メインはクロックマダムかキッシュを選べる

モーニングからランチ、ディナーまで、時間帯によって異なるメニューが味わえるビストロ。モーニングの時間帯はセットメニューの他、好きなパンと飲み物で軽めの朝食を取ることもできます。
ランチはキッシュやケークサレ、肉料理などからメインが選べるセットが揃い、どれもボリューム満点。自家製パンのお替わりが自由なのも嬉しいポイントです。夜はコースの他、アラカルトも楽しめます。バラがのった「乙女のパフェ」やクレームブリュレなど、デザートも見逃せません。

名物のカヌレと焼き立てパンをお土産に

味わいのあるレトロ感が居心地の良さの理由味わいのあるレトロ感が居心地のよさの理由

レトロな建物は大正時代の鉄工所をリノベーションしたもの。店内にはアンティーク調のテーブルや椅子を配し、センスのいい小物たちがパリのカフェのような雰囲気を演出しています。店名の通り、店頭には常時30~40種の焼き立てパンが並び、日持ちするカンパーニュや食パンはお土産にも人気です。
地元ではカヌレの名店としても有名で、外はカリカリ、中はフレンチトーストのようにしっとりとした食感がやみつきに。パンが出揃うのは正午前後なので、ランチがてら寄ると買い物も充実しそうです。

店舗情報

Bistro ひらみぱん

Bistro ひらみぱん
  • URL:https://hiramipan.co.jp/
  • 住所:石川県金沢市長町1-6-11 MAP
  • アクセス:JR金沢駅から徒歩約19分
  • バス:JR金沢駅から周遊バス乗車、「南町・尾山神社」下車徒歩約5分
  • 時間:8:00~11:00(L.O.10:30)、12:00~16:00(L.O.15:30)、18:00~22:30(L.O.21:30)
  • 定休日:月曜(祝日の場合は営業、翌日休み)
  • TEL:076-221-7831
  • 駐車場:無料(1台)

フルーツパーラーむらはた

旬のフルーツ満載、絶品パフェに夢中

左から、一番人気の「フルーツパフェ」850円、キウイ3個分を贅沢に使った「キウイパフェ」780円左から、一番人気の「フルーツパフェ」880円、キウイ3個分を贅沢に使った「キウイパフェ」830円

100年以上前に東京・文京区で創業、その後金沢に疎開(そかい)して開いたというフルーツ専門店です。2階のフルーツパーラーに訪れる人のお目当ては、そのとき一番おいしい果物を使ったパフェの数々。芸術的なカットが美しい定番の「フルーツパフェ」には、メロンやイチゴなど8種類の果物に、果物の甘さを引き立たせるソフトクリームとバニラアイスを盛り合わせています。この他、1月は「あまおう」、7月は桃、11月はマロンなど、年間34メニュー登場する季節限定パフェも見逃せません。

行列覚悟で立ち寄りたいフルーツパーラー

天井まである大きな窓が開放的天井まである大きな窓が開放的

桃などの限定パフェ提供期間は、開店前から行列になることも多い人気店。明るく開放的な店内も居心地満点です。パフェ以外にもメニューは豊富で、ケーキやタルトだけで約15種類の品揃え。どこかレトロな「プリンアラモード」や断面が美しい「フルーツサンド」、栄養価の高い生ジュースなども好評です。
ランチタイムには、フルーツ盛り合わせ、パン、スープ、サラダ、ドリンクが付いた「フルーツランチ」や「パスタランチ」などもあり、おなかを心地良く満たしてくれます。

店舗情報

フルーツパーラ―むらはた

フルーツパーラーむらはた
  • URL:https://www.murahata.co.jp/
  • 住所:石川県金沢市武蔵町2-12 本店第一ビル2階 MAP
  • アクセス:JR金沢駅から徒歩約15分
  • バス:JR金沢駅から周遊バス乗車、「武蔵が辻・近江町市場」下車徒歩約1分
  • 時間:10:00〜19:00(L.O.18:30) 料理〜15:00(L.O.)、ランチ11:30〜15:00(L.O.)
  • お休み:不定休
  • TEL:076-224-6800
  • 駐車場:無料
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。