雨が降っても楽しめる。箱根のおすすめ観光スポット4選
2

美術館や水族館など、屋内施設の多い箱根なら、あいにくの雨でもたっぷりと楽しめます。晴れの日とは異なる箱根の魅力をぜひ発見してみませんか。また梅雨時期の箱根には、風物詩でもある「あじさい電車」が運行。雨ならではの風情を楽しみに訪れるのもおすすめです。

彫刻の森美術館

雨の日も楽しい、美術館の巡り方を提案

アートホールでの期間限定展示。作品の内容をクイズとイラストで表示する「よりみち美術館」(~2020年3月)アートホールでの期間限定展示。作品の内容をクイズとイラストで表示する「よりみち美術館」(~2020年3月)

箱根の自然にとけ込むように立つ国内初の野外美術館。約7万㎡の敷地内には、フランスの彫刻家「ロダン」や「岡本太郎」など、近・現代を代表する国内外の著名な彫刻家の作品約120点が点在しています。
雨の日のおすすめは、本館ギャラリーやピカソ館など室内展示場を中心にまわる美術館提案の「雨の日コース」。本館ギャラリーを出発して、アートホール、ピカソ館、ショッピングモールやカフェなどを約60〜90分でまわるコースです。コースの途中で巡る野外彫刻作品も、普段と違う表情を見せてくれます。

一番のおすすめ「ピカソ館」を堪能

美術館のシンボル「幸せをよぶシンフォニー彫刻」。塔内にはステンドグラスがあしらわれている美術館のシンボル「幸せをよぶシンフォニー彫刻」。塔内にはステンドグラスがあしらわれている

「雨の日コース」で巡る人気の室内展示場は、2019年7月にリニューアルしたピカソ館。ピカソが65歳から始めたという陶芸作品を始め、油彩、版画、タピストリーなど、約300点を順次公開。多彩な魅力に触れることができます。
他、アートホールで行われる企画展も美術を身近に感じられると人気。コース以外でも自分が美術作品になりきれる「彫刻の森研究所」や「幸せをよぶシンフォニー彫刻」も必見。塔内は無数のステンドグラスが輝き、幻想的です。

施設情報

箱根彫刻の森美術館

彫刻の森美術館
  • URL:https://hakone-oam.or.jp
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1121 MAP
  • アクセス:箱根登山鉄道彫刻の森駅から徒歩約2分
    バス:箱根登山鉄道箱根湯本駅からバス乗車、「ニの平入口」下車徒歩約5分
  • 営業時間:9:00~17:00(16:30最終入館)
  • 定休日:無休
  • 料金:一般1,600円、大学生・高校生1,200円、中学生・小学生800円
  • TEL:0460-82-1161
  • 駐車場:有料
  • 備考:「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」は、2020年1月14日(火)〜3月19日(木)は、点検・補修作業のため、閉鎖します

陶芸工房 陀々舎(だだしゃ)

落ち着いた空間で作陶に没頭

土を触っていると心が穏やかに土を触っていると心が穏やかに

箱根湯本駅から歩くこと約12分、臨済宗大徳寺派の名刹「早雲寺」の静謐な林に佇む人気の陶芸工房。早雲寺の先代住職の茶室だったという趣のある建物内では、湯飲みや茶碗、タンブラーなどを制作する陶芸体験ができます。完全予約制の貸し切りなので、他のお客様に気兼ねすることなく、落ち着いた雰囲気で作品作りに集中できるのも魅力。事前に予約をすれば、塔ノ沢にある鯛ごはん懐石の店「瓔珞(ようらく)」の鯛ごはん弁当をいただくこともできます。

未経験でも本格的な陶芸作品が完成

粘土を使って、アイデアをそのまま器に表現粘土を使って、アイデアをそのまま器に表現

陶芸体験では、500gの粘土を使い、電動ろくろもしくは手びねりで好きな器に成形していきます。味のある作品を作りたいなら手びねり、陶芸家気分を味わいたいなら、電動ろくろを選んでみてはいかがでしょう。お店の方が丁寧に教えてくれるので、未経験者や不器用な方でも本格的な作品を作れます。作品の成形が完成したら、工房で削り作業、乾燥、施釉、素焼きなどを行った後、焼成して後日宅配で自宅に届けられます。

施設情報

陶芸工房 陀々舎(だだしゃ)

陶芸工房 陀々舎(だだしゃ)
  • URL:http://www.dadasya.com
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本394 MAP
  • アクセス:箱根登山鉄道箱根湯本駅から徒歩約12分
  • 営業時間:10:00~16:00
  • 定休日:不定休
  • 料金:体験料 手びねり4,000円、電動ろくろ 5,000円(体験は2名以上から予約可、電動ろくろ体験は1グループ3名まで)
  • TEL:080-5033-1304
  • 駐車場:無し(町営駐車場を利用)

箱根湯寮

里山に抱かれた露天風呂でおもてなし

見晴らし湯、岩風呂など多彩な湯を楽しめる大浴場「大湯」見晴らし湯、岩風呂など多彩な湯を楽しめる大浴場「大湯」

箱根エリアでは現在20湯を数える温泉場があります。中でも湯本・塔ノ沢・宮ノ下・堂ヶ島・芦ノ湯・底倉、そして姥子(うばこ)もしくは木賀の箱根七湯は歴史が古く、江戸時代から多くの人々に親しまれてきました。「箱根湯寮」はその1つ「塔ノ沢温泉」を源泉とした日帰り温浴施設です。古民家風の建物に一歩足を踏み入れると、そこはまさに森の中の温泉場。大浴場「本殿 湯楽庵 大湯」やそれぞれ趣の異なる19室の貸し切り個室露天風呂「離れ湯屋 花伝」などでは、温泉に浸かりながら緑豊かな里山を見晴らす開放感たっぷりの空間を楽しめます。

湯上がりに本格的な囲炉裏料理を

囲炉裏を配したテーブルで炭火料理を楽しむことも囲炉裏を配したテーブルで炭火料理を楽しむことも

「塔ノ沢温泉」の泉質は、アルカリ性単純温泉。肌当たりが柔らかで「美肌の湯」として親しまれています。雨音をBGMに温泉を楽しむひとときは、まさに至福の時間です。
湯上がりには、ぜひ、食事処「囲炉裏茶寮 八里」へ。囲炉裏の炭火で焼いた川魚や朴葉みそ焼きなどはどれも素朴な味わいで、食事だけに訪れるお客様も多いそうです。
2カ所あるリラクゼーション施設は、手軽な足つぼや全身のアロママッサージまで種類豊富なマッサージが受けられると人気です。

施設情報

箱根湯寮

箱根湯寮
  • URL:https://www.hakoneyuryo.jp/price/
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町塔之澤4 MAP
  • アクセス:箱根登山鉄道箱根湯本駅から車で2分
    バス:箱根登山鉄道箱根湯本駅から無料送迎バスあり
  • 営業時間:平日10:00~21:00(20:00最終受付)、土・日曜、祝日10:00~22:00(21:00最終受付)
  • 定休日:不定休
  • 料金:大人(中学生以上)1,500円、小学生700円
  • TEL:0460-85-8411
  • 駐車場:無料

箱根園水族館

世界の大海、川、湖から魚たちが大集合

ダイバーが魚たちにエサをあげる海中ショーも人気ダイバーが魚たちにエサをあげる海中ショーも人気

レストランや日帰り温泉、名産品コーナー、体験コーナーなど、20以上の施設が集まる芦ノ湖畔の複合施設「箱根園」内にある水族館。標高723mと日本でもっとも高いところにある海水の水族館で、「海水淡水館」と「バイカルアザラシ広場」の2つの施設に分かれています。「海水淡水館」では、世界中の大海から集められた珍しい魚やカラフルな熱帯魚の他、芦ノ湖をはじめとした川や湖など淡水にすむ淡水魚、4種類のペンギンなどが展示されています。

ショーや餌やりタイムも人気

お行儀よく餌を食べるコツメカワウソがかわいいお行儀よく餌を食べるコツメカワウソがかわいい

水族館を訪れる人々を和ませているのが、コツメカワウソの子どもたちです。水浴びしたり、遊んだり、仲良くお昼寝したり。その愛らしい姿はずっと眺めていたいほど。コツメカワウソと握手ができる餌やり体験も人気です。
また、海水館の中央にある高さ7mの「魚類大水槽」で行われる海中ショーでは、ダイバーたちが魚に餌をあげるために水槽内へ。餌を持ったダイバーに一斉に魚が群がる様子は、まるでダンスをしているようです。その他、屋外のプールで泳ぐ愛嬌のあるバイカルアザラシのショーにも癒されます。

施設情報

箱根園水族館

箱根園水族館
  • URL:https://www.princehotels.co.jp/amuse/hakone-en/suizokukan/
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139 MAP
  • アクセス:箱根登山鉄道箱根湯本駅から車で約30分
    バス:箱根登山鉄道箱根湯本駅からバス乗車、「箱根園」下車すぐ
  • 営業時間:9:00~17:00(16:30最終入館)、海中ショー 平日13:00 土・日曜、祝日10:30、13:00
  • 定休日:無休
  • 料金:大人(中学生以上)1,500円、子ども(4歳~小学生)750円
  • TEL:0460-83-1151
  • 駐車場:有料
  • 備考:G.W.、夏休み、年末年始の海中ショーは土・日曜、祝日同様、1日2回開催 ※ショーの時間は、時期により変更する場合がございます

–>

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。