星野リゾート

星野リゾート

  • 星のや沖縄

【星のや沖縄】沖縄の贅沢を集めた、海岸線に沿うリゾート 「星のや沖縄」2020年7月1日に開業します

  • 星のや沖縄

国内外に42施設を運営する星野リゾートは、2020年7月1日沖縄県・読谷村(よみたんそん)に、星のやブランドで8施設目となる「星のや沖縄」を開業します。コンセプトは「グスク*の居館(きょかん)」。敷地は美しい海岸線に沿うように広がり、沖縄の史跡「グスク」からインスピレーションを得て作られた「グスクウォール」に囲まれています。施設の中には全室オーシャンフロントの客室のほか、一年中楽しめる海に開かれたプール、アクティビティの拠点となる道場など、多様なパブリックエリアが点在しています。沖縄の贅沢を集めた空間の中で、海を眺めて暮らすように滞在できます。
*沖縄や奄美諸島に残されている史跡のこと。多くは琉球石灰岩を使った壁に囲まれており、中に木造の建物などがあった。

コンセプト「グスクの居館」について
「美しい海を望む絶景のロケーションで、沖縄の歴史や文化を感じられる、沖縄の贅沢を集めた空間を目指したい」そんな思いを込めたコンセプトが「グスクの居館」です。「グスク」は、明確な定義は決まっていないものの、一般的には聖域や人の暮らす集落、有力者の居城などを、石や石壁で囲った場所とされています。その形態はさまざまですが、どのグスクにおいても、沖縄の歴史と文化が育まれていたことに違いはありません。星のや沖縄では、今もグスクの中で沖縄らしい豊かな生活が守られ、それが進化し続けていたらどうなっていただろうか?と考えながら、滞在の提案をしてまいります。

 

星のや沖縄を構成する4つの要素

1 グスクに包まれて沖縄の自然と過ごせるロケーション

信仰の対象でもあった自然は、グスクにとって大切な存在でした。星のや沖縄でもその点を重視し、美しい海岸と、沖縄らしい植生に恵まれた最高のロケーションを選びました。客室の前には自然のままの海岸線、施設内には景色に馴染むようにデザインされた畑と庭、一年中楽しめる海に開かれたプールなど、自然を感じられる場所を随所に設けています。季節や時間帯で変化する沖縄の自然と、穏やかな時の流れを体感できます。

 

(1)一年中楽しめる海に開かれたプール
海に向かって開かれたプールでは、場所や時間帯によってさまざま過ごし方が楽しめます。深さ10cmの浅瀬のエリアには水中に椅子が点在しており、服のまま気軽に腰かけて寛ぐことができます。崖の上から海へ向かって突き出すようにつくられたエリアは、深さ140cm、全長40mの広さがあるインフィニティプールです。泳いでいると海や空と一体になる感覚を味わえます。さらに海に近いエリアには水中に腰掛けられる段差があり、夕暮れ時には正面に沈むサンセットを眺める特等席となります。プールは最高40度まで加温ができるため、一年中楽しむことができ、季節や時間により移り変わる沖縄の風や空の色の変化を感じられます。


(2)エリアを守る「グスクウォール」
星のや沖縄を囲うグスクウォールは、グスクからインスピレーションを得て造られた高さ4.5mの壁です。空が抜けて見えるように小さな穴を開けて、読谷村の伝統的な織物「読谷(よみたん)山花(ざんはな)織(おり)」の模様を描きました。海岸線と対になるようにエリア全体を包みこみ、日常から離れた独自の世界観を醸成しています。かつての「グスクの石壁」に、人々の暮らしを守る役割があったことから、星のや沖縄での豊かな滞在を守るシンボルと位置づけています。

(3)景色に馴染むようにデザインされた畑と庭
グスクウォールと客室の間には、アセロラ・シークワーサー・グアバなどの果樹や、沖縄で馴染みのある草花が育つ畑と庭が広がっています。人々の暮らしを支える畑を、洗練されたデザインに変えて景色の中に取り入れました。

 

2 沖縄の海を眺めて暮らすための客室

かつてグスクの中は人々が生活を営む場所であり、有力者が存在する時代には、匠の美しい工芸品が集まる場所でもありました。星のや沖縄では、贅沢なロケーションとして美しい海岸を選び、海を眺めながら快適に暮らせるように客室を設計しました。そして現代に伝わる工芸品を、暮らしに馴染むように随所に取り入れています。

特徴1:海をすぐ近くに感じる設計
100室ある客室は、全てオーシャンフロントです。大きな窓から心地よい海風が抜け、部屋のどこにいても海を感じられます。近い距離で海を眺められるように、建物は二階までの低層にこだわりました。客室の前に広がる海岸は、現在では沖縄でも珍しい自然海岸です。イノーと呼ばれる豊かなサンゴ礁に囲まれた海が広がり、多種多様な魚のすみかとなっています。星のや沖縄では、この自然海岸を守り、美しい岩場や自生する海岸植物をそのまま活かして設計を行いました。

特徴2:海を眺めて暮らすように過ごす場所「土間ダイニング」
各客室には、大きなテーブルのある「土間ダイニング」をつくりました。食事をしたり、話をしたりと、星のや沖縄での暮らしを楽しむ拠点となる場所です。大きな冷蔵庫やオーブンレンジなどの調理家電が備わっており、客室で出来立ての料理を楽しむことができます。大きな窓を開けて、海を感じながら味わう食事は格別のひとときです。

特徴3:現代のデザインとなって馴染む、匠の技でつくられた沖縄の工芸品
ベッドルームの壁紙には、琉球紅型(びんがた)が描かれています。山羊や月桃といった沖縄で馴染みのある動植物をモチーフに、読谷村に伝わる伝説や昔ながらの風習をストーリーとして加えたオリジナルのデザインです。おやすみ前に、沖縄で過ごした一日を振り返って楽しく話をしてもらえたら、という職人の思いが込められています。客室タイプにより、異なるデザインの紅型を楽しめます。壁紙の他にも、客室には読谷村で古くから受け継がれている織物「読谷山花織」を使ったコースターや、「やちむん(やきもの)」など、さまざまな工芸品を取り入れました。実際に手に取って使うことで、その美しさを体感できます。

 

<客室タイプ>

・フゥシ(星)(4名・93~94平米)
大きな正方形の机を囲むようにソファを並べた、掘りごたつ式の「床座(ゆかざ)リビング」が特徴。長期滞在に最適。

・ハル(畑)(4名・88~94平米)
海に向かって突き出た「テラスリビング」を備えた客室。表情を変える海の傍らで、一日中横になって過ごせる。

・ティン(天)(2名・64平米)
海に臨む土間ダイニングとテラスリビングを備えた2名定員の客室。ダブルとツインから選べる。

 

3 海岸に沿う居館の滞在を楽しむ体験

かつてグスク内の集落や館では、さまざまな行事や自然を楽しむ遊びが行われていました。星のや沖縄では、それらを滞在の中で体感できるように、季節や時間に合わせてアクティビティを用意しています。

アクティビティ例
朝凪よんなー乗馬」かつての読谷村には沖縄で最も広い馬場があり、琉球競馬が盛んでした。琉球競馬は、琉球王朝の士族の楽しみとして約300年又は約500年前に始まったとされています。速さだけではなく、脚の運びのリズムや馬の姿勢の美しさを競うものでした。この歴史にちなみ、星のや沖縄では、客室前の海岸線を美しい馬と歩くアクティビティを用意しています。美しい自然の中で、優雅な時間を過ごせます。
■料金:4,000円/時間:8:00/8:30/9:00/9:30(30分間)/場所:海岸

「海辺のひととき」古くから沖縄で親しまれ、旅人には幸せな航海となるよう願いを込めてふるまわれていた「ぶくぶく茶」。第二次世界大戦で茶道具が失われ、原料の米が貴重だったこともあり、その風習は途絶えていきましたが、40年前に復元され、今も沖縄の伝統茶として継承されています。泡とお茶を吸い込むように楽しむ独特の飲み方を体験しながら、旅の疲れを癒すお茶、ぶくぶく茶の歴史に耳を傾けます。
■料金:無料/時間:15:00~16:30/場所:道場

 

近接するカフェとビーチ

滞在中は、近接するカフェやビーチでも美しい海を堪能することができます。表情豊かなサンゴの海を眺めながらカフェでひとやすみ、ビーチでは透明度の高い海で海水浴が楽しめます。

「星野リゾート バンタカフェ」
入り江に沿うような崖の上に立つバンタカフェ。自然の地形から生まれた非日常空間が広がる、国内最大級の海カフェです。少し高さのある崖の上からは、どこまでも広がる水平線を一望でき、崖の下に降りればすぐに波が足元に迫る臨場感を楽しめます。朝食からサンセットタイムのアペリティフまで、幅広く利用できます。

「ニライビーチ」
美しい白浜が魅力のビーチ。沖縄の特徴的な遠浅の海で遊泳可能です。星のや沖縄から徒歩10分、車で2分の位置にあり、無料の送迎を用意しています。パラソルやチェアの貸し出しも行っています。

 

4 新たな沖縄の食の楽しみを提案する食事

グスクでは、訪れる人々をもてなすために沖縄の食材を活かした料理を振舞っており、その料理を囲み、複数人で集まって食卓を楽しむ食文化が根付いていました。星のや沖縄では、沖縄の食文化をもとに、現代に合わせた新たな食の楽しみを提案します。

好きなタイミングで気ままに味わう食事
星のや沖縄では、客室で時間にとらわれずに本格的な料理を味わえます。全33種の豊富なバリエーションから選べる料理は、シェフが下準備を済ませた状態で客室へ届けられます。客室の土間ダイニングに備わる調理家電を使って、好きなタイミングで仕上げることができるため、気ままに本格的な料理を楽しめます。時間を気にせず食事を楽しむ、リゾートの新しい過ごし方を提案します。

 

施設概要
施設名 :星のや沖縄
所在地 :〒904-0327沖縄県中頭郡読谷村字儀間474
電話  :0570-073-066(星のや総合予約)
客室数 :100室・チェックイン:15:00/チェックアウト:12:00
料金  :1泊 109,000円~(1室あたり、税・サービス料別、食事別)
アクセス:那覇空港から車で約1時間(空港リムジンバスあり<有料>)
開業日 :2020年7月1日
URL :https://hoshinoya.com/

 

■「現代を休む日」をコンセプトにした「星のや」について
「星のや」ブランドは、「現代を休む日」をコンセプトに、日本発の滞在型リゾートとして展開しています。1軒目となる2005年オープンの星のや軽井沢を皮切りに、星のや京都、星のや竹富島、星のや富士、星のや東京、そして2017年1月には海外で初めて星のやバリをバリ島・ウブドに開業しました。2019年6月には、台湾の中央に位置する台中・谷關(グーグァン)に、星のやグーグァンを開業しています。星のやは、その土地独自の歴史や文化を最大限に掘り下げることで、圧倒的な非日常の世界観を構築し、日本のホスピタリティをベースにした心通ずるおもてなしを提供することを大切にしています。星のや沖縄は、国内外で8軒目、沖縄県で2軒目の星のやとして誕生します。

 

■星のや沖縄で行っている感染症予防対策について
当施設では、今般の新型コロナウイルスによる感染への対策の一環として、お客様の健康と安全並びに公衆衛 生を考慮し、以下の対応を行っています。
・チェックイン時の検温実施と海外渡航歴の確認 *37.5度以上の発熱が認められた場合、保健所の指示に従い、宿泊をご遠慮いただく場合があります。
・他のお客様との接触を避け、客室でチェックイン
・客室やパブリックスペースでの除菌清掃の実施
・館内各所での除菌用アルコールの設置、換気の実施
・ダイニング入店時にお客様へアルコール消毒の実施
・混雑緩和対策として、ダイニングの朝食を予約制に変更
・スタッフのマスク着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

報道関係向け資料について

プレスルームにご登録頂くとリリースや画像などがダウンロードができます。

資料ダウンロード

この施設のお知らせ