名水や気候が生み出す品質。松本のワインと日本酒をガイド
56

美ヶ原高原を水源とする湧き水が豊富で、名水の街として知られる松本。冷涼で日照量が多い気候や土壌などがワイン用のぶどう栽培に適しているなど醸造環境に恵まれているエリア。数々の賞を受賞するなど品質の高い酒蔵やワイナリーを紹介します。

山辺ワイナリー

山辺ワイナリー 店内

松本駅から車で20分ほどにある「山辺ワイナリー」は、自社農園と契約農家で育てた松本平産のぶどうのみを使ってワイン作りをしています。ぶどうの持つ個性や味を引き出すため、ブレンドを行わず、単一品種での醸造にこだわり、ぶどう品種名が記されているワインを製造・販売。日本ワインコンクールで6年連続受賞しているワインや、外務省から注文を受けているワインなど、評価の高いワインに多くの人が魅了されています。
ワインで使用しているぶどうの種類は11品種。ヴィンテージ別に47商品ほどが揃い、店頭で試飲ができるので好みのワインを選べるのもうれしいポイントです。

自社農園でも育てているぶどう

山辺ワイナリー 自社農園

美ヶ原高原のふもと、標高600m~850mの山辺地域は、長野県ぶどう栽培の発祥の地とされるエリア。長い日照時間と昼夜の寒暖差が、高品質な信州のぶどう産地として知られ、冷涼な気候がワイン醸造用品種の栽培にも適しています。自社農園の広さは1.2ヘクタールあり、シャルドネ、ピノ・グリの他、カベルネ・ソーヴィニヨンを育てています。メルローやピノ・ノワールも植え始め、数年後にはフルボディのワインを楽しめる予定。
ワイナリー横には、ワインとのマリアージュが楽しめるレストランや農産物直売所もあり、人気の場所です。

店舗情報

山辺ワイナリー 外観

山辺ワイナリー
  • URL:http://www.yamabewine.com/
  • 住所:長野県松本市大字入山辺1315-2  MAP
  • アクセス:松本駅から車で約20分、美ヶ原温泉から車で約5分
  • 営業時間:8:30~17:00
  • TEL:0263-32-3644
  • 駐車場:無料

株式会社アルプス(アルプスワイン)

アルプスワイン

ワイン用のぶどう栽培に適した長野県の中で、松本平の南側に広がる塩尻市桔梗ヶ原は代表的な産地。1927年(昭和2年)創業の歴史あるワイナリーで、地元の契約農家のほか自社農園で栽培したぶどうを使用し、厳正な品質管理のもと、ワイン醸造を行っています。
日照量が多く、収穫期の温度差が大きい桔梗ヶ原は、火山灰の土壌で水はけがよく良質なぶどう栽培に最適。自社のぶどう畑には、メルローやシャルドネといった欧州系の品種を10種類以上栽培しています。また、アメリカの農家と契約し、高温多湿の日本では生産が難しい有機栽培のぶどうを使った、有機ワインや有機ジュースも好評です。
夜明け前の香りを封じ込めた状態で収穫するナイトハーヴェストや、ワインコンクールで受賞を重ねる「ミュゼ ドゥ ヴァン」シリーズは、このワイナリーが誇るブランドです。

試飲もできる塩尻駅内の直営店

アルプスワイン 店内

JR塩尻駅ビル1階の株式会社アルプス直営店「野田屋」には、ワインやジュースが並び、試飲もできます。信州土産も取り扱っているので、気軽に立ち寄って購入でき、おすすめです。

店舗情報

アルプスワイン 外観

野田屋(株式会社アルプス直営店)
  • URL:http://www.alpswine.com/
  • 住所:本社:長野県塩尻市塩尻町260  MAP
       野田屋:長野県塩尻市大門八番町9-1  MAP
  • アクセス:本社:塩尻駅より塩尻市コミュニティすてっぷくん「小野駅」行き乗車「室町」下車徒歩約4分
       野田屋:塩尻駅東口1階
  • 営業時間:10:00~19:30
  • 定休日:無休
  • TEL:本社:0263-52-1150
       野田屋:0263-53-8204
  • 駐車場:無料(30分間)

五一わいん

五一わいん 店内

ぶどうの産地として知られる桔梗ヶ原は、海抜700mに広がる信州塩尻の丘陵地帯。1911年(明治44年)に林五一氏が入植し、ぶどうなど果樹栽培を始めました。1919年(大正8年)にワイン専用品種の栽培に着手してワイン醸造を始めた、農園としては100年以上の歴史を持つワイナリー。
農家から始まった林農園のモットーは、桔梗ヶ原の自然を味と香りに活かすために「良いワインは、良いぶどう作りから」と、畑の改良や栽培法の研究にも力を注ぎ、国際ワインコンクールで数々の権威ある賞を受賞するようになってきました。
本社の隣にある自社農園を中心にワイン専用ぶどうを栽培。工場は見学できませんが、自社農園はいつでも見学が可能。常時10本の試飲が用意してあるので、自分の感性に合ったワインを購入できます。

県内で唯一、希少な貴腐ワインを扱う

五一わいん 貴腐ワイン

自然発生する貴腐菌によって生まれる「貴腐ぶどう」。1933年に貴腐化したぶどうを見つけてから、収穫時期や発酵方法を試行錯誤して生まれた希少なワインが「五一わいん 貴腐」です。貴腐化したぶどうを一粒一粒選定し、専用のプレス機を使って絞り、2年かけて熟成。収穫量が少ないうえに手間と高い技術を要する貴腐ワインは、糖度が高く独特で濃厚な味わい。五一わいんは県内で唯一、貴腐ワインつくりに挑戦し続けています。
2017年の貴腐ワインは、ぶどうの出来がよく、特にいい仕上がりが期待されます。

店舗情報

五一わいん 外観

五一わいん
  • URL:http://www.goichiwine.co.jp/
  • 住所:長野県塩尻市大字宗賀1298-170  MAP
  • アクセス:塩尻駅より塩尻市コミュニティすてっぷくん「桔梗ヶ原病院前」行き乗車「ワイナリー前」下車徒歩約2分
  • 営業時間:売店8:30~17:00(事務所8:30~17:00)
  • 定休日:売店:年末年始(事務所:土日祝日・年末年始・お盆)
  • TEL:売店:0263-52-7911(事務所:0263-52-0059)
  • 駐車場:無料

善哉(よいかな)酒造株式会社

善哉酒造 湧水

松本の蔵元が姿を消すなか、現在も唯一松本城下で醸造・販売を続けている蔵元「善哉酒造」。江戸時代末期創業以来、仕込み水として使用しているのが、敷地内に湧き出る名水「女鳥羽(めとば)の泉」。環境省「平成の名水百選」にも選ばれ、松本市内に10か所ある「まつもと城下町湧水群」の一つです。
店の前に「女鳥羽の泉」がこんこんと湧いているので、地域に開放し、住民の方や近くのそば屋、お店などでもこの水を使っているとのこと。まろやかな口当たりでお茶やコーヒー、みそ汁なども美味しくなるそうです。

二本柱は「善哉(よいかな)」「女鳥羽(めとば)の泉」

善哉酒造 お酒

銘水「女鳥羽の泉」と長野県産美山錦とアルプス酵母で醸した純米吟醸は、火入れをせず生で貯蔵し、出荷前に瓶詰、火入れをするので香り高くフレッシュ。「女鳥羽の泉」と「善哉(よいかな)」を杜氏と蔵人が精魂込めて醸造しています。
事前に予約すれば酒蔵を見学できます。酒蔵に併設の小売りコーナーでは、清酒や甘酒など善哉酒造の全商品があり、ほとんどが試飲できるので訪れた人でにぎわっています。

店舗情報

善哉酒造 外観

善哉酒造株式会社
  • URL:https://www.mcci.or.jp/www/yoikana/
  • 住所:長野県松本市大手5-4-24  MAP
  • アクセス:松本駅より松本周遊バス「東コース」乗車「伊織霊水」又は「薬祖神社」下車徒歩約5分
  • 営業時間:8:30~17:00(穂髙酒店:9:00~)
  • 定休日:日曜・祝日・年末年始・8月13日~16日(穂髙酒店:不定休)
  • TEL:0263-32-0734(穂髙酒店:0263-32-0013)
  • 駐車場:無料
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。