雨が降っても楽しめる! 浜松のおすすめ観光スポット
20
(写真提供 浜松観光コンベンションビューロー)

浜名湖を筆頭に、豊かな自然の中で楽しめるアクティビティが盛んで、歴史的なスポットも数多い浜松。観光に事欠かないこのエリアには、浜松だから体験できる屋内スポットも豊富に揃います。雨が降っても充実した一日が過ごせる、注目の観光スポットをご紹介します。

うなぎパイファクトリー

うなぎパイ962円(12本入り)うなぎパイ962円(12本入り)

浜松土産を代表するお菓子と言えば「うなぎパイ」。そのおいしさの秘密を楽しく学べるのが、「うなぎパイファクトリー」です。館内では、コンシェルジュが製造工程を説明しながら工場を巡る「ファクトリーツアー(要予約)」が行われているほか、うなぎパイの職人のこだわりの手技を紹介する「うなぎパイシアター」も人気。また、予約が不要の自由見学も可能で、急な雨などでふらりと訪れても、いろんな学びが体験でき、新しい発見にも出会えます。
施設には、「うなぎパイ」を使ったオリジナルスイーツの味わえるうなぎパイカフェや工場直売店も併設されており、観光の途中のひと休みにもおすすめです。

施設情報

うなぎパイファクトリー

うなぎパイファクトリー
  • URL:http://www.unagipai-factory.jp/
  • 住所:静岡県浜松市西区大久保町748-51   MAP
  • アクセス:JR浜松駅より遠鉄バス「神ケ谷・山崎」行き乗車約30分、「大久保」下車30分
  • 営業時間:9:30~17:30 ※7・8月は~18:00(うなぎパイカフェL.O.17:00)
  • 定休日:不定休
  • 入館料:無料
  • TEL:053-482-1765
  • 駐車場:無料

航空自衛隊 浜松広報館 (エアーパーク)

航空自衛隊 浜松広報館 (エアーパーク)

浜松駅から車で約20分、東名高速道路浜松西ICからも約10分と、アクセスの便利な場所にあるのが「航空自衛隊浜松広報館」、通称「エアーパーク」です。国内でただひとつの航空自衛隊の広報施設で、自衛隊の貴重な資料を展示する「展示資料館」、自衛隊航空機が並ぶ「展示格納庫」、パイロット気分が味わえる大迫力映像の「全天周シアター」の3施設からなります。「全天周シアター」は、1回20~25分の上映を1日6回実施。「展示格納庫」には、歴代ブルーインパルスの実機やフライトシミュレーターも展示。そのほか、日本で初めて開発された超音速高等練習機「T-2」など、珍しい航空機を間近で見られます。

オリジナルの航空自衛隊グッズがずらり

子どもも大人も大人気の体験試着コーナ子どもも大人も大人気の体験試着コーナー

航空自衛隊のパイロットが使用しているフライトスーツとヘルメット、シューズ(レプリカ)の体験試着ができるコーナーも注目。フライトスーツ姿で航空機を背景に撮影などができます。
見学後に立ち寄りたいのが、オリジナルクッキーや航空機の焼印がついたせんべいなどのお菓子類、Tシャツ、ジャンパー、模型などが揃う「ミュージアムショップ ツバサ」。特に人気があるのがピンバッジ。世界各国の国旗やキーホルダー、ゼロ戦など約150種類が揃っており、その個性的なデザインは見ているだけでワクワクします。

施設情報

航空自衛隊 浜松広報館 (エアーパーク)

航空自衛隊 浜松広報館 (エアーパーク)
  • URL:http://www.mod.go.jp/asdf/airpark/
  • 住所:静岡県浜松市西区西山町無番地 MAP
  • アクセス:JR浜松駅より遠鉄バス「せいれい浜松 泉 高丘」行き乗車約25分、「泉四丁目」下車10分
  • 営業時間:9:00~16:00
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は翌平日)・毎月最終火曜日、3月第2週の火~木曜日 ※臨時閉館もあり
  • 入館料:無料
  • TEL:053-472-1121
  • 駐車場:無料

本田宗一郎ものづくり伝承館

本田宗一郎ものづくり伝承館
地元・天竜区出身で、「本田技研工業」を世界有数のシェアを誇るオートバイ・自動車メーカーへと育て上げた本田宗一郎。1946年(昭和21年)に本田技術研究所を設立し自転車用補助エンジンの開発からスタート。以後「スーパーカブ」など、世界でベストセラーとなった数々の製品を生み出した「日本のエジソン」とも評される人物です。その本田宗一郎の生き方や、今もHondaに脈打つ「ものづくり精神」に触れることができるのが「本田宗一郎ものづくり伝承館」です。

Hondaスピリットと出合える展示作品の数々

開発者であり技術者だった本田宗一郎氏の左手の傷一つひとつを紹介開発者であり技術者だった本田宗一郎氏の左手の傷一つひとつを紹介

国の登録有形文化財である旧二俣町役場をリニューアルした施設は、1階に本田宗一郎の軌跡を辿れるさまざまな資料や、創業当時のバイクなどを展示。縁のある人物が話す本田宗一郎とのエピソードや、日本を代表する経営者の哲学・思想を知ることのできる名言も紹介されています。
また、2階では、ワークショップや企画展示を随時開催。こぢんまりとした施設ですが、彼のユニークな人となりや、独創的な発想がうかがえる発言の数々が生み出す、本田スピリットの世界観が広がっています。

施設情報

本田宗一郎ものづくり伝承館

本田宗一郎ものづくり伝承館
  • URL:http://www.honda-densyokan.com/
  • 住所:静岡県浜松市天竜区二俣町二俣1112  MAP
  • アクセス:遠州鉄道・天竜浜名湖鉄道西鹿島駅より遠鉄バス「山東」行き乗車約7分、「二俣仲町」下車3分
  • 営業時間:10:00~16:30
  • 定休日:月・火曜日(祝日の場合は開館し、翌水曜日休館)
  • 入館料:無料
  • TEL:053-477-4664
  • 駐車場:無料

スズキ歴史館

スズキ歴史館
「スズキ歴史館」は、鈴木式織機製作所として創業した1909年(明治42年)から、世界的に有名な自動車メーカーになるまでの歩みを辿ることのできる施設です。館内は「現在のクルマづくり」と「ものづくりの歴史」の2つのテーマに分かれており、それぞれのフロアで自動車やバイクなどの展示をはじめ、資料、映像から、歴史や名車の魅力に触れられます。

2つのフロアで現在と過去のクルマづくりを楽しく学ぶ

組み立ての生産ラインを再現したモデル展示組み立ての生産ラインを再現したモデル展示

「現在のクルマづくり」のフロアには、実際に行われている生産の様子を紹介するコーナーがあり、組立ラインを再現した実物大のモデル展示は、本物の工場を見学しているような気分になるほどのリアリティーがあります。さらに、「3Dシアター」や「フライトシミュレーター」など体験型アトラクションも充実しています。
「ものづくりの歴史」フロアでは、創業時の鈴木式織機から歴代の人気車までを展示。ノスタルジックな雰囲気の中で、数々の名車を鑑賞できます。
電話かインターネットでの事前予約制となりますが、当日予約も可能なので、雨模様の天気で観光予定を変更したいときは、まずは電話してみましょう。

施設情報

スズキ歴史館

スズキ歴史館
  • URL:https://www.suzuki-rekishikan.jp/
  • 住所:静岡県浜松市南区増楽町1301 MAP
  • アクセス:JR高塚駅から徒歩10分
  • 営業時間:9:00~16:30(予約制)
  • 定休日:月曜日、年末年始、夏季休暇など
  • 入館料:無料
  • TEL:053-440-2020
  • 駐車場:無料
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。