星野リゾート

星野リゾート

  • バンタカフェ

【バンタカフェ】春の海辺でアートと遊び、アートとくつろぐイベント「海辺のアートフェスティバル」を開催|期間:2022年3月12日~5月15日

  • バンタカフェ

圧倒的な絶景とスケールを誇る海カフェ「星野リゾート バンタカフェ」では、2022年3月12日から5月15日に、春の海辺でアートと遊び、アートとくつろぐイベント「海辺のアートフェスティバル」を開催します。海に臨む入り江を囲うバンタカフェに、次世代の沖縄カルチャーを牽引するアーティストが集結し、彼らの作品で敷地内を彩る他、ライブペイントやワークショップで作品の魅力を体験できます。2021年に続いて行う本イベントでは、風になびくアートの下でくつろげる「てぃんかじテラス」や、制作風景が見学でき作品の購入もできる「あまくまギャラリー」も登場し、沖縄の最旬アートをより身近に感じることができます。

背景
春の沖縄は、日射しがまだ柔らかく屋外で過ごしやすい季節です。海辺のアートフェスティバルには、次世代の沖縄カルチャーを牽引するアーティストがうららかな春の海辺に集結します。本イベントはコロナの影響を受けて多くのイベントが中止となった2021年にスタートしました。彼らの素晴らしい作品をもっと知って欲しい、彼らの活躍を応援したいという想いから始まり、2年目となる今年は、海辺にアトリエを兼ねたギャラリーを設け、より身近にアーティストとアートを感じることができます。

海辺のアートフェスティバルの特徴
1 青い海を背景に色彩豊かなアートが咲き誇る、ライブペイント

イベントのスタートは、手法も作風も異なる二人のアーティストによるライブペイントです。バンタカフェの目の前のビーチで青い海を背景に、色彩豊かな大きな作品を描きます。完成した作品はウェルカムゲートを兼ねたフォトスポットになる他、整然と並ぶ回廊の柱にも飾り、広い敷地内をワクワクしながら巡ります。
開催日・アーティスト:3月12・13日 DENPA、3月19・20日 HAYATO MACHIDA
時 間:11:00~13:00、14:00~17:00
場 所:バンタカフェ前ビーチ
料 金:見学無料

2 海風になびくアートの下でくつろぐ「てぃんかじテラス」

入り江を囲うバンタカフェの地形を活かし、敷地内の各所にアートを飾ります。崖の上から浜辺へと続く散策路にある「海辺のテラス」は、潮風にアートがなびく「てぃんかじ*テラス」に変身。テキスタイルにした作品を天蓋のように飾る他ソファーのカバーリングにも使用し、色彩豊かなアートに包まれながら、のんびりくつろげます。
*沖縄の方言の「てぃん(空)」と「かじ(風)」を合わせた造語

3 制作風景を間近で感じる「あまくまギャラリー」

「あまくま*ギャラリー」は、敷地内のあちこちに設けた小さなギャラリーです。繊細なタッチで描かれる原画を鑑賞できる他、アーティストの制作風景を間近で見学し作品に描かれた想いを直接聞くことができます。また、本格的なキャンバスや気軽に手に取れるカードサイズまで、彼らの作品は購入も可能です。旅先で出会ったお気に入りのアートを自宅に飾ることができます。
開催日:4月の毎週日曜日
時 間:11:00~16:00
*「あまくま」とは、沖縄の方言のアマ「あっち」とクマ「こっち」を合わせた言葉

4 沖縄の伝統「紅型」を体験する、ワークショップ

波に削られた大きな奇岩に海辺の植物が生い茂る「岩場のテラス」では、染色家 知花幸修氏によるワークショップを開催します。南国特有の鮮やかな色合いと繊細な模様が特長の紅型。沖縄の風土が育んだ伝統の紅型の魅力を色鮮やかなコースター作りで体験します。
開催日:4月23、29日、5月4、5日
時 間:10:00~、12:00~、14:00~、16:00~ 所要時間1時間
定 員:4名/回
場 所:岩場のテラス
料 金:2,000円(税込) 申し込み:HPより要予約

5 カラフルで華やかな、沖縄で親しまれている花を使った限定メニューも登場

カフェでは色とりどりの華やかなアートにちなんで、沖縄で愛される花を用いたメニューを期間限定で提供します。アートで彩られるようなカラフルなドリンクのアイスキューブには、エディブルフラワーを閉じ込めました。海を眺めながらゆっくり味わえば、カップの中に花が咲きます。その他にも、沖縄を代表する「月桃」の花や葉を生地に練り込んだ、「月桃のホワイトガトーショコラ」は、月桃のスパイシーで爽やかな甘みのある香りも一緒にしっとりと焼き上げました。沖縄で親しまれている花を美味しく堪能できるメニューです。
<ティーソーダ> 料金:各700円(税込)
・ジャスミンティーソーダ |「さんぴん茶」で親しまれるジャスミンティーにパイナップルをあわせた、爽やかな甘みのソーダ
・バタフライピーソーダ  | 海や空をイメージする美しい青色のバタフライピーのハーブティーに、はちみつレモンを合わせ、色合いの変化と香りが楽しめるソーダ
<月桃のホワイトガトーショコラ> 料金: 600円(税込)
月桃が香るしっとりと焼き上げたグルテンフリーのケーキ

【ご参考】海辺のアートフェスティバル 参加アーティスト紹介

DENPA <画家>
“no concept“を前提に、受け手に感覚的な解釈と快感を与える抽象表現を突き詰める。NYでの個展をはじめ世界的な壁画フェスへの参加などワールドワイドに活動を展開する。


HAYATO MACHIDA <画家>
大学入学後アート留学でNYへ。ライブイベントのウェルカムボードや壁画を手掛ける他、日本酒のラベルデザインなど幅広く活躍。日常の両価的感情をテーマに作品を描く。


nami <画家>
県内各地で行われるグループ展やアートイベントで作品を発表。女の子と花を組み合わせた愛らしいモチーフから言葉に出来ない感覚の表面化を計る。


齋 悠記<画家> 初参加
言葉には表せないもの、形にはできない感じているもの、沖縄で捉えている光、感覚、肌に感じるもの全てを素直にとらえ、鑑賞者がそれぞれの想いを巡らす場所としての絵画を描き続ける。


早瀬 泉 <琉球藍 染織工房「亞人」染色家> 初参加
無農薬・無化学肥料で琉球藍を栽培し、自らの手で畑を耕し「土と繋がった色」を素材に宿す、琉球藍 染織工房「亞人」。古典や民族の模様を織り交ぜた布製品や、植物を採取し、土の香りがするような作品を創り出す。


知花 幸修 <紅型研究所染千花 染色家>
紅型研究所染千花 所属。沖縄の伝統工芸”紅型”にストリートカルチャーやPOP
アート、サブカルチャーの要素を取り入れた新しい作品を発信。
(順不同)

「海辺のアートフェスティバル」概要
期間:2022年3月12日~5月15日
時間:10:00~18:00
料金:カフェまたはグリル利用で入場無料、ワークショップの参加は別料金
備考:荒天時は一部コンテンツが中止となる場合があります。
参考:2021年開催「海辺のアートフェスティバル」 動画URL:https://youtu.be/KP_eKK_9v7E

<最高水準のコロナ対策宣言>
星野リゾートでは、衛生管理と3密回避の対策を行っております。
関連資料:【星野リゾート】コロナ対策まとめ

星野リゾート バンタカフェ
圧倒的な絶景とスケールを誇る国内最大級の海カフェ。海を見渡す崖の上から浜辺へと続く敷地内には個性豊かな4つのエリアがあり、その日の気分で見つけたお気に入りの場所で、沖縄らしいドリンクやフードが味わえます。
〒904-0327 沖縄県中頭郡読谷村儀間560
https://banta-cafe.com/

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

報道関係向け資料について

プレスルームにご登録頂くとリリースや画像などがダウンロードができます。

資料ダウンロード

この施設のお知らせ

メルマガ購読はこちらメルマガ購読はこちら