星野リゾート

星野リゾート

  • 奥入瀬渓流ホテル

【奥入瀬渓流ホテル】苔づくしの宿泊プラン「苔ガールステイ」提供

  • 奥入瀬渓流ホテル

奥入瀬渓流沿いに建つリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」は、2018年6月1日~8月31日の期間限定で、苔の世界をとことん楽しむことができる苔づくしの宿泊プラン「苔ガールステイ」を提供します。この宿泊プランでは、アクティビティだけでなく、苔をテーマにした客室や苔をモチーフにしたメニューなど、様々な楽しみ方で奥入瀬の苔の世界を満喫することができます。
 奥入瀬渓流には、日本で約1800種類ある苔のうち約300種の苔が生息しており、「日本の貴重なコケの森」に選定され、苔の観察スポットとして注目を集めています。そんな奥入瀬渓流の苔の魅力を楽しむことができるように、2013年から宿泊プラン「苔ガールステイ」を提供し、コンテンツを充実させてきました。今年も引き続き、苔の様々な楽しみ方を紹介します。

苔ルームにチェックイン
苔をテーマにした1室限定の客室を用意しています。インテリアには、苔の質感を表現するため、様々な生地を使用しています。客室の随所で苔を愛でることができ、苔散策グッズも充実しています。

ラウンジで苔メニューを楽しむ
岡本太郎作の大暖炉が印象的な「ラウンジ 森の神話」で提供している苔玉アイスは抹茶のアイスクリームを使用した苔玉にそっくりなスイーツです。そのほか、抹茶リキュールで森の倒木に生息している苔を表現した苔カクテルも用意しています。

奥入瀬渓流を散策しながら苔を観察するアクティビティ「苔さんぽ」
苔さんぽでは、ネイチャーガイドとともに奥入瀬渓流へ出かけ、中流域の雲井の滝から白銀の流れまでの約1kmの道程を2時間半ほどで歩きます。苔に触れるだけでなく、ルーペを使い、じっくりと苔のミクロの世界を観察することもできます。

苔ランチプレート
渓流を望むことができる渓流テラスでは、奥入瀬渓流の苔岩と苔玉を表現した苔ランチプレートを提供します。料理を食べる前に、ルーペを使い、苔をイメージしたチキンのペルシャードを見て、実際に苔の観察を体験することができます。

苔玉づくりを体験
 奥入瀬渓流の自然を楽しんだあと、自分だけの苔玉を作ります。奥入瀬渓流に生育している苔、シダ、樹木をモチーフに苔玉を作り、小さな奥入瀬を表現します。完成した苔玉は思い出として持ち帰ることができます。

苔を通して奥入瀬渓流の自然を知る
2013年から宿泊プラン「苔ガールステイ」、アクティビティ「苔さんぽ」などの苔にちなんだコンテンツを通して、苔の魅力を伝えてまいりました。今後は苔をきっかけに、さらに奥入瀬渓流の自然全体に着目して、その魅力をより深く知っていただくことができるように、多様な楽しみ方を提案してまいります。

■期間:2018年6月1日~8月31日(月曜日除外)
■料金:2名1室1泊2食付 1名あたり30,200円~(税・サ込)
■定員:1日1室限定2名まで(最低1名から)
■申込:1週間前までに奥入瀬渓流ホテル(0176-51-1117)にて要電話予約
■プランに含まれるもの:宿泊(苔ルーム)、夕食・朝食(青森りんごキッチン)、苔ランチプレート、苔玉アイス、苔カクテル、アクティビティ「苔さんぽ」、苔玉づくり体験

奥入瀬渓流と苔のあゆみ
2012年 地元のネイチャーガイド達により、モスプロジェクトスタート
東日本大震災後、十和田・奥入瀬エリアの観光促進のため、「苔」が新たな観光資源として注目された。
2013年 日本蘚苔類学会より「日本の貴重なコケの森」に認定
2014年 「日本蘚苔類学会第43回大会」がホテルで開催される
全国各地から苔に関する研究者が参加し、苔の研究発表や観察会が行われた。

奥入瀬渓流ホテルの苔コンテンツ
2013年 宿泊プラン「苔ガールステイ」提供開始
2014年 アクティビティ「苔さんぽ」登場
2016年 苔玉アイス登場、苔ルーム誕生
2017年 苔ランチプレート提供開始

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
日本屈指の景勝地・奥入瀬渓流のほとりに建つ唯一のホテル。八甲田から湧き出る温泉の露天風呂や、岡本太郎の巨大暖炉があるラウンジが癒しの空間を醸し出す。奥入瀬渓流が作り出す上質な空間を滞在を通して演出いたします。
〒034-0398 青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231/客室数 189室

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

この施設のお知らせ