星野リゾート

星野リゾート

弊社料飲統括エグゼクティブシェフ 梶川俊一が、フランス農事功労章(シュヴァリエ級)受章しました

株式会社星野リゾート 料飲統括エグゼクティブシェフ 梶川俊一が、この度「フランス農事功労章」のシュヴァリエ級を受章いたしました。
「農事功労章」 L’ORDRE DU MERITE AGRICOLEは、フランスの農業、食文化、フランス料理の育成および発展に貢献した功績をフランス国政府が称えるために1883年に創設された勲章です。

 

弊社料飲統括エグゼクティブシェフ 梶川俊一が、フランス農事功労章(シュヴァリエ級)受章しました

 

梶川は、1999年~2006年、フランス料理のシェフ及びソムリエとしてホテルブレストンコートの総料理長を務めていました。長野県主催の数々のイベントにも参加し、フランス料理の技術と県の特色ある食材を融合させた独創的な料理を提案し、県民にフランス料理の魅力を伝えてきました。また、フランス味覚研究所の初代所長である、ジャック・ピュイゼ教授と日本で初めてコラボレーションを行い、共同で独自の「味覚教育プログラム」を発案、長野県の子供たちや母親を対象に「食育レッスン」を行いました。県産の果物を通して、フランス菓子の魅力を発信するために始めた「軽井沢スイーツ博」は、現在、夏のビッグイベントとして定着しています。このような活動を通して、20数年にわたり、フランスの食文化・食材・ワインの普及に努めてきた功績が認められ、今回の受章の運びとなりました。長野県内においては、玉村豊男氏に次ぐ2人目の受章となります。

 

梶川俊一

 

●梶川俊一 (かじかわしゅんいち)
1966年宮崎県生まれ。1993年日本ソムリエコンクール史上最年少優勝を果たし、翌年パリ国際ソムリエコンクールにて世界第5位入賞。1999年株式会社星野リゾート入社。2000年料飲統括マネジャーと総料理長を兼任。食育メソッドの実施やスイーツ博の開催など斬新な食の創造、食文化の発信に取り組む。2006年星野リゾートグループ全体の料飲統括エグゼクティブシェフに就任。

 

●叙勲式は10月17日に軽井沢にフランス大使がお越しになり、開催する予定です。

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com