ご当地サポーター小林靖宏
朝食・ドライブのお供に!沖縄旅行中に立ち寄りたい読谷エリアのパン屋5選
3

実はパン屋さんの数が多い沖縄県。こだわりの強いオーナーが作るパン、個性的な形のパン、沖縄ならではの食材を使ったパンなど、沖縄でしか味わえないパンがたくさんあります。パンは、朝食やドライブのお供にもぴったり。旅行中にわざわざ足を運びたくなるお店を5軒厳選してご紹介します。

モチモチ食感がたまらない。天然酵母で作る無添加ベーグル

キャラメルチョコ&塩ちんすこう280円、ほうれん草チーズ260円、イチジク&クルミ260円 キャラメルチョコ&塩ちんすこう280円、ほうれん草チーズ260円、イチジク&クルミ260円

座喜味城跡の麓に、水曜日と土曜日の週2日のみ営業するベーグル屋さんがあります。ラインナップは10種類前後。夏にはパッションフルーツやドラゴンフルーツなどの南国フルーツを使ったベーグル、冬にはじゃがいもやニンジンを使った野菜のベーグルも並びます。

天然酵母を使用し、低温熟成発酵させたモチモチ食感のベーグルはクセになるおいしさ。オーナーの家族が育てている「チンヌク(沖縄の里芋)」や紅芋を使ったベーグル、ちんすこうをトッピングしたベーグルはお土産にも喜ばれそうです。

人の出入りの絶えない人気店! 事前にお取り置きを

オープン前から人が集まりはじめ、開店と同時に列ができる人気店のため、お昼頃に完売してしまうことも珍しくありません。取り置きも可能なので、確実に手に入れたい方は事前予約をしてから訪れるのがおすすめ。予約は、営業日前日の21:00までにSNSのメッセージへ。

また、店内のカフェスペースでは焼きたてのベーグルやドリンクを楽しむこともできます。ここでしか味わえないユニークなベーグルをお楽しみください。

ご当地サポーターコメント
オーナーがアメリカ留学時代によく食べていたベーグルを沖縄でも浸透させたくてオープンしたというベーグル専門店。日本人の好みに合わせて、モチモチ感の強いベーグルに仕上がっています。

marumi bagel

70種類のパンが並ぶ、素材にこだわるパン屋さん

シンプルで毎日でも食べたくなる「オリーブのフォカッチャ」324円、「塩バターブレッド」108円 シンプルで毎日でも食べたくなる「オリーブのフォカッチャ」324円、「塩バターブレッド」108円

プロボクサーを目指していた店主が営むパン屋さんは、地元でも評判の一軒です。子どものアレルギーがきっかけとなって原材料を見直したといい、沖縄の塩や黒糖、EM卵、島野菜などできるだけ地元の素材を取り入れ、小麦粉やバター、オリーブオイル、牛乳にもこだわります。

レーズンといちじくを使った自家製天然酵母を使用し、生地は長時間発酵させ、旨みの深いパンを目指します。店頭にはハード系からお惣菜系、甘い系のパン約70種類と焼き菓子が並び、目移りしてしまうほど。

小気味良いサウンドが鳴り響く店内

店内に設置されたスピーカーからは心地よい音楽が流れ、訪れた人たちを楽しませてくれる 店内に設置されたスピーカーからは心地よい音楽が流れ、訪れた人たちを楽しませてくれる

以前は3人も入ると一杯になってしまった店内ですが、2021年4月に増築し、倍以上の広さに。お買い物がしやすくなりました。そして、設置されている高音質のスピーカーから流れる音楽にもぜひ注目を。

店内では地元でとれた野菜の販売も行っています。店主の母親はパッションフルーツ農家として活躍しており、シーズンになると食べ頃のパッションフルーツも並びます。地元愛に溢れるパン屋さんなので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ご当地サポーターコメント
グルテンフリーやベジ対応、健康志向のパンも揃っているので、その日の体調や気分に合わせてパンが選べるのがうれしいポイントです。

おとなりや
  • http://asian1026.blog51.fc2.com
  • 沖縄県読谷村字瀬名波633-2 MAP
  • 那覇空港から車で約60分
  • 8:00~18:30 ※売り切れ次第終了
  • 木曜、日曜
  • 098-958-6260
  • 無料

ユニークなパンが並ぶ、地元に愛される町のパン屋さん

「ベリーガレット」194円、「エロガッパ」97円 「ベリーガレット」194円、「エロガッパ」97円

扉を開けると、芳ばしい小麦とバターの焼けた香りが広がり、かわいらしいパンが出迎えてくれる町のパン屋さん。こぢんまりとした店内には、子どもから大人まで楽しめるお惣菜系パンやサンドイッチなど約70種類が並びます。

抹茶のブリオッシュ生地の中にホワイトチョコが入った「エロガッパ」は、目が合うと買わずにはいられなくなるかわいさ。「くがにたまごのクリームパン」(162円)は、黄金色のくがに芋を食べて育った鶏の卵黄だけを使ったカスタードクリームがたっぷりと入っていて濃厚です。

1日100個売れる人気No.1「あんばた」

小ぶりだけど満足度の高い「あんばた」116円 小ぶりだけど満足度の高い「あんばた」116円

人気No.1は、1日100個売れるという「あんばた」。ライ麦と全粒粉入りの噛みごたえのあるカンパーニュにサンドされているのは、北海道産のあずきを使用した粒あんと国産の無塩バターです。豆の味が濃いサラッとした甘さの粒あんと、濃厚なバターは相性抜群。カンパーニュの塩気と粒あんの甘さ、バターのクリーミーな口溶けが口の中で混ざり合って広がります。

バターが溶けてしまうため、購入後はお早めに。車で約2分のところにビーチや公園があるので、海を眺めながら味わうのも良いかもしれません。

ご当地サポーターコメント
パンの種類も多く、しかもリーズナブルな価格なので、何度でも通いたくなってしまいます。一度訪れると、地元に愛されている理由がよく分かります。

宇地泊製パン所sourire

生地との対話から生まれる、エネルギーに満ちた酵母パン

「つぶつぶ麦の角食パン」(ホール)1,530円、「カシューナッツ&くるみのバゲット」(大)740円など 「つぶつぶ麦の角食パン」(ホール)1,530円、「カシューナッツ&くるみのバゲット」(大)740円など

宜野湾市の閑静な住宅街にある外人住宅を改装したパン屋さんは、パン好きなら知らない人はいないほどの有名店。オープンと同時に全国からファンが訪れ、次々とお目当てのパンを購入していきます。

店主の「エネルギーとしての生命を完全な形で循環させたい」という思いが詰まったパンは、素朴で滋味深く、噛み締めるほどに旨みがじわじわと広がります。手作りの石窯は現在5代目。パンの製造は焼く前日の早朝から始め、酵母と対話をしながら、その日の気温や湿度を見ながら微調整しています。

芳ばしい香りに包まれる店内

ハード系のパンが並ぶ店内。ずっしりとした重みも魅力 ハード系のパンが並ぶ店内。ずっしりとした重みも魅力

一番の人気は、黒糖生地にくるみとレーズンを練り込み、減農薬バナナをたっぷり使用した「バナナ・こくるれ」。干しブドウが入った生地にローズマリーとザラメをまぶした「サブリナ」や、伊平屋島の黒糖をたっぷりと生地に練り込み、干しブドウとクルミ、シナモンを入れた「黒糖シナモンロール」もリピート率の高いパンです。

購入したパンはお店の外に設置されたテーブルで食べることも可能。パン以外にもスープやパニーニ、コーヒー、酵素ドリンク、EMアイスクリームなどがいただけます。

ご当地サポーターコメント
ひと口味わえば、全国から愛され続ける理由が分かるはず。裏庭には大きなガジュマルの木があり、手作りのブランコもあって、癒しのスポットとしてもおすすめです。

宗像堂
  • https://www.munakatado.com
  • 沖縄県宜野湾市嘉数1-20-2 MAP
  • 那覇空港から車で約25分
  • 10:00~17:00
  • 水曜 ※月に2回ほど月曜・火曜に休みあり
  • 098-898-1529
  • 無料

海を望む丘の上のベーカリーカフェ

「アボカドオープンサンド」680円。野菜の旨みが凝縮されている「人参とトマトのポタージュ」も絶品 「アボカドオープンサンド」680円。野菜の旨みが凝縮されている「人参とトマトのポタージュ」も絶品

外人住宅を利用したカフェが集まるおしゃれなエリア・北中城村(きたなかぐすくそん)にあるベーカリーカフェ。独特な世界観に包まれている店内は、非日常的な空間作りがされています。

ランチタイムのイチオシは「アボカドオープンサンド」。ル・クルーゼのテリーヌ型で焼いた食パンに、レモンとナンプラー、にんにくで味付けをしたアボカドペーストが贅沢に塗られていて、ほのかに感じるナンプラーの独特な香りとレモンの酸味が絶妙です。

カフェもテイクアウトも。帰りに買いたい天然酵母パン

天然酵母を使用したパンは手に持ってみるとずっしり 天然酵母を使用したパンは手に持ってみるとずっしり

「生ハムと大葉の柚子バターサンド」や「県産アグーソーセージのホットドッグ」「グリル野菜のビーガンマリネサンド」などもおすすめ。自家製の天然酵母を使用し、低温で24時間かけてじっくりと発酵させたパンは歯応えがあって、ずっしり、もっちり。パンやサンドイッチなど12種類ほどはテイクアウトも可能なので、お土産にもおすすめです。

通常時は、カフェは朝8時にオープンするため朝食にも最適です。パンやスープが付いた「A.M.プレート」は1日10食限定なので、早起きして訪れたいものです。

ご当地サポーターコメント
パンはもちろんですが、ストウブで野菜の旨みを引き出した「人参とトマトのポタージュ」はぜひ味わってほしい一品です。

PLOUGHMAN’S LUNCH BAKERY(プラウマンズランチベーカリー)
  • http://www.ploughmans.net
  • 沖縄県中頭郡北中城村安谷屋927-2 MAP
  • 那覇空港から車で約30分
  • 9:00~16:00(L.O.15:00)
  • 日曜
  • 098-979-9097
  • 無料
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。