星野リゾート

星野リゾート

  • 界 アルプス

【界 アルプス】~職人、生産者と行うご当地文化体験「手業(てわざ)のひととき」・夏~「豊かな水に育まれた伝統工芸『松崎和紙』で水うちわづくり体験」開催|期間:2021年6月1日~7月31日

  • 界 アルプス

星野リゾートが全国に展開する温泉旅館ブランド「界」は、地域の文化を継承する職人や作家、生産者の方々と連携し、宿泊者がその希少な技を間近で見て、一緒に行うことができるご当地文化体験を「手業(てわざ)のひととき」と題して提供しています。「その地域、その季節ならではのおもてなし」にこだわってきた界が提供する集大成ともいえる文化体験で、夏は界 箱根、界 伊東、界 アルプス、界 長門の4施設で実施予定です。
界 アルプスでは、2021年6月1日から7月31日の期間、長野県大町市の伝統工芸「信州松崎和紙」を継ぐただ一人の職人、腰原(こしはら) 修一氏から松崎和紙のルーツを伺い、和紙を漉(す)いて水うちわを作成します。完成したうちわを敷地内の小川で浸して仰げば、風流な夕涼みが過ごせます。信州の水の豊かさ、身近な紙の手仕事を知ることができるひとときです。

漉いた松崎和紙に葉を漉き込む様子

「手業のひととき」とは
地域の文化を継承する職人や作家、生産者の方々と連携し、宿泊者がその希少な技を間近で見て、一緒に行うことができるご当地文化体験です。ブランド発足以来、「その地域、その季節ならではのおもてなし」を提供してきた「界」は、地域の職人や作家、生産者の方々から文化のルーツを詳しく学んだり、丁寧な手仕事を間近で見学させてもらう機会が多く、その度に発見があり、その地域に一層愛着を感じるという経験を重ねてきました。その経験を元に、宿泊者にもぜひ、地域の職人、作家、生産者とその技に触れ、より深く地域の魅力を感じて欲しいという思いで「手業のひととき」を春夏秋冬、各季節 4 施設ずつ企画しています。

松崎和紙とは

様々な木の葉が漉き込まれた和紙

長野県大町市の伝統工芸。1042年、和紙の原料である野生の楮(こうぞ)と楡(にれ)の皮を使用して、国宝・仁科神明宮の祭事用に製造したのが始まりとされています(*)。その後、農閑期の副業として、紙すきの技術が伝承され、松崎地区の産業として広まりました。大町市南部を流れる高瀬川の良質な水と、丈夫な和紙をつくる植物などの豊富な資源に恵まれていたことが発展の理由ともいわれています。時代の変遷とともに手漉き職人は減少し、現在では僅かになっています。
*出典:信州松崎和紙工業 https://www.shinshu-matsusakiwashi.com/

「手業のひととき」を担当する職人 信州松崎和紙工業 腰原(こしはら) 修一氏

職人 腰原 修一氏

<プロフィール>
90年続く信州松崎和紙工業の3代目。今では、大町市で唯一の現役紙漉き職人。大町市で採取した天然の葉や花を漉き込んだ、温かみある和紙作りが特徴。植物の採取から、植物の色を保つ特殊処理、紙漉きまで、あらゆる行程をほぼ一人で行う。界 アルプスの客室のあたたかみのある和紙製の明り採り障子や灯籠なども手掛けている。

<コメント>
「手業のひととき」を担当させていただく、信州松崎和紙の腰原と申します。平安の昔から当地における手漉和紙の技術を継承している職人です。昨今の伝統工芸をとりまく環境は大変厳しいものがあり、日本の手漉和紙業界も例外ではありません。
今回このような企画をしていただき、少しでも関心を持たれた皆様と、短い時間ではありますが、一緒に創作を楽しみ、普段感ずることの出来ない体験を共有させていただけることに感謝し、これからの伝統工芸の在り方を私自身探ってみたいと思います。どうか興味のある方は、是非御参加していただければ幸いです。

丈夫な松崎和紙で水うちわ作り

中庭の小川で水うちわで夕涼み

地元の楮を用いて作る松崎和紙は丈夫なことで知られ、耐久性に優れています。その特性を活かし、腰原氏の手ほどきを受けて、松崎和紙の水うちわ作りを体験します。まず、原料が入った水槽で和紙漉きを行います。漉いた和紙に、草木の葉や花などの天然素材を思い思いにレイアウトします。水分を切り、一晩乾燥させると松崎和紙が完成します。翌朝、うちわの骨組みに和紙を貼り付け、最後に表面に水うちわ専用の塗料を塗って仕上げます。
完成したうちわは、水に浸して扇げば涼やかさを感じることができます。館内の中央を流れる小川で足水をしながら、涼を取るのがおすすめです。

体験の前後に松崎和紙に触れる

客室の明り採り

界 アルプスの客室の明り採り障子や行燈には、腰原氏が製作した松崎和紙が使われています。光を通して天然の和紙の風合いを感じることができ、漉き込まれた木の葉があたたい雰囲気を演出します。
また、体験後には車で約30分の国宝・仁科神明宮の参拝がおすすめです。松崎和紙発祥の地といわれる神社で、しめ縄や御朱印に使用する紙、「和守」と呼ばれるお守りにも松崎和紙が使用されています。

「豊かな水に育まれた伝統工芸『松崎和紙』で水うちわづくり体験」概要
■期間  :2021年6月1日~7月31日の平日 
■時間  :宿泊初日20:00~21:30 宿泊翌日10:00~11:00 
■場所  :界 アルプス
■料金  :1名 7,000円(税込、宿泊費別)
■定員  :1日2組 *1組2~4名 
■受付  :7日前までにに下記専用ページから要予約 *事前に宿泊予約が必要です。
■予約URL:https://www.hoshinoresorts.com/sp/tewaza/

モデルスケジュール 

界 アルプス外観

和紙作り体験

<1日目>
15:00 ご当地楽 囲炉裏を囲み田舎体験
16:00 温泉いろは
16:30 温泉入浴
17:30 会席料理を味わう
20:00 手業のひととき「松崎和紙」で和紙作り体験

<2日目> 
08:30 朝食
10:00 手業のひととき「松崎和紙」水うちわづくり体験
11:00 終了
12:00 チェックアウト

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・食事処入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
・湿度40%以上を保つ加湿器を全客室に設置(星のや東京、沖縄県内の施設を除く)
・レストランにおけるメニューのQRコード化(界ブランド全施設)

【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化および混雑予測サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・半個室での食事処にて夕朝食の提供(界 *一部施設を除く)
・食事処の混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)
・パブリックスペースへのCO2(二酸化炭素)濃度測定器の配備
・自然換気、機械換気など、建物の設計にあわせた換気の徹底

関連資料:【星野リゾート】コロナ対策まとめ

星野リゾート 界 アルプス(長野県・大町温泉)
「信州の贅沢な田舎体感」をコンセプトにした温泉旅館。雪国のアーケード「雁木(がんぎ)」に沿って客室や温泉棟が建ち並び、囲炉裏でのもてなし、冬にはかまくらやかんじきでの雪遊びなど、信州の文化に触れることができます。大浴場では四季折々の景色を愛でながら湯浴みを楽しめます。
〒398-0001 長野県大町市平2884-26/客室数 48室
https://kai-ryokan.jp/alps/

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

報道関係向け資料について

プレスルームにご登録頂くとリリースや画像などがダウンロードができます。

資料ダウンロード

この施設のお知らせ