ご当地サポーター薄雲 鈴代
嵐電(らんでん)北野線のお立ち寄りカフェ7選
4

「嵐電」とは

京都の町なかを走るレトロな電車、「嵐電(らんでん)」。1910年(明治43年)に四条大宮駅と嵐山駅間が単線開通して、2020年で110年。京都に現存する唯一の路面電車です。現在、四条大宮駅と嵐山駅を結ぶ「嵐山本線」と、その途中、帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅から北野白梅町(きたのはくばいちょう)駅まで延びる「北野線」の2路線が運行されており、13駅7.2㎞の行程を、時速約40㎞でのんびり走行しています。沿線には名だたる古刹旧跡が点在し、国内外の観光客はもとより、地元の人たちの足として長く愛されています。料金は全線220円均一で、1日乗車券ならば500円で乗り降り自由です。

嵐電路線図
嵐電の北野線は、嵐山本線の帷子ノ辻駅から分岐して、北野白梅町駅まで10駅3.8㎞からなる路線です。駅名に見るとおり沿線各所に名所旧跡があります。車道を走る嵐山本線と違い、全線が電車専用の軌道です。特に住宅街を縫うように走る宇多野(うたの)駅から鳴滝(なるたき)駅間は、沿道が桜並木になっていて、春には桜のトンネルを抜けるように電車がゆく風情は有名。3月下旬、桜の開花に合わせて、さらに11月中旬、紅葉の時期には夜間ライトアップも行われます。名所旧跡を訪れながら立ち寄りたい沿線のおすすめカフェをご紹介します。

銭湯をリノベーションした隠れ家的カフェ

木苺ジャムのフレンチトーストセット700円(セットドリンク+300円)。手作りジャムとメイプルシロップの相性が絶妙 木苺ジャムのフレンチトーストセット700円(セットドリンク+300円)。手作りジャムとメイプルシロップの相性が絶妙

常盤駅から線路伝いに南へ、次の踏切を渡ったところに、以前は銭湯だった建物が見えます。脱衣所から洗い場、モダンなタイル張りの浴槽まで、往時の名残をにじませながら客席に改められています。カフェメニューが豊富で、丁寧に手作りされた「大人様ランチ」をはじめ、じっくり炒めた玉ねぎと14種類のスパイスが効いた「ハシゴ手づくりインドカリー」などはランチにおすすめです。「フレンチトーストセット」は、手作りの木苺ジャム、抹茶ときなこ、キャラメルナッツの3種類があります。

レトロモダンなタイル張りの浴室がカフェ空間に

洗面台の蛇口や浴槽がそのまま設えに生かされている 洗面台の蛇口や浴槽がそのまま設えに生かされている

店名のとおり、人と人との懸け橋になるようにとの思いから2017年に開店。オーナーはそれ以前にも和歌山県で同名のカフェを営んでいました。店名にあるとおり、店内には至るところにハシゴが飾られています。週末の金曜・土曜は夜遅くまで大人の時間を楽しめるのも魅力です。人気のかき氷は通年メニューで、オーナーが自ら特大のかき氷をかきます。シロップや練乳はすべて自家製です。

ハシゴカフェ 常盤(ときわ)駅
  • https://www.facebook.com/hashigocafekyoto/
  • 京都府京都市右京区太秦青木ヶ原町3-4 MAP
  • 嵐電北野線常盤駅から徒歩約5分
  • 月・火・金曜11:00~19:00、金・土曜~23:00、日曜~18:00
  • 水・木曜
  • 075-862-0845
  • 無料(2台)

木漏れ日さす庭を眺めながら、新鮮な豆が決め手の珈琲を

ブレンドコーヒー330円と、抹茶の「ひこばえサンデー」380円 ブレンドコーヒー330円と、抹茶の「ひこばえサンデー」380円

嵐電沿線の中でも風情のある宇多野駅を降り、一条通に出ると、福王子バス停前に緑豊かなカフェがあります。レトロな平屋に木漏れ日が降りそそぎます。コーヒー豆の加工、販売をする「フォーラムひこばえ」が2017年に開いたカフェで、コーヒーの欠点豆を丁寧に除くハンドピックを行った選りすぐりの新鮮な豆を、注文を受けてから挽き、ゆっくりとハンドドリップします。一合枡にソフトクリームが入った「ひこばえサンデー」は、バニラと抹茶味の2種あり、サクッとした食感のクロッカンが添えられています。

精選されたコーヒー豆とやさしい味のスイーツと

コーヒー豆の加工販売をする傍らカフェを営む コーヒー豆の加工販売をする傍らカフェを営む

コクと深みがありながらすっきりとした透明感のあるコーヒーに合わせるスイーツも、生産者の顔が分かる地産地消のものが揃います。卵の色が濃いプリンは、自家養鶏場の新鮮卵を使っています。紅茶も京都の茶の産地和束町で採れたもの、さらにレモンの収穫期には、京都産の無農薬レモンを絞ったレモンティーもメニューに登場します。店舗の棟続きではドリップパックの製造も行っていて、新鮮さが身上。消しゴムハンコで手づくりしたパッケージもおしゃれで、ちょっとしたおもたせに最適です。

ever coffee エバーコーヒー 宇多野(うたの)駅
  • 京都府京都市右京区宇多野福王子町54 MAP
  • 嵐電北野線宇多野駅から徒歩約5分
  • 12:00~16:30(L.O.16:15)
  • 土・日曜、祝日、夏季、年末年始
  • 080-2462-4511
  • 無し

なごみの空間にウィーンの音楽を聴くひととき

「ウィーンの焼き菓子リンツァトルテと煎茶の小さなお菓子セット」800円 「ウィーンの焼き菓子リンツァトルテと煎茶の小さなお菓子セット」800円

北野線の御室仁和寺(おむろにんなじ)駅と妙心寺駅の真ん中あたりに位置し、世界遺産「仁和寺」の東にある、ウィーン菓子と日本茶が絶妙な取り合わせの茶房。ウィーンの文化に魅せられたオーナーが、喧噪から離れた心地いい空間をつくろうと開いたことに端を発します。京番茶、茎ほうじ茶、釜炒り茶、本玉露など日本茶とウィーン菓子の相性の良さを見出したのも、異国の地で培われた感覚です。煎茶は美しいお点前で丁寧に淹れてくれます。

煎茶のお点前を眺めつつウィーン由来のオリジナル菓子を

店内にはウィーンの音楽がそこはかとなく流れている 店内にはウィーンの音楽がそこはかとなく流れている

リンツァトルテをはじめとした洋菓子は、パリとウィーンで修業した神戸のパティシエによるオリジナルです。生チョコを求肥で包みココアパウダーを掛けた「こいし」は贈答にも最適。また、白ねり胡麻と麹味噌を併せた味噌汁がメインの「むしやしない」は、京都ならではのお腹の足しにちょっといただくごはん。
京都在住の和紙作家のスクリーンが西日をやわらげ、壁際の間接照明のもと、陶芸作家による一点ものの急須が静けさを演出しています。

御室さのわ 妙心寺(みょうしんじ)駅
  • http://www.sanowa.shop-site.jp
  • 京都府京都市右京区御室堅町25-2 デラシオン御室1階 MAP
  • 嵐電北野線妙心寺駅から徒歩約5分
  • 10:00~18:00
  • 月曜
  • 075-461-9077
  • 無料(1台)

「きぬかけの道」にある大人がくつろげるカフェ

人気の「粗挽きソーセージとサラダのワッフルプレートセット」1,550円 人気の「粗挽きソーセージとサラダのワッフルプレートセット」1,550円

龍安寺駅から龍安寺門前の「きぬかけの道」を右手に進むと、立命館大学体育館の手前に店の玄関から地下へと続く階段があります。店名にもあるとおり、宮沢賢治の童話「注文の多い料理店」をほうふつとさせるアプローチから店内へ入ります。焼きたてのバターワッフルをはじめ、季節限定ワッフルやパスタランチ、オリジナルブレッドメニューなど豊富。味覚の鋭い店主が考案した「京ゆばと生七味のパスタ」は、京都の老舗の生ゆばを使った、一度食べるとクセになる風味豊かなクリーム味です。

テーブルに宮沢賢治の童話が添えられ、待ち時間に一読

手作りの透明ステンドグラス窓の向こうにテラス席も 手作りの透明ステンドグラス窓の向こうにテラス席も

スイーツメニューも目を引き、中でも卵を生かしたプリンパフェはいち押し。深みのあるカラメルもすべて自家製で懐かしい味。厨房は2つあり、風味が混じり合わないように料理とコーヒーを淹れるカウンターとに分かれています。世界遺産が多い界隈にありながら、観光客目当てではなく、長年京都の人々に愛され続けている店です。「次もまた来てください」という思いのもと、一杯の山猫軒ブレンドコーヒーを淹れています。

山猫軒 龍安寺(りょうあんじ)駅
  • https://facebook.com/cafeyamanekoken
  • 京都府京都市北区等持院北町39-6 MAP
  • 嵐電北野線龍安寺駅から徒歩約5分
  • 10:00~18:00
  • 第2・4木曜(不定休あり、店舗にご確認ください)
  • 075-462-6004
  • 無料
  • instagramはこちら

ベジタブル&フルーツアドバイザーによる厳選果物

7種類の果物が入ったフルーツサンド1,200円と100%フレッシュジュース700円 7種類の果物が入ったフルーツサンド1,200円と100%フレッシュジュース700円

嵐電北野線の発着駅である北野白梅町駅から、西大路通を北へ進むと、平野神社の門前にフルーツパーラーの「クリケット」があります。果物に関するソムリエといわれるベジタブル&フルーツアドバイザーの資格をもつ店主が、旬の果物をセレクトしてメニューに生かしています。人気なのがフルーツサンドです。果物が入ってないところが無いように、生クリームと一緒にリンゴのスライスを敷きつめ、四季折々の果物が7種類サンドされています。

スイーツを味わったあと果物そのものを食べたくなる

窓辺に置かれたフルーツは飾りではなく、追熟を待つ 窓辺に置かれたフルーツは飾りではなく、追熟を待つ

京都中央市場で青果店を営んでいた店主が、世界の果物をおいしく味わってもらおうと開いた店です。「クリケット」といえばフルーツゼリーが看板商品。オレンジやグレープフルーツを丸ごとくり抜いて器にし、果汁を余すことなくゼリーにして流し込んだもので、贈答品としても京都のおもたせに使われます。店頭では旬の果物はもとより、フルーツケーキやオリジナル製法のジャム、生より甘い無添加ドライフルーツなどが並び、贈答品としてのフルーツも揃っています。

フルーツパーラー・クリケット 北野白梅町(きたのはくばいちょう)駅
  • http://www.cricket-jelly.com
  • 京都府京都市北区平野八丁柳町68-1 サニーハイム金閣寺1階 MAP
  • 嵐電北野線北野白梅町駅から徒歩約8分
  • 10:00~18:00
  • 火曜不定休、12月31日
  • 075-461-3000
  • 無料(1台)

出し巻きサンドと日本初上陸ブルックリンの珈琲

「出し巻きサンド」、「あんバターサンド」各330円とカフェラテ650円(各税別) 「出し巻きサンド」、「あんバターサンド」各330円とカフェラテ650円(各税別)

北野線の発着点「北野白梅町駅」を背に、まっすぐ東に延びる今出川通を行き、「北野天満宮」を過ぎて程なく、もとは西陣の織屋だった町家をリノベーションしたカフェがあります。ニューヨークと京都を結びつけるという店のコンセプトから、ブルックリンの「カフェグランピー」の珈琲豆をセレクトし、日本で初めて提供。小さなバンズを使ったサンドイッチの出し巻きサンドは、特製のクリームかおろし醤油の2種類からソースが選べます。あんバターサンドと併せて人気メニューでテイクアウトも可能です。

京都北野ゆかりの老舗菓司とニューヨークの厳選品を結ぶ

梁を生かしたまま古い町家を和モダンに改装 梁を生かしたまま古い町家を和モダンに改装

2015年7月にオープンして以来、北野天満宮のお膝元に店を構えていることから、地元西陣の老舗菓匠「千本玉壽軒(せんぼんたまじゅけん)」や「長五郎餅本舗」と、ニューヨークのチョコレート店「nunu chocolates」を結びつけたチョコ大福など、オリジナルスイーツが揃います。「織屋建ち」という平屋の柱組はそのままに天井が高く、仕切りのない開放的な空間に、ひとりでふらっと訪れる大人の女性客が多いカフェです。ニューヨークと京都、そして人と人を結ぶ場所でありたいという店主の思いが息づいています。

Knot café ノットカフェ 北野白梅町(きたのはくばいちょう)駅
  • http://knotcafe-kyoto.com
  • 京都府京都市上京区今小路通七本松西入東今小路町758-1 MAP
  • 嵐電北野線北野白梅町駅から徒歩約10分
  • 10:00~18:00
  • 火曜(火曜が25日の場合は営業)
  • 075-496-5123
  • 無し

「まぼろし小路」を訪ねたら往きつく不思議空間

「ヱントツブレンド」600円(税込)と限定品のガトーショコラ690円(税込)は相思相愛の仲 「ヱントツブレンド」600円(税込)と限定品のガトーショコラ690円(税込)は相思相愛の仲

北野線の発着駅「北野白梅町駅」から、ひと足延ばして西陣と呼ばれる界隈まで行きます。住宅街にひっそりとヱントツコーヒー舎はあります。大人がひとり通るのが精いっぱいの玄関口からカギの字に小路を抜けて、やっと店内に到着できます。自家焙煎の「ヱントツブレンド」は、深煎りの豆にほろっとした甘みがあって、数量限定のガトーショコラと併せていただくと、なんともほっこりした気分に浸れます。

絵本の一頁に迷い込んだようなワクワクが詰まっている

ウナギの寝床といわれる京町家をコツコツ改装して作った細長い店内 ウナギの寝床といわれる京町家をコツコツ改装して作った細長い店内

2016年5月に開店した店は、古い町家だったところを、店主がコツコツと一年半かけて改装しました。壁には垂直にハシゴがかけられていて、ロフトのような穴蔵に繋がり、ここは店主の試作室と銘打った焙煎室になっています。50㎝余りしかない間口なので、大きな旅行かばんやキャリーケースの持ち込みは禁止です。自転車を置く場所もないので、徒歩で探しながら訪れるに限ります。玄関を入ってすぐ横にある「まぼろし探偵社」は何なのか、訪れた人のみ知ることができる不思議です。

ヱントツコーヒー舎 北野白梅町(きたのはくばいちょう)駅
  • http://entotsukohisha.favy.jp
  • 京都府京都市上京区佐竹町110-2 MAP
  • 北野白梅町駅から徒歩約25分
  • 12:00~18:30
  • 水・木曜
  • 075-464-5323
  • 無し
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。