星野リゾート

星野リゾート

  • 星のや富士

テラスリビングのコタツで味わう富士山麓のジビエ「山麓の鹿しゃぶ鍋」登場

  • 星のや富士

富士山麓に佇むグランピングリゾート「星のや富士」(所在地:山梨県富士河口湖町)は、テラスリビングのコタツで味わう富士山麓のジビエ「山麓の鹿しゃぶ鍋」を、2016年12月1日(木)より期間限定で提供します。河口湖を見渡すテラスリビングのコタツに包まれて、くさみが少なくヘルシーな鹿肉と野性味溢れる木の実や冬野菜を組み合わせて食べる鍋料理です。
【星のや富士】鹿しゃぶ

▼山麓の鹿しゃぶ鍋
http://hoshinoyafuji.com/#/dining/dining03

提供の背景
河口湖畔で獲れた鹿肉をもっと美味しく、なおかつ冬のグランピングならではの方法で楽しんでいただくには?と考えた結果、鹿肉の素材をシンプルに味わえるしゃぶしゃぶ鍋を、屋外の風を感じられる客室のテラスリビングにしつらえたコタツでご提供するスタイルに辿り着きました。

「山麓の鹿しゃぶ鍋」4つのポイント
1.テラスリビングにしつらえたコタツ
【星のや富士】鹿しゃぶキャビンコタツキャビンは、屋外が感じられるテラスや床暖房など快適性を有したグランピング感あふれる空間。コンパクトでシンプルなデザインながら、開放感があります。屋外のテラスリビングにしつらえたコタツにくるまれば、冷え込む夜でも心地よい夜風を感じるスペースに変わります。鍋を囲み、体の内側からも外側からも温まるひと時をお過ごしいただけます。

2.鹿肉を余すところなく使ったコース
【星のや富士】鹿生肉しゃぶしゃぶに使用するのは新鮮だからこそ美味しく食べられる脂身を残したロース。鹿の骨で出汁をとったスープにくぐらせます。その他の部位はパテにして、ベリーと合わせた前菜としてご提供します。素材の味を最大限に生かした富士山麓の野生味溢れるコースです。

3.鹿肉をたのしむための3種類のタレ
【星のや富士】鹿しゃぶタレ鹿肉に合わせるのは、ダイダイのポン酢、春菊のペースト、ナッツのゴマだれの3種類。鹿が過ごしてきた環境をヒントに、鹿が口にしてきたであろう山の食材から作りました。さっぱりとした鹿肉に、コク深いタレをたっぷりからませてお召し上がりいただきます。

4.こだわりのカトラリー
【星のや富士】鹿カトラリー食事をより楽しく演出するため細部にもこだわり、カトラリーは鹿の角を使ったクラフトを採用。キャビンのテラスに灯された炎も手伝い、よりいっそうワイルド感を引き立てます。

星のや富士では、富士河口湖畔で獲れる鹿肉の美味しさをご紹介すべく、山菜と組み合わせた「春ジビエ」コースなど、今後も季節ごとのメニューを開発していく予定です。

「山麓の鹿しゃぶ鍋」概要
■期間:2016年12月1日~2017年3月15日
■定員:1日5組
■料金:2名様 22,000円(税・サービス料別。宿泊代別。)
■予約方法:星のや富士 公式サイトにて要事前予約
■予約URL:https://goo.gl/H6HJ5b
■備考:仕入れ状況により食材・メニューが変更になる場合があります。

~ご参考~
■鹿肉の魅力
冬に旬を迎える鹿肉は、牛肉や豚肉に比べ高タンパクで低カロリーであることに加えて、女性の健やかさに欠かせない鉄分やビタミンB2を豊富に含んでいます。また、リノール酸やアルファリノレン酸、肉類に含まれるのは稀なDHAなど、良質な脂を含んでいます。

■富士河口湖の鹿肉がおいしい理由
シカやイノシシなどのジビエ料理は、捕獲後の適切な処置(血抜きや解体)が味を左右します。富士河口湖町では、富士山麓で増えすぎてしまったシカを有効活用するため2009年に食肉加工施設を整備し、厳選された素材を厳しい品質管理のもとで加工・精肉・冷凍を行うことで食材としてのシカ肉を提供しています。名人と謳われるハンターの手によって素早く血抜きされ、加工施設に持ち込まれ処理された富士河口湖産の鹿肉は、くさみが少なく、さっぱりとした脂を持ちます。そのため、通常はくさみが多いとされるロース肉でも、しゃぶしゃぶに使うことができるのです。

星のや富士
2015年10月30日に開業した日本初のグランピングリゾート。河口湖を臨む広大な森に、自然と触れ合うクラウドテラスや年中快適に過ごせるキャビン。グランピングマスターが提案するアウトドア体験やシェフが演出するワイルドな食事と共に大自然を楽しみつくす「丘陵のグランピング」です。
〒401-0305 山梨県南都留群富士河口湖町大石1408/客室数 40室

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresorts.com

この施設のお知らせ