軽井沢の四季・気温・服装をチェックしよう
15

一般的に見た軽井沢の気候

浅間山の南麓、標高950mから1,200mの傾斜面にある軽井沢は、江戸時代には中山道の宿場町として、明治以降は避暑地として発展してきました。
夏は涼しく冬は寒い「高冷地気候」で、年間の平均気温は9.1℃です。

これは東京の平均気温16.4℃と比べて約7℃低い数値です。
年間を通しての降水量は東京と比べて多くはありませんが、湿度は東京の年間平均68.8%に対して、軽井沢の年間平均82.5%で、約15ポイント高くなっています。

また、軽井沢で特徴的なのは「霧」の多さです。
関東平野からの気流の影響で年間100日以上霧が発生し、2016年は186日を記録しました。

軽井沢 気温 グラフ

軽井沢の春(3月~5月)の気温・服装について

冬の寒さが厳しい軽井沢は、4月まで降雪が記録される地域です。
ゴールデンウィークが近づく頃にようやく木々に花が咲き始め、春が訪れます。

月ごとの平均気温は、3月2.2℃、4月8.5℃、5月13.5℃と急速に上昇していき、一気に春本番となります。東京都の平均気温と比較すると、約7℃低い数値です。

また、昼夜の気温差は13℃前後と寒暖差が大きく、まだまだ冷え込みが厳しい時期です。
春の軽井沢に行く時は、薄手のコートやダウンジャケット、ロングパンツを着用することをおすすめします。
少しずつ日中の気温が高くなっていきますが、しっかりと寒さを防ぐことができる服装を準備しておきましょう。

軽井沢の夏(6月~8月)の気温・服装について

避暑地として知られる軽井沢は、夏がベストシーズンです。
別荘族や観光客が多く訪れ、各地でコンサートやイベントが開かれる等、軽井沢全体が賑わいます。

2016年の夏の平均気温は18.8℃(6月16.0℃、7月19.9℃、8月20.5℃)で、東京の24.9℃(6月22.4℃、7月25.4℃、8月27.1)と比べると6.1℃低くなっていました。
8月の平均最高気温は25.7℃、平均最低気温は17.2℃で、差は8℃程あり、夜間から明け方などは10℃近くまで冷え込む日もあります。

夏の軽井沢は濃霧が発生しやすく、特に8月には22日も霧日数が記録される程なので、体感温度はさらに涼しく感じられることもあります。車で行く方は不慣れな霧に注意が必要です。

標高が高いため紫外線が強いので、日中は半袖でも汗ばむくらいですが、日が落ちると温度が急に下がるので、薄手のカーディガンなど長袖の羽織る服を準備しておくことをおすすめします。

軽井沢の秋(9月~11月)の気温・服装について

東京では残暑が厳しい時期ですが、軽井沢では一足早く秋が訪れます。
秋晴れで空気が澄んできますが気温は急に下がり、10月には紅葉も楽しめる季節です。

平均気温は、東京の9月24.4℃、10月18.7℃、11月11.4℃に対し、軽井沢は9月17.8℃、10月10.9℃、11月3.6℃と、気温差が大きくなっていきます。
寒暖差も10℃近くあり、日中は長袖で過ごすことができる時期もありますが、厚手のジャケットは必ず持って行きましょう。

11月は積雪が記録され始め、最高気温がマイナスになる日もあるので、防寒対策を整えていくようにしてください。

軽井沢の冬(12月~2月)の気温・服装について

軽井沢の冬の平均気温は12月0.5℃、1月-3.0℃、2月-1.8℃となります。
東京の12月~2月の平均気温がマイナスになることはなく、札幌の平均気温に近い数字です。ことに1月下旬から2月は最高気温がマイナスの日も珍しくありません。
ダウンジャケットやニット帽子、手袋、マフラーなどで、充分な防寒対策をしましょう。

一方で積雪は白馬や菅平といった、同じ長野県内のスキーが盛んな地域と比較しても、さほど多くありません。ただ、積雪が少ないとはいえ、雪道を歩くこともあり得るので滑りにくい靴を履くことが大切です。

また、道路上は「ブラックアイスバーン」という、凍っていないように見えて、薄い氷の膜が張っている現象が発生します。車で移動する場合はチェーンやスタッドレスタイヤを装着することを忘れないでください。