ご当地サポーター
せせらぎと緑に癒される、京都の川沿いカフェ6選

周囲の山々を水源とする鴨川や桂川の流れ、小川や疏水のせせらぎ。京都を旅していると街のあちこちで、水と緑が織りなす川べりの風景に出合うことができます。眺望を愛でられるカフェも多いので、ひと休みするにもおすすめです。ここでは、ピクニックセットを借りられる店、夏限定の納涼床がある店など、個性的な川沿いカフェ6店をご紹介。こだわりのメニューと合わせて、リフレッシュしてみてください。

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間の変更や休業の場合があります。お出かけの際は事前にご確認ください。

朝8時OPEN。鴨川を眺めながらのんびりモーニングを

「チキンマスタードサンドイッチ」450円、「自家製レモネード」600円。テイクアウトもOK 「チキンマスタードサンドイッチ」450円、「自家製レモネード」600円。テイクアウトもOK

にぎやかな街中から少し離れた、五条大橋の南側。鴨川と高瀬川、2つの川に挟まれたWリバービューのお店です。入口の前には高瀬川がさらさらと流れ、東に面した大きな窓の向こうには、のどかな鴨川の風景が広がります。

開店は、界隈ではめずらしい朝8時。看板メニューは「卵焼き&ネギ味噌」などの和のアレンジが光る「ライスバーガー」と、マスタードチキン、チリコンカンなど食べ応え満点の具材を挟んだ「バケットサンド」の2本柱。デザート感覚で楽しめるフルーツサンドも人気です。

東山の山並みを再現したアートな店内にも注目

特等席はもちろん、鴨川に面したソファ席。朝日がさんさんと差し込む午前中も心地いい 特等席はもちろん、鴨川に面したソファ席。朝日がさんさんと差し込む午前中も心地いい

白とブルーを基調にしたインテリアもおしゃれです。壁面の絵は、店の2階から撮影した東山の写真を、スタッフみんなでトレースして描いたそう。まるで現代アートのようなモダンさです。

ドリンクメニューも豊富で、京都産の玉露や和紅茶、緑茶×ハーブのブレンドティーも揃います。さらに、ワインや京都産クラフトビールもスタンバイ。ゆるり昼酒にひたるのもよいものです。

ご当地サポーターコメント
2020年に開店したばかりですが、今や常連さんもたくさん。界隈は『源氏物語』主人公のモデルとされる人物のお屋敷があった場所。さらに南は元・遊郭エリアで、建物もレトロです。ぜひ散策も楽しんでください。
川間食堂(かわましょくどう)
  • https://kawama-cafe.owst.jp
  • 京都府京都市下京区都市町141-2 MAP
  • 京阪本線 清水五条駅から徒歩約3分
  • 8:00~15:00(L.O.14:30) 土・日・祝日は8:00~18:00(L.O.17:30)
  • 木曜
  • 075-344-0917
  • なし

晴れた日はコーヒーを持って鴨川へ。芝生の上で憧れピクニックを

「ピクニックバスケット」1名 1,200円(1.5時間)。アイスコーヒーは+100円、丸椅子(+250円)などもレンタル可 「ピクニックバスケット」1名 1,200円(1.5時間)。アイスコーヒーは+100円、丸椅子(+250円)などもレンタル可

京都府立植物園のほど近く、広々とした原っぱがある鴨川べり。ここから徒歩1分の場所で、ピクニックセットを貸し出しているのが「WIFE&HUSBAND」。店主の吉田さんご夫妻のこだわりがぎゅっとつまった、小さな宝箱のようなロースタリーカフェです。

ピクニックバスケットの中身は、自家焙煎のコーヒーをつめた魔法瓶や焼き菓子など。店の軒先に並ぶアンティークの椅子やテーブルもレンタルできます。そよ風が吹く日は芝生の上で、夏の午後は木陰で。コーヒーを片手にピースフルな時間を過ごせます。

透明感のある焙煎の「DAUGHTER」は、夫婦が目指した理想の味

お店は鴨川から1本西の通り沿い。古道具も並ぶ店内は、まるで外国の絵本から抜け出したような世界 お店は鴨川から1本西の通り沿い。古道具も並ぶ店内は、まるで外国の絵本から抜け出したような世界

ほうろうのランプシェードに肘掛けチェア、鳥かご、楽譜。お二人が集めたアンティークの家具や道具をしつらえた店内でいただく、一杯のコーヒーも格別です。
焙煎を手がけるのは夫の恭一さん。「僕らの理想の味を表現しました」と語るシグニチャーブレンドが「DAUGHTER(ドーター)」。深煎りながらすっきりとした透明感があり、香りも豊か。毎日飲みたくなる味です。ラム酒が薫るパウンドケーキ、テリーヌのようになめらかな蒸し焼きチーズケーキなど、妻の幾未さんお手製ケーキとの相性も抜群です。

ご当地サポーターコメント
コーヒーに傾けるお二人の愛情がにじみ出た、温かな雰囲気のお店です。西本願寺の近くに、レトロなビルをリノベーションした姉妹店の焙煎所&アンティークショップ「DAUGHTER/SON」があります。
WIFE&HUSBAND
  • https://www.wifeandhusband.jp
  • 京都市北区小山下内河原町106-6 MAP
  • 京都市営地下鉄 北大路駅から徒歩約3分
  • 10:00〜17:00(ピクニック15:00L.O./カフェ16:30L.O.)
  • 不定営業のため、営業カレンダーで確認を
  • 075-201-7324
  • なし

嵐山の大自然を借景にしたロースタリーカフェ

カフェカウンターから望む渡月橋や嵐山の風景。床面が高く、浮遊感を感じる建築も面白い カフェカウンターから望む渡月橋や嵐山の風景。床面が高く、浮遊感を感じる建築も面白い

嵐山・渡月橋。観光名所へ向かう人波から離れ、桂川を上流に向かって進むと、瓦屋根とガラスのファサードが印象的な小さな一軒家が見えてきます。

こちらは「%」のロゴマークでおなじみのコーヒーロースター「アラビカ京都」の2号店。テイクアウト専用ですが、目の前は雄大な流れの桂川。店前のベンチや川岸の堤防に腰かければ、開放感たっぷりのカフェ時間のはじまりです。注文を待つ間、カウンター越しに広がる風景も圧巻。まるでガラスの茶室で、バリスタさんのお点前を眺めているようです。

川風に涼みながら一服。愛らしいラテアートにも和みます

看板メニューの「カフェラテ」500円 看板メニューの「カフェラテ」500円

アラビカ京都の魅力は、世界各国の「顔が見える」生産者から直接買い付けた生豆を焙煎する、素晴らしい風味のコーヒー。一番人気は「カフェラテ」です。チョコレート感のあるオリジナルブレンドのエスプレッソと、脂肪分多めのフォームミルクが生み出す深みとコクが絶妙です。

ほかに、宇治抹茶ラテ、自家製レモネードもおすすめです。店内に小さな焙煎機もあり、自宅用に生豆を好みの加減に焙煎してもらうこともできます。

ご当地サポーターコメント
予約制の貸切で、屋外テラス席を利用可能です。屋根があるので日差しも防げます。特別な時間になること間違いなしです。
アラビカ京都 嵐山
  • https://arabica.coffee
  • 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-47 MAP
  • 京福電車嵐山線 嵐山駅から徒歩約3分、阪急嵐山線 嵐山駅から徒歩約10分、JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅から徒歩約12分
  • 平日9:00~17:00、土日祝9:00~18:00
  • 不定休
  • 075-748-0057
  • なし

夏限定のお楽しみ。鴨川の納涼床でイタリアンジェラートを

ピスタチオとあまおう苺の「ジェラートダブル」660円。コーンは、ほろ苦のカカオとプレーンから選べる ピスタチオとあまおう苺の「ジェラートダブル」660円。コーンは、ほろ苦のカカオとプレーンから選べる

京の夏の風物詩といえば「納涼床」。川のほとりや清流の上に座敷を設け、涼をとりながら食事を楽しむ文化です。高級なイメージもありますが、最近は、カフェが営む気軽な「床(ゆか)」も登場しています。

そのひとつが、イタリア生まれのウエハースメーカー「BABBI(バビ)」のジェラート専門店。1952年にジェラート用のコーン工場として創業したBABBIは、ジェラートづくりでも定評があるそう。大パノラマで景色を眺めながら、ひんやりスイーツでひと休み。最高に贅沢な時間です。

青空から夕焼け、月明かりの夜も美しい。店内テラス席も快適です

5〜9月は鴨川側へせり出した床でくつろげます(2021年は10月まで)。22時まで利用できるので、ディナー後の休憩にも 5〜9月は鴨川側へせり出した床でくつろげます(2021年は10月まで)。22時まで利用できるので、ディナー後の休憩にも

気になるジェラートは、季節限定フレーバーを含めた18種類。スペシャリテの香ばしいピスタチオをはじめ、濃厚なアルフォンソマンゴー、沖縄黒糖蜜きなこなど、いずれも「素材の持ち味を生かす」バビ家直伝のレシピをもとに、毎日店内で手づくりされています。

人気のあまおう苺をいただくと、凝縮された苺の甘みと香りが口いっぱいに広がります。それでいて、口あたりはなめらか&さっぱり。この軽さこそジェラート最大の魅力。ダブルでもペロリと食べられます。

ご当地サポーターコメント
ジェラート数種を盛り込んだパフェ、夏限定のジェラートかき氷も絶品。夜景のおともにカクテルアフォガードも。 通常の店では床の席料がかかりますが、こちらは無料。混雑時は譲り合ってご利用ください。
BABBI GELATERIA KYOTO (バビ ジェラテリア キョウト)
  • https://babbi.co.jp/shops/gelateria-kyoto/
  • 京都市下京区木屋町通四条下ル斎藤町134 MAP
  • 京阪本線 祇園四条駅から徒歩約4分
  • 11:00〜22:00(L.O.21:30)
  • 不定休
  • 075-585-5200
  • なし
  • 2021年の納涼床は5~10月まで。営業時間はいつでも利用可能。
    ※例年は5~9月の開催(6~8月は17時からの営業となります)

高瀬川のほとりで、癒しのエアポケットを発見

murmurとは英語で小川のせせらぎ、木の葉のざわめきのこと。店名にぴったりのシチュエーションです murmurとは英語で小川のせせらぎ、木の葉のざわめきのこと。店名にぴったりのシチュエーションです

木屋町通に沿って、さらさらと流れる高瀬川。実はこの川は、江戸時代に開削された浅瀬の運河です。春は、あたり一帯が桜並木のピンク色に染まり、夏は青々と繁った葉が目にも涼やか。

この美しい景色を心ゆくまで愛でられるカフェが「murmur coffee Kyoto」。場所は河原町七条のほど近く。扉を開けると、店内は毎朝焙煎しているというコーヒーの香ばしい薫りで満たされています。初めて訪ねても、不思議とほっとくつろげる空間です。

サクふわ食感の厚切りトースト、パティシエのスイーツもお試しを

「マーマーブレンドとハニーバタートーストのセット」740円。ホットコーヒー単品は390円〜 「マーマーブレンドとハニーバタートーストのセット」740円。ホットコーヒー単品は390円〜

ハウスブレンドは3種類あり、マイルドで親しみやすい「マーマーブレンド」のほか、深煎り、フルーティな中深煎りが揃います。コーヒーカップは近くにある美大の学生さんとコラボレートしたもの。高瀬川にかかる橋、名勝庭園の枯山水など、四季折々の地元の風景が、遊び心豊かに表現されています。

創業40年のベーカリーの食パンを使った厚切りトーストは、サックリ&ふわふわの食感。パティシエが手づくりするフルーツタルト、ミニカップケーキもおいしいです。

ご当地サポーターコメント
オーナーはこの地で135年の歴史を持つ建築資材会社。「地域の魅力を伝えていきたい」とお店をオープンされました。上品で温かなスタッフの接客は、素敵なオーナー譲りのもの。常連さんにも愛されています。
murmur coffee kyoto
  • http://murmur-coffee.com
  • 京都府京都市下京区正面通高瀬角 MAP
  • 京阪本線 七条駅から徒歩約5分
  • 9:00〜17:00
  • 日曜、不定休あり
  • 075-708-6264
  • 無料(1台)

路地の奥で出合う、ラグジュアリーなティールーム

抹茶風味の「カルメ」600円、「アッサムティー」1,000円。ボンボンショコラのサービスあり 抹茶風味の「カルメ」600円、「アッサムティー」1,000円。ボンボンショコラのサービスあり

鴨川沿いでも、ひときわ落ち着いた風情が漂う上木屋町エリア。ここにも夏の間、オープンエアの納涼床が設けられる「サロンドロワイヤル京都」があります。大阪で85年以上の歴史を持つ老舗ショコラティエが営むショップ&ティーサロンです。

木屋町通から細い路地に入り、奥の奥へ……。その先に広がるのは、鴨川に面した窓から陽射しがたっぷり降り注ぐ、瀟洒で明るい店内。ガラスケースの中には、宝石のように彩り豊かなボンボンショコラやマカロン、美しいケーキがそっと並んでいます。

洗練されたチョコレートケーキは、後味も軽やか

「カフェ床」の愛称で親しまれる納涼床。席料なしで利用できます 「カフェ床」の愛称で親しまれる納涼床。席料なしで利用できます

ケーキの種類は約8種類。定番の「ショコラヴァニーユ」、ショコラタルトにピーカンナッツクリーム、エキゾチックフルーツのジュレでアクセントを添えた「ショコラロワイヤル」のように、どれもチョコレートの多彩な食感、風味を引き出す工夫が凝らされ、若手パティシエの感性が光ります。

5〜9月に訪ねるなら、ぜひウッドデッキの納涼床へ。緑にあふれ、鴨川の水面がきらめく風景は、ゆっくり深呼吸したくなる気持ちよさ。もちろん、上質なテーブルクロス、革張りのチェアをしつらえた店内の席からの眺望も抜群。ぐっとエレガントな雰囲気です。

ご当地サポーターコメント
毎週土・日曜日の14時30分から、店内でピアノやバイオリンの生演奏が行われています。ワインやスパークリングワインも注文でき、スイーツとお酒のペアリングもおすすめです。
サロンドロワイヤル京都
  • https://www.s-royal.com/kyoto/
  • 京都市中京区木屋町通御池上ル上樵木町502 MAP
  • 京都市営地下鉄東西線 京都市役所前駅から徒歩約1分
  • 11:00〜19:00(L.O.18:30)
  • 無休(1月1日~3日を除く)
  • 075-211-4121
  • なし
  • 納涼床の営業時間:5月・9月 11:00〜19:00、6月〜8月 16:00〜19:00
    ※2021年は5~10月の営業。終日利用可能です
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。