日光駅から「日光東照宮」に行く途中で立ち寄りたいカフェ
4

JR・東武鉄道日光駅から「日光東照宮」「日光二荒山神社」「日光輪王寺」への道やその周辺は、昔からの賑わいが今も続き、日光らしい風情あふれる店がたくさん。その中でも、参拝前後に足を休めてお茶を楽しむのにぴったりなカフェを厳選。古き良き雰囲気を素敵に取り入れた空間や、アットホームな手作りの味は、思い出のひとつになります。

本宮(ほんぐう)カフェ

日光山内の聖域に佇む、築300年以上の古民家カフェ

イチゴなど果物がたっぷり入った「クリームあんみつ」700円 エスプレッソ450円  イチゴなど果物がたっぷり入った「クリームあんみつ」700円 エスプレッソ450円 

JR・東武鉄道日光駅から西へ向かい、「日光二荒山神社」の別宮「本宮神社(ほんぐうじんじゃ)」の参道にあるカフェ。もともと神主が住んでいた築300余年の建物をリノベーションする際、床板に御神木を使っているので、店内には靴を脱いで上がります。
コーヒー好きならぜひ味わいたいのは、エスプレッソマシンの最高峰「チンバリ」で淹れた香り高いエスプレッソ。フードメニューも多く、特に湯波や舞茸入りクラムチャウダーを金谷ホテル特製パンに入れた「クラムチャウダー in ロイヤルブレッド」はわざわざ食べに訪れる人もいるほどの人気メニューです。

世界遺産の社寺と色濃くつながる店内

御神木を使った床板やカウンター。パワーを授かれる気分に御神木を使った床板やカウンター。パワーを授かれる気分に

店内や屋外テラスのカウンターにも木目の美しい日光杉の御神木が使われています。カウンター奥の壁は「神橋」と同じ朱色に、一部店内の壁は「日光東照宮」に使われている群青色と同色に塗られており、どちらも「二社一寺」修復に携わった職人の手によるもの。
屋外テラス席は、「神橋」と大谷川を高台から望みながら日光山内の神聖な空気を満喫できる、特等席です。

店舗情報

本宮(ほんぐう)カフェ

本宮(ほんぐう)カフェ
  • URL:https://www.hongucafe.com/
  • 住所:栃木県日光市山内2384  MAP
  • アクセス:JR・東武鉄道日光駅から徒歩約20分
  • 営業時間:10:00~18:00(12~3月は~17:00)
  • 定休日:木曜日(祝日の場合は翌日休み)
  • TEL:0288-54-1669
  • 駐車場:無料

カフェ カリン

アットホームな空間で楽しむ、手作りスイーツ

紅茶600円 飲み物に+300円で、スコーンやシフォンケーキをセットに紅茶600円 飲み物に+300円で、スコーンやシフォンケーキをセットに

JR・東武鉄道日光駅から社寺に向かうメインストリートを歩くこと約10分、コテージのような一軒家が見えてきます。地元出身のオーナーが毎日焼き上げるスコーンはしっとりとして食べ応えがあり、シフォンケーキもフワフワ。どちらもプレーン、抹茶など数種類の味から選べます。ポットサービスの紅茶は、宇都宮市のお茶専門店「Y’s tea」のオリジナルブレンド。コーヒーも同市にある自家焙煎の名店「チバコーヒー」から取り寄せています。

吹き抜けの2階の客席でもくつろげる

客席の間が広くとってあり、隣を気にせずゆったり過ごせる店内客席の間が広くとってあり、隣を気にせずゆったり過ごせる店内

もともと住宅として設計された家をカフェとして使っているので、まるで友人宅でティーブレイクしているような気分でくつろげます。オーナーは長年幼稚園の先生として務めた後、ケーキ作りを習得。イギリスにホームステイをして紅茶を学び、この店をオープンしました。カフェでは、お茶やお菓子、日光観光などについて気さくに教えてくれます。

店舗情報

カフェ カリン

カフェ カリン
  • URL:https://www.facebook.com/nikko.cafe.karin
  • 住所:栃木県日光市御幸町574-1  MAP
  • アクセス:JR・東武鉄道日光駅から徒歩約10分
  • 営業時間:13:00~18:00
  • 定休日:水・木曜日
  • TEL:0288-53-6722
  • 駐車場:無料

ランカトルグカフェ

ノスタルジックな隠れ家カフェ

「ユバプリン」とコーヒーのセット900円「ユバプリン」とコーヒーのセット900円

世界遺産「日光の社寺(日光東照宮・日光二荒山神社・日光輪王寺)」西参道近くにあり、参拝前後に立ち寄るにはぴったりのロケーション。社寺へ向かうメインストリート沿いに建つビルの2階にあり、知る人ぞ知る隠れ家的な雰囲気です。くみ上げ湯波をのせた豆乳プリンに、甜菜糖(てんさいとう)を煮詰めた蜜をかけていただく「ユバプリン」はトロトロの食感。オーナーがブレンドした濃いめのコーヒーとの相性も抜群です。

古い雑誌やオーナーのコレクションにも注目

風合いのある建物になじむよう、インテリアをトータルコーディネート風合いのある建物になじむよう、インテリアをトータルコーディネート

2面がガラス張りで明るく、ビル内の一室とは思えないほど開放的な店内。昭和初期から営業していた喫茶店を、センス良くリノベーションしカフェとして蘇らせました。ディスプレイした小物や何気なく並べてある古い雑誌、流れる音楽まで、時を経た建物と日光のイメージにしっくりと合い、落ち着いたひとときを過ごせます。

店舗情報

ランカトルグカフェ

ランカトルグカフェ
  • URL:http://www.lancatlgue.com/about/
  • 住所:栃木県日光市安川町4-1 2階  MAP
  • アクセス:JR・東武鉄道日光駅から中禅寺温泉または湯元温泉行きバス乗車約5分、「総合会館前」下車徒歩約1分
  • 営業時間:12:00~17:00(L.O.16:45)
  • 定休日:水・日曜日(臨時休業あり。電話で要確認)
  • TEL:0288-53-1193
  • 駐車場:有料

日光珈琲 御用邸通店

日光珈琲日光珈琲オリジナルブレンド 594円

日光に4店舗ある「日光珈琲」の中でもレトロな建物で人気の高い「日光珈琲 御用邸通店」。田母沢御用邸の正門通りに佇む古民家カフェで、珈琲豆を農園から直接仕入れ、焙煎方法にも独自のこだわりがあるのも人気のポイントです。自家焙煎でドリップしたコーヒーは、 「完全熱風式」という焙煎方法を用いた日光珈琲オリジナルブレンド。香りが高く、苦味と酸味のバランスが絶妙なのが特徴です。
「男体山ブレンド」や「女峰山ブレンド」など、日光の山々の名前が付いたコーヒーも魅力的です。

サポーターズコメント
日光珈琲は「栃木をもっと盛り上げたい!栃木の良さを伝えたい!」という思いが強く、その志が星野リゾートと重なってコラボレーションすることになり、「里山ブレンド」ができあがりました。界 川治では「里山ブレンド」を里山CafeやSHOPにて取り扱っております。

レトロ調で居心地の良い店内

日光珈琲 店内

大正時代に商家だった古民家をリノベーションした建物は、木目が美しいヴィンテージの家具がおしゃれで落ち着いた空間を作り、居心地の良い店内になっています。窓の外には解放感ある中庭が広がります。
ランチメニューの「カフェごはんセット」も人気。3日間じっくり煮込んだ「御用邸通の黒カレー」やとろとろ卵にトマトソースがかかった「オムライス」はテイクアウトも可能です。
天然氷の「四代目徳次郎」の氷を使った「かき氷」や「チーズケーキ」、「ガトーショコラ」などスイーツの種類も豊富なカフェです。※かき氷は氷がなくなり次第終了となります。

サポーターズコメント
スタッフ人気も高い、日光珈琲。店舗毎に雰囲気が異なり、どのお店も素敵なので是非お気に入りの店舗を見つけてみてください。

店舗情報

日光珈琲 外観

日光珈琲 御用邸通店
  • URL:http://nikko-coffee.com/cafe/
  • 住所:栃木県日光市本町3-13  MAP
  • アクセス:JR・東武日光駅より東武バス中禅寺温泉行き乗車約10分、「西参道入口」下車徒歩約3分
  • 営業時間:10:00~18:00(L.O. 17:00)
  • 定休日:月曜日、第1・第3火曜日(祝日の場合は翌日)
  • TEL:0288-53-2335
  • 駐車場:無料

ドライブで立ち寄りたい、古民家カフェから1日1組限定の完全予約制の日本料理、スープにこだわったラーメン屋さんなど、日光で人気のおすすめランチスポットもご紹介しています。日光エリア・車で行くランチ

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。