星野リゾート

星野リゾート

  • OMO7 旭川

【OMO7 旭川】北海道第二の都市・旭川の新名物誕生! 北海道民のソウルフード「ホッケフライ」をたっぷり挟んだサンドイッチ~2018年4月28日よりOMOカフェ&バルにて販売開始~

  • OMO7 旭川

寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル「星野リゾート OMO7 旭川」に、2018年4月28日、北海道民のソウルフード「ホッケフライ」をたっぷり挟んだサンドイッチをOMOカフェ&バルのランチメニューとして期間限定で販売します。「ホテルといったら美味しいサンドイッチがあるでしょ!」という総支配人の一声から始まったAsahikawa Loves Sandwich企画。記念すべき第一弾は、OMOでホテル季節情報誌のデザインを手掛ける旭川市在住のともかさんにご協力いただきました。OMOと旭川市民で作り上げるここでしか食べられないサンドイッチで、ゲストの皆様をおも(OMO)てなしします。
商品情報
 北海道民のソウルフード「ホッケフライ」をたっぷり挟んだサンドイッチです。生パン粉でサクッと揚げた肉厚でふっくらジューシーなホッケ、ちぎりレタス、甘みの強いといわれる人参の外側だけを贅沢に使用したキャロットラペ、ホッケの旨味を引き立てるカレー風味の特製タルタルソース。断面も緑・オレンジ・赤・黄色・白と彩り鮮やかで目にも楽しいインスタ映えするサンドイッチです。
今後は、「こんなサンドイッチが食べてみたい!」「こんなサンドイッチを食べてほしい!」という旭川市民の声をもとに具材を選定し、半年ごとに続々と新作が登場する予定です。新・旭川名物のサンドイッチにご期待ください。
販売期間 2018年4月28日~11月30日
提供店舗 OMO7 旭川「OMOカフェ&バル」
提供時間 ランチ・カフェタイム 11:30~14:00
料  金 未定

ホッケフライを具材に選んだ誕生秘話とは!?
~アイデアをいただいた、旭川市在住のデザイナー ともかさんにお話を伺いました。

まず最初に考えたのは、道外の方に北海道の味を知ってほしいということです。そこでいちばんに思い浮かんだのが「ホッケフライ」。スーパーのお惣菜コーナーや定食屋に並ぶ定番の「おかず」で、道民にとってはソウルフードのような存在です。旭川は内陸にありますが、北海道有数の大きな市場(旭一旭川地方卸売市場)があり、太平洋・オホーツク海・日本海、また全道・全国・海外から美味しいお魚が手に入ります。そんなホッケを使った「ホッケフライ」のサンドイッチ。玉子・ カツ・ ハムサンドのようにみんなに愛されるサンドイッチになったらいいなと思います。

OMOカフェ&バルとは(2018年4月28日オープン)
普段使いもできるカジュアルな空間で、いつも変わらないホテルの味を堪能でき、食べるだけでなく時間帯によって違った雰囲気を楽しめるパブリックスペース

朝食タイム 6:30~9:30(最終入店)
目指したのは「北海道の美しい朝食」。旅先で迎える朝にふさわしい、彩り豊かな内容を揃えます。
料金/大人2,500円 7~11歳2,000円 4~6歳500円 3歳以下無料
※外来利用可。混雑時は、ご宿泊のお客様を優先させていただきます。

ランチ・カフェタイム ランチ/11:30~14:00(最終入店) カフェ/14:00~16:00(最終入店)
ご当地サンドイッチやホテル自慢の料理まで旅の予定を立てながらゆっくりとした時間を過ごせます。

バータイム 16:00~24:00(23:30ラストオーダー)
街歩きの前の1杯や、〆の夜パフェで旅の余韻に浸れます。気軽にお楽しみください。

朝食タイム イメージ

ランチ・カフェタイム イメージ

バータイム イメージ

星野リゾート OMO7 旭川(2018年4月28日よりリニューアルオープン)
※(現)星野リゾート 旭川グランドホテル

住  所 :〒070-0036 北海道旭川市6条通9丁目
電  話 :0166-24-2111(代表)
アクセス :JR旭川駅より徒歩13分
施設構成 :客室、ロビーラウンジ、レストラン、カフェ&バル、バンケット、ブライダル
部  屋  数 :237室/チェックイン15:00 チェックアウト11:00
宿泊料金 :5,000円~(2名1室利用時・1名あたり/税・サービス料込)
施設WEB:https://omo-hotels.com/asahikawa

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

この施設のお知らせ