星野リゾート

星野リゾート

  • 猫魔スキー場

【猫魔スキー場】スキーヤー・スノーボーダーが集結!猫魔には雪がある!営業開始から約40日で来場者延べ人数5万人を突破

  • 猫魔スキー場

裏磐梯(うらばんだい)エリアの北斜面に位置するスキー場「星野リゾート 猫魔スキー場」は、2019年12月7日から2019-20シーズンの営業を開始し、2020年1月19日に来場者延べ人数が5万人を突破しました。これは2018-19シーズン(営業日数128日)の総来場者延べ人数6万2千人の8割以上にあたる数字です。2019-20シーズンは全国的に暖冬が叫ばれますが、猫魔スキー場は十分な積雪があり全リフトを運行しています。また、1月21日以降は全国的な雪不足が解消されるまで毎日営業し、さらに多くのお客様に楽しんでいただけるようになります。

記録的な暖冬の2019-20シーズン
全国的に暖冬が叫ばれている2019-20シーズンは、南東北の12月降雪量が平年比の9%と著しく少なく、福島県も深刻な積雪不足に悩まされています。猫魔スキー場は、12月7日から営業をスタートしました。年末年始は2018-19シーズンと比べ、3倍のゲストにお越しいただきました。2020年1月19日には、来場者延べ人数が5万人を突破。国内だけではなく、海外からのゲストも、スキーやスノーボードを楽しみました。

定休日を無くし、毎日営業
2020年1月20日現在、全リフト運行しており、パークやコブ、急斜面など、多様なコースを楽しめます。「雪不足の中でも安心して利用できる猫魔スキー場でもっと滑りたい」という多くのゲストの声にお応えし、全国的な雪不足が解消されるまで定休日を無くし、毎日営業します。また、1月13日でクローズを予定していたオープニングパークも、引き続き設置します。現時点で今シーズン国内最大級のサイズの9mキッカー(雪で造られたジャンプ台)を含め、初級者から上級者まで利用できる14アイテムを配置しています。今後は、積雪状況に合わせて随時アイテムを増設します。

2020年1月21日時点の猫魔スキー場の営業状況
運行リフト:5基
滑走可能コース:10コース
積雪量:135cm
オープニングパーク設置アイテム:
手すり付き3mミニBOX、3mミニキッカー、4mフラットBOX、5mキッカー、6mキッカー、5mワイドBOX、4mサイドインレール、9mキッカー、4mミニワイドBOX、5mフラットBOX、5mナローBOX、5mサイドインレール、7mジグザグレール、6mチューブレール

星野リゾート 猫魔スキー場
日本でも有数のリゾート地である磐梯山系猫魔ケ岳の北斜面に、まるで白鳥が羽を広げたようなコースレイアウト。裏磐梯の美しい湖沼群を眼下に、霧氷林を背景にさまざまなコースが楽しめます。
住所:〒969-2701 耶麻郡北塩原村桧原猫魔山1163/リフト数:5基
URL :https://www.nekoma.co.jp

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

報道関係向け資料について

プレスルームにご登録頂くとリリースや画像などがダウンロードができます。

資料ダウンロード

この施設のお知らせ