星野リゾート

星野リゾート

  • 軽井沢ホテルブレストンコート

【軽井沢ホテルブレストンコート】「軽井沢の情景を映す春メニュー」提供|期間:2020年3月1日~5月31日

  • 軽井沢ホテルブレストンコート

「星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート」のメインダイニング「ブレストンコート ユカワタン」(以下、ユカワタン)では、2020年3月1日~5月31日まで、軽井沢の春の情景をひと皿ごとに映す、コース料理を提供します。「水のジビエ」をコンセプトとするユカワタンらしく、「鯉」・「桜鱒」・「川海老」・「山菜」など、信州の清らかな水の恵みから得られる食材を使用しています。軽井沢の3月は、春はまだ遠い頃ですが、ひと足早く料理で春を感じられるメニューです。

スープ/川海老のコンソメと雪下人参のロワイヤル

春メニューのテーマは「春の川辺」
信州の清流と水の恵みの食材にこだわる「ユカワタン」は、「水のジビエ」をコンセプトに、地元信州の野菜や肉、山菜、川魚を主役に、ここでしかできない、ここならではのフランス料理を追求しています。それは「この土地、その季節に採れるものを味わってほしい」という、おもてなしの心の表れです。2020年3月1日~5月31日には、軽井沢の春の情景をひと皿ごとに映す春メニューを提供します。
「川海老のコンソメと雪下人参のロワイヤル」では、3月~4月は、まだ肌寒い日が続く頃ですが、川辺に小さな青い芽が出始め、少しずつ春に近づいている風景を表しています。冬の間、雪の下で越冬する、甘くてみずみずしい雪下人参のフラン(液状のものを蒸した料理)に、濃厚でとろみのある川海老のスープをかけました。ウニとキャビアを混ぜながら味わいます。山菜のカワヂシャ(清流レタス)が小さな芽を、金粉は、時々差し込むやわらかな春の日差しを表しています。

料理で美味しく春を感じる

前菜:鯉とクレソンのショーフロア レモンのアクセント

前菜の「鯉とクレソンのショーフロア レモンのアクセント」は、少しずつ芽吹き始めた葉の緑が川に映り、その中を泳ぐ魚を表しています。鯉の洗いは、クレソンのソースでコーティングされ、その周辺は生のクレソンやレモンの皮、大根の燻製、パウダー状のピーナッツオイルがあしらわれています。川辺の周辺で、次々に咲き始める花々のように、彩りが美しいひと皿です。

魚料理:桜鱒のミキュイ ナージュ仕立て

魚料理は「桜鱒のミキュイ ナージュ仕立て」です。料理でナージュ仕立てというと、スープより濃く、ソースより薄い液体のなかを「泳いでいるような」という意になります。前菜同様、こちらの料理も川の中を泳ぐ魚を表しています。桜鱒は1時間絶妙な加減で火入れをし、ムースのようにやわらかい食感です。食す直前にビーツと桜鱒の骨からとった出汁をかけて味わいます。雪解けの水と一緒に流れ落ちる葉を表すのは、栄養価が高いアマランサスリーフです。

肉料理:鴨肉のロティとそのジュ 季節の山菜を添えて

肉料理は「鴨肉のロティとそのジュ 季節の山菜を添えて」です。鴨の胸肉をロティ(蒸し焼き)にして、鴨の出汁と赤ワインを煮込んだソースと合わせて味わいます。添えているのは、ツルアジサイ、ノビル、セリ、ナズナ、アサツキなどの山菜です。その苦味や辛味が、鴨肉の旨みとよく合います。長い冬の後、川辺の周辺の樹々が、一斉に芽吹く様子を表しています。

「軽井沢の情景を映す春メニュー」概要
■期間  :2020年3月1日~5月31日
■料金  :18,000円(全9品 税・サービス料別)
■予約方法:電話またはホームページより受付。
電話 050-5282-2267 URL http://yukawatan.blestoncourt.com
*日帰り利用可
*食材は仕入れ状況により変わります。

星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート
軽井沢の小高い丘の上の木立に囲まれた美食のホテルです。ザ・ラウンジでは旬のフルーツを用いたデザートを一年を通して提供しています。客室はすべて独立型のコテージスタイル。森の空気を肌で感じることができる、心身ともにやすらげる空間で皆様をお迎えします。
住所:長野県軽井沢町星野/部屋数:39室
URL:https://www.blestoncourt.com

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

報道関係向け資料について

プレスルームにご登録頂くとリリースや画像などがダウンロードができます。

資料ダウンロード

この施設のお知らせ