源泉かけ流しが多い、伊豆・伊東エリアで日帰り温泉を楽しむ
124

開湯は平安時代といわれ、古くから親しまれてきた伊東温泉。源泉は数百に上り、豊富な湯量は静岡県一を誇ります。伊東駅周辺の伝統ある温泉街をはじめ、山あいに佇む温泉や相模灘の大海原を望む温泉など、バラエティに富んでいる中から気軽に寄れる日帰り温泉施設をご紹介します。

立ち寄り温泉 伊豆高原のゆ

立ち寄り温泉 伊豆高原のゆ

伊豆高原駅から徒歩約5分、国道135号線沿いのアクセス便利な立地。内湯のほか男女合せて5つの野天風呂が楽しめます。約3,000坪もの敷地を有し、緑豊かな雑木林の中に、自然の地形を生かして造られた野天風呂は、開放感たっぷり。森林浴をしながら入浴ができるのも魅力です。内風呂には気泡湯があり、サウナも完備しています。お湯は無色透明のアルカリ性単純温泉。やわらかな湯あたりで、入浴後は清涼感が心地よい湯です。

無料の泥パックで顔も体もスベスベに

無料の泥パックで顔も体もスベスベに 泥パックしたまま王冠の湯に浸かれます

ぜひ試してほしいのが、無料で利用できる泥パック。専用エリアには、国産の粒子が細かくなめらかな泥が用意されています。顔はもちろん、体中に泥を塗りつけたら、王冠の湯につかります。体がよく温まり、入浴後に泥を洗い流せば肌がスベスベなると評判。女性はもちろん、男性にも人気が高いそうです。
入浴後は、休憩処でひと休みを。大広間でのんびりするもよし、マッサージチェアやハンモックに身を任せるもよし。約6,000冊のマンガが読み放題なのもここならでは。また、フロント前には無料の飲泉処があり、湯船と同じアルカリ性単純温泉でまろやかな味わいです。

施設情報

立ち寄り温泉 伊豆高原のゆ

立ち寄り温泉 伊豆高原のゆ
  • URL:http://www.suiransou.com/index.html
  • 住所:静岡県伊東市八幡野1180  MAP
  • アクセス:伊豆急行線伊豆高原駅から徒歩5分
  • 営業時間:10:00~24:00(最終受付23:00)
  • 定休日:毎月第1、3木曜日(祝日、GW、春夏冬休みは営業)
  • 料金:大人(中学生以上)1,000円、子ども(4才以上)500円
  • TEL:0557-54-5200
  • 駐車場:無料

赤沢日帰り温泉館

赤沢日帰り温泉館

伊豆半島の東海岸、太平洋を一望できる地に立つ日帰り入浴の専用施設。湯量豊富な自家源泉を持ち、絶景を望む大型露天風呂が3階と4階にあります。3階が幅25m、4階が幅20mもあり、水平線までさえぎるものがなく相模湾や伊豆七島を一望できます。湯船からあふれるお湯がそのまま海へ流れ落ちるようで、まるで湯船と海面がひと続きなっているような感覚に。3階と4階では、露天風呂の位置がずらしてあるので、眺められる景色に違いがあり、日替わりで男女が入れ替わります。

広々とした内湯も前面がガラス張りになっており、ドライサウナにも海を見渡せる大きな窓があるので、大海原の絶景が心ゆくまで楽しめます。
ジャグジー、ジェット付き寝湯、ジェットバス、打たせ湯、樽風呂などを完備。好みのお風呂で、体の芯からリラックスできます。
館内には、海を見ながらくつろげるお休み処や、伊豆ならではの海の幸が味わえるレストランもあります。

施設情報

赤沢日帰り温泉館

赤沢日帰り温泉館
  • URL:http://www.dhc.co.jp/akazawa/
  • 住所:静岡県伊東市赤沢字浮山170-2  MAP
  • アクセス:伊豆急行線伊豆高原駅より無料送迎バスにて約15分
  • 営業時間:通常期間(平日・土曜・休日※3連休最終日)10:00~22:00(最終入館21:00)、繁忙期(年末年始、GW、夏期、3連休)9:00~22:00(最終入館21:00)
  • 定休日:1月と6月に休館日あり
  • 料金:通常期間(平日・土曜日・休日※3連休最終日)中学生以上:1,550円、4歳~小学生:850円
    繁忙期(年末年始、GW、夏期、3連休)中学生以上:1,900円、4歳~小学生:1,000円 ※0〜3歳は大浴場の入浴不可
    ※バスタオル・フェイスタオル・ボディタオルすべて無料貸出あり
  • TEL:0557-53-2617
  • 駐車場:無料

七福神の湯 湯川第二浴場 弁天の湯

七福神の湯 湯川第二浴場 弁天の湯

伊東温泉はJR伊東駅の東側のエリアを中心に温泉街を形成し、源泉かけ流しの温泉共同浴場が点在しています。
入口に七福神の像(布袋様は2か所のため計8か所)が立っている温泉巡りをすれば七福神を巡れるので、隠れた人気コースになっています。また、共同浴場の近くには、それぞれの神様にゆかりのある神社仏閣もあるので、共同浴場と寺社参拝をコースにして散策するのもおすすめ。共同浴場は午後1時から3時にかけて営業を開始。料金は200円〜300円とリーズナブル。タオルの販売もしているので、手ぶらで気軽に立ち寄れます。

七福神の湯巡りのひとつ「湯川第二浴場 弁天の湯」は、駅から徒歩5分ほど、駅前に延びるメインストリート、いちょう通りから路地を入った住宅地に佇みます。目印は入口で利用者を見守る弁天様の像。のれんをくぐって中に入ると木製のロッカーが並び、昔ながらの共同浴場の雰囲気を漂わせます。タイル製の湯船には、伊東温泉の特徴である無色透明単純泉のお湯がなみなみと満たされています。14時の開業時間から続々と地元の方が訪ねてくる人気の共同浴場です。

施設情報

湯川第二浴場 弁天の湯

湯川第二浴場 弁天の湯
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。