壮観な風景に圧倒される、松本市で絶景が見られるスポット4選
50

北アルプスと美ヶ原などがある筑摩山地との間にある松本市は、雄大な自然を身近に堪能できる恵まれた環境。
アルプスの山々をのぞむ松本周辺や上高地などの絶景スポットをご紹介します。

河童橋

壮観な風景に圧倒される、松本市で絶景が見られるスポット5選
北アルプスの中央付近、上高地にある「河童橋」。
標高およそ1500mの山岳景勝地にあり、1910年(明治43年)に吊橋として初めて梓川(あずさがわ)に架けられ、現在の橋は五代目となります。

清流に架かる橋からは、上流に穂高連峰をはじめとする3000m級の山々、下流方向には焼岳を眺望できる上高地を代表する絶景スポット。
シーズンを通じて多くの観光客で賑わう上高地の中心にあり、橋の上からの光景は、大自然の素晴らしさに圧倒されます。

いつ訪れても四季折々の絶景に出会えますが、5月下旬から6月にかけては、白い雪が残る穂高連峰と新緑とのコントラストが美しく、空いている時期でもあります。
降水量は比較的少なく、変わりやすい山の天気ながら晴れ間に合うと、透き通った水に映る景色と共に感動的な光景が広がります。

静かに過ごしたい場合は、人が少ない早朝がおすすめ。
梓川左岸にあるバスターミナル付近の川沿いからは、上高地の代表的な風景として知られる梓川と明神岳、河童橋を同時にカメラに収めることができます。
上高地に入れるのは、4月下旬から11月中旬まで。自家用車は乗り入れが規制されています。

スポット情報

河童橋(かっぱばし)
  • URL:http://www.kamikochi.or.jp/spots/kappa-bashi/
  • 営業時間:通行時間5時~19時(7月~8月~20時)※通年マイカー規制あり
  • 住所:長野県松本市安曇上高地 MAP
  • アクセス:松本電鉄上高地線 新島々駅より上高地行バス1時間、終点から徒歩10分
  • TEL:0263-95-2433(上高地インフォメーションセンター)
  • 駐車場:なし

城山公園

壮観な風景に圧倒される、松本市で絶景が見られるスポット5選
「城山公園」は松本市郊外の高台にあり、北アルプスの展望台と称されている公園です。
その歴史は古く、江戸時代の末期に当時の藩主 戸田氏が、鎌倉時代の城跡に桜や松、カエデなどを植樹し民衆に広く開放したのが始まりと言われています。

最大の見どころは、およそ300度という大パノラマが開ける展望台からの絶景です。
晴れた日には、市内を一望し、西に槍ヶ岳や乗鞍岳など北アルプスの山々を、東は美ヶ原まで見渡すことができます。

「城山公園」が最も賑わうのは、桜が咲く頃。
毎年4月中旬には、青々とした芝が美しい広場を取り囲むように、園内の桜が一斉に開花。桜並木のトンネルをはじめ、年に一度の景観を求めて多くの人が訪れる名所です。

また、日没前の夕景から夜の景色へと変わる様子も格別。山々の稜線ときらめく街の夜景も絶景ポイントです。円筒形の展望台はらせん階段なので、念のため懐中電灯などを持参するとよいでしょう。

スポット情報

城山公園(じょうやまこうえん)

アルプス公園

壮観な風景に圧倒される、松本市で絶景が見られるスポット5選
松本市街地の北西、丘陵地帯にあり、標高約800mに広がる自然豊かな都市公園です。

「ファミリーゾーン」には、起伏に富む地形をいかして様々な遊具が設置されているほか、動物園「小鳥と小動物の森」や「山と自然博物館」などふれあいや学習の場として楽しめる施設があります。
「学びと健康とスポーツのゾーン」には、里山の生き物と触れ合える「しぜんかんさつの森」や、そば打ちなどの多目的な用途で里山の暮らしを体験できる「古民家体験学習施設」があり、自然と親しみながら家族で楽しめる広々とした公園です。

また、北アルプスや安曇野、美ヶ原や松本市街を一望にする絶景ポイントでもあります。
「山と自然博物館」5階の展望室は無料で利用でき、360度の眺望が広がります。
桜や新緑、紅葉に雪化粧など四季折々の絶景は見逃せない素晴らしさです。

スポット情報

松本市アルプス公園
  • URL:http://toybox-net.jp/alpspark/
  • 定休日:公園自体は常時入園可(一部冬期休業)
  • 住所:長野県松本市蟻ケ崎2455−11 MAP
  • アクセス:松本駅から徒歩2分 松本バスターミナル(アルピコプラザ1階)
    アルピコ交通(株)アルプス公園線乗車20分
  • TEL:0263-34-5640
  • 駐車場:無料

美鈴湖

壮観な風景に圧倒される、松本市で絶景が見られるスポット5選
松本市の北東にある浅間温泉から山あいへ3.5km上った、標高1000mにある人造湖。
かつては「芦の田池」の名で親しまれ、その歴史は安土桃山時代に始まり、「美鈴湖」と改められたのは1953年。ヘラブナやワカサギ釣りのメッカとしても知られ、初心者でも楽しむことができます。

10月中旬から11月中旬頃にはカラマツやアカマツなどが紅葉し、水面に映り込む様子は絶景です。天候に恵まれれば、湖と木々の背景に雄大な北アルプスをのぞむことができます。
また、4月の下旬から5月にかけて、雪の残る北アルプスと、平地よりも開花時期の遅い山桜や八重桜が見事なコントラストを見せるので、散策やトレッキングに最適です。

スポット情報

美鈴湖(みすずこ)