星野リゾート

星野リゾート

  • 星のや京都

【星のや京都】清々しい青もみじを愛でながら優雅に朝食を味わう「青嵐(せいらん)の朝ごはん舟」開催|期間:2022年5月1日~6月30日

  • 星のや京都

各施設が独創的なテーマで、圧倒的非日常を提供する「星のや」。京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2022年5月1日~6月30日の期間、清々しい青もみじを愛でながら優雅に朝食を味わう「青嵐の朝ごはん舟」を開催します。雅な屋形舟「翡翠」を貸し切り翡翠(ひすい)色の水面と青もみじの緑を眺めながら、料理長特製の朝食と雅楽の生演奏を楽しむアクティビティです。四季の風景を愛でながら舟遊びをしていた平安貴族の風情になぞらえ、青もみじの清々しい朝にゆったりとした時間を過ごすことができます。

開発背景
枕草子にはかつて平安貴族が青もみじを愛でるために山や里に出掛けた様子が描かれており*1、風光明媚な自然が今なお残る嵐山には現在でも青もみじの時期に多くの観光客が訪れます。特に朝は他の観光客や屋形舟がいない時間帯なので、渓谷の青もみじがやわらかな朝日を受けて輝く美しい情景を心静かに楽しめます。星のや京都の目の前の大堰川(おおいがわ)で平安貴族が四季の風景を眺めながら舟遊びを楽しんでいた風情になぞらえ*2、喧騒から離れてゆったりとした時間を過ごしてほしいと考え、このアクティビティを開発しました。
*1 『枕草子』223段 「五月ばかりなどに山里にありく、いとをかし」
*2 歴史物語『大鏡』「三舟の才」

特徴1 翡翠色の大堰川を眺めながら料理長特製の朝食「青もみじ膳」を味わう

翡翠色の大堰川と渓谷の青もみじを眺めながら、星のや京都の料理長が本アクティビティのために手掛けた朝食「青もみじ膳」を味わいます。青々とした生命力を感じさせる青竹(あおたけ)には、錦糸卵(きんしたまご)や海老などの色鮮やかな食材に大葉や梅肉、煎り胡麻など爽やかな風味の薬味を添えたばら寿司を詰めました。その他、鰹のたたきや蛸(たこ)ともずくの酢の物など、旬の食材をふんだんに盛り込んだ青もみじの時期ならではの特製朝食です。

特徴2 渓谷に響く雅楽の生演奏に耳を傾ける

屋形舟の中では雅楽の生演奏を楽しめます。雅楽は平安時代に確立し、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている日本の伝統文化です。笙(しょう)や篳篥(ひちりき)などの雅楽器が奏でる幽玄の音色が特徴で、古くより宮中の儀式などで演奏されてきました*3。本アクティビティで演奏する雅楽器は龍笛(りゅうてき)で、軽やかで透き通るような音色を持つ横笛です。平安貴族がかつて大堰川で管弦楽に興じながら舟遊びを楽しんでいた風情そのままに、朝の静かな渓谷にこだまする龍笛ののびやかな音色に耳を傾けることができます。
*3 宮内庁公式ホームページ

特徴3 雅な屋形舟「翡翠」を貸し切り舟遊び

久保田美簾堂(くぼたびれんどう)の御簾

株式会社竹内の錺金具

染司(そめのつかさ)よしおかのクッション

本アクティビティでは雅な屋形舟「翡翠」を貸し切り、プライベートな空間でくつろぎながら舟遊びを楽しむことができます。翡翠は、京都で古くから親しまれてきた建材や装飾を用いて、京都の伝統工芸に囲まれる雅な空間に仕上げた星のや京都専用の屋形舟です。例えば、舟枠には書院造に用いられる北山杉やヒノキ材を使用し、木材の先端を覆う木口かくしには、古くから寺院などの柱や天井の装飾に見られる銅の錺(かざり)金具を用いました。舟内には京町屋の犬矢来をイメージした竹の背もたれや、草木花で染め上げた柔らかな風合いのクッションを設えています。また、舟の側面の御簾(みす)を降ろすことでプライベートな空間を楽しむこともできます。また、翡翠の屋根には特殊なガラスがはめ込まれており、スイッチを押すことで、雪見障子を開けるように白から透明に色が切り替えられます。嵐山の渓谷と青空を見上げて楽しむことができる、これまでにない屋形舟です。

「青嵐の朝ごはん舟」概要

期間    :2022年5月1日~6月30日
時間    :8:30~9:20
料金    :1組67,000円(税・サービス料込)*宿泊料別
含まれるもの:雅な屋形舟「翡翠」の貸し切り、青もみじ膳、龍笛の生演奏
定員    :1日1組(1~3名)
開催場所  :星のや京都
対象    :宿泊者
備考    :荒天時は開催を中止いたします。
時期により、内容が一部変更になることがあります。

■星のや
「夢中になるという休息」をコンセプトに、各施設が独創的なテーマで、圧倒的非日常を提供する「星のや」。国内外に展開する各施設では、その土地の風土、歴史、文化が滞在時間を豊かにするものとしておもてなしに織り込み、訪れた人を日々の時間の流れから解き放ち、特別な非日常へいざないます。
URL :https://hoshinoya.com

■星のや京都

平安貴族が別邸を構えた京都府・嵐山。渡月橋から船に乗り、大堰川を遡ると現れる水辺の私邸。京都に息づく日本の伝統技法を感じる客室、伝統的な日本料理に軽やかな遊び心を加えた料理、四季の美しい景観と静けさの非日常の世界を楽しめるリゾートです。
〒616-0007 京都府京都市西京区嵐山元録山町11-2/客室数 25室
https://hoshinoya.com/kyoto/

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
・湿度40%以上を保つ加湿器を全客室に設置(星のや東京、沖縄県内の施設を除く)
・レストランにおけるメニューのQRコード化(界ブランド全施設)

【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化および混雑予測サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)
・パブリックスペースへのCO2(二酸化炭素)濃度測定器の配備
・自然換気、機械換気など、建物の設計にあわせた換気の徹底

関連資料:【星野リゾート】コロナ対策まとめ

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

報道関係向け資料について

プレスルームにご登録頂くとリリースや画像などがダウンロードができます。

資料ダウンロード

この施設のお知らせ

メルマガ購読はこちらメルマガ購読はこちら