星野リゾート

星野リゾート

  • ロテルド比叡

【ロテルド比叡】「比叡山厄祓い三昧」登場 比叡山で「禊(みそぎ)」と「行(ぎょう)」三昧(ざんまい)の体験を通して心身を浄化する本格的な厄祓い滞在|期間:2019年6月1日~

  • ロテルド比叡

比叡山に建つオーベルジュ「星野リゾート ロテルド比叡」に、2019年6月1日、比叡山で「禊」と「行」三昧の体験を通して心身を浄化する本格的な厄祓いプラン「比叡山厄祓い三昧」が登場します。禊三昧では、この滞在限定のスパトリートメント「MISOGI」や、お香やお茶を使った「浄化アメニティ」体験、夕食の「精進フレンチ」で身体を浄化します。行三昧は、早朝の延暦寺「朝の勤行」や、千日回峰行を満行した大阿闍梨による「護摩行」体験をします。その後、山麓にある日吉大社で23の社を参拝する行体験「山王社参(さんのうしゃさん)」で厄祓いを完結します。三昧とは、比叡山を代表する厳しい修行に使われる言葉で、滞在中に本格的な厄祓い体験が多いことから「比叡山厄祓い三昧」と名付けました。改元を迎えた今、本格的な厄祓いによって、新しい「令和」時代を心身ともに浄めてスタートできるプランです。

背景:比叡山だからこそ体験できる本格的な厄祓いを
1200年前、平安京の北東にあたる鬼門を守るために開かれた比叡山は、魔除けや厄祓いの山として長い歴史を紡いできました。最近では、TVや雑誌で厄除けや厄祓いの特集も多く、改元に合わせて寺社を訪れる方も多くいらっしゃいます。ロテルド比叡では、昨年8月に開始した「やくよけ・やくばらい参拝」を体験した方が半年で1000人を超えました。特に厄年が2回ある30代の女性が多く、国宝の社殿内で行う特別祈祷は、12,500円の祈祷料にも関わらず参拝全体の2割を占め、本格的に厄を祓いたいと思う方は多くなっています。本プランは、延暦寺と日吉大社の神仏それぞれが鎮座する立地を生かし、比叡山だからこそできる本格的な厄祓い体験を通して、これまでの厄を落とし、「令和」時代を新しい気持ちで過ごしてほしいと考え開発しました。

プログラムの内容:
禊(みそぎ)三昧

禊とは、参拝する前に自らの穢れ(けがれ)を水によって落とすことです。
比叡山を流れる「日枝の霊水」を用いたスパトリートメント「MISOGI」
比叡山を流れる日枝の霊水を用いたスパトリートメント「MISOGI」によって、翌日の行体験を浄化した身体で迎えることができます。
古事記では「日枝山(ひえのやま)」と記されている比叡山。ロテルド比叡の近くを流れる川の水は、「日枝の霊水」と言い、その成分は肌触りや口当たりの軟らかな超軟水。また、pH(水素イオン濃度指数)7.0の中性であるため、肌の洗い上がりも乾燥しにくいことが特徴です。MISOGIでは、背中に霊水を使ったパックで浄め、その後身体の陰陽経絡に合わせたトリートメントで氣血を巡らせます。

お香やお茶を使った「浄化アメニティ」
部屋には、お香やお茶、入浴剤からなる「浄化アメニティ」を用意しています。お香は、厄除けでは邪気を体から追い出すと言われます。香木を焚く香炉や、延暦寺で祈祷した塗香(ずこう)で身体を浄めます。また、日枝の霊水を使って身体を浄めるアメニティとして、日本酒から作った入浴料と、特別なお茶も用意しました。入浴剤は滋賀県木之本にある冨田酒造、お茶は滋賀県土山でお茶を製造する「近江茶丸吉」と共同開発。お茶は、最澄が唐から持ち帰った原木を分木した茶畑で育った特別なものです。

比叡山の精進文化をとり入れた「精進フレンチ」
身体の中から浄化する「精進フレンチ」の夕食が楽しめます。野菜や穀物、湯葉など比叡山の精進文化を取り入れた全5品のコースで、前菜はキノコのフリット、そしてアボカドと生野菜のサラダ仕立てです。主菜は、野菜にそれぞれ違った加熱調理をした「野菜のバリエーション」と、黒米とトリュフのリゾットです。最後の甘味には、イチゴと豆乳のブラマンジェを提供します。
朝食は、数種類の根菜と葉物野菜を煮込んだポトフを中心とした精進料理です。参拝前に身体の中から浄化します。

行(ぎょう)三昧
延暦寺の国宝根本中堂で行われる「朝の勤行」
世界文化遺産・延暦寺の総本堂でもある根本中堂で毎朝行われる朝の勤行に参加します。凛とした荘厳な空気感の中、厳かに執り行なわれ、本尊である薬師如来・不滅の法灯の前での朝の法会は、一般に参加することができません。ロテルド比叡に宿泊の方に特別にご案内できる体験となります。
時間:6:30~7:00 (12月~2月は7:00~7:30)

千日回峰行を満行した大阿闍梨による「護摩行」体験
現在でも千日回峰行など厳しい修行が行われている無動寺で「護摩行」を体験します。無動寺は比叡山の中腹に位置し、延暦寺の駐車場から急な坂道を下って15分ほどの、琵琶湖を望む場所にあります。知る人ぞ知る場所で、千日回峰行を終えた大阿闍梨が輪番として、現在も護摩行を行っています。護摩行前には、護摩木にこれからの心願を記入し、一緒に祈祷してもらいます。護摩行は1時間。奉られている不動明王の真言をひたすら唱えます(護摩木:1本300円)。行の最後には、大阿闍梨の「加持(かじ)」を受けて仏力を感じます。加持は祈祷した仏力を伝える行為と言われ、1時間祈願した願意を成就すると言われます。さらに希望者はお斎(おとき)と呼ばれる精進の昼食を食べることもできます。

日吉大社の社を、真言を唱えて参拝する「山王社参」で厄祓い三昧
日吉大社で昔行われていた行を本プランのために特別に復刻した「山王社参」といわれる特別な参拝です。山王社参は、神社の回峰行ともいわれ、日吉大社の広い敷地にある40以上ある社のうち23の社を廻る参拝です。産屋(うぶや)宮から始まり、国宝の社殿西本宮と東本宮を両方参拝。白山宮や宇佐宮、樹下(じゅげ)宮など、山王二十一社をすべて廻ります。最後は神体山である八王子山を登拝して奥宮、金大巌の前で拝礼します。山王社参中は、独特の三種祓詞(みくさのはらいことば)と呼ばれる祝詞(いわいことば)や、仏教語である真言を唱えながら参拝します。八王子山の奥宮にある三宮(さんのみや)宮や、牛尾(うしお)宮は普段公開していない社ですが、この山王社参では特別に開放して、参拝することができます。山道もあり、2時間を超える行体験となりますが、23すべての社を廻り終えたところで、山王社参は終了です。一緒に参拝している禰宜(ねぎ)の「おめでとうございます」の掛け声と共に、一本締めをして厄祓い体験が終了します。

行体験の後は、フランス料理のディナーで自分へのご褒美
禊と行体験をすべて終えた達成感を感じながら、自分へのご褒美としてフランス料理を用意しました。
ロテルド比叡では、湖のフレンチをコンセプトに、湖の食材と、琵琶湖周辺で発展した食文化を取り入れたフレンス料理を提供しています。琵琶湖は400万年前からある古代湖で、数多くの固有種の魚が生息しています。また、琵琶湖周辺の気候と風土から、鮒鮓など発酵食文化が栄えました。この発酵食をフランス料理に取り入れた料理が好評頂いています。
比叡山では琵琶湖を「天台薬師の池」と称し、延暦寺の本尊である薬師如来が示す浄土と考えられてきました。行体験の後に湖の恵みを食し、浄化された新しい自分と向き合う時間となります。

比叡山の開祖へお礼参り
比叡山延暦寺へお礼参りをします。比叡山の開祖である最澄が眠る御廟(ごびょう)がある浄土院を参拝。比叡山ではこの空間は特別な場所であり、現在も十二年籠山行(じゅうにねんろうざんぎょう)と呼ばれる、浄土院へ12年間籠って最澄に仕える修行が行われる神聖な場所です。

滞在スケジュール例:
1日目:禊三昧
15:00 チェックイン
15:30 日枝の霊水を使ったスパトリートメント「MISOGI」で身を浄める
17:00 浄化アメニティを使って部屋でお浄め
18:00 精進フレンチでディナー

2日目:行三昧
06:00 ロテルド比叡発。バスで延暦寺へ
06:30 延暦寺 国宝根本中堂で「朝の勤行」
08:00 精進朝食
10:00 護摩行へ出発(バスで延暦寺へ、その後徒歩で無動寺へ移動)
11:00 大阿闍梨の護摩行で祈祷
12:00 護摩行後、お斎
13:00 ケーブルカーで門前町坂本にある日吉大社へ移動
13:30 日吉大社 山王社参開始
16:00 山王社参終了
16:30 ケーブルカーで延暦寺へ戻る
17:00 ロテルド比叡へ戻る
18:30 発酵フレンチでディナー

3日目
08:30 朝食
11:45 チェックアウト
12:00 延暦寺西塔 浄土院の最澄の御廟にお礼参り

「比叡山厄祓い三昧」概要
■期間:2019年6月1日~
■料金:98,000円~(2名1室利用時1名あたり 税・サービス料別)
*含まれるもの:2泊4食、精進フレンチ、発酵フレンチ、朝食、無動寺での護摩行、日吉大社の山王社参、延暦寺朝の勤行、浄化アメニティ
(護摩行体験時の護摩木300円、ケーブルカー往復1,720円は、当日直接お支払い)
■予約:公式サイト http://hr.hotel-hiei.jp/
■備考:天候、延暦寺・日吉大社の行事で開催できない日もあります。ご了承ください。

星野リゾート ロテルド比叡
世界文化遺産・比叡山延暦寺の続き地に建つ琵琶湖を望むオーベルジュ。古来より近江に伝わる発酵の知恵を用いた鮒鮓や豊穣な近江食材を使い、新しいフレンチや発酵の体験をお楽しみいただけます。
〒606-0000 京都府京都市左京区比叡山一本杉/客室数 29室
https://www.hotel-hiei.jp/

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

報道関係向け資料について

プレスルームにご登録頂くとリリースや画像などがダウンロードができます。

資料ダウンロード

この施設のお知らせ