無料の足湯が楽しめる鬼怒川温泉・湯西川温泉のおすすめスポット
46

鬼怒川温泉・湯西川温泉には、無料で利用できる足湯スポットが点在しています。道中気軽に利用できる足湯は、散策で疲れた足を癒すにはぴったり。温泉街と同じ泉質に浸かれるのもポイントです。

鬼怒太の湯

鬼怒太の湯鬼怒太の湯

東武鬼怒川温泉駅の駅前広場にある「鬼怒太の湯」。鬼怒川温泉のイメージキャラクター「鬼怒太」の像が目印のアルカリ性単純温泉で、手湯も楽しめます。
隣には休憩処もあるので、待ち合わせや電車の待ち時間にも立ち寄りやすく、利用しやすい足湯スポットです。

SLを見ながら足湯に浸かる

SL大樹 転車台

東武線下今市駅~鬼怒川温泉駅間を走る「SL大樹」は、2017年8月に念願の復活運行を開始。機関車の向きを変える転車台が近くにあるので、時間を合わせれば足湯に浸かりながらSLを見ることができます。
SL入線時刻は、10:30・13:50・17:25の1日3回(運転日)です。
※時間は前後することがあります。
※運転日など詳細は「SL大樹」のホームページをご確認ください。

店舗情報

鬼怒太の湯 像

鬼怒太の湯

鬼怒子の湯

鬼怒子の湯 足湯
東武鬼怒川温泉駅から徒歩15分ほどで、鬼怒川渓谷にかかる「くろがね橋」公園内にある「鬼怒子の湯」に着きます。「鬼怒太」の妹「鬼怒子」の像が目印。
新緑・紅葉・雪景色と移り変わる、鬼怒川渓谷の絶景を眺めながらの足湯が人気のスポット。川のせせらぎや風の流れを感じながら、時を忘れて過ごせます。

足湯の入口には簡易的な更衣室があるので、ストッキングの女性などに便利です。

鬼怒川を間近に感じる遊歩道

鬼怒子の湯 くろがね橋

足湯の脇から降りていける「くろがね橋河川遊歩道」。鬼怒川の流れと岩々が作る景観を間近で楽しめます。「鬼怒子の湯」には専用駐車場が無いので、徒歩5分ほどの所にある「湯の街公園駐車場」を利用すると便利です。

店舗情報

鬼怒子の湯 外観

鬼怒子の湯

川治ふれあい公園 むすびの湯、かわじいの湯

むすびの湯

川治温泉街の中心辺りにある「川治ふれあい公園」には、カップル向けの「むすびの湯」と川治温泉のキャラクター“かわじい”の名を付けた「かわじいの湯」の2つの足湯があります。

「むすびの湯」は8角形、「かわじいの湯」は長方形のゆとりある造り。泉質はケガなどに効能のある、肌に優しいアルカリ性単純温泉です。

かわじいの湯

かわじいの湯

川治温泉オリジナルキャラクター「かわじい」の像が迎えてくれる公園には、交流広場や湯の郷である川治の温泉やぐら、バリアフリーの公衆トイレ、ふれあい施設があり、様々なイベントが開催されます。

男鹿川河川遊歩道を散策する方の憩いの場としても利用され、途中では川沿いにも降りられる遊歩道からは渓谷美を堪能できます。

店舗情報

かわじいの像

川治ふれあい公園 むすびの湯、かわじいの湯

道の駅 湯西川 足湯

道の駅湯西川 足湯

野岩鉄道会津・鬼怒川線「湯西川温泉駅」と一体になっている「道の駅湯西川」は、全国的にも珍しい天然温泉のある道の駅です。

施設の正面辺りに足湯が設けられ、中央部分から源泉が注がれて両端から流れ落ちる、源泉かけ流し。無料なので、電車やダックツアーの待ち時間などでも気軽に足湯入浴ができて人気です。

店舗情報

道の駅湯西川

道の駅 湯西川 足湯
  • URL:http://www.michinoeki-yunishigawa.jp/
  • 住所:栃木県日光市西川478-1  MAP
  • アクセス:湯西川温泉駅下車すぐ
  • 営業時間:9:30~17:00
  • 定休日:毎月第3火曜日(祝日の場合は翌日・8月第3火曜日がお盆と重なる際は8月第4火曜日)
  • 入浴料:無料
  • TEL:0288-78-1222
  • 駐車場:無料
  • 泉質:アルカリ性単純泉

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。