星野リゾート

星野リゾート

  • アルツ磐梯

【アルツ磐梯】国内最大級の20mのキッカーを有する「グローバルパーク」が本日より新登場|オープン期間:2019年1月26日~2月28日

  • アルツ磐梯

国内有数のビックゲレンデ「星野リゾート アルツ磐梯」内に、2019年1月26日、世界レベルの技に挑戦できる「グローバルパーク」が新登場します。このパークは20mのキッカーや、全長15mのジブセクションを有した国内最大級のパーク(*1)です。
*1 パーク:人工的に作られた様々な障害物が設置されたエリアの総称。キッカーと呼ばれる雪で作られたジャンプ台や、箱や手すりのような形をしたジブと呼ばれる人工物のアイテム、ハーフパイプなど、スキー場ごとに様々な障害物が並ぶ。

2017-18シーズン、アルツ磐梯のディガー(*2)チームは、星野リゾート所属のプロスノーボーダー 鬼塚 雅選手専用のパーク「Miyabi Park」を造成しました。平昌五輪のパークを設計するなど、世界で活躍する海外のスペシャリストにも協力を仰ぎ、最先端の技術と、オリンピアンである鬼塚選手の声を反映させた世界レベルのパークとなりました。このノウハウを基に2018-19シーズンは、国内最大級のグローバルパークを造成します。
メインとなる20mのキッカーは、高さ15m、横幅20mで、コース1本をほぼ全面使った巨大なジャンプ台です。このキッカーを造成するために、1月上旬から降雪機や重機を駆使し、10t(トン)トラック約100台分の雪を集めました。雪集めを含めたパークの造成期間は約3週間で、国内最大級のキッカーが誕生しました。
*2 ディガー:スキー場で、重機や専用の器具を駆使して、パークを作る専門スタッフのこと。

「グローバルパーク」概要
■期間:2019年1月26日~2月28日
■時間:10:30~15:00
■料金:無料 (別途当日有効なリフト券が必要)
■設置場所:バトウ1(コース斜度:約15度)
■設置アイテム:20mステップダウンキッカー、9mダブルキンクレール、キャノンレール、6mフラットレール、7.5mフラットダウンレール

ディガーチーム紹介
アルツ磐梯のパーク造成は、日本オープンやアジアオープンなど国際大会を手掛けた国内トップレベルのディガーチームが、設計から仕上げまで一貫して行っています。特に、リーダーを務める山田雄二(やまだゆうじ)は、これまでアルツ磐梯で数千個のアイテムを手掛け、磐梯山の地形や雪質などの環境を最も知り尽くすスタッフです。福島県を拠点に25年間ディガーを務め、アメリカに渡りパーク設計の勉強をするなど、国内においてもトップクラスの知識と経験を持っています。

完成までの道のり
1 自社工場でジブアイテムを作成する

2 ゲレンデ内の雪を集めたり、降雪機で雪を作ったりして、必要な雪を集める

3 1度単位で角度を調整しながら形を作る

4 作成したジブアイテムを設置する

5 手作業で微調整をして仕上げる

ディガーチームリーダー 山田雄二のコメント
グローバルパークは、雪を多く使うことでキッカーの土台を大きくし、ランディング(着地)部分を長い急斜面にすることで、大きなキッカーでも安全に着地できます。1月にこれだけの雪を集めることに苦労しましたが、国内ではこの時期に20mのキッカーがあるスキー場はアルツ磐梯だけです。世界を目指す若い選手たちが、これからもシーズンの早いうちから、世界レベルの大きいキッカーで練習する場を作っていきたいです。

今後の展開
グロバルパークは、星野リゾート所属のプロスノーボーダー 鬼塚選手をはじめ、国内外のトップ選手が利用する予定です。

星野リゾート アルツ磐梯
〒969-3396 磐梯町大字更科字清水平6838-68/営業期間 2018年12月22日~2018年3月31日/リフト・ゴンドラ数 8基

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

報道関係向け資料について

プレスルームにご登録頂くとリリースや画像などがダウンロードができます。

資料ダウンロード

この施設のお知らせ