古美術から最新アートまで。松本の美術館や博物館で地域のセンスに触れる
64

松本市に縁のあるアーティストの作品や、松本市の歴史を知る工芸品や古美術品などを展示する美術館や博物館があります。地域住民の学び・コミュニケーションの場として開放され、観光スポットとしても人気。松本市の縄文時代や弥生時代までさかのぼった出土品から、美術品としても価値の高い、珍しいアンティークの古時計など見どころ満載なスポットを紹介します。

松本市美術館

松本市美術館 幻の華草間彌生《幻の華》2002年、《松本から未来へ》2016年

松本駅から徒歩12分ほどにある「松本市美術館」は、壁面のデザインや入り口で存在感を放つ、松本市出身の世界的なアーティスト草間彌生氏の野外彫刻作品《幻の華》で有名です。
松本に縁のある作家を中心とした作品展示を行い、作品鑑賞に留まらず市民ギャラリーも併設して、地域との交流を行う総合美術館となっています。

作品のバリエーションも豊富な展示

松本市美術館 田村氏田村一男記念展示室

館内は、1階に一般市民や子ども向けのアトリエスペースがあり、2階は市民ギャラリーや企画展示室が設けられています。3階は松本市にゆかりのある作家の作品が中心で、松本市出身の書道家・上條信山、彫刻家・細川宗英、信州の山を描き続けた洋画家・田村一男の作品が常設展示されています。書道、洋画、彫刻、現代美術などあらゆる視点から芸術に触れられるので、3階だけでも見ごたえは十分です。

併設のミュージアムショップでは、収蔵作品のポストカードやグッズを販売しているので、印象に残った作品をお土産としてお持ち帰りできます。

施設情報

松本市美術館 外観

松本市美術館
  • URL:http://matsumoto-artmuse.jp/
  • 住所:長野県松本市中央4-2-22  MAP
  • アクセス:松本駅から徒歩12分
  • 開館時間:9:00~17:00(最終入館は16:30まで)
  • 休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)・年末年始(12月29日~1月2日)
  • 観覧料:コレクション展 大人410円・大学高校生200円・中学生以下無料 ※企画展は展覧会によって異なります。
  • TEL:0263-39-7400
  • 駐車場:無料 ※台数に限りがあるため、公共交通機関、徒歩、自転車でのご来館にご協力ください。

松本市時計博物館

時計博物館 グランドファーザークロックグランドファーザークロック

2002年(平成14年)に開館した博物館で、古時計の研究者であり時計技師でもあった、故 本田親蔵氏が生涯かけて収集した、貴重な和洋の時計を松本市に寄贈したコレクションが中心。「動いている時計を見てもらいたい」と語った本田さんの遺志を受け、動いている状態の時計を展示できるように、専任技師が毎日メンテナンスをしています。正時(毎時)になると、館内あちこちから聞こえる時報の音色も楽しいものです。

展示物の中でも圧巻なのが、高さ2m以上の「グランドファーザークロック」。18世紀のイギリスで使われていた時計で、装飾も素晴らしく重厚で品格があります。2m以下はグランドマザークロックと呼び、博物館の別の場所で展示されています。また、博物館の外壁には日本最大級と言われる振子型時計がシンボルとして設置してあり、通りからすぐに見つけられます。

貴重な江戸時代の和時計は必見

時計博物館 展示

2階には、江戸時代から明治初期に制作・使用されていた珍しい和時計も展示されています。江戸中期の櫓時計もそのひとつです。貴重な和時計からデザインが美しい西洋時計、大型の置き時計、懐中時計など、さまざまな古い時計が時代を超えて時を刻んでいます。
また、かつては時計技師が整備していたという縁から、古い蓄音機も展示。土日休日にはSPレコードの鑑賞会を行っています。本田コレクションを中心に、県内外から寄贈された古い時計を600点余り所蔵しており、分かりやすい展示方法やイベントも多い博物館です。

施設情報

松本市時計博物館 外観

松本市時計博物館
  • URL:http://matsu-haku.com/tokei/
  • 住所:長野県松本市中央1-21-15  MAP
  • アクセス:松本駅から徒歩10分
  • 開館時間:9:00~17:00(最終入館は16:30)
  • 休館日:月曜(休日の場合は翌日)・12月29日~1月3日
  • 観覧料:大人300円(高校生以上)・小人150円(中学生以下)
  • TEL:0263-36-0969
  • 駐車場:無し

松本市立考古博物館

松本市考古博物館 展示

松本市郊外の中山地区というのどかな山村地帯にあり、松本平地域で発掘された縄文時代を中心に平安時代辺りまでの資料を展示。このエリアは中山古墳群があり、小規模の円墳が並び、副葬品も多く出土している宝庫でもあります。博物館周辺のイラストマップも用意されているので、古墳の様子を見たり、復元されている竪穴式住居などを巡るのも楽しいでしょう。

今から約5000年前の縄文時代の土器は華やかな縄目の文様があり、縄文時代後期へ向かって唐草文様になっていく土器の変化を見るのも興味深いものです。貴重な出土品の多くがオープン展示なので、間近でじっくり観察できます。

古代体験できるメニューがいろいろ

松本市考古博物館 体験自分の手で古代体験

展示室内には、バラバラの土器を元通りに組み立てる土器パズルや、触っても良い土器片や黒曜石もあります。また、粘土に縄文の模様を付けたり、木の実を擦りつぶしたりする、ミニ古代体験コーナーもあり、子どもたちにも人気。古代の弓矢を飛ばす体験や弓矢作り講座、縄文土器作り講座、勾玉作り講座や火起こし講座など、さまざまなイベントが開催されています。申し込みが必要なので、事前にイベント情報を確認しましょう。

施設情報

松本市立考古博物館 外観

松本市立考古博物館
  • URL:http://matsu-haku.com/kouko/
  • 住所:長野県松本市中山3738-1  MAP
  • アクセス:松本インターチェンジより車で22分
  • 開館時間:9:00~17:00(最終入館は16:30まで)
  • 休館日:3~11月 月曜/12月~2月 土日祝祭日のみ営業/年末年始
  • 観覧料:大人 200円(高校生以上)/小人 無料(中学生以下)
  • TEL:0263-86-4710
  • 駐車場:無料
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。