星野リゾート

星野リゾート

  • 青森屋

【青森屋】6名のねぶた師の作品と青森の四大祭りを楽しめるショー会場「みちのく祭りや」1月21日予約受付開始|オープン日:2022年4月1日

  • 青森屋

目一杯青森の文化を満喫できる宿「星野リゾート 青森屋」にある、6名のねぶた師の作品と青森の四大祭りを楽しめるショー会場「みちのく祭りや」は、2022年4月1日のオープンに向けて、1月21日に予約受付を開始します。ショーに特化した「みちのく祭りや」は、ステージと客席の距離を近づけ、お客様と演者の一体感が生まれる設計です。ショーの演出は祭りの世界観に引き込ませるため、新たに映像演出を加えた内容に変わります。また、ねぶた師が手掛けたさまざまな作品が一同に会し、ショーを盛り上げます。
背景
青森屋は、「のれそれ(*1)青森 ~ひとものがたり~」というコンセプトを掲げた、祭りや方言などの青森の文化を体験し、目一杯満喫できる温泉宿です。その青森の祭りを間近で体験できる施設として、運営してきたショーレストラン「みちのく祭りや」は、これまでより祭りの雰囲気を体感できるように、2022年4月からはショーに特化し、ショー会場「みちのく祭りや」として青森を訪れる方々を迎えます。会場とショーの内容が生まれ変わることで、臨場感や青森の祭りの文化をさらに伝えられるようになり、お客様には、実際の祭りにも足を運んでいただき、青森屋のショーと本場の祭りの両方を楽しんでもらいたいと考えています。
*1 青森の方言で目一杯という意味。

制作に携わる6人のねぶた師
青森の祭りで運行される、色鮮やかで圧倒的なスケールを誇るねぶた山車を間近に観賞できるのは、ショー会場「みちのく祭りや」の特徴の一つです。制作に携わるのは、北村(きたむら)麻子(あさこ)氏、竹浪(たけなみ)比呂央(ひろお)氏、手塚(てづか)茂樹(しげき)氏、内山(うちやま)龍(りゅう)星(せい)氏、立田(たつた)龍(りゅう)宝(ほう)氏、北村(きたむら)春(しゅん)一(いち)氏の6人のねぶた師です。ショーで運行される大小のねぶたはもちろん、入口や通路にも立体ねぶたや白ねぶた、木製ねぶたの切り絵が観客を迎えます。また、祭りへの情熱を表す、ねぶたの技法でできた「火の玉」も演出の一環として登場し、祭りの神髄を感じられるさまざまな作品が一堂に会し、ショーをより一層盛り上げます。

北村麻子氏 制作作品:大型ねぶた、ねぶたの技法でできた火の玉
1982年、青森県青森市生まれ。父であり、数々の功績を残す六代目ねぶた名人の北村隆氏に師事。2012年にあおもり市民ねぶた実行委員会から依頼され、ねぶた師史上初の女性ねぶた師としてデビュー。以降多数の賞を受賞し、2017年には最高賞のねぶた大賞、最優秀制作者賞、東奥文化選賞を受賞。2021年に行われた青森ねぶた祭の代替イベントでも最高賞の金賞を受賞している。その他、ねぶたの技法を用いた造形作品の制作など、さまざまな形で新しい挑戦を続けている。
北村麻子 公式ホームぺージ https://asako-kitamura.com/

竹浪比呂央氏 制作作品:小型ねぶた、入口で観客を迎える立体ねぶた、白ねぶた(監修)、客席パネル
1959年、青森県西津軽郡木造町(現つがる市)生まれ。1989年に初の大型ねぶたを制作して以来、ねぶた大賞、第30回NHK東北放送文化賞はじめ受賞多数。東京ドームをはじめブダペスト、ロサンゼルスなど国内外で出陣ねぶたを制作。竹浪比呂央ねぶた研究所主宰。青森ねぶたの創作と研究を主としながら、「紙と灯りの造形」としてのねぶたの新たな可能性を追求し続けている。
竹浪比呂央ねぶた研究所 http://takenami-nebuken.com/about/

手塚茂樹氏 制作作品:入口で観客を迎える立体ねぶた、白ねぶた、客席パネル
1975年、青森県青森市生まれ。1980年、佐藤伝蔵(3代名人)のねぶたを見て感銘を受ける。高校時代、千葉作龍(5代名人)の講演を聞いて触発され、ねぶた制作の道へ。高校卒業後は市内の印刷会社に勤務する傍ら、ねぶた制作に取り組み、2001年から竹浪比呂央に師事。2006年から13年まで浅虫温泉のねぶたを制作、2014年にマルハニチロ侫武多会「雷神」でデビュー。
竹浪比呂央ねぶた研究所 http://takenami-nebuken.com/about/

内山龍星氏 制作作品:小型ねぶた(合作)
1962年、青森県青森市生まれ。1976年、14歳でねぶた師の千葉(ちば)作龍(さくりゅう)氏に弟子入り。1987年に社団法人青森青年会議所「浪裏白跳張順(ろうりはくちょうちょうじゅん)」でデビュー。それ以降、31年間毎年ねぶたを制作している。1990年に社団法人青森青年会議所「国性爺合戦(こくせんやかっせん)」で知事賞を受賞。その後、観光協会会長賞(1994年、1997年)、青森観光コンベンション協会会長賞(2006年)の受賞経歴をもつ。
青森ねぶた製作所 ねぶた工房龍星 https://www.actv.ne.jp/~mmas-o/a_a20_shoukai.html

立田龍宝氏 制作作品:小型ねぶた(合作)、木製ねぶたのデザイン及び切り絵
1985年、青森県青森市生まれ。1996年、11歳でねぶた師の内山龍星氏のねぶた小屋に出入りするようになる。1999年、14歳で内山氏の弟子となる。2013年に公益社団法人青森青年会議所「倭(やまと)し美(うる)わし」でデビュー。2017年に消防第二分団ねぶた会・アサヒビールのねぶた制作に携わる。毎年2台の大型ねぶた、地域・子供ねぶたも制作している。
ねぶた師立田龍宝 https://www.tatsuta-ryuho.com/

北村春一氏 制作作品:小型ねぶた(合作)
1981年、青森県青森市生まれ。2007年に父であり、ねぶた師の北村(きたむら)蓮(れん)明(めい)氏に本格的に師事。2011年に大型ねぶたを制作、デビュー。その後、知事賞(2018年)、優秀制作者賞(2017年、2018年、2019年)などの受賞経歴をもつ。
Facebook https://m.facebook.com/kitamurashunichi
Instagram https://www.instagram.com/nebutakitamura/

「みちのく祭りや」概要
オープン日:2022年4月1日
予約受付 :2022年1月21日~通年
料金   :1,500円~(税込)*エリアにより料金が異なります。
時間   :21:00~21:40
所要時間 :約40分
席数   :202
対象   :宿泊者
予約   :公式サイト(https://www.hoshinoresorts.com/sp/aomoriya/michinokumatsuriya/)にて受付
動画   :https://youtu.be/qiuGZaloB1M

<関連リリース>
誕生から15年。青森四大祭りを一度に楽しめるショー会場に「みちのく祭りや」が生まれ変わります。

青森の四大祭りご紹介
■青森ねぶた祭(青森市)
青森市内の目抜き通りで行われる夏祭りです。「ねぶた」と言われる幅9m・奥行き7m・高さ5mで大型の張り子人形を乗せた山車が運行し、頭に花笠をつけた衣装で「ラッセーラ、ラッセーラ、ラッセラッセラッセラー」と跳ねる「跳人(はねと)」が祭りを盛り上げます。

■八戸三社大祭(八戸市)
およそ300年の歴史と伝統を誇り、国の重要無形民俗文化財に登録されています。2016年12月1日には、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。高さ10m、幅8mにもなる山車は神話や歌舞伎等を題材に制作されています。山車に設置されている横に連なった小太鼓を子供たちが中心となってたたきます。

■五所川原立佞武多(五所川原市)
高さ20m以上、重さ16tという巨大な山車が約15台運行されます。太鼓、笛、手平鉦で構成される数人の囃子方(はやしがた)が先頭となり、次いで数十人の跳人が「ヤッテマレ」などの掛け声をかけてはねながら続きます。

■弘前ねぷたまつり(弘前市)
「ヤーヤドー」の掛け声とともに、最大9mの武者絵が描かれた山車を中心に市内を練り歩きます。弘前ねぷたには扇ねぷた(扇型)と組ねぷた(人形型)があり、総数約80台の県内最多のねぷたが城下町に大集合します。

星野リゾート 青森屋
「のれそれ(*青森の方言で目一杯の意味)青森 ~ひとものがたり~」をコンセプトに、青森の祭りや方言などの文化を満喫できる温泉宿。約22万坪の敷地内には、池や古民家が点在する公園もあり、食事や多彩なアクティビティを楽しむことができます。
青森県三沢市字古間木山56/客室数236室
https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/aomoriya/

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

報道関係向け資料について

プレスルームにご登録頂くとリリースや画像などがダウンロードができます。

資料ダウンロード

この施設のお知らせ

メルマガ購読はこちらメルマガ購読はこちら