星野リゾート

星野リゾート

  • 界 津軽

【界 津軽】津軽の春色に染まる滞在プラン 誕生|2018年3月1日~5月31日

  • 界 津軽

「星野リゾート 界 津軽」では、桜を通じて春の津軽文化を感じる「春色に染まる滞在プラン」が誕生します。さくら色のこぎん刺しの設えがほどこされたお部屋の中で、日中には桜茶や和菓子を嗜み、夕食後はライトアップされた桜を眺めながら地酒を楽しめます。この時期しか見れない幻想的な雪見桜風呂に浸かり、滞在の楽しみの1つ、夕食では春を告げる「花見蟹」の特別会席に舌鼓をうち、日本一の弘前さくらまつりで青森の花見を堪能。春のよろこびに満ちた、花づくしの青森旅を提案します。

春色に染まる滞在プラン

桜を通じて春の津軽文化を感じられるプランです。ウェルカムドリンクには、 弘前公園最長寿のソメイヨシノの花弁から取った桜酵母と、弘前産のリンゴを使った「弘前シードル」を提供します。ご当地部屋 「津軽こぎんの間 」では、設えにさくら色のこぎん刺しアイテ ムを揃え、到着後には桜茶や和菓子を、夕食後には、ライトアップされた桜の生け花を眺めながら地酒を味わえます。毎夜開催されるご当地楽の津軽三味線の演奏では、「さくらさくら」のアレンジなど迫力満点の音色を間近で体感。 2日目には桜染した糸を使用した、こぎん刺しのワークショップも体験できます。 余すことなく春の津軽文化を感じ、春色に染まることができる 特別プランです。

■期間:2018年3月1日~4月20日
■場所:津軽こぎんの間 離れ「悠庵」
■料金:1泊2食付き 45,000円~ (2名1室利用時の1名あたりの料金、サ税込)
■内容:ウェルカムドリンク、客室内の桜茶・和菓子、地酒、こぎん刺し体験
■予約:専用プランにて3日前まで (1日1組限定)

花見蟹や大間のまぐろなど青森の贅を堪能する春の特別会席
青森の春に欠かせない「とげくり蟹」。こぶし大の小さな蟹で、殻は刺々しくても身は栗のように甘いことから付いた名前です。花見の季節に旬を迎えることから、地元では「花見蟹」と呼び、花見の席に欠かせない一品です。界 津軽では花見蟹と、青森を代表する食の一つ「大間まぐろ」や和牛とともに、青森の贅を堪能する春の特別会席をご賞味ください。

■期間:2018年4月1日~5月31日
■料金:1泊2食付き 26,000円~ (2名1室利用時の1名あたりの料金、サ税込)
■予約:専用プランにて7日前まで
https://booking.hoshinoresort.com/plans/JA/0000000114/0000000417


白銀のなかに春の訪れを感じる雪見桜風呂
冬から春にかけて、樹齢2000年を超える古代檜の大浴場で「りんご湯」を実施しています。大きな窓越しに雪の残る庭を眺めながら、りんごの甘い香りに包まれて癒しのひとときを過ごせます。また、4月は弘前にちなんだ切り桜、5月にはりんごの切り花を眺める花見風呂を、さらには雪や桜にちなんだふるまい酒も用意します。情緒あふれる冬から、よろこびに満ちた春へ。白銀の雪のなかにも春の訪れを感じる、青森ならではの贅沢です。

■期間:2018年3月1日~5月31日
*雪見風呂は、降雪状況により日程が異なります
*花見風呂は、花の入荷状況により日付が変わります
■時間:15:00~21:00
■料金:無料

界 津軽 春のご滞在
http://kai-ryokan.jp/tsugaru/features/spring/index.html


星野リゾート 界 津軽

湯治場として親しまれる大鰐温泉に建つ、津軽文化を感じる宿。日本画の巨匠・加山又造の壁画「春秋波濤」の前で披露する津軽三味線は圧巻。白神山地や奥入瀬渓流など青森観光にも便利。
〒038-0211 青森県南津軽郡大鰐町大鰐字上牡丹森36-1/客室数 41室

 

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

この施設のお知らせ