ご当地サポーター
阿蘇エリアでおすすめのそばの名店5選

阿蘇地域は九州の中でも昼夜の寒暖差が特に激しい地域。朝もやがかかる気候は、そばの生育に適しているといわれ、阿蘇市波野(なみの)地区や南阿蘇村久木野(くぎの)地区など、そばの名産地もあります。さらに、南小国(みなみおぐに)町には、蕎麦の名店が集まった「そば街道」もあり、阿蘇の味覚の一つとして、そばは外せません。ぜひ立ち寄りたい人気店を5軒ご紹介します。

あか牛の希少部位と手打ちそばを一緒に楽しむ

人気の「あか牛南蛮そば」(1,850円)。店内で手打ちされたそばのツルッとした食感と豊かな香りが特長 人気の「あか牛南蛮そば」(1,850円)。店内で手打ちされたそばのツルッとした食感と豊かな香りが特長

阿蘇エリアの北部に位置する南小国町にある「そば街道」。そばの名店が集まる通りの入り口付近にあるのが、そばと葛料理のお店です。石臼挽きのそば粉を阿蘇の湧水で手打ちする、香り高い二八そばが人気。
なかでも、人気メニューが「あか牛南蛮そば」です(1日限定数あり)。阿蘇のあか牛のランプ肉(サーロインの横、腰あたりの部位)をサッと焼いて、オリジナルのタレで煮込んだつけだしの旨みがたまりません。そばにだしが程よく絡み、柔らかいお肉も絶品です。

古民家調の店舗で、そばと葛料理に舌鼓

席数はテーブル席、座敷席合わせて70席あり、ゆったり広々。古民家調の内装や、窓から見える植栽に心癒やされる 席数はテーブル席、座敷席合わせて70席あり、ゆったり広々。古民家調の内装や、窓から見える植栽に心癒やされる

同店のそばは、阿蘇産を中心に季節によって長野産や北海道産をセレクトしてブレンド。毎日、早朝から手打ちにこだわっています。
そば尽くしのコース「鈴蘭膳」(1,950円)や、地鶏の旨みたっぷりのだしがたまらない「地鶏そば」(1,450円)、葛きり・葛もち・葛どうふが一度に楽しめる甘味「葛セット」(1,250円)などメニューも豊富です。気さくにツルッと一膳いただくもよし、フルコースで贅沢なそばランチに利用するもよし、さまざまな楽しみ方ができるお店です。

ご当地サポーターコメント
セットには、そばの実のプチプチ食感が楽しいそば粥や、阿蘇ジャージー牛乳を使った葛どうふ、阿蘇の野菜を使った小鉢も付いています。サイドメニューでも阿蘇の味覚を楽しめますよ。
そば街道 吾亦紅(われもこう)

あか牛の溶岩焼きに馬刺。阿蘇の味覚をそばでいただく

「松太郎会席」(3,500円)。生ワサビを自分ですって使うというのも、なかなかできない経験 「松太郎会席」(3,500円)。生ワサビを自分ですって使うというのも、なかなかできない経験

黒川温泉から車で約5分の場所にある、小田温泉の人気そば処。出雲で修業した職人による二八そばが楽しめます。こちらでぜひ味わいたいのが、コース料理「松太郎会席」です。
熊本名産の馬刺は、柔らかい赤身の部位をチョイス。さらに、あか牛の希少部位・三角バラの溶岩焼きもセットに。自家農園のサラダや阿蘇の食材の小鉢などが付き、阿蘇の味覚を一度に楽しめる贅沢な会席です。もちろん、風味豊かなそばも絶品。生ワサビならではの柔らかい辛みが、さらにそばの香りを引き立てます。

一度にいろんな種類を楽しめる割子そばも人気

ゆったり広い畳の間。昔懐かしい縁側もあり、庭の景色も楽しめる ゆったり広い畳の間。昔懐かしい縁側もあり、庭の景色も楽しめる

敷地内にある小屋の中で、阿蘇産のそばの石臼挽きから行う同店。熱を加えずゆっくり時間をかけて挽くことで、そばの香りがより豊かになり、通常の二八そばよりも風味豊かに感じられるそうです。
ざるそばは細麺でツルッと食べやすく、かけそばは太めに切って喉ごしを重視。小さな椀に異なる具材をのせた「三色割子そば」(1,100円)、「五色割子そば」(1,600円)も、一度にいろんな種類を楽しめると人気です。手入れされた日本庭園の景色に目と心を癒やされながら、香り高いそばを楽しみましょう。

ご当地サポーターコメント
敷地内には、時間制でお風呂を貸し切って楽しめる「貸切風呂」も5室あります(60分・貸切料1,000円、入浴料大人500円、子ども300円、11:00~15:00)。小田温泉の名湯も堪能できますよ。
蕎麦処 草太郎庵(そうたろうあん)
  • http://www.soutarouan.com/
  • 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺5956 MAP
  • JR阿蘇駅より車で約30分
  • 11:00~14:30
  • 無休
  • 0967-44-0108
  • 無料

自家製粉の十割そばと、贅沢すぎるセットメニューが話題

左手前が「もりそば」(840円)。それ以外の料理は全て、プラス350円で付けられる「馬方セット」(50食限定) 左手前が「もりそば」(840円)。それ以外の料理は全て、プラス350円で付けられる「馬方セット」(50食限定)

熊本市方面から阿蘇市へ向かう国道57号線沿いにある、そばと自家焙煎コーヒーのお店。石臼挽きで風味豊かな十割そばが人気ですが、それ以上に話題となっているのがサイドメニュー「馬方セット」。カレースープに天ぷら、サラダに小鉢数種類、豆腐やお漬物、デザートまで、まるでコース料理のようなセット内容です。
お腹いっぱいになってほしいとの思いで始めたこのセット、年々、量が増えつつあるそうです。しかも、和食の職人が手がけるとあって、手間暇かけた手作りのおいしさもたまりません。

自家焙煎コーヒーにこだわり、各席にコーヒーポットも設置

全てのテーブルにコーヒーポットが設置され、淹れたてのコーヒーを楽しめる 全てのテーブルにコーヒーポットが設置され、淹れたてのコーヒーを楽しめる

「馬方そば」とは、江戸時代に使われていた、殻ごと粗めに挽いたそばの通称からとったもの。熊本県産(時期により北海道産)のそばを、その名の通り石臼で粗く挽いた、風味や栄養分たっぷりの十割そばを楽しめます。冷・温そばとも、定番メニューに加え「阿蘇高菜ピリ辛そば」「モッツァレラチーズとベーコンのそば」などの変わり種も。
さらに店内では世界各国から取り寄せたコーヒーの自家焙煎豆がそろっており、淹れたてを楽しめます。隅々まで感じられるおもてなしに心温まる名店です。

ご当地サポーターコメント
週末は、50食限定の「馬方セット」を求めて10時過ぎから並ぶ人も。このために朝食を抜いて臨むというお客さんも多いそうです。
馬方(うまかた)そば屋
  • 熊本県阿蘇市永草1351-1 MAP
  • JR市ノ川駅から徒歩約15分
  • 11:00~15:00
  • 金曜(祝日はオープン)
  • 0967-35-1040
  • 無料

自家栽培の久木野在来種そばは、風味も喉ごしも格別!

「天ぷらせいろそば」(1,980円)。写真右上「そばがき」(880円)は、生醤油に辛味大根を合わせていただく 「天ぷらせいろそば」(1,980円)。写真右上「そばがき」(880円)は、生醤油に辛味大根を合わせていただく

阿蘇の中で有数のそばの名産地である、南阿蘇村久木野で、阿蘇五岳を望む雄大な景色の中にあるそば店。自家栽培した久木野在来種のそばを中心に、高千穂などなるべく近県から厳選したそば粉を使用した二八そばを楽しめます。
石臼で丁寧に挽いて、南阿蘇の湧水を使って毎朝手打ち。喉ごしを出すための細挽き粉と、香りを出すための粗挽き粉を絶妙にブレンドしており、硬めで辛口のつゆとよく合う1.2mm程度の細打ちに。在来種そば特有の豊かな風味を、舌から鼻から、五感全体で感じられる一品に仕上げられています。

久木野でしか味わえないそばを全身で感じて

木々に囲まれた店内。外に出ると、阿蘇五岳を一望できる雄大な景色も楽しめる 木々に囲まれた店内。外に出ると、阿蘇五岳を一望できる雄大な景色も楽しめる

一番人気は、エビ2本と5種の旬野菜をサックリ揚げた天ぷら付きの「天ぷらせいろそば」。ほかにも、「鴨せいろそば」「おろしそば」や、「鴨南蛮そば」「かき揚げ天そば」など、冷温それぞれにメニューがそろいます。さらに、そば粉を練った「そばがき」は、粉の香りの良さを最大限に感じられる素朴な味わいにうっとり。
木の温もり溢れる店内には、そば打ちの作業場も併設されています。久木野ならではの景色の中で、ここでしか味わえないそばの風味を、全身で感じることができるそばの名店です。

ご当地サポーターコメント
「そばがき」はこぶしほどの大きさがあります。そばを使った甘味「そばがきせんざい」「そばがききな粉黒蜜」(各660円)もおすすめですよ!
手打ちそば 南阿蘇 久木野庵(くぎのあん)
  • https://kuginoan.com/
  • 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰266-2 MAP
  • 阿蘇くまもと空港から車で約25分
  • 11:30~15:30(L.O.15:00)、17:00~20:30(L.O.19:30)
  • 火曜、第4水曜
  • 0967-67-0373
  • 無料

阿蘇の自然の中で、パリパリモチモチの瓦そばを堪能

「月御膳」(2,100円)は、瓦そば(写真は牛肉トッピング)に、だご汁や自家製漬物がセット 「月御膳」(2,100円)は、瓦そば(写真は牛肉トッピング)に、だご汁や自家製漬物がセット

阿蘇エリアの南西部に位置する西原村。その山間部にある人気店で、九州では珍しい瓦そばと山菜料理を楽しめます。そばがパリッと焼き上がり、長く熱を保てるよう、昔ながらの本物の瓦を使用して、1枚1枚丁寧に焼き上げています。
岡山県から仕入れる茶そばは、程よいお茶の風味と焼いた後のパリパリモチモチ感、つゆとの絡みが絶妙。一番上にのせるトッピングは、一番人気の牛肉のほか、山菜、きのこから選べます。しっかり混ぜながら、お好みの焼き加減でいただきましょう。

小川が流れる美しい庭園につつまれて、ほっこり癒やされる店内 小川が流れる美しい庭園につつまれて、ほっこり癒やされる店内

創業は1989年、山口県の名店の味に惚れ込んだ初代オーナーが、現地で修業して開業。そのおいしさと、九州では珍しい瓦そばの楽しさが話題となり、行列ができる日も多いほどの人気店となりました。
少し甘めの味噌で仕上げた阿蘇の田舎料理「だご汁」や県産米の「おにぎり」、地元の旬野菜を漬けた自家製「漬物盛り合わせ」、「やまめの塩焼き」など、阿蘇らしい味覚もサイドメニューで楽しめます。そして、「白糸の滝」から流れてくる小川を引いた美しい庭園の景色も魅力です。ゆったり広いお座敷で食事を楽しめます。

ご当地サポーターコメント
お店から車で5分ほどの場所には、パワースポットや紅葉スポットとして人気の「白糸の滝」があります。せっかくなので、寄り道するのがオススメです。
四季即贅喰(しきそくぜいくう)
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。