星野リゾート

星野リゾート

  • 星のや富士

【星のや富士】日本一の山で、日本一ラグジュアリーな登山を実現するプログラム 「グラマラス富士登山」今年も開催 期間:2018年8月30日~9月9日(日程限定)

  • 星のや富士

日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、2018年8月30日〜9月9日の日程限定(全4回開催)で、富士山登山プログラム「グラマラス富士登山」を今年も開催します。星のや富士が、富士登山のプロフェッショナルたちの協力を得て、安全に快適に登頂へ導くとともに、富士山の文化的な背景も伝えるプログラムです。今年は、星のや富士での滞在中に行う行動食づくりや、フットトリートメントなどのコンテンツを新たに加え、登山前後のサポートを強化しました。

開発の背景

富士山は、多くの人が「一生に一度は登ってみたい」と思っているものです。2017年(7月1日〜9月10日シーズン中)の登山客数は28.5万人で、調査をはじめた2005年より約8.5万人増えています(1)。また、富士山登山で特徴的なのは、日頃登山を趣味としていない人でも「富士山だけは」と考えたり、「大願成就」などの特別な想いをもって登る人が多いことです。しかし、装備の不足や、日帰り登山などのハードスケジュールのため、 体調を崩したり登頂を断念するケースも少なくありません。さらに、そういった情報を耳にすることで登山経験の少ない人には装備の手間や体力の不安がつきまとい、なかなか踏み出せないでいると考えられます。そこで星のや富士は、富士山の裾野の標高約800m、5合目の登山口まで車で約1時間という立地を生かし、安心で快 適に登頂が目指せるプログラムを提供したいと考えました。
(1)環境省 関東地方環境事務所(2017)

もうひとつの重要な背景は、富士山が「文化遺産」という点です。富士山は2013年に「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」として世界文化遺産に登録されましたが、これには富士山が日本人の精神に深く根付いていたことが決め手となりました。今も富士山周辺に点在する浅間神社、登山道の鳥居や社にもその様子をうかがい知ることができます。ただ、その文化を学び楽しむには、登 山中の精神的・体力的余裕が必要です。そのためにも登山全体へのサポートが必要と考え、本プログラムの開発に至りました。 2016年より提供を開始し、これまでも高い評価をいただきましたが、3年目にあたる2018年は、よりサポート内容を強化し、またより多くの方が参加できるよう開催日を増やして提供します。

1.ツアーを率いるのは経験豊富な一流ガイド

本プログラムのうち、登山部分をサポートするのは「富士山登山学校ごうりき」です。2002年の設立以来、少人数でのツアーにこだわり事前のカウンセリングや日中登山を採用し、徹底的に安全に配慮した富士山登山のガイドサービスを行っています。その結果、富士山の登頂率は一般的に50%程度といわれるなかで、ごうりきが率いるツアー は90%を誇ります。このような活動を継続的に行っている点が評価され、2016年環境省エコツーリズム大賞、2017年ジャパン・ツーリズム・ アワード ビジネス部門部門賞を受賞しています。星のや富士とは、年間を通して青木ヶ原樹海での自然の美しさを案内するネイチャーツアーや、冬季の星空ツアーを提供するなど協力関係にあります。

2.事前の安全指導と装備のサポートサービス

富士山登山でもっとも大切なのは安全管理です。本プログラムでは 登山1ヶ月前から、「富士山登山学校ごうりき」のスタッフによる電 話やメールによるカウンセリングの場を設け、体調管理と装備品の両面についてアドバイスを行います。まず体調管理の面では、「富士山登山学校ごうりき」に所属する「健康運動実践指導者」の資格を持ったスタッフが、日常生活で行える運動や、推奨する体力づくりの方法などをお知らせします。装備品の面では、ウェアや装備の選び方、ザックへのしまい方に至るまで具体的な情報提供を行い、参加者からの質問にも丁寧に対応します。もし装備品の購入が間に合わない場合、一部アイテムのレンタルサービスも案内します。

3.安全な日中登山

一般的な富士山登山では、山小屋を利用しない日帰り登山も珍しくありません。また、山小屋を利用する場合でも、ご来光を山頂で見る ことを重視する人が多いため、深夜1時頃に8合目付近の山小屋を出発し、登山客で渋滞するなかヘッドライトをつけて山頂を目指すことに なります。ただ、どちらも体への負担が大きい上、山頂付近は滑りやすく、夜中の登山には危険がともないます。そこで本プログラムでは、原則として登山は日中としています。昼頃に5合目を出発し、夕方に山小屋へ到着したら翌朝までしっかり睡眠をとり、体力の回復を図ります。翌日は夜明け後に山小屋を出発し、午前中に山頂に到着します。ご来光は山小屋付近で見ることになりますが、山頂にも劣らないパノラマで、混雑せずゆっくりと堪能することができます。体力的な負荷が少なく、混雑を避けたスケジュールのため、体力に自信のない方でも安心して挑戦することができます。

4.睡眠も食事も贅沢な山小屋ステイ

宿泊する山小屋は、標高約3000mにある「山小屋 東洋館」です。当プログラムでは、1組(5名まで)で1室を貸切利用します。一般的な山小屋は、大部屋での寝袋や、2段ベッドでの就寝が主流なのに対して、 プライベートが保たれる部屋を使用できることは珍しいことです。部屋にはマットレスをしつらえ、星のや富士と同じリネンでベッドメイクをします。また、夕食には星のや富士監修のビーフシチューを用意するなど、ホテルレベルのサービスを提供します。他にも、足湯の サービスやガイドによる星空案内など、富士山の山小屋としては圧倒的に快適で贅沢な環境でツアーをバックアップします。

5.星のや富士によるサポート

本プログラムへの参加は、登山の前泊もしくは後泊いずれかで、星のや富士に宿泊することが条件となり、そこでも、星のや富士によるサポートを提供します。前泊では、まずは富士山登山の起点である北口本宮冨士浅間神社へ参拝し、登山の安全祈願をします。また登山中のエネルギー補給に最適な行動食づくりと、ガイドである近藤氏による直前レクチャーと装備チェックを行います。前泊での滞在は、高地で過ごす時間をしっかりとることで、体への負荷をやわらげます。加えて、直前レクチャーなどで翌日の準備を万全に整えることで、より登山への安心感を高めます。後泊の場合は、下山後の疲れた体をやわらげるフットトリートメントを提供します。富士山登山を経験した方の声としてよく聞かれることは「登りよりも下りの方が辛い」というものです。不規則な下り坂の連続は、想像よりも足への負担がかかるため、星のや富士にチェックインをしたあと、軽いフットトリートメントを提供することでその疲労をやわらげます。 なお、行動食づくりとフットトリートメントは、2018年度版で新たに加えられたサービスです。

6.文化遺産としての富士山を堪能する

本プログラムでは、登頂の達成感や絶景を堪能だけでなく、富士山がもつ歴史や日本人に与えた文化的背景を学び、知的好奇心を満たすことこそが本当の意味での「グラマラス」だと考えています。一般的 な富士山登山に比べて時間をかけたスケジュールになっているため、山道の社でお参りをしながら、富士山信仰の足跡を辿るように進むことができます。ガイドが植物や自然環境を紹介したり、火山を繰り返 して現在の形になった富士山の成り立ちなどを説明します。山頂では神社で御朱印を授かります。

「グラマラス富士登山」概要

■日程:2018年8月30日、9月3日、5日、9日(全4回)
*いずれも登山の出発日。星のや富士での前泊か後泊の宿泊予約が別途必要
■定員:1回1組5名まで (最少催行人数2名)
■対象:小学4年生以上、69歳以下の健康な方
■価格:1名100,000円(税別、宿泊代別)
■含まれるもの:
・1ヶ月前より富士山登山学校ごうりきによる電話やメールでの事前カウンセリング ・登山ガイド
・山小屋1泊1室貸切利用
・山小屋でのご夕食1回、ご朝食1回
・前泊を選択した場合:グランピングマスターとつくる行動食、北口本宮冨士浅間神社への参拝
・後泊を選択した場合:フットトリートメント
■予約:1ヶ月前までの事前予約
■予約方法:公式HPからのWEB予約
*ご来光・星空は、時間が多少前後したり、天候により見られない場合もあります。
*ツアー内容は、自然条件、お客様の体力、登山道の状況等によって変更または中止の場合があります。

星のや富士
2015年10月30日に開業した日本初のグランピングリゾート。河口湖を望む広大な森に、自然と触れ合うクラウドテラスや年中快適に過ごせるキャビン。グランピングマスターが提案するアウトドア体験やシェフが演出するワイルドな食事とともに大自然を楽しみつくす「丘陵のグランピング」です。
〒401-0304 山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408/客室数 40室

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

報道関係向け資料について

プレスルームにご登録頂くとリリースや画像などがダウンロードができます。

資料ダウンロード

この施設のお知らせ