星野リゾート

星野リゾート

  • OMO5 東京大塚

【OMO5 東京大塚】10月1日は荒川線の日 OMO5 東京大塚×都電荒川線 コラボレーションイベントを開催 |期間:2018年10月1日~21日

  • OMO5 東京大塚

寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル「星野リゾート OMO5 東京大塚」は、2018年10月1日~21日の期間、都電荒川線とのコラボレーションイベントを開催します。都電荒川線にちなんだお茶目な装飾を施したパブリックエリア「都電ベース」や、路面電車をテーマにしつらえた「TRAM Room(トラムルーム)」など、大塚の街のシンボルである都電荒川線を、ホテルに滞在しながらより身近に感じられる催しです。10月は電車好きのお子様を連れて、ファミリー揃って大塚にお越しください。

都電の風景がある街・大塚

都電荒川線は、東京都内で今も残る数少ない路面電車として知られています。そして、下町の雰囲気が残る街・大塚は、都電が走る街としても有名です。OMO5 東京大塚は、都電の線路に隣接しているため、都電が走る“チンチン”というノスタルジックな音が聞こえ、テラスや窓から都電の走る様子を眺めることができます。「“街を楽しむという視点”から新しい宿泊体験をお届けしたい」という当ホテルスタッフの思いから、このたび、大塚のシンボルである都電荒川線とのコラボイベントを開催することとなりました。

10月1日、ホテル内が都電色に染まる!

都電荒川線が誕生した10月1日は「荒川線の日」といわれています。この日にちなんで、イベント期間中、OMO5 東京大塚では「都電ベース」「TRAM Room」「都電OMOレンジャー」と3つのサービスを展開します。見て・泊まって・歩いて、と1泊2日でまるごと都電荒川線と大塚の街を満喫する宿泊体験です。

参考:東京さくらトラム(都電荒川線)
都電荒川線は、2017年4月から「東京さくらトラム」という愛称が付き、親しまれています。
東京さくらトラムは、三ノ輪橋~早稲田間(12.2km)30停留場を運行している東京に残る唯一の都電です。長年地域の身近な足として利用され、沿線には桜やバラなどの花の見どころや、歴史・文化に触れられる名所旧跡、生活感あふれる昔ながらの商店街など、多様で魅力あるスポットが多くあります。

OMO5 東京大塚×都電荒川線 コラボレーションイベント 概要
【都電ベース】
■内容:旅の拠点となるパブリックスペース「OMOベース」に都電荒川線にちなんだ装飾を施し、まるで都電に乗っているかのような雰囲気を味わうことができます。
■期間:2018年10月1日~21日
■料金:入場無料
■予約方法:予約不要
*外来利用が可能です

【 TRAM Room宿泊プラン 】
■内容:都電を眺められる客室に、路面電車をテーマにした「TRAM Room」宿泊プランを、1日5部屋限定で販売します。
■期間:2018年10月1日~19日チェックイン
■料金:10,700円~(税サ込、2名1室利用時1名あたり)
■定員:1室3名利用まで
■予約方法:OMO5 東京大塚ホームページより5日前までに申し込み
■含まれるもの:TRAM Room宿泊、朝食
ご予約はこちらから

【都電さんぽ(都電OMOレンジャー)】
■内容:旅人のテンションを上げることを使命とした街のガイド役「ご近所専隊 OMOレンジャー」が、大塚の街の中の都電を見つける「都電さんぽ」にご案内します。
■期間:2018年10月1日~21日
■料金:無料
■対象:OMO5 東京大塚 宿泊者限定
■予約方法: OMO5 東京大塚ホームページより
■含まれるもの:OMOレンジャーガイド・OMOオリジナル都電イラストプレゼント

星野リゾート OMO5 東京大塚
山手線と都電が交差するノスタルジックな街並みの「大塚」。個性的な配色や斬新な空間デザインを用いたカジュアルな都市観光ホテルが誕生しました。下町情緒溢れるローカル体験を謳歌する滞在を提案します。
〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-26-1/室数125室
公式サイトはこちら

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

報道関係向け資料について

プレスルームにご登録頂くとリリースや画像などがダウンロードができます。

資料ダウンロード

この施設のお知らせ