星野リゾート

星野リゾート

【界 箱根】【界 仙石原】~地元の温泉旅館で魅力を再発見、安心安全な旅~界の神奈川県2施設「冬のマイクロツーリズム」|実施期間:2020年11月1日~2021年2月28日

神奈川県内に位置する星野リゾートの小規模な温泉旅館「界 箱根」、「界 仙石原」は、Withコロナ期における旅のあり方として、「マイクロツーリズム」を推進し、さまざまな取り組みを展開します。遠方や海外をイメージする「旅」に対して、あえて近距離圏内を訪れる「マイクロツーリズム」では、その地域の良さに触れて、あらためて愛着を感じたり、新たなお気に入りを見つけたりできるなど、今までにない気付きに満ちた旅を楽しむことができます。3密回避や衛生管理が徹底的に行われた安心な温泉旅館に宿泊し、地元ではおなじみの食材を使った会席料理の一品、毎日各施設で開催される「ご当地楽」などのおもてなしを通じて、地元を再発見できる1泊2日を過ごすことができます。また、気軽な利用促進のため、施設近隣エリア限定の「地元限定のプラン」や素泊まりができる「温泉休息プラン」をあわせて販売します。

界 仙石原 客室露天風呂

<界 箱根・界 仙石原へのマイクロツーリズムの見どころ>
~2020‐2021年冬~

1.冬のおもてなし
2.会席料理の一品
3.ご当地楽「寄木CHAYA(界 箱根)」「手ぬぐいの絵付け・色付け体験(界 仙石原)」
4.ご当地部屋「箱根寄木の間(界 箱根)」「仙石原アトリエの間(界 仙石原)」

<界 箱根 詳細情報>

1 冬のおもてなし
■箱根寄木細工で喜びを寄せて開運を招く「寄喜(よせぎ)の開運滞在」

箱根の伝統工芸、箱根寄木細工は寄木細工には喜びを寄せて開運を招くとも言われています。寄喜のパワーで運気を引き寄せ、コロナ渦による不安を吹き飛ばして欲しいという願いを込めて、開運絵馬作りと甘酒の飲み比べを提供します。三密を避け、客室内で完結できるプランです。
期間:2020年12月1日~2021年2月28日チェックイン
料金:51,000円~(2名1室利用時1名あたり、サービス料込・税別)
含まれるもの:宿泊(箱根寄木の間 清流リビング付き和洋室)、夕食、朝食、甘酒の飲み比べ、
クラフト体験

■小田原提灯のロビー装飾と絵付け体験


江戸時代から受け継がれてきた小田原のシンボルでもある、 小田原提灯を応援し、その魅力を知ってもらいたいという思いで、地元の提灯店「山崎提灯店」と連携し、約100灯(とう)の提灯の装飾と、高さ約15cmのミニ小田原提灯の絵付け体験を提供します。小田原提灯職人の山崎氏が1点1点、丁寧に墨で界 箱根の文字を書き上げた提灯に、様々な色合いの筆ペンを使って絵付け体験を行います。完成したものは、折りたたんで持ち帰ることができます。提灯には魔よけの意味もあり、コロナの終息や健康、旅の安全を願うお守りとして、家に飾るのもおすすめです。
期間:2021年2月1日〜8月31日
料金:ミニ小田原提灯の絵付け体験 1灯1,800円(税込み)

2 会席料理の一品 先付「燻製サーモンのパリソワール」

西洋人の避暑地として発展した箱根の歴史に因み、フランスの温泉保養地で愛される一品「パリソワール」を界 箱根流にアレンジしました。パリソワールとは、パリの夕景に見立てたお料理で、燃え立つ夕日を燻製サーモン、お出汁のジュレは茜色に映える夕焼けを、ジャガイモのスープは、たなびく雲を表現しています。

3 ご当地楽「寄木CHAYA」

箱根は京へ向かう旅人にとって最初の難所で、旅人を癒す「茶屋文化」が盛んな地域でした。界 箱根では夕食後にその文化を再現した「寄木CHAYA」が毎夜オープンします。伝統工芸である箱根寄木細工のルーツを知るだけでなく、鑑賞し、好みの器を選び、実際に使えるのも楽しみのひとつです。季節の飲物や甘味と一緒に、旅人になった気分で夜のひとときを過ごせます。

4 ご当地部屋「箱根寄木の間」

伝統的な技法と現代的な感覚を併せ持つ、箱根寄木細工の作家・露木清勝氏・清高氏親子とコラボレーションにより完成したご当地部屋。随一の眺望を誇る最上階には、伝統工芸に囲まれておしゃべりが楽しめる「清流リビング付き和洋室」、寄木の家具と開放的なテラスで箱根の自然を独り占めできる「露天風呂付き洋室」、川のせせらぎを感じることができる「せせらぎ縁台付き和室」の3タイプがあります。

<界 仙石原 詳細情報>

1 冬のおもてなし
■山海の幸を堪能する「雲丹と牛のすき鍋」

箱根の山々と小田原の海に囲まれた土地に位置する「界 仙石原」では、山海の幸を使用した「雲丹と牛のすき鍋」を提供します。小田原がみかんの産地であることにちなみ、割り下の隠し味に「緑(あお)みかんシロップ」を使用しました。程良い酸味が、雲丹の甘味をさらに引き立てます。出汁がしっかりとしみた牛肉に、相性の良い雲丹をたっぷりと添えることで、濃厚な甘味を楽しむことができます。
期間:提供中~2021年2月28日チェックイン
*12月31日~1月3日を除く
料金:57,000円~(2名1室利用時1名あたり、サービス料込・税別)

■プライベートエキシビション「stay」

界 仙石原はアトリエ温泉旅館というコンセプトのもと、2018年の開業前に「アーティスト イン レジデンス 箱根仙石原」という催しを開催しました。今回はその際に客室やパブリックエリアの作品を手掛けたアーティストによる、約60点の新たな作品を館内のサロンスペースに展示しています。宿泊中の好きな時間に鑑賞することができます。気に入った作品があれば、購入することもできます。
期間:実施中~2021年5月5日
*本展の鑑賞は界 仙石原の宿泊者限定です。展示内容は季節に応じて変化していきます。
時間:9:00~20:00
料金:鑑賞料 無料/作品購入 1点20,000円~

2 会席料理の一品 先付「サーモンの瞬間燻製」

器や提供方法に趣向を凝らし、「アトリエ温泉旅館」というテーマの一端を感じることのできる会席料理を提供をしています。先付は、サーモンと相性の良い季節のフルーツを瞬間燻製した一品「サーモンの瞬間燻製」です。蓋を開けた瞬間に広がる煙は大涌谷の噴煙をイメージしています。

3 ご当地楽「手ぬぐいの絵付け・色付け体験」

毎日行われるご当地楽では、型染作家の小倉充子氏によるオリジナルの手ぬぐいに、絵付け・色付けをする体験ができます。この手ぬぐいには箱根の宿場町や、仙石原をイメージした野鳥や草花をあしらったデザイン、何も描かれていない真っ白な手ぬぐいなど6種類を用意してます。その中から好きなデザインを選び、布クレヨンを使い好きな色をのせたり、自由に絵を描いたりして完成させることができます。

4 ご当地部屋「仙石原アトリエの間」

界 仙石原の客室は、全室が地域の特徴を存分に感じられるご当地部屋「仙石原アトリエの間」です。客室には「アーティスト イン レジデンス 箱根仙石原」で国内外のアーティスト12名が手がけた作品が展示されています。また、小田原のガラス作家、「ipada(イパダ)」の濱舘 寛(はまだて ひろし)氏と村木 未緒氏デザインによる、ガラスのランプシェードが設置されています。全室露天風呂付きの客室で、仙石原の雄大な風景を眺めながら、大涌谷温泉から引いた湯の花が舞う温泉をゆったりと堪能できます。

<2施設共通の取り組み>
老舗酒蔵「瀬戸酒造店」とのコラボレーション

リモート酒蔵見学で仕込みの様子を知ることができる

様々な銘柄から3種を選んで客室で飲み比べができる

界 箱根、界 仙石原では神奈川県開成町にある酒蔵「瀬戸酒造店」と連携し、2020年12月20日よりリモート酒蔵見学や客室での飲み比べを実施します。リモート酒蔵見学はスマートフォンやタブレットで、専用のQRコードを読み取ると瀬戸酒造店の外観や、蔵元や杜氏のこだわりや酒造りへの想いを直接聞いているような動画を見ることができます。瀬戸酒造店では、開成町のシンボルでもあるあじさいの花から抽出した酵母を使用した「あしがり郷(ごう)シリーズ」や「誰と、いつ、どんな肴で飲みたい酒か」をイメージし、あらゆる酵母と醸造技術を駆使して創られた味わいの異なる「セトイチシリーズ」など様々な銘柄があり、スタッフが作ったリストを眺めながら好みの3種を選んで、おつまみと共にプライベートな客室でじっくり堪能することができます。

期間:2020年12月20日~通年
時間:15:00~22:00(利用日によって変更が生じることがあります)
料金:地酒3種とおつまみセット 2,000円(税・サービス料込)
場所:界 箱根、界 仙石原 客室
受付:宿泊当日に電話にて受付

<2施設共通のおすすめプラン>

1 マイクロツーリズムを推進するお得な割引料金「地元限定プラン」
期間    :販売中~2021年7月16日
料金    :界 箱根   34,000円~
界 仙石原  42,000円~
(2名1室利用時1名あたり、サービス料込・税別)
含まれるもの:宿泊、夕朝食(通常プランより15%割引)
予約    :施設公式サイトにて予約受付
https://kai-ryokan.jp/features/microtourism/index.html

2 素泊まりでぶらっと利用推進するお手頃料金「温泉休息プラン」
期間    :販売中~2021年2月28日
料金    :界 箱根   31,000円~
界 仙石原  40,000円~
(2名1室利用時1名あたり、サービス料込・税別)
含まれるもの:宿泊(食事なし・素泊まり)、特典:お部屋のみセット付き
予約    :施設公式サイトにて予約受付
https://kai-ryokan.jp/features/onsenkyusoku/index.html

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・食事処入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
・湿度40%以上を保つ加湿器を全客室に設置(星のや東京、沖縄県内の施設を除く)
・レストランにおけるメニューのQRコード化(界ブランド全施設)

【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化および混雑予測サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・半個室での食事処にて夕朝食の提供(界 *一部施設を除く)
・食事処の混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)

関連資料:<a href=”http://” rel=”noopener” target=”_blank”>【星野リゾート】コロナ対策まとめ

星野リゾート 界 箱根
自然に抱かれた全室リバービューの宿。須雲川のせせらぎやそびえたつ湯坂山の雄大さに酔いしれつつ、美しい箱根寄木細工に触れる滞在を楽しめます。
神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋230/客室数32室
https://kai-ryokan.jp/hakone/

星野リゾート 界 仙石原
古くから別荘地として発展し、美術館や博物館の点在する箱根仙石原。その地で、アーティスト・ゲスト・スタッ フ三者で表現するアトリエ温泉旅館。全ての客室に露天風呂を備え、温泉に浸かりながら仙石原の雄大な絶景を望めます。
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原 817-359/客室数16 室
https://kai-ryokan.jp/sengokuhara/

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

報道関係向け資料について

プレスルームにご登録頂くとリリースや画像などがダウンロードができます。

資料ダウンロード

この施設のお知らせ