星野リゾート

星野リゾート

  • OMO5 東京大塚

【OMO5 東京大塚】OMOカフェにて「ご近所さんコラボスイーツ」が新登場!

  • OMO5 東京大塚

寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル「星野リゾート OMO5 東京大塚」は、館内のOMOカフェで2019年4月16日より、大塚のご近所さんと共同で開発したオリジナルスイーツ「OMO(おも)なかサンド」と「OMOどらパンケーキ」を販売します。「OMO」はディープなローカル体験が楽しめるご近所旅を提案してきましたが、開業してまもなく1年が経とうとしている中、ご近所さんとのつながりも深くなってきたことで登場したコラボスイーツです。OMOカフェには宿泊の方はもちろん、外来の方も気軽に立ち寄れ、大塚の街の人に長く愛されてきた老舗和菓子店と、SNSでパフェが話題の果物屋さんの味を一度に楽しむことができ、知る人ぞ知る大塚の名物に出会うことができます。

【商品紹介】「千成もなか本舗」×OMOカフェ×「フルーツすぎ」

OMOなかサンド
千成もなか本舗の代名詞ともいえるひょうたん型のもなかの皮に、餡と濃厚なクリーム、厳選された旬のフルーツを挟んだ和洋折衷の味が楽しめるスイーツ。フルーツは、春はイチゴ、夏はシャインマスカットなど、その季節ごとに異なるものが味わえます。コロンとした見た目がかわいく、食べ歩きもできるのでご近所旅のお供にもおすすめです。

OMOどらパンケーキ
千成もなか本舗の隠れた人気商品「和風パンケーキ」を使ったスイーツ。その正体はどらやきの皮。餡が無くても主役級のお菓子で、お店のお茶目なアイデアが感じられます。OMOでは和風パンケーキとフルーツをタワー型に積み上げてボリューム感たっぷりにしました。しっとりとした優しい甘さの和風パンケーキに、フルーツのフレッシュな甘酸っぱさと、ブリュレ風クリームとキャラメルソースのほろ苦さがアクセントになり相性抜群です。添えてあるもなかも大塚らしいチャームポイントです。

 

【コラボスイーツ開発の背景】

都市観光ホテルブランド「OMO」では、ホテルを中心とした街全体をひとつのリゾートとして捉え、「街を楽しむ」という視点から「Go-KINJO」という、「街」を深く知り街に溶け込むことができるサービスに取り組んでいます。大塚は下町の風情が今も残り、街と共に歩んできた個人店が多いことが特徴です。訪れる人にもっと大塚の街の魅力を知るきっかけを増やし、大塚のファンを増やしたい!というスタッフの思いと、大塚の街を盛り上げたい!というご近所さんの思いが一緒になり、この度コラボスイーツが誕生しました。

【ご近所さん紹介】
千成もなか本舗 大塚店
■住所 : 東京都豊島区南大塚3-54-4/OMO5 東京大塚より徒歩4分

フルーツすぎ
■住所 : 東京都豊島区北大塚2-11-4グランダエクラディーカス1F
/OMO5 東京大塚より徒歩3分

 

「ご近所さんコラボスイーツ」概要
メニュー:「OMOなかサンド」1個300円(税込)
「OMOどらパンケーキ」800円(税込) *フルーツは季節によって変わります。
販売開始日:2019年4 月16日
場所:OMOカフェ(ホテル内4階) *外来利用可能

 

【星野リゾート OMO5 東京大塚】
山手線と都電が交差するノスタルジックな街並みの「大塚」。個性的な配色や斬新な空間デザインを用いたカジュアルな都市観光ホテルが、下町情緒溢れるローカル体験を謳歌する滞在を提案します。
〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-26-1/室数125室
https://omo-hotels.com/otsuka/

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

報道関係向け資料について

プレスルームにご登録頂くとリリースや画像などがダウンロードができます。

資料ダウンロード

この施設のお知らせ