ふんわり、ヒンヤリ。日光「松月氷室」が作る天然氷の、至福のかき氷5選
188

明治時代から続く日光の老舗氷室、「松月氷室(しょうげつひむろ)」。当時とほとんど変わらない作り方で、今も自然と向き合い、厳寒の中で美しく澄んだ天然氷を切り出し、そのピュアな味わいを私たちに一年中届けてくれます。日光に旅したら是非食べてみたい、むしろその口溶けを求めてわざわざ日光を訪れたい、「松月氷室」の天然氷ならではの至高のかき氷を食べられる、おすすめ5軒をお届けします。

日光茶屋

純朴な氷の味を引き立てるのは、シンプルな自家製シロップ

(左)梅酢 800円 (右)手作り甘露 700円(左)梅酢 800円 (右)手作り甘露 700円

東武日光駅から徒歩約1分、駅から世界遺産「日光の社寺」まで続くかき氷激戦区でも屈指のロケーションにある店。「日光の天然氷」という最高の素材を活かすため、店が一番こだわっているのが削り方です。温度や湿度にまで気を配りながらゆっくりゆっくり、羽毛のようにふんわりとした氷を削り出していくのはまさに職人技。氷の状態に合わせ、削り途中で刃の角度を微調整することもあります。

氷そのもののおいしさを味わうにはこれが一番と、遠方からのリピーター客にも支持されているのが写真右の「手作り甘露」。氷砂糖を煮詰めただけのシンプルを極めた甘露シロップは、雑味のない純粋な天然氷の最高の引き立て役です。写真左の「梅酢」は1年間熟成させたまろやかな自家製シロップと漬けた梅が丸ごと楽しめる、さっぱりと夏向きのメニュー。もとはところてんにかけて提供していた梅酢を、スタッフがたまたまかき氷にかけてみたことから誕生した一品で、今では店の看板メニューになっています。

なつおとめイチゴ 800円なつおとめイチゴ 800円

運ばれてきたかき氷は、まずは一秒でも早く口に含み、繊細で軽やかな氷の口溶けを楽しむのがおすすめです。その後、別添えのソースをかけると、ひと味ちがった食感が広がります。
いちご好きにはたまらないのが、地元でとれる「なつおとめ」を丁寧に砂糖漬けして作った「なつおとめイチゴ」。自然でやさしい色合いのシロップは、甘味と酸味のバランスが絶妙。漬け込んで味が凝縮されたいちごの実と、赤く熟したフレッシュいちごがトッピングされています。

手間と時間を惜しまず、丁寧に作られる自家製シロップ手間と時間を惜しまず、丁寧に作られる自家製シロップ

「なつおとめイチゴ」で使うシロップは全て店の一角で作り、保存している自家製。いちご1kgと砂糖1kgを合わせて2週間漬け込み、やっと10人前分のシロップが出来上がります。砂糖が溶けてからは毎日50回以上かき混ぜ、空気を入れて腐敗を防ぎながら、大切に作られています。

中庭へと風が通り抜ける、涼しい店内中庭へと風が通り抜ける、涼しい店内

もとは「日光東照宮」の敷地内で営業していましたが、2013年に日光駅至近に移転。ゆっくりとかき氷を食べられるスペースと環境が整ったことで、かき氷に力を入れるようになりました。夏場の繁忙期は奥に見える中庭も開放。中庭はペット同伴も可能です。

店舗情報

日光茶屋

日光茶屋
  • URL:http://www.nikko-kankou.org/gourmet/761/
  • 住所:栃木県日光市松原町253  MAP
  • アクセス:東武日光駅より徒歩1分
  • 営業時間:9:00~16:00
  • 定休日:無休
  • TEL:0288-53-2207
  • 駐車場:無料(3台)

きものつゞれ屋 cafe千両茶屋

スイーツ感覚で味わう、パウダースノーみたいなかき氷

やきいもの付いた和風黒蜜きなこかき氷 800円やきいもの付いた和風黒蜜きなこかき氷 800円

JR・東武日光駅から西へ徒歩約10分、創業50年になるレンタル着物屋さんが営む「café 千両茶屋」。アイデアマンのオーナーが、着物の他にも日光の観光業に役立てることをしたいとの思いでオープンした店です。

メイン商品は糖度47%を誇る、スイーツのような焼き芋。その焼き芋と相性のいいかき氷を、と考案したのが「松月氷室」の天然氷を使った「和風黒蜜きなこかき氷」です。粉雪のようなかき氷が、香ばしいきなこでふんわりと覆われ、上からはとろみのある黒蜜がたっぷり。食べ進めると中から白玉が出てくるサプライズもあり、ひんやりクールな和菓子感覚で楽しめます。ねっとりと甘みのある焼き芋と交互に食べれば、大満足間違いなしの一品です。

濃厚スイーツヨーグルトの付いたマンゴーかき氷 800円濃厚スイーツヨーグルトの付いたマンゴーかき氷 800円

こちらはフルーティでさっぱりした酸味が魅力のマンゴー味。綿帽子のようなかき氷に、氷砂糖から作ったシロップをかけ、さらにマンゴーピューレを全面にかけ回した贅沢さ。氷の中にはカットマンゴーが入っていて、食感の違いも楽しめます。添えてあるのはクリーミーでまったりと濃厚なヨーグルト。お口直しに食べたり、かき氷にプラスしてミルキーな風味にするのもおすすめです。

パウダースノーのようなさらさらのかき氷パウダースノーのようなさらさらのかき氷

きめ細かくさらさらの粉雪のようなかき氷が「café 千両茶屋」流。その秘訣は冷凍庫から出したカチンコチンの天然氷を即、削る手法にあります。冷凍庫から出したての氷塊はうまく削らないと割れてしまうこともあるため、熟練した技術が必要。ゆっくり時間をかけ、こんもりと降り積もったふわふわのかき氷は、はかなくも美しい味の記憶となってくれます。

落ち着いた和風テイストの店内落ち着いた和風テイストの店内

土産物屋などが建ち並ぶ「日本ロマンチック街道」沿いにある店。世界遺産になっている日光の二社一寺からも徒歩約15分の距離なので、お参りや見学の前後に散策がてら立ち寄りやすいロケーションです。

店舗情報

きものつゞれ屋 cafe千両茶屋

きものつゞれ屋 cafe千両茶屋
  • URL:http://www.nikko-yakiimo.com/
  • 住所:栃木県日光市御幸町601-3  MAP
  • アクセス:東武日光駅より徒歩約10分
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 定休日:不定休
  • TEL:0288-53-2208
  • 駐車場:無料

湯沢屋茶寮

6種のソースから自由に選んで、自分好みのかき氷を堪能

日光天然氷のかき氷 ソース2~6種 850~1,450円(ソースが1種増えるごとにプラス150円) ※トッピングはソフトクリーム 250円 こしあん 150円日光天然氷のかき氷 ソース2~6種 850~1,450円(ソースが1種増えるごとにプラス150円) ※トッピングはソフトクリーム 250円 こしあん 150円

日光の二社一寺から歩いて約10分にある「湯沢屋」は、約200年前の1804年(文化元年)から続く老舗和菓子店。名物の「酒まんじゅう」を販売する店舗隣の茶寮では、和の魅力をふんだんに取り入れたかき氷がいただけます。

天然氷の山盛りかき氷は、2~6種の別添えソースを好みでチョイスするスタイル。ソースの原料には特にこだわり、抹茶は宇治産の高級抹茶、いちごは栃木産のスカイベリー、黒蜜は波照間産の黒糖など、厳選素材を使用しています。6種全てを頼んだ場合、かき氷を1杯お代わりできるうれしいサービスも。さらに豆乳ソフトクリームや、こしあんのトッピングもオーダー可能です。

あん・抹茶・練乳の3種掛け 1,000円あん・抹茶・練乳の3種掛け 1,000円

おすすめは、さらりと洗練された舌触りのこしあんソースと、上品な香り高い抹茶ソース、コクと風味が豊かな北海道産練乳ソースのトリプル掛け。ふんわり高々と盛られたかき氷にかけると、まさに日本の夏の風物詩という絵になる逸品です。氷は時間をかけて繊細に削り出され、口の中で存在を感じるのはほんの一瞬。幻のようにすぐに消えてなくなり、爽やかな涼味の余韻を残してくれます。

散策途中にふらりと立ち寄りやすいオープンな店散策途中にふらりと立ち寄りやすいオープンな店

「湯沢屋」創業200年を記念して、2004年に開店した茶寮スペース。和風の店内には和太鼓なども置かれ、風情満点のひとときが楽しめます。

店舗情報

湯沢屋茶寮

湯沢屋茶寮
  • URL:http://www.yuzawaya.jp/
  • 住所:栃木県日光市下鉢石町946  MAP
  • アクセス:東武日光駅から徒歩約15分
  • 営業時間:10:00~16:00(L.O.)
  • 定休日:不定休
  • TEL:0288-54-0038
  • 駐車場:無料

松月氷室 本店

氷室直営のかき氷は、バラエティに富んで大人も子どももワクワク

ストロベリーショコラホイップ 800円ストロベリーショコラホイップ 800円

栃木県今市市の市街地にある「松月氷室 本店」は、遠方からもわざわざ訪れる観光客で季節問わず大賑わいの超有名店。氷室直営のため、一年中天然氷のかき氷が味わえます。現在のようなかき氷を提供するようになったのは30年ほど前、4代目になる吉新昌夫さんが当主になってから。氷を引き立てるオリジナルのみつの開発や、地元産のいちごはもちろん、厳選した高級メロンやマンゴーなどを全国から取り寄せて斬新なメニューを生み出し、日々「松月氷室」のかき氷は進化してきました。

人気が高いのは地元産いちごをふんだんに使ったメニュー。中でも甘党にはたまらないと評判なのが、ショコラホイップ×チョコソース×フレッシュないちごソースのトリプル仕立ての「ストロベリーショコラホイップ」です。軽やかなホイップと繊細なかき氷は瞬く間に口の中で溶け、ストロベリーソースの鮮度抜群の酸味が程よいアクセントになっています。フレッシュソースたっぷりの「生いちごプレミアム」もおすすめです。

メロメロメロン 時価(1,000~1,400円)メロメロメロン 時価(1,000~1,400円)

アールスメロンなど高級メロンを丸のまま半分使い、ジューシーな果肉とオリジナルのメロンシロップがけかき氷を合わせて贅沢にいただくのが、名物の「メロメロメロン」。練乳と炭酸水が付いてくるのがユニークです。甘い練乳メロン風味を楽しんだら、最後にはくりぬいた半玉メロンの器に炭酸水をプラス。器の果肉をこそげながら心ゆくまでメロンの旨味を堪能できる、心憎い仕掛けです。

濁りのない、クリスタルガラスのように美しい天然氷濁りのない、クリスタルガラスのように美しい天然氷

クセや雑味がなく、透明感のある味わいの天然氷は、日光連山の清らかな湧水と厳しい冬の寒さが生み出した、大自然からのいただきもの。昔ながらの作り方を守り、丁寧にケアしながら密度と透明度を高く仕上げた純朴な氷を愛でながら、おいしいことはもちろん、ワクワクした気分で楽しく食べられる創意工夫が、「松月氷室」のかき氷には満ちています。

店舗情報

松月氷室 本店

松月氷室 本店
  • 住所:栃木県日光市今市379 MAP
  • アクセス:JR今市駅から徒歩約6分、東武下今市駅から徒歩約9分
  • 営業時間:11:00~18:00(L.O.17:30) ※冬季短縮営業有り
  • 定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
  • TEL:0288-21-0162
  • 駐車場:無料

松月氷室 大谷橋店

味も見た目も抜群! わざわざ食べに行きたいフォトジェニックなかき氷

生キウイヨーグルト 800円生キウイヨーグルト 800円

「松月氷室 本店」から車で約5分のところにある、「松月氷室 大谷橋店」。本店とは一部メニューが異なり、こちらの新メニューとして人気を博しているのが「生キウイヨーグルト」です。トロリとかかったグリーンキウイのピューレは全て手作り。果肉感たっぷりで、黒いツブツブの程よい歯応えが印象的です。やわらかくて甘いゴールデンキウイがトッピングされ、2種のキウイの魅力を満喫できます。食べ進む中でミルクヨーグルトソースをかけると、マイルドな酸味とクリーミーな食感への変化が楽しめます。

昔ながらのシロップ レインボー 400円昔ながらのシロップ レインボー 400円

「松月氷室」では、いちご、レモン、ブルーハワイやみぞれなど、昔から変わらない定番シロップのかき氷もあります。「子どもは好きですよね、シロップ味(笑)。かき氷って子どもが大人を引っ張って食べに来てくれるものなので、子どもの好きなメニューは大事にしています」と4代目の吉新昌夫さん。好みでミルクやあずき、白玉5個をトッピングすることもできます(別料金)。「幼い頃に松月氷室っていう店でかき氷を食べたなあ、という楽しい記憶を作ってもらって、大人になったときにまた子どもと来てくれたら嬉しいですね」。

かき氷は、単に氷を削ったものを食べるだけではない。おいしくてキラキラした記憶を未来へとつないでいく。そんな夢が「松月氷室」の白いフワフワのかき氷には込められているのです。

店舗情報

松月氷室 大谷橋店

松月氷室 大谷橋店
  • 住所:栃木県日光市今市1527 MAP
  • アクセス:東武上今市駅から徒歩約8分
  • 営業時間:11:00~17:30(L.O.17:00)
  • 定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
  • TEL:080-7840-8719
  • 駐車場:無料

“口福”のかき氷を求めて、日光天然氷の蔵元「松月氷室」へ
松月氷室の記事を見る

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。