箱根の気温と服装をチェックしよう
7

神奈川県の南西部に位置する箱根。日本有数の温泉源泉数と湯量を誇り、首都からのアクセスも良いことから、江戸時代には「箱根の七湯湯治」が定着。明治時代になると外国人の避暑地として人気を呼び、今も日本トップクラスの集客を誇る温泉地として人気を博しています。
箱根は、箱根火山カルデラを囲む標高1000mの外輪山とカルデラ内の湖や草原湿地帯などで形成されています。外輪山の麓にある標高約97m箱根湯本の年間の気温は、東京とあまり変わりませんが、標高645mに位置する仙石原になると、3~4℃気温が低くなります。もっとも寒い1月では最低気温の差が約8℃にもなります。
豊かな自然に温泉と、年間を通じて楽しめる箱根を快適に過ごすためにも、標高差を考えて、季節にあった寒さ対策のためのプラス1枚を用意し、寒暖差に備えましょう。

箱根(箱根湯本・仙石原)の年間気温

箱根の春(3~5月)の気温・服装について

宮城野の桜(写真提供:箱根町企画観光部観光課)

箱根湯本の3月の平均気温は、9.5℃。東京より少し暖かいぐらいの気温ですが、仙石原の平均気温は5.8℃とまだ厚手のコートが必要となります。ただし、日中は箱根湯本・仙石原とも20℃前後まで上がるので、脱ぎ着しやすい服装で出かけましょう。
3月下旬になると箱根でも桜が開花し始めます。箱根湯本や大平台から咲き始め、徐々に標高の高い地域へと桜前線が移動し、芦ノ湖では5月上旬まで桜を楽しむことができます。
新緑が眩しい箱根の4、5月は、おでかけのベストシーズン。箱根強羅公園など、ツツジの名所は華やぎの空間に。箱根湯本・仙石原ともに最高気温が20℃を超える日もありポカポカとした陽気の中で過ごせます。日中は、長袖シャツなどで十分ですが、仙石原など標高の高い地域は、朝晩が冷え込むのでパーカーやジャケットなどの携帯をおすすめします。

箱根の夏(6~8月)の気温・服装について

箱根登山鉄道「あじさい電車」 箱根登山鉄道「あじさい電車」

6月の箱根は、雨が降る日が多く降雨日は月の半分以上。箱根湯本の平均気温21.4℃、仙石原の18.5℃より、雨が降ると寒く感じられます。ウインドブレーカーや、少し厚めの上着を用意しておくと便利です。6~7月上旬にかけて、箱根登山鉄道の「あじさい電車」が登場。雨で艶めくアジサイが車窓を彩ります。梅雨が明けると、箱根湯本は熱い夏に。8月の平均気温は26.2℃、最高気温は36.8℃。一方、仙石原の8月の平均気温は23.3℃と、3℃ほど低くなります。どちらも日中はTシャツなどで過ごせますが、標高の高い地域に行く時は薄手のカーディガンの用意を。また、8月は雨が降る確率が高いので雨具を用意しておきましょう。
夏は、芦ノ湖の花火大会や強羅の大文字焼きなど、イベントも満載です。

箱根の秋(9~11月)の気温・服装について

仙石原 すすき草原 仙石原 すすき草原

箱根湯本の9月の平均気温は23.7℃。仙石原は20.7℃。9月中旬までは、日中は残暑も厳しく夏と同様の服装で出かけられますが、下旬になると標高の高い地域から一気に秋めいてきます。朝晩だけでなく日中も涼しく感じる日が増えてくるので、上着の上から羽織れる大判のストールなどがあれば重宝します。外輪山の頂上から木々が色づき始めるのが10月下旬。仙石原のすすき草原も黄金色に輝き始めます。紅葉・ススキの見頃となる11月の平均気温は、箱根湯本が11.4℃、仙石原が8.3℃に。夜はさらに冷え込み11月下旬になると仙石原ではマイナスを記録する日も増えてきます。紅葉を楽しみに出かける場合、コートは必須。足元もブーツを履くなど、防寒対策が必要です。
また、秋の箱根は雨の日が多いので、雨具を持ち歩きましょう。

箱根の冬(12~2月)の気温・服装について

芦ノ湖 芦ノ湖

箱根の冬は、標高の低い地域と高い地域で服装が異なります。箱根湯本の冬の平均気温は東京の平均気温と比べても1~2℃ほど高く、東京と同じ外出着で問題ありません。一方、仙石原の平均気温は、最低気温が-5℃以下になる日も多く、月に数回雪が降り、積雪もあります。外出時は、ダウンコートにブーツ、首元にはマフラーなど、防寒対策は必須。車で出かける場合は事前に天気予報を確認し、雪の可能性がある場合は、チェーンやスタッドレスタイヤの装備を行いましょう。
また、冬は晴れの日が多く、芦ノ湖などでは、澄んだ空気の中、雪化粧をした富士山の姿がはっきりと浮かび上がります。そんな絶景を堪能できる箱根は、暖かい温泉が恋しくなる季節のおでかけの目的地にぴったりです。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。