星野リゾート

星野リゾート

日本に3人しかいない銭湯ペンキ絵師のひとり 田中みずき×星野佳路の対談を公開

星野リゾート(所在地:長野県軽井沢町、代表:星野佳路)は、星野が各界のチャーミングな人々と対談する連載コンテンツ「旅の効能」の vol.12を、2016年6月7日に公開しました。今回のゲストは、銭湯ペンキ絵師の田中みずきさん。大学で近代美術史を学ぶなか、銭湯のペンキ絵に魅せられ、21歳の時に銭湯絵師・中島盛夫さんに弟子入り。8年の修業を経て、2013年に独立を果たした日本で唯一の女性銭湯絵師です。
600L1110233日本の古きよき文化である「銭湯」と、その定番アート「ペンキ絵」のおもしろさについて知っていただきたいという想いから対談が実現しました。美術の世界からペンキ絵の世界に飛び込んだ田中さん。なかなか聞くことのできない修行時代の思い出も披露してくださいました。

「たった1日で描きあげる 銭湯ペンキ絵と銭湯の魅力」
銭湯ペンキ絵師 田中みずき × 星野リゾート 星野佳路
▼旅の効能|星野リゾート:https://www.hoshinoresorts.com/mag/kounou/vol12.php

600L1110253対談パート1:「銭湯ペンキ絵師 田中みずき」とペンキ絵トリビア
大学で美術を学んでいた田中さんが、ペンキ絵との出会い、まだあまり知られていないペンキ絵の修行について語ります。星野がかねてから疑問に思っていた、なぜ富士山なのか、描き上げるまでにどれくいの時間を要するのかなど、ペンキ絵にまつわるあれこれをお届けします。
https://www.hoshinoresorts.com/mag/kounou/vol12.php

対談パート2:対談場所は江戸川区の銭湯「第二寿湯」。銭湯のご主人も加わり銭湯についての三者対談。
「第二寿湯」のご主人・鴫原和行さんが、経営者として感じるペンキ絵の必要性や「銭湯」の存在について語ります。星野は店舗運営の話にも興味津々。
https://www.hoshinoresorts.com/mag/kounou/vol12-2.php

対談パート3:田中さんの挑戦 ~銭湯とペンキ絵の可能性~
これまでネットと縁がなかった銭湯ですが、田中さんは自身の作品をウェブで公開し、情報発信しています。そうすることで、ペンキ絵の描かれ方、あり方にも変化が出てきたエピソードを紹介しています。
https://www.hoshinoresorts.com/mag/kounou/vol12-3.php

600L1110366星野リゾートのサイトでは、単なる施設の予約や紹介にとどまらず、より広い範囲の情報提供で旅の面白さをお伝えし、何らかの「旅のヒント」を得ていただけるようなコンテンツをこれからも展開する予定です。

▼「旅の効能」バックナンバー
https://www.hoshinoresorts.com/mag/kounou/index.php

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com