日光のそばを楽しむならここ!観光途中に立ち寄りたい、そばの名店9選
145

そばの名産地・日光。その土地柄ゆえ、日光では100店舗を超えるそば屋さんがあります。多くのお店で使われる日光のそばの実は、昼夜の気温差の激しい山間部で発生する朝霧と夕霧によって香り高く育った最高級の品質。その上質な味を求めて、日光や周辺地域にある名店へ県外から足を運ぶ人も多くいます。今回は、風味豊かなそばを味わえる名店をご紹介します。

小来川 山帰来(おころがわ さんきらい)

山帰来 そば「ゆば(湯波)そば(冷)」1,500円。大盛りはプラス300円。白髪ネギや自家栽培のワサビを添えて

日光市の南端にある集落、南小来川エリアにあるそば店。地産地消をモットーに、食材にこだわっています。そばは小来川産を基本に、日光産のそばの実を自家製粉してつくったもので、香り高く、ほどよいコシ。スルリとのど越しもよく、やや濃い口のつゆとの相性もぴったりです。
メニューは十割そばをはじめ、季節のそばなど常時5~6品を味わえます。なかでもおすすめは、「ゆば(湯波)そば」。汲みあげ湯波のとろけるような食感を楽しめるほか、それを何層も重ねて揚げた天ぷらをトッピングしてあり、サクッと軽い歯触りの衣とふっくらした湯波のコンビネーションが格別です。
サポーターズコメント
湯葉の天ぷらは、ふわふわで最高です!お店からは川が流れる景色も堪能できます。

小来川の自然をモチーフにした、手触りの優しい器

山帰来 皿
この店の建物は、樹齢約80年の地元の杉でつくったログハウス。店内は天井が高く、開放感たっぷりで、大きくとったガラス窓からは周囲の山々や目の前に流れる黒川の清流を望めます。カワセミやオオタカといった野鳥が訪れることもあり、毎年ゴールデンウィーク明け頃にはヤマフジの大木が薄紫色の花を咲かせます。
そんな小来川の自然をモチーフにした器も、とても素敵です。栃木県・益子焼の陶芸家・佐伯守美(さえきもりよし)氏が手がけたもので、店名になっているツル植物のサンキライ(山帰来)や黒川の流れ、川の対岸に広がる樹林を描いてあります。

店舗情報

山帰来 外観

小来川 山帰来(おころがわ さんきらい)
  • URL:http://www.t-upc.com/sankirai
  • 住所:栃木県日光市南小来川395-1 MAP
  • アクセス:JR今市駅または東武下今市駅からタクシーで約20分
  • 営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30)
  • 予約:平日のみ可 (「もりそば『山帰来』十割」1,200円(数量限定)は前日までに要予約)
  • 定休日:火曜(冬期は火曜・水曜)
  • TEL:0288-63-2121
  • 駐車場:無料
  • 備考:カード不可、店内禁煙

玄蕎麦河童

玄蕎麦河童 そば十割2種盛り蕎麦 1,300円

全国各地から厳選した玄そばを一粒ひと粒より分けて自家製粉し、つなぎ粉や打ち粉も国産にこだわった細打ちのそばは、二八そばと十割そばを用意。二八そばは、そばの香り高い「田舎」と、のど越しの良い「丸抜」の2種類から選べます。十割蕎麦は、雑味がなくみずみずしさがたまらない味わいで、そば通もうなるほど。特に、平日限定の「十割2種盛り蕎麦」は、2つの産地から採れた玄そばを、十割そばとして食べ比べできるお得感もあり、人気メニューに。
わさびは信州安曇野産を使用。ツンと鼻に抜ける適度な辛さと甘みがそばの風味を引き立てています。
挽きたてのそば粉は湿度や温度を一定に保てるよう管理しており、いつでも新そば同様のそばを楽しめます。
サポーターズコメント
厳選された良質な玄そばを使っているので、そばは淡い緑がかった色をしています。噛みしめるとほんのり甘味が。

ゆったり座れる掘りごたつや座敷席を用意

玄蕎麦河童 店内金曜日と土曜日は夜も営業

店内は、カウンターやテーブル席、掘りごたつ、座敷席を用意。2人分の席でも大き目のテーブルを使っているので、ゆったりとくつろげます。
口コミで評判が広がり県外から訪れるファンも多く、営業時間が短いので時間に余裕を持って訪れるのがおすすめです。

店舗情報

玄蕎麦河童 外観

玄蕎麦河童

きすげの郷 蕎粋庵(きょうすいあん)

蕎粋庵 そば日光ひたしそば 1,150円

塩原温泉の玄関口、上三依(かみみより)にある名店「上三依きすげの郷」が、3年前に道の駅「日光街道ニコニコ本陣」内に出店。「夏そば」「日光あおい蕎麦」「日光夏秋彼岸そば」「氷温完熟そば」など、季節で異なる日光ブランドのそば粉を用いて、地元上三依の湧き水を使った、つなぎ(小麦粉)2割とそば粉8割の手打ち二八そば。コシが強くのど越しが良いのが特徴です。

人気のメニューは、温かいつゆに冷たいそばやかき揚げを浸して食べる「日光ひたしそば」。薬味のほかにもとろろや温泉卵などもついており、さまざまな味わいでそばを堪能できます。

他にも、真っ黒な炭そばと普通のそばを盛り合わせた「炭そば合わせ」。郷土の味「ちたけそば」、熊汁でいただく「熊せいろそば」など一風変わったそばもおすすめです。

サポーターズコメント
メニューは定番ものから、「ゆば」や「ちたけ」など、郷土色豊かなものまで多彩です。日光名物のそばが、気軽に食べられます。

休憩所としてもおすすめ

蕎粋庵 内観熊の皮が飾られた店内

道の駅とあって、店内は広々とした空間。大きいテーブルのある座敷席は、ゆったりとくつろげます。また、壁に飾られた熊の皮は見どころの一つ。写真も飾られており、訪れる人を楽しませてくれます。お土産コーナーでは、日光ならではの商品を豊富に取り揃えており、お買い物も済ませられます。

店舗情報

蕎粋庵 外観

きすげの郷 蕎粋庵
  • URL:http://www.kisuge-soba.com/
  • 住所:栃木県日光市今市733-1 MAP
  • アクセス:下今市駅から徒歩約5分
  • 営業時間:11:00~19:00(L.O.18:30)※無くなり次第終了
  • 定休日:第3火曜日
  • TEL:0288-25-5778
  • 駐車場:無料

報徳庵

報徳庵 そば天ざるそば 1,290円

緑豊かな日光杉並木公園の敷地内にある「報徳庵」。こちらでは、自家製分のそば粉を使った二八そばがいただけます。細くてコシのあるそばは、のど越しも良く、口に運ぶたびにそばの香りが広がります。さらに「天ざるそば」なら、旬の野菜が5種類ほど楽しめるサクサクの天ぷらがついており、ボリュームもたっぷりです。

「報徳庵」のそばに魅了されたほとんどの常連客は、お店に訪れると、持ち帰りそばも一緒に注文するのが定番に。食べ終えた後もすぐに食べたくなる、そんなくせになるおいしさです。

開放的な縁側で食事ができる

報徳庵 縁側
日光にゆかりのある二宮尊徳(二宮金次郎)が考案した報徳仕法農家の古民家を復元した建物は、風情豊か。特等席の縁側に座り、新緑や紅葉など、四季に彩られた光景を眺めながらそばを楽しむ幸せ。そのゆるやかなひとときに心が満たされます。

サポーターズコメント
そばは、コシがしっかりと感じられる細打ちです。縁側で食べるそばは格別!食後に杉並木公園を散歩するのもおすすめです。

店舗情報

報徳庵 外観

報徳庵
  • URL:http://www.nikko-teuchisoba.org/tenpo_details.shtml?1223
  • 住所:栃木県日光市瀬川383-1 MAP
  • アクセス:東武日光線上今市駅から徒歩約10分
  • 営業時間:11月~3月:11:00~15:00
         4月~10月:11:00~16:00
  • 定休日:無休(年始)
  • TEL:0288-21-4973
  • 駐車場:無料

三たてそば 長畑庵(さんたてそば ながはたあん)

三たてそば長畑庵 そば三合打 1,400円

一日の気温の差が大きく、朝霧や夕霧がたち込める長畑地区は、そば作りに最適の土地と言われ、江戸時代から最高級のそばが作られてきました。そばの畑に囲まれたこちらの店も、地元の玄そばを使い、もりそば、かけそば、ざるそばだけを出すこだわりぶり。その日に使う分だけを午前中に製粉し、挽きたて、打ちたて、茹でたての「三たて」を長年守り続けています。細めに切られた麺は、ふわっと香ばしさが広がり、のど越しも抜群。冷たいそばつゆとシャキシャキのネギが、そばのみずみずしさを一層引き立てます。
サポーターズコメント
メニューはそばのみで、天ぷらなどの持ち込みができます。冬季はけんちん汁を味わえます。

のどかな一軒家で味わう「三たて」のそば

三たてそば長畑庵 畑秋はそばの白い花と黄金の稲に囲まれる

長畑地区では、昔から主婦が家族のためにそばを打っていました。そのため26年前に、この店がオープンするときには、地元の方々がそれぞれの家庭で受け継いできた技を持ちより、研究を重ねたそうです。現在のスタイルは、そばの実の殻も一緒に挽く「挽きぐるみ」の七割そば。そば湯も濃いめで、そばの余韻を最後まで楽しめます。また一合から一升まで、食べたい量でそばを注文できるのも特徴で、三合打は女性二人にぴったりのボリュームです。

店舗情報

三たてそば長畑庵 外観

三たてそば 長畑庵(さんたてそば ながはたあん)
  • URL:https://www.facebook.com/三たてそば長畑庵
  • 住所:栃木県日光市長畑635-1 MAP
  • アクセス:日光市宇都宮道路今市ICより約5分、日光宇都宮道路大沢I.Cより国道121経由、板橋交差点を直進して5分 
    東武日光線明神駅からタクシーで5分
  • 営業時間:11:00~16:00(売り切れ次第終了、入店は15:30まで)
  • 定休日:火、金曜(祝日の場合は営業)
  • TEL:0288-27-2488
  • 駐車場:無料

草允(そういん) わらび野

もりそばもりそば(750円)

栃木県道279号大桑大沢線沿いにある「草允 わらび野」は、「打ちたてゆでたてたべさせたくて」の看板が目印です。大室ダムに隣接しているため、水辺を眺めながら食事ができ、抜群のロケーションも人気です。
甘味も楽しめるそば屋としても有名で、人気メニューは「もりそば」と「あんみつ」。
地元日光市大室産の玄蕎麦を毎朝石臼で自家製粉し、湧き出す地下水を使用してそばの風味が引き立つ二八蕎麦に仕上げています。

「あんみつ」は、地下水を使って作られた寒天と、店内で練り上げたこし餡が合わさり、なめらかな食感がおいしい甘味として評判です。

サポーターズコメント
平日限定30食ランチは開店前から行列ができる人気メニュー。出し巻き卵+月替わりの野菜プレート+蕎麦+あんみつor珈琲で1,350円と大満足なセットです。

解放的なカウンター席

カウンター席

カウンター席からは大きな窓越しに大室ダムが広がっています。
日光連山の伏流水を水源とし、農業用水用に作られたダムで、周囲の木立が四季折々に変化する眺めも楽しみです。
夜のメニューは、そばの他、日本酒やワインなどのアルコール類、ピクルスやサラダ、アヒージョなどお酒に合うメニューも提供しています。

野菜は地元の直売所から仕入れたものを使い、地下水で育った野菜やそばなど、地産にこだわった料理が人気となっています。

サポーターズコメント
並ぶ事も多い人気店ですが、お天気がいい日は待ち時間にダムの周辺を散歩するのも気持ちがいいです。

店舗情報

草允(そういん) わらび野

草允(そういん) わらび野

  • URL:http://nikko-warabino.wixsite.com/warabino
  • 住所:栃木県日光市大室2009-1  MAP
  • アクセス:宇都宮日光道路大沢ICから車で5分  
    下野大沢駅から車で5分
  • 営業時間:昼 11:30~15:30(L.O. 15:00)
    夜 18:00~21:00(L.O. 20:00)夜の部は蕎麦が無くなり次第終了
  • 定休日:水曜日・第2・第4木曜日(祝日の場合は翌日)
    夜の営業は金曜日〜日曜日・祝日
  • 予約:昼は不可/夜は可
  • TEL:0288-23-8022
  • 駐車場:無料

水無湧水庵(みずなしゆうすいあん)

湧くわくセット湧くわくセット(850円)

田園風景の中に佇む「水無湧水庵」は、水無地区で栽培されているそばを使い、日光のおいしい水でこね上げたそばの美味しさに行列ができる人気店です。村おこしをしようと有志が運営している、まさに地元の愛情あふれるそば店。細切りでこしが強い田舎そば特有の風味を味わい、評判の高い「かきあげ」と「天婦羅盛合せ」を選ぶと、ボリューム満点です。
直径約20cmほどのかき揚げは、地産の野菜をふんだんに使い、パリっとした食感と野菜の甘味が絶妙です。
店内で作られた「生そば」、「めんつゆ」はテイクアウトも可能です。

サポーターズコメント
そばもおいしいですが、天ぷらもおいしいです!450円の天ぷらの盛り合わせのボリュームにも驚きますが、100円のかき揚げも大きくてさくさくでおすすめです!

温もりのある店内とおいしさの秘密

水無湧水庵の店内
店内は座敷とテーブル席があり、落ち着いたくつろぎ空間。

店名の通り、こんこんと湧く水があり、流れ出す清流にはヤマメやニジマス、鯉が泳ぎ、ミズバショウやアヤメが咲きます。
店舗の裏手にはわさび田があり、水温が14℃に保たれています。5分ほどで周遊できるので、待ち時間などで散歩に行くことも可能です。

店舗情報

水無湧水庵

水無湧水庵
  • URL:https://www.mizunashiyuusuian.com/
  • 住所:栃木県日光市水無309  MAP
  • アクセス:宇都宮駅西口から路線バス今市車庫行き「上水無」下車徒歩6分
  • 営業時間:11:00~15:00
  • 定休日:無休(臨時休業有)
  • 予約:不可
  • TEL:0288-526-3355
  • 駐車場:無料

そば処 ひなた

もりそばとミニ天ぷら盛り平日限定の「もりそば+ミニ天ぷら盛り」(800円)

川治温泉郷から霧降高原へと抜ける山間の道に佇む「そば処ひなた」は、遠くから足を運ぶ方も多い人気のそば店です。
新鮮な採れたて野菜を使った天ぷらは揚げたてでサクサク。相性の良い抹茶塩でいただきます。

サポーターズコメント
そばはもちろん、地元の野菜をカラッと揚げた天ぷらもおいしいです。抹茶塩でいただけるのが嬉しい!

人気の秘密「玄蕎麦」

そばの実玄蕎麦(そばの実)

会津産の「玄蕎麦」を使用し、実から店内で挽いている自家製粉。粗びきの玄蕎麦で練られ、香り高くコシがある細切りのそばに仕上がっています。
日向(ひなた)地区で運営しているお店で、地元の主婦たちがそば名人に指導を受け、研究を重ねて十数年。挽きたて、打ちたて、茹でたてを守る味わい深いそばです。

店内には四方から光が差し込み、壁には周辺の観光スポットやパワースポットなどが写真と共に紹介されています。気になるスポットを聞いてみるのも楽しい出会いです。

店舗情報

そば処 ひなた

そば処 ひなた
  • 住所:栃木県日光市日向610-1  MAP
  • アクセス:鬼怒川温泉駅から日光市営バス女夫渕行き乗車約34分「野尻入口」下車すぐ
  • 営業時間:11:30~14:00
  • 定休日:不定休(主に水曜日) ※1月~3月は休業
  • TEL:0288-97-1557
  • 駐車場:無料

小休止 のうか

小休止 のうか そば

のどかな風景に囲まれた「小休止のうか」は、懐かしさと風情ある空間が特徴のそば屋です。
古民家を改装した店内は畳敷きで囲炉裏もあり居心地の良いくつろぎ空間が広がっています。

おすすめは「小休止すぺしゃる」。そばに山菜の天ぷら、ゆば刺し、麦とろごはんが付いたボリュームあるセット。日光連山からの伏流水を使った手打ちそばは、粗挽きで香りが高く大人気です。そばは味を変えないため店主が打った分だけの売り切りなので、お昼過ぎに行く場合は電話予約がおすすめです。

サポーターズコメント
のどごしが良いそばです。まいたけの天ぷらもおいしいです!店内はとても温かい雰囲気で、いたるところに骨董品が置かれています。

情緒のある店内で“のうか流”を楽しむ

小休止 のうか 店内冬に活躍する囲炉裏

夏に採れる「ちたけ」という香り高いとても風味の良いきのこを使った「ちたけのせいろそば」もおすすめ。「ちたけ」は栃木県の郷土料理食材の1つで、出汁の風味を楽しむのが “小休止のうか流”。
「まいたけの天ぷら」や春には「山菜の天ぷら」も人気の一品です。

店舗情報

小休止 のうか 店内

小休止 のうか
  • 住所:栃木県日光市小林71  MAP
  • アクセス:東北道上河内スマートICから日光方面へ約7km
    下今市駅から逆面線を宇都宮方面へ約20分
  • 営業時間:11:00~売り切れ次第終了
  • 定休日:木曜日・第1日曜日
  • 予約:可
  • TEL:050-5887-3207
  • 駐車場:無料
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。