日光東照宮や日光駅から徒歩で行ける、ランチも楽しめる、おすすめのカフェをご紹介
160

日光は日光東照宮をはじめとした歴史ある町に、趣あるカフェが多いエリアです。観光の途中に立ち寄りたいカフェや、食事をとりたい時にもおすすめの店を紹介します。

かまやCafé du Reverbere (かまやカフェ・デュ・レヴァヴェール)

かまやカフェ NIKKO丼 NIKKO丼 Sサイズ1836円 刺身湯葉のサラダとスープ付き

東武日光駅正面にある、昔の銀行の建物を利用したカフェ。カレーやハンバーグなどの洋食も評判ですが、特に人気が高いのが数量限定のNIKKO丼です。
「前日光和牛」の自家製ローストビーフに日光名物の揚巻湯葉、そして地元の契約農家から仕入れた米に新鮮な卵と、地元の素材がふんだんに使われているのも人気の秘密。表面を香ばしく焼き、真空低温で仕上げたローストビーフは、内モモのシキンボウという部位が使われており、噛むほどに肉の旨みが広がります。とろとろの温泉玉子とほのかに甘い揚巻湯葉との相性も抜群です。
サポーターズコメント
食べ応えもあり味も上品。バルサミコ酢を使ったソースがローストビーフとよく合います。

おしゃれな街灯が並ぶ店内

かまやカフェ 店内

フランス語の「街灯」を意味する店名の通り、店の中にはおしゃれな街灯が並びます。銀行時代の大型金庫も飲食スペースとして使われており、厚さ20㎝ほどの扉がインテリアのアクセントになっています。

また、ランチの後におすすめなのが、常時10種類ほど用意されている、オーナーシェフ手作りのスイーツ。日光産のオーガニックイチゴを使ったタルトやイチゴ・ピューレをそのまま削った濃厚なかき氷は1年中楽しめる、大人気のデザートです。

店舗情報

かまやカフェ 外観

かまやCafé du Reverbere (かまやカフェ・デュ・レヴァヴェール)
  • URL:https://www.tochinavi.net/spot/home/?id=2177
  • 住所:栃木県日光市松原町12-6  MAP
  • アクセス:JR日光駅から徒歩5分、東武日光駅から徒歩1分
  • 営業時間:11:00~16:00LO (17:00閉店)(売り切れ多数の場合は、早く閉店させていただきます)
  • 定休日:不定休(主に火、水曜)
  • TEL:0288-54-0685
  • 駐車場:無料

自然茶寮 廻 (しぜんさりょう めぐり)

自然茶寮廻 ランチランチメニューの1つ「トマトと大葉の二色葛そうめん」 1,512円

東武日光駅からメインストリートを神橋方面へ徒歩16分ほどにある「自然茶寮 廻」は、マクロビオティックをベースにした“ヴィーガン(100%植物性)”カフェレストランです。地元の無農薬有機栽培や自然栽培の野菜や玄米にこだわった料理は、健康を意識した方にも重宝されています。

「トマトと大葉の二色葛そうめん」は、野菜本来の色鮮やかなサラダと、利尻昆布を使用したきのこスープのセット。葛を使用した素麺は、酢と大葉、バジルを合わせたジェノベーゼ風で、トマトの穏やかな酸味が加わり爽やかな一品です。サラダはピーマン、ししとう、コリンキー(生食のかぼちゃ)、陸鹿尾菜(おかひじき)など、地元農家から直接仕入れた新鮮野菜で素材本来の旨味が生きています。※野菜の種類は季節によって変わります。

サポーターズコメント
おいしい野菜が食べたい時に来たくなるお店です。人気のお店なので、事前予約をするか時間をずらすのがおすすめです。

趣ある和モダンな店内

自然茶寮廻の店内

元古美術店ギャラリーだった店舗を改装し、築100年を越える造りを活かした和モダンな空間です。
スイーツは、卵、乳製品、ゼラチンなどを使わない植物性の天然素材で作った優しい味。火力が強く安定している「菊炭(茶道で用いる炭)」で焙煎した自家焙煎のコーヒーが合わせて楽しめます。有機ハーブティーや有機ルイボスティーなど、ノンカフェインの飲み物もあり、自然食とレトロな趣に寛ぎたい方にはおすすめのカフェです。

店舗情報

自然茶寮廻 外観

自然茶寮 廻(しぜんさりょう めぐり)
  • 住所:栃木県日光市中鉢石町909-1  MAP
  • アクセス:東武日光駅から徒歩約18分。JR・東武日光駅より東武バス中禅寺温泉行き乗車約4分、「市役所前」下車徒歩1分
  • 営業時間:11:30~18:00
  • 定休日:木曜日
  • TEL:080-9343-0831
  • 駐車場:無料

西洋料理 明治の館

明治の館 オムレツライスオムレツライス 1,728円

緑豊かな日光山内エリアにある、明治後期の風格漂う石造りの洋館。その歴史を綴る上質な館内で、伝統の洋食を楽しむことができます。
明治時代から外国人の避暑地であった日光は、いち早く洋食文化が開花した場所でもあります。「明治の館」では、日光で育まれた伝統の洋食が、シェフの匠な技でより繊細かつ上品な一皿となってもてなされています。

人気の「オムレツライス」は、チキンライスの上にのる柔らかい半熟卵の中に、車エビが1匹丸ごと入った贅沢さ。それを覆うかのようにかけられたデミグラスソースがまた絶品。24時間一定の温度で煮込んだあと、何度もこしてなめらかに仕上げられており、口当たりがよく、ややほろ苦い大人の味は、ここでしか味わえない逸品です。

そのほか、牛肉100%のビーフハンバーグステーキも根強い人気があります。溢れる肉汁と自慢のデミグラスソースが絡み合い、後をひくおいしさ。オープンテラスもあるので、緑に包まれた開放的な空間で、食事をいただく贅沢な時間を過ごせます。

サポーターズコメント
チキンライスにはプリプリのエビがたっぷり!窓から見える庭の景色や店内の雰囲気も良く、落ち着いて食事を楽しめます。

アメリカの建築様式で建てられた別荘

明治の館 店内明治時代を想起させるおしゃれな空間

登録有形文化財でもある由緒正しい洋館は、元々は、日本で蓄音機やレコードの製造販売に注力したアメリカ人・F.W.ホーンの別荘でした。大きな柱がなく広々とした空間が特徴のアメリカの建築様式「バルーンフレーム構造」で建てられました。壁面は「乱れ石積み」の技法で日光石を積み上げており、日光の匠の技も取り入れられています。

また、ガラス製造技術が未熟だった明治時代に建てられたため、ガラスはやや歪みがあり、景色が優しく揺れているように見える独特な趣もあるなど、館内の至るところで、華やかな明治期の息吹を感じられます。

店舗情報

明治の館 外観

西洋料理 明治の館
  • URL:http://www.meiji-yakata.com/meiji/
  • 住所:栃木県日光市山内2339-1  MAP
  • アクセス:JR日光駅、東武日光駅より「東武バス」世界遺産巡りバス乗車「清晃苑」下車すぐ
  • 営業時間:11:00~19:30(L.O.)
         冬季 11:30~19:30(L.O.)
  • 定休日:不定休
  • TEL:0288-53-3751
  • 駐車場:無料

日光珈琲 御用邸通店

日光珈琲日光珈琲オリジナルブレンド 594円

日光に4店舗ある「日光珈琲」の中でもレトロな建物で人気の高い「日光珈琲 御用邸通店」。田母沢御用邸の正門通りに佇む古民家カフェで、珈琲豆を農園から直接仕入れ、焙煎方法にも独自のこだわりがあるのも人気のポイントです。自家焙煎でドリップしたコーヒーは、 「完全熱風式」という焙煎方法を用いた日光珈琲オリジナルブレンド。香りが高く、苦味と酸味のバランスが絶妙なのが特徴です。
「男体山ブレンド」や「女峰山ブレンド」など、日光の山々の名前が付いたコーヒーも魅力的です。

サポーターズコメント
日光珈琲は「栃木をもっと盛り上げたい!栃木の良さを伝えたい!」という思いが強く、そんな思いが星野リゾートと重なってコラボレーションすることになり、「里山ブレンド」ができあがりました。界 川治では「里山ブレンド」を里山CafeやSHOPにて取り扱っております。

レトロ調で居心地の良い店内

日光珈琲 店内

大正時代に商家だった古民家をリノベーションした建物は、木目が美しいヴィンテージの家具がおしゃれで落ち着いた空間を作り、居心地の良い店内になっています。窓の外には解放感ある中庭が広がります。
ランチメニューの「カフェごはんセット」も人気。3日間じっくり煮込んだ「御用邸通の黒カレー」やとろとろ卵にトマトソースがかかった「オムライス」はテイクアウトも可能です。
天然氷の「四代目徳次郎」の氷を使った「かき氷」や「チーズケーキ」、「ガトーショコラ」などスイーツの種類も豊富なカフェです。※かき氷は氷がなくなり次第終了となります。

サポーターズコメント
スタッフ人気も高い、日光珈琲。店舗毎に雰囲気が異なり、どのお店も素敵なので是非お気に入りの店舗を見つけてみてください。

店舗情報

日光珈琲 外観

日光珈琲 御用邸通店
  • URL:http://nikko-coffee.com/cafe/
  • 住所:栃木県日光市本町3-13  MAP
  • アクセス:JR・東武日光駅より東武バス中禅寺温泉行き乗車約10分、「西参道入口」下車徒歩約3分
  • 営業時間:10:00~18:00(L.O. 17:00)
  • 定休日:月曜日、第1・第3火曜日(祝日の場合は翌日)
  • TEL:0288-53-2335
  • 駐車場:無料

ドライブで立ち寄りたい、古民家カフェから1日1組限定の完全予約制の日本料理、スープにこだわったラーメン屋さんなど、日光で人気のおすすめランチスポットもご紹介しています。日光エリア・車で行くランチ

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。