秋の箱根で愛でる厳選紅葉スポット13選
20

芦ノ湖を皮切りに、仙石原、強羅、そして小涌谷へと移りゆく箱根の紅葉。標高約110mの箱根湯本から約1000m近くにある大涌谷まで、高低差があるため標高が高い地域は東京よりもひと月ほど早く木々が色づき始めます。箱根外輪山の山々と芦ノ湖、そして富士山が描き出す大パノラマの紅葉をはじめ、古刹や庭園、美術館などで出合う静謐な秋の景色まで、おすすめのスポット13ヶ所を紹介します。

<箱根湯本・塔ノ沢・大平台>

箱根登山鉄道|早川橋梁

箱根登山鉄道
箱根湯本を経由して強羅まで、約15kmを結ぶ箱根登山電車。急勾配を進むために前後を入れ替えながら進むスイッチバックがあったり、急カーブを曲がったりと路線は変化に富んでいます。
中でも見どころは、山間を渡る鉄橋「出山鉄橋(正式名:早川橋梁)」からの眺め。箱根湯本駅を出発した電車が塔ノ沢駅を過ぎ「出山鉄橋」の上へ。鉄橋からの眺めは素晴らしく、眼下から山頂へと赤や黄色のグラデーションを織りなす紅葉を堪能できます。
また、2017年に登場した3100型車両の「アレグラ号」なら、大きな窓や車両側面の展望窓から、紅葉を間近に眺められます。

スポット情報

箱根登山鉄道

箱根登山電車
  • URL:http://www.hakone-tozan.co.jp/
  • 乗車料金:箱根湯本─強羅/400円
  • 運行区間:小田原─強羅
  • 所要時間:約40分(箱根湯本─強羅)
  • 運行日:毎日
  • 予約・乗車券購入方法:乗車駅にて購入

<芦ノ湖>

芦ノ湖(遊覧船)

芦ノ湖(遊覧船)

南北約7km、周囲約20kmの芦ノ湖は、箱根外輪山に囲まれたカルデラ湖。湖上をゆく遊覧船からは、箱根の山々が360度見渡せ、紅葉の時期は周囲が錦に彩られた景色が楽しめます。
特に晴れた日に望む、芦ノ湖と紅葉した箱根の山々、そして遠くに雪を冠した富士山が見せる景色は、まさに一幅の絵画のようです。さらに階上の展望甲板に上がれば、遮るものがない雄大な景観を独り占めできます。航路は、箱根関所近くの箱根関所跡港、箱根神社近くの元箱根港など、4つの港を巡航する定期船と、各港から出航して湖上を遊覧し元の港に戻る周遊船があります。途中下船して観光スポットを楽しむならフリーチケットを利用して定期船を、マイカーなら周遊船が便利です。

スポット情報

芦ノ湖(遊覧船)

箱根芦ノ湖遊覧船
  • URL:http://www.izuhakone.co.jp/hakone-yuransen/index.html/
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根45-3  MAP
  • アクセス:JR小田原駅から伊豆箱根バス「箱根・関所線」で約60分、「元箱根」下車すぐ
  • 乗船料金:定期船フリー乗車券1,840円、箱根関所跡港発着30分周遊コース1,200円ほか
  • 運行区間:箱根関所跡港─元箱根港─箱根園港─湖尻港
  • 所要時間:約40分(箱根関所跡港─湖尻港)
  • 運行日:毎日
  • 予約・乗船券購入方法:乗船港にて購入

芦ノ湖スカイライン

芦ノ湖スカイライン
芦ノ湖の西岸、神奈川県と静岡県の県境をつなぐ標高約900mにある観光有料道路です。総延長は10.7km。外輪山の稜線に沿って道路が続いており、いたるところでダイナミックな紅葉が楽しめます。
中でも絶景スポットであり、紅葉も素晴らしい3つの峠は必見。まず、箱根峠側料金所から入って最初に現れるのが山伏峠。「芦ノ湖スカイラインレストハウスレイクビュー」横の展望台からは、芦ノ湖と駒ヶ岳の紅葉を望む美しい景色が一望できます。中間地点にある杓子峠では、富士山の全景と駿河湾、奥には南アルプスまで広がるワイドな秋景色を満喫。さらに先に進むと三国峠展望所があり、富士山と駿河湾、御殿場市街まで望めるダイナミックな景色を堪能できます。
杓子峠は駐車場台数が少ないので、満車の場合は三国峠を目指しましょう。

スポット情報

芦ノ湖スカイライン

芦ノ湖スカイライン
  • URL:http://www.ashinoko-skyline.co.jp/
  • 営業時間:7:00~19:00 ※営業時間外は特別区間は無料開放
  • 通行料金:一般区間620円、特別区間100円
  • 通行区間:箱根峠─湖尻峠─湖尻水門

<仙石原・大涌谷>

仙石原 すすき草原

仙石原 ススキ草原

芦ノ湖の北側に広がる仙石原には、かつては仙石原湖と呼ばれる湖があったとされています。噴火で湖が2つに分断され、ひとつは芦ノ湖に、仙石原側は神奈川県唯一の湿原となりました。その湿原の一部、台ケ岳の山裾に広がるすすき草原は、今や箱根の秋の風物詩に。斜面を覆い尽くす膨大なすすきが見渡す限り広がります。秋口には銀色に輝く穂は、秋の深まりとともに金色へと変色。風が吹くたびに穂が一斉に揺れるさまは、まるで黄金色の海原を連想させます。
すすき草原には、一本道を進み折り返して戻る遊歩道が整備されています。草原は起伏に富み、全体を見渡せる丘や遊歩道の左右から覆いかぶさるすすきに埋もれそうな小道、山々とすすき草原のパノラマ風景など、撮影スポットにも事欠きません。

スポット情報

仙石原 すすき草原

仙石原 すすき草原
  • URL:https://www.hakone.or.jp/526(箱根町観光協会)
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原  MAP
  • アクセス:箱根登山電車箱根湯本駅から箱根登山バス「T路線(桃源台線)」で約30分、「仙石高原」下車すぐ
  • TEL:0460-85-5700(箱根町総合観光案内所)
  • 駐車場:無料(9月1日~11月30日)

長安寺

長安寺

1658年(万治元年)に創建された曹洞宗の古刹、長安寺。ススキ草原同様、仙石原の紅葉の名所として名高いスポットです。仙石バス停から徒歩すぐの場所にあり、国道138号線からも一本脇道に入るだけのアクセス便利な立地ですが、境内に入れば森閑とした雰囲気が漂います。
関東一円の「花の寺」と称される「東国花の寺 百ケ寺」に名を連ねる境内の景観は、四季折々の花の美しさもさることながら、秋のモミジも負けず劣らず見事。創建当時の建物と伝わる荘厳なお堂とその周辺を赤や黄に染めるモミジが相まった風景は趣深く、心が洗われます。裏山へ通じる小道をはじめ境内のいたるところに、表情豊かな五百羅漢像があり、その和やかな表情と紅葉が描く風景も長安寺ならではです。

施設情報

提供:箱根全山
長安寺
  • URL:https://www.hakone.or.jp/535(箱根町観光協会)
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原82 MAP
  • アクセス:箱根登山電車箱根湯本駅から箱根登山バス「T路線(桃源台線)」で約23分、「仙石」下車、徒歩約1分
  • 拝観料:無料

箱根ガラスの森美術館

箱根ガラスの森美術館

仙石原にある日本初のヴェネチアン・グラス専門の美術館。欧州貴族の館を再現した洋館には、15~19世紀の名品が約100点展示されています。敷地内にある大きな池を配した庭園は、正面に大涌谷、両側に台ケ岳と小塚山と、紅葉した山々が見渡せる絶好の紅葉鑑賞スポット。園内南西側に、早川の近くまで伸びる「紅葉の小径」があり、色づいた木々に囲まれた散策道をのんびりと散歩できるのも魅力です。
また、庭園から美術館に架かる橋には、高さ約9m、全長約10mのクリスタルガラスのアーチを設置。約16万粒のクリスタルが秋風に吹かれてきらめく様子や、秋限定のクリスタルガラスのススキの穂が太陽の光を受け輝く幻想的な景観が楽しめます。紅葉とガラスの競演がさらに秋を華やかに彩る、この場所ならではの紅葉観賞は一見の価値ありです。

施設情報

箱根ガラスの森美術館

箱根ガラスの森美術館
  • URL:http://www.hakone-garasunomori.jp/
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48  MAP
  • アクセス:箱根登山鉄道箱根湯本駅から箱根登山バス「GまたはM路線(御殿場線または観光施設めぐりバス)」行きで約10分、「俵石・箱根ガラスの森前」下車、徒歩すぐ
  • 営業時間:10:00~17:30(最終入館~17:00)
  • 定休日:成人の日の翌日から11日間
  • 入館料:大人1,500円、大学・高校生1,100円、小・中学生600円
  • TEL:0460-86-3111
  • 駐車場:有料

箱根ロープウェイ

箱根ロープウェイ

箱根登山ケーブルカーの終着である早雲山(そううんざん)駅から、大涌谷駅、姥子(うばこ)駅を経由し、芦ノ湖の近く桃源台駅まで空中散歩が楽しめる箱根ロープウェイ。
各駅間の所要時間は約8分。標高757mの早雲山駅を出発したロープウェイは一気に高度を上げ標高1044mの大涌谷駅を目指します。眼下には、大涌谷の迫力ある風景、視線を周辺に転じれば錦に染まる箱根外輪山の大パノラマが広がります。大涌谷駅でロープウェイを乗り換え姥子駅へ向かう間では、晴れていれば正面に芦ノ湖と富士山、そして周辺の山々の紅葉を望むスケールの大きい秋景色が楽しめます。山の斜面に沿って森林の間近を下っていくため、まるで紅葉の絨毯の上を滑り降りていくような感覚も味わえます。

スポット情報

箱根ロープウェイ

箱根ロープウェイ
  • URL:http://www.hakoneropeway.co.jp/index.cgi
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300(早雲山駅)  MAP
  • アクセス:箱根登山鉄道強羅駅から箱根登山ケーブルカーで約10分、「早雲山駅」下車すぐ(早雲山駅)
  • 乗車料金:1,450円(早雲山─桃源台)
  • 運行区間:早雲山駅─大涌谷駅─姥子駅─桃源台駅
  • 所要時間:約24分(大涌谷駅での乗り換え時間は含まず)
  • 営業時間:9:00~17:00(12~2月は~16:15)
  • 乗車券購入方法:乗車駅にて購入
  • TEL:平日 0465-32-2205 土日祝 0460-84-8439
  • ※悪天候や定期点検整備等の運休あり

箱根 駒ケ岳ロープウェー

箱根 駒ケ岳ロープウェー

芦ノ湖畔の複合リゾート施設である「箱根園」と、標高1,356m、箱根で3番目に高い駒ヶ岳の山頂を結びます。全長は約1800m、空中散策の時間は約7分間。
「箱根園」を出発してまず目に入るのは、斜面を埋め尽くすような赤や黄色に染まった木々の群生。まるで、キャンバスに絵の具を塗りつけたような色彩豊かな紅葉が広がります。さらに中間地点から「箱根園」方面を振り返って望む景色は、息をのむほどの絶景。芦ノ湖を中心にした箱根の全景がまるで箱庭のように見渡せ、秋色に染まる箱根が実感できます。山頂では、紅葉した箱根の山々とその向こうにそびえ立つ富士山が一望できる、ダイナミックな景色が広がります。

スポット情報

箱根 駒ケ岳ロープウェー

箱根 駒ケ岳ロープウェー
  • URL:http://www2.princehotels.co.jp/amuse/hakone-en/ropeway/
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139(箱根園駅)  MAP
  • アクセス:箱根登山鉄道箱根湯本駅から伊豆箱根バス「J路線(湖尻~箱根園行)」で約50分、「箱根園」下車すぐ
  • 乗車料金:1,600円(往復)
  • 所要時間:約7分
  • 営業時間:上り9:00~16:30 下り~16:50
  • 乗車券購入方法:乗車駅にて購入
  • TEL:0460-83-1151(箱根園)
  • ※悪天候や定期点検整備等の運休あり

<箱根湯本・塔ノ沢・大平台>

彫刻の森美術館

彫刻の森美術館

日本で最初の野外美術館で、約7万㎡の広大な敷地に約120点の著名な彫刻家の作品を展示。秋の深まりとともに紅葉する木々と存在感たっぷりの彫刻がコラボするアートな秋を満喫できます。
感性を刺激しつつ、紅葉を楽しむなら、フランスの彫刻家ガブリエル・ロアール作の「幸せをよぶシンフォニー彫刻」へ。体験型アート作品のひとつで、高さ18mの塔の中は、全面のステンドグラスが外の光を受け幻想的な空間に包まれています。内部の螺旋階段を上りきると、彫刻の森美術館の全景のほか、遠くに箱根の山々が連なる秋景色が一望できます。
散策に疲れたら、敷地内から湧出する100%源泉かけ流しの足湯へ。温泉で脚を癒しながら、彫刻と紅葉のハーモニーを堪能するゆるやかな時間。ここでしか味わえない秋の醍醐味に、心もじんわりとあたたかくなります。

施設情報

彫刻の森美術館

彫刻の森美術館
  • URL:http://www.hakone-oam.or.jp/
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1121  MAP
  • アクセス:箱根登山鉄道箱根湯本駅から約35分、「彫刻の森」駅下車、徒歩約2分
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 定休日:無休
  • 入館料:大人1,600円、大学・高校生1,200円、小・中学生800円
  • TEL:0460-82-1161
  • 駐車場:有料

箱根強羅公園

箱根強羅公園

1914年(大正3年)の開園から100年を超えた今も当時の姿を残す、日本初のフランス式庭園。箱根登山ケーブルカーに沿った傾斜地にあり、正門より西門が約40m、標高が高く、散策路のほとんどが階段と坂道になっているのが大きな特徴です。園内中心の噴水池から西門までの庭園には落葉樹が多く、モミジを中心とした紅葉が園内を彩ります。また、同じエリアにはローズガーデンがあり、秋バラと錦秋に染まる木々の競演は見ごたえ十分。
噴水池近くにある、寂びた佇まいが印象的な茶室「白雲洞茶苑」と赤く色づいたモミジが魅せる、日本情緒たっぷりの秋景色も愛でることができます。

スポット情報

箱根強羅公園

箱根強羅公園
  • URL:http://www.hakone-tozan.co.jp/gorapark/
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300  MAP
  • アクセス:正門は箱根登山ケーブルカー公園下駅から徒歩約1分、西門は公園上駅から徒歩約1分
  • 開園時間:9:00~17:00(入園~16:30)
  • 入園料:550円
  • TEL:0460-82-2825
  • 駐車場:有料

箱根美術館

箱根美術館

強羅公園に隣接する、1952年(昭和27年)に開館した箱根で最も古い美術館。縄文土器や古墳時代の埴輪、鎌倉・室町時代の壺・甕、中国時代の皿など、希少な「やきもの」をコレクションし展示しています。
箱根でも指折りの紅葉の名所として知られているのが、この美術館にある庭園「神仙郷」。四季折々の景観の素晴らしさから国の登録記念物(景勝地関係)にも指定されています。130種の苔の緑と200本のモミジの赤が織りなす風雅な景色は圧巻の一言。庭園を縫うように続く石畳の歩道をそぞろ歩くことで、静謐な日本の秋を体感できます。庭園奥の茶室では、庭園を眺めながら抹茶を楽しむ穏やかな時間を。
また、普公開されていない、いけとモミジの日光殿前庭も、11月中は毎日特別公開されているので、こちらも必見です。

施設情報

箱根美術館

箱根美術館
  • URL:http://www.moaart.or.jp/hakone/
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300   MAP
  • アクセス:箱根登山ケーブルカー公園上駅から徒歩すぐ
  • 開館時間:9:30~16:30(12~3月は~16:00)※最終入館は閉館30分前
  • 休館日:木曜(祝日の場合は開館)、年末年始。※11月は無休。
  • 入館料:大人900円、大学・高校生400円
  • TEL:0460-82-2623
  • 駐車場:無料

箱根小涌園 蓬莱園

箱根小涌園 蓬莱園の紅葉

大正時代初期、小涌谷温泉の三河屋旅館の創業者・榎本恭三が、東京の大久保公園のツツジを移植し庭園を造ったと言われるツツジの名所。数十種3万株を超えるツツジが咲き誇る華やかな5月に多くの観光客が訪れますが、実は紅葉の美しさも引けをとりません。モミジを中心とした木々はいずれも樹高が高く、枝も空へ向かって高く伸びています。散策路から木々を見上げれば、赤や黄色に染まった葉の間から青空が透かし見え、樹間にこぼれる陽光と相まったフォトジェニックな景観が楽しめます。

施設情報

箱根小涌園 蓬莱園

箱根小涌園 蓬莱園
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297   MAP
  • アクセス:箱根登山鉄道箱根湯本駅から「箱根登山バス」「伊豆箱根バス」元箱根方面行きで約20分、「蓬莱園」下車、徒歩すぐ
  • 開館時間:散策自由
  • 休園日:無休
  • 入園料:無料
  • TEL:0465-43-6688(藤田観光リゾート事業グループ)
  • 駐車場:無し ※箱根小涌園んユネッサン駐車場は利用可能(2時間以内無料)
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。