ご当地サポーター
雨の日の観光におすすめしたい、鹿児島市と霧島の観光スポット5選

鹿児島市や霧島エリアには、屋内で旬のフルーツ収穫体験ができる施設や、「火山の博物館」と呼ばれる霧島山の自然や生き物について学べる博物館、鹿児島の歴史博物館や文化体験施設など、大人から子どもまで楽しめる魅力的な屋内スポットが点在しています。そのため、急な悪天候に見舞われても安心。本記事では、雨の日の観光におすすめしたい、鹿児島市と霧島エリアの観光スポットを5つご紹介します。雨の日も鹿児島旅行を思いっきり満喫しませんか。

全天候型のハウスで旬のフルーツの収穫体験

「恋みのり」や「紅ほっぺ」「かんな姫」など、種類豊富なイチゴを高設栽培している
「恋みのり」や「紅ほっぺ」「かんな姫」など、種類豊富なイチゴを高設栽培している

鹿児島空港から車で約20分の場所にある、日本最大級の観光農園。霧島連山の麓に位置し、寒暖差のある気候と天然の地下水といった自然の恵みを活かし、一年中様々な果物を栽培しています。
約42万㎡の広大な敷地内には、果樹園やハウス、鹿児島県内初のワイン工場やジャム作りができる体験施設、レストランや物産館などがあります。
フルーツの収穫体験は一年中できますが、イチゴ(12~5月)とブドウ(7~11月)は雨の日でも可能。訪れる際は、事前に公式SNSで確認することをおすすめします。

雨の日の子ども連れ観光も安心。室内エアー遊具で大はしゃぎ

1人につき0~3歳は30分500円、4~10歳は30分1,000円で遊び放題。大人は入場料200円 1人につき0~3歳は30分500円、4~10歳は30分1,000円で遊び放題。大人は入場料200円

敷地内には、0~10歳までの子どもを対象とした全天候型エアー遊具施設「アドベンチャーワールド」もあります(土・日曜日、祝日のみ開園)。3歳未満の子どもが大人と同伴で遊べる遊具もあるので、小さい子ども連れでも安心。大人は入場料にコーヒー1杯のサービスが付いており、様子を見守りながら一息つくことができます。
たくさん遊んだ後は、「霧島さくら館」1階で園内のフルーツを使ったこだわりスイーツやお菓子、2階のレストランで焼肉や黒豚しゃぶしゃぶなどの鹿児島料理も楽しめます。

ご当地サポーターコメント
大人も子どもも一日中楽しめるようなワクワクいっぱいの農園です。11~7月は、10名様以上、2週間前までの予約で「キンカンジャム手作り体験」もできますよ。物産館ではワインの試飲もできます。
霧島さくらフルーツランド
  • URLhttp://sakurafarms.jp/
  • 住所鹿児島県霧島市国分重久5631-2(※ナビ検索時は「霧島市国分重久6001」または「春山緑地公園」) MAP
  • アクセス鹿児島空港より車で約20分
  • 営業時間10:00~17:00(園内各施設により異なる)
  • 定休日火曜、不定休(公式HPで要確認)
  • 入場料入場無料(園内各施設により有料の場合もあり)
  • TEL0995-73-3900
  • 駐車場無料

「霧島錦江湾国立公園」と「霧島ジオパーク」のビジターセンター

霧島山の壮大な自然や歴史が学べる開放的な空間 霧島山の壮大な自然や歴史が学べる開放的な空間

標高約1,200mのえびの高原にある「霧島錦江湾国立公園」と「霧島ジオパーク」のビジターセンター。来場登山やハイキング、散策など、来訪者の目的に合わせて、知識豊富な専門スタッフがジオラマや写真、パネルを使って霧島山の自然や歴史などについて丁寧に案内してくれます。
館内には、霧島山の剝ぎ取り標本も展示され、約7,500年前に堆積した地層を目の前で観察することも。えびの高原周辺の見どころや、火山の歴史、地形、地質、植生など、霧島山の風景や登山をより楽しむための充実した学びを得られます。

雄大で美しい霧島山で暮らす生き物や植物の観察も

古代からの活発な火山活動と気候変動により生まれた、多種多様な動植物を知ることができる
古代からの活発な火山活動と気候変動により生まれた、多種多様な動植物を知ることができる

火山の歴史以外に、霧島山に見られる植物、昆虫、野鳥、動物についても詳しく学べます。実際にスタッフが採集した昆虫標本が展示されており、顕微鏡でじっくり観察することも。山の生物についての知識も深めることで、霧島山の新たな魅力を発見できるはずです。
また、子どもの自由な発想力や観察力を引き出すようなイベントも年5回以上開催。スタッフ手作りの企画展示や、珍しい野鳥や植物の紹介など、いつ訪れても好奇心をくすぐられるような仕掛けがたくさんあり、大人も子どもも楽しめる場所です。

ご当地サポーターコメント
室内で壮大な歴史を学んだり、霧島山の迫力を感じたりできます。パネルや標本、映像が充実しており解説も分かりやすく、登山をする際の新たな楽しみ方も知ることができます。ぬり絵コーナーもあるので、子ども連れのちょっとした遊び場にも。
えびのエコミュージアムセンター
  • URLhttps://ebino-ecomuseum.go.jp/
  • 住所宮崎県えびの市末永1495-5 MAP
  • アクセス鹿児島空港より車で約60分
  • 営業時間9:00~17:00
  • 定休日無休
  • 入場料無料
  • TEL0984-33-3002
  • 駐車場有料(500円)

桜島と錦江湾を見ながら体験できる、切子のかけら細工

予約なしで気軽に体験できる「切子かけらの細工」は1人1,000円(30分) 予約なしで気軽に体験できる「切子かけらの細工」は1人1,000円(30分)

鹿児島の人気観光地である、島津家の別荘「名勝 仙巌園」には、雨の日の観光にもぴったりな鹿児島文化を体験できる施設があります。薩摩切子カットや薩摩焼の絵付け、大島紬の匂い袋など、体験内容は様々ですが、中でもおすすめは予約なしで体験できる「切子かけらの細工」。色とりどりの薩摩切子のかけらを自由に組み合わせて、世界で一つだけのアクセサリーやキーホルダーが作れます。また、完成した作品は台に置くだけでフォトジェニックな写真が撮影できるフォトスポットもあるので、思い出作りにぴったりです。

思わずうっとり見とれる美しさ、鹿児島の伝統工芸品「島津薩摩切子」

仙巌園ブランドショップで薩摩切子のグラスやアクセサリーが購入できる 仙巌園ブランドショップで薩摩切子のグラスやアクセサリーが購入できる

遡ること江戸時代末期に島津藩営の窯で誕生した薩摩切子。一度は途絶えるも1世紀を超えて島津家によって復活し、今日まで受け継がれています。仙巌園には直営店があり、職人の卓越したカット技術が光る色鮮やかな薩摩切子の商品が豊富にラインナップ。おなじみのグラスの他にペンダントやピアスなどのアクセサリーも販売しており、見ているだけでも楽しめます。自分へのお土産や大切な方への贈り物を選ぶのもいいかもしれません。

ご当地サポーターコメント
急な悪天候でも予約なしで体験できるアクティビティが豊富です。特に「竹細工」は、竹とんぼなどに自由にデコレーションを施すことができ、子どもと一緒に気軽に楽しめます。
名勝 仙巌園
  • URLhttps://www.senganen.jp/
  • 住所鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1 MAP
  • アクセスJR鹿児島駅から車で約5分
  • 営業時間9:00~17:00
  • 定休日無休(※鹿児島マラソン開催日のみ休み)
  • 入場料【庭園・尚古集成館】大人(高校生以上) 1,000円、小・中学生500円、乳幼児無料
    【御殿】 大人(高校生以上)500円、小・中学生 250円
  • TEL099-247-1551
  • 駐車場有料(300円)

維新を支えた鹿児島の偉人たちの生涯を知る、歴史観光施設

維新を支えた鹿児島の偉人たちの生涯を学べる 維新を支えた鹿児島の偉人たちの生涯を学べる

JR鹿児島中央駅から徒歩約8分の場所にある、歴史観光施設。パネルや映像、音声案内が充実しており、島津斉彬(なりあきら)や西郷隆盛、大久保利通、天璋院(てんしょういん)篤姫など、鹿児島の偉人たちについて楽しく学べます。
薩摩藩独自の教育方法「郷中(ごじゅう)教育」について学べるコーナーでは、映像などを使った体験型の展示で、偉人たちの幼少期の暮らしを疑似体験できます。また、「あそんでみやんせコーナー」は、西郷隆盛生涯すごろくや歴史ゲームもあり、小さな子どもでも遊びながら歴史を学べます。

西郷隆盛に会える「維新体感ホール」のドラマ上演

「維新への道」と「薩摩スチューデント、西へ」の2種類を1日計9回(令和5年3月1日現在)上演している(ⓒ維新ふるさと館) 「維新への道」と「薩摩スチューデント、西へ」の2種類を1日計9回(令和5年3月1日現在)上演している(ⓒ維新ふるさと館)

1階で鹿児島の偉人たちについて学んだ後は、地下1階の「維新体感ホール」でドラマを鑑賞するのがおすすめ。「維新への道」では、ロボットを駆使した演出で、リアルな西郷隆盛や大久保利通などの偉人が登場し、幕末から明治にかけての薩摩の歴史を鑑賞できます。
「薩摩スチューデント、西へ」は、薩摩藩が鎖国時代にいち早く海外に目を向け、英国に留学生を派遣した様子を再現したドラマ。鹿児島の偉人たちが築いた歴史がぎゅっと詰まった内容で、鑑賞後にもう一度館内の資料を読み直すことで、より知識を深められそうです。

ご当地サポーターコメント
ここでしか見られない資料や、大河ドラマで使用された衣装など貴重な展示が多くあります。特に、江戸城大奥の天璋院篤姫の居室を再現したコーナーは美しく、衣装展示もあり必見です。
鹿児島市 維新ふるさと館
  • URLhttps://ishinfurusatokan.info/
  • 住所鹿児島県鹿児島市加治屋町23-1 MAP
  • アクセスJR鹿児島中央駅から徒歩約8分
  • 営業時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 定休日無休
  • 入場料大人 300円、小・中学生 150円 ※未就学児は無料
  • TEL099-239-7700
  • 駐車場無料

九州で唯一の麹のテーマパーク

広大な敷地内には、麹を使った料理が楽しめる麹レストランもある 広大な敷地内には、麹を使った料理が楽しめる麹レストランもある

鹿児島空港から車で約3分の場所にある、九州で唯一の麹(こうじ)のテーマパーク。100年以上続く老舗の種麹(たねこうじ)屋が運営しており、創業者は近代焼酎の父と呼ばれる「河内菌」の開発者、河内源一郎です。
麹に焦点を当てた焼酎工場の見学(稼働時期は10~1月頃まで)や、麹について学べる麹資料館(要事前予約)があり、焼酎好きなら一度は訪れたい場所です。また、本場のチェコビールをもとに開発した「霧島高原ビール」の工場も見学でき、チェコの街並みを再現したかわいらしい建物内で異国の雰囲気も楽しめます。

お土産にもおすすめしたい、老舗種麹屋自慢の麹商品が充実

魅力的な麹商品が並ぶお土産ショップでは、焼酎や甘酒の試飲ができる 魅力的な麹商品が並ぶお土産ショップでは、焼酎や甘酒の試飲ができる

見学後に必ず立ち寄りたいのが、お土産ショップ。女性に人気のロングセラー商品、黒麹仕込みの甘みが特徴の「芋焼酎 一葉の恋日記」をはじめ、乳酸菌たっぷりの霧島生まれの発酵酒、酵素たっぷりの麹ドリンクなど、健康志向の方にうれしい商品が並んでおり、甘酒や焼酎は試飲もできます。
お土産におすすめなのは「甘酒カレー」。スパイスが効いた中辛のレトルトカレーで、ノンアルコールの甘酒を隠し味に加え、麹をえさに育てた鹿児島県産の麹豚も使用しています。

ご当地サポーターコメント
敷地内にあるチェコの街並みはとてもかわいらしく、チェコの紹介コーナーや、木製おもちゃの販売もあります。建物内には3年後の自分に宛てて手紙が書ける「未来郵便局」もあり、長時間滞在したくなるような楽しみがいっぱいです。
バレル・バレープラハ&GEN
  • URLhttps://praha-gen.com/
  • 住所鹿児島県霧島市溝辺町麓876-15 MAP
  • アクセス鹿児島空港から車で約1分(鹿児島空港まで送迎可能)
  • 営業時間9:00~17:00(麹レストラン「こうじ蔵GEN」は11:00~15:00 L.O.14:00)
  • 定休日年末年始(麹レストランは水曜、年末年始)
  • 入場料無料
  • TEL0995-58-2535
  • 駐車場無料
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。