ご当地サポーター竹淵翔太
土浦・つくばエリアでおすすめランチ6選
13

茨城県南部の土浦・つくばエリアには、土浦駅構内のおしゃれな大食堂から、蔵を改装したつくば市のベーカリーカフェ、筑波山麓にある釜揚うどんの人気店まで、スポットごとにおすすめしたいランチのお店が多く揃っています。他にも茨城県産の食材を使った本格的なナポリ料理やボリューム満点のハンバーガーなど、土浦・つくばエリアを訪れるなら要チェックの絶品ランチを厳選してご紹介します。

歴史と風格を感じる和カフェの手作りパンにほっこり

「蔵日和ランチ」1,738円(本日のメイン(肉/魚)、スープ、付け合わせデリ、サラダ、パン3種、ドリンク付き) 「蔵日和ランチ」1,738円(本日のメイン(肉/魚)、スープ、付け合わせデリ、サラダ、パン3種、ドリンク付き)

登録有形文化財「沼尻家住宅」の米蔵を改装した、テラス席のあるベーカリーカフェ。隣接する工房で、熟練の「パン番長」が丹精込めて作るパンを目当てに多くの人が訪れます。日替わりの「蔵日和ランチ」に欠かせないのはもちろん焼きたてパン。バスケットに盛られたハーフサイズのパン数種類が揃い、その中から3つ選べます。写真のメインは「サーモンの香草焼き」。なめらかなサツマイモの冷製スープに、冬瓜とゴーヤのごま和え、葉野菜をたっぷり使ったサラダなどが器を美しく彩ります。

1,500坪の庭園に四季折々の美しさを見る

モミジやアカマツ、サルスベリが茂る自然豊かな日本庭園 モミジやアカマツ、サルスベリが茂る自然豊かな日本庭園

風格のある正門をくぐり、右手に見える白漆喰の建物がお店です。1階はベーカリーショップ、和紙の手作りランプが目をひく2階席は、屋根裏のような落ち着きのある雰囲気。テラスの特等席は、入り口近くの2人席で、玉砂利が敷き詰められた美しい日本庭園が目前に広がります。ベーカリーのおすすめは、たっぷりの黒ごまとチーズに、ごぼうサラダのシャキシャキ感がクセになる「ごぼうチーズフランス」。つくば市のパンコンテストで優勝経験がある「メープルメロンパン」も逸品です。

ご当地サポーターコメント
敷地内の見事な茅葺き屋根の母屋は、蔵日和系列のイタリアン「藤右ェ門」。オリジナルの瓶詰め「アンチョビバター」はバゲットとの相性抜群で、一度食べたらやみつきに。蔵日和の1階で販売しています。

蔵日和(くらびより)
  • https://touemon.com/shop/kurabiyori
  • 茨城県つくば市金田(こんだ)38-1 MAP
  • JR土浦駅から車で約15分
  • 10:00~17:00(ランチタイムは11:00~14:30)
  • 月曜、第1・3水曜、お盆、年末年始
  • 029-857-4118
  • あり

経験と探求心が生み出す絶品ハンバーガー

「M.S.B Burger(フレンチフライ付き)」1,705円(イートイン) 「M.S.B Burger(フレンチフライ付き)」1,705円(イートイン)

都内の有名ハンバーガー店で研鑽を積んだ店主が営む、ハンバーガーとサンドイッチの専門店。「M.S.B Burger」は、自家製コンビーフと牛肉120gの手ごねのパティ、新鮮野菜にたっぷりのハラペーニョを使ったスパイシーな看板メニューです。スパイスでマリネした牛肩肉を1週間寝かせて作るコンビーフは、何度もの試作を経たこの店だけの特別な味。地域の人気店「パン・ド・メグモリ」が焼き上げるバンズはほどよい甘味と弾力感があり、ボリューム満点の具材をしっかりと支えます。

小上がりでまったりグルメバーガーを味わおう

すっきりシンプルなアメリカンヴィンテージ調の店内 すっきりシンプルなアメリカンヴィンテージ調の店内

アメリカンダイナーを思わせるスタイリッシュな店内には、テーブル席のほか小上がりも用意。トイレにはおむつ替えスペースもあり、赤ちゃん連れでも安心して過ごせます。トマトの旨みを実感するケチャップをはじめ、マヨネーズやタルタルソースなど、すべてがこだわりのホームメイド。ポテトは茹でたものをオーダーごとに揚げるので、カリカリの食感が楽しめます。ランチタイム限定で、キャラウェイドレッシングのサラダやオニオンリング、ドリンクが+165円でオーダーできます。

ご当地サポーターコメント
とことん素材にこだわり抜いたハンバーガーは冷めてもおいしく、テイクアウトも人気。電話で前もっての予約がおすすめです。

M.S.B hamburger & sandwich(エムエスビーハンバーガーアンドサンドイッチ)
  • https://www.instagram.com/m.s.b_hamburger_sandwich
  • 茨城県つくば市桜3-8-4 アグレアーブル1階 MAP
  • JR土浦駅から車で約17分
  • 11:00~16:00(L.O.15:30)※ランチタイム(平日のみ)は~15:00、テイクアウトは~18:00(L.O.17:30)
  • 水・木曜 、年末年始、臨時休業あり
  • 029-869-8006
  • 無料

駅ナカの大食堂で極旨ハンバーグと多彩なビュッフェ

「和風ハンバーグ 醤油玉ねぎソース+サラダ・総菜ビュッフェ&ドリンク・スープバー」2,090円 「和風ハンバーグ 醤油玉ねぎソース+サラダ・総菜ビュッフェ&ドリンク・スープバー」2,090円

JR土浦駅直結の「プレイアトレ土浦」2階にある、全150席の大食堂。メイン料理とビュッフェのセットメニューはボリュームたっぷりで、ランチの人気は「和風ハンバーグ醤油玉ねぎソース」。淡路牛ベースのひき肉を使い、鉄板で熱々に焼き上げたハンバーグはジューシーで、しっかりと肉の味を感じます。ビュッフェのサラダは、豆苗やグリーンリーフなどのトッピングが6種類。「白いんげん豆と香味野菜のチリトマト煮」や「ナスのアラビアータ」など、8種類の総菜と2種類のスープが揃います。

ビュッフェのイメージを超える楽しみが満載

自転車、キッズなどスポットごとのシンボルやグラフィックアートなど、わくわくするデザインがあちこちに 自転車、キッズなどスポットごとのシンボルやグラフィックアートなど、わくわくするデザインがあちこちに

開放感のある吹き抜けのフロアには、ゆったりくつろげるソファーやテーブル席のほか、リビング感覚で足を伸ばせる座敷席、1人ランチに便利なカウンターなどがあり、あらゆる過ごし方を受け入れてくれます。ドリンクバーでは、炭酸水メーカーでソーダを作ったり、ジューサーで絞ったオレンジ果汁を入れてフレーバー紅茶を楽しんだりと、日常にプラスした楽しみ方もいろいろ。ビュッフェからサラダと総菜をボックスに入れてテイクアウトできる「サラダボックス(1ドリンク付き)」も評判です。

ご当地サポーターコメント
座敷席の奥には卓球台が常設され、無料で卓球が楽しめます。運動不足が気になるときなど、ランチのあとにひと汗かいてみてはいかがでしょう。

NANAIRO Eat at Home!(ナナイロイートアットホーム)
  • https://stationlobby.jp/restaurant/nanairo/
  • 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦 ステーションロビー2階 MAP
  • JR土浦駅直結
  • 11:00~21:00(L.O.20:00、ドリンクL.O.20:30)、金・土曜は~22:00(L.O.21:00、ドリンクL.O.21:30) ※ランチタイムは全日~17:00(L.O.16:30)
  • 不定休(プレイアトレ土浦に準ずる)
  • 029-825-7716
  • 有料 ※プレイアトレ土浦提携の駐車場あり。500円以上の利用で1時間、3,000円以上の利用で2時間無料(一部異なる)

筑波山参拝の門前町で釜揚うどんに舌鼓

うどんメニューは「釜揚うどん(太/細麺)」600円〜のほかに、「ざるうどん(細麺)」720円〜もある うどんメニューは「釜揚うどん(太/細麺)」600円〜のほかに、「ざるうどん(細麺)」720円〜もある

つくば市の郊外に店を構える「釜揚うどん」の専門店。大阪の名店「一忠」で修業を積んだ店主が親方の味をそのままに継ぐ、手打ちうどんとつけ汁の旨さが自慢です。釜揚うどんは小・大・特大・白波(4、5人用)の4サイズから選んで注文を。高知県産のショウガをすりおろし、大きな徳利からつけ汁を注いで待つこと約10分(細麺は約5分)。うどんが来たらまずは麺だけ、小麦の香りとつるんとした喉ごしを感じましょう。スダチや天かす、佃煮など、豊富な薬味で変化が楽しめるのも醍醐味です。

受け継いだ伝統と誇りが宿る店

歴史ある店蔵の、梁や柱を生かしてリフォームした店内 歴史ある店蔵の、梁や柱を生かしてリフォームした店内

白いのれんをくぐった先の、大黒柱が残る清々しい空間は、地域の建築設計事務所「里山建築研究所」が古民家再生を手掛けたもの。店頭に用意された、湯のみ茶碗やだしコップ、おしぼりなどをセルフで取ったら席に着き、注文は席で行います。笠間焼のどんぶりや徳利に記された味わいのある手書きの文字は、お店の立ち上げ前の時間を使い、店主と奥様が一つ一つ名入れをしたもの。店内の棚には親方の店「一忠」のどんぶりも飾られ、お店をどっしりと見守ります。

ご当地サポーターコメント
うどんが茹であがるまでのお楽しみは、出汁がらの昆布とカツオで作る佃煮のサービスメニュー。「白おにぎり」との相性も抜群で、ついつい箸が進みます。

釜揚うどん店 あおやま
  • https://twitter.com/aoyama_udon
  • 茨城県つくば市北条186-2 MAP
  • JR土浦駅から車で約25分
  • 10:30〜15:00(L.O.14:50 ※売り切れ次第閉店。持ち帰りは15:00以降も可)
  • 木曜、第1・3水曜(祝日は営業)
  • 029-846-5789
  • 無料(店舗向かい)

日本茶専門店のほうじ茶香るハンバーガー

「モッツァレラ大葉チーズバーガー(フレンチフライ付き)」1,400円 「モッツァレラ大葉チーズバーガー(フレンチフライ付き)」1,400円

静岡の製茶店に生まれた店主が営む、日本茶の専門店&カフェ。ほうじ茶を練りこんだオリジナルバンズのハンバーガーや和のおやつなど、お茶と相性の良いこだわりメニューが並びます。ボリューム満点でさっぱりとした味わいが人気の「モッツァレラ大葉チーズバーガー」は、肉感たっぷりのパティにモッツァレラチーズがとろ~り。レタスや玉ねぎはシャキシャキの食感で、頬張れば口いっぱいに大葉の香りが広がります。フレンチフライはぜひ、揚げたてサクサクを楽しみましょう。

和のカフェでお茶の味わいと奥深さを知る

ヒノキが香るテーブルと、肌触りの良い畳シートのソファー席 ヒノキが香るテーブルと、肌触りの良い畳シートのソファー席

お茶の葉が描かれた壁紙や、座面に畳をあしらった特注の椅子、素朴な質感が魅力の波佐見焼のオリジナルマグなど、店主のこだわりがあちこちに垣間見える店内は、洗練されつつもホッとする空間です。茶葉の販売は、6種の煎茶や「煎茶&シナモン」など和のフレーバーティー、静岡県産の玉露を8gから購入可能。縁起物として知られる「フクロウ」のロゴパッケージは、贈り物にもぴったりです。テイクアウト専用の窓口があるので、気軽にオーダー&ピックアップできるのも魅力。

ご当地サポーターコメント
ほうじ茶バンズは、つくばエリアの人気ベーカリー「クーロンヌ」が焼き上げを担当。バンズだけで食べてもおいしいと評判です。

OwL(アウル)
  • https://owl-ocha.com/
  • 茨城県つくば市二の宮2-14-16 CENTRAL88 1F MAP
  • JR土浦駅から車で約22分
  • 11:00~20:30 (L.O.19:00) 、土曜は~21:00 (L.O.20:00)
  • 水曜、年末年始
  • 029-858-3855
  • なし(1,000円以上の利用で、洞峰公園駐車場が1時間無料 ※駐車券要提示)

本場のナポリ料理に出合えるイタリアンの名店

前菜orサラダ、パスタorピザ、肉or魚料理から一品ずつ選ぶ、ランチ「Bコース(デザート、ドリンク付き)」2,500円 前菜orサラダ、パスタorピザ、肉or魚料理から一品ずつ選ぶ、ランチ「Bコース(デザート、ドリンク付き)」2,500円

本格的なナポリ料理が堪能できる、南イタリア料理店。「真のナポリピッツァ協会」認定のモッチリピザが人気です。ランチコースは3種類で、おすすめはボリューム満点の「Bコース」。ルッコラのサラダやメカジキの燻製など約7品目の「ナポリの前菜盛り合わせ」は、混ぜて食べるもよし、のダイナミックなひと皿です。メインは2週替わりで、取材当日はピザの王道「マルゲリータ」と魚料理「真鯛のアクアパッツア」。食後はレモンケーキとエスプレッソでコースの余韻に浸りましょう。

カジュアルな雰囲気の中、本場の味を楽しもう

400~500度の高温で、一気に焼き上げる 400~500度の高温で、一気に焼き上げる

エントランスのアーチをくぐり中に入ると、真っ赤な薪窯が存在感たっぷりに迎えてくれます。2007年の開店時にイタリアから船で運ばれてきたこの窯は、まさしくこの店の顔。ピッツァイオーロと呼ばれるピザ職人が高温で一気に焼き上げるので、表面はカリッと香ばしく、中はモチモチのナポリピザに仕上がります。まるでナポリのトラットリアにいるような、居心地よく気取らない雰囲気も随一。近くにある2号店はピザ専門店で、よりカジュアルにナポリピザが楽しめます。

ご当地サポーターコメント
パスタ派には、単品メニューの「名物 タコのミートソース仕立てのトンナレッリ」が一押しです。シェフがローマで出合って以来作り続けているという、思い出の料理でもあります。

TRATTORIA E PIZZERIA AMICI(トラットリア エ ピッツエリア アミーチ)
  • https://amici-tsukuba.com/
  • 茨城県つくば市手代木286-1 MAP
  • JR土浦駅から車で約20分
  • 11:00~14:30(L.O.14:00)、17:30~23:00(L.O.22:00)
  • 無休
  • 029-852-5885
  • あり
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。