星野リゾート

星野リゾート

  • 星のや富士

【星のや富士】日本一の山に挑戦する、ラグジュアリーで安心な登山プログラム 「グラマラス富士登山」今年も開催|日程:2022年8月31日、9月3日、5日、7日(全4回)

  • 星のや富士

各施設が独創的なテーマで、圧倒的非日常を提供する「星のや」。日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、2022年8月31日、9月3日、5日、7日の全4回、日本一の山に挑戦する、ラグジュアリーで安心な登山プログラム「グラマラス富士登山」を今年も開催します。富士登山のプロフェッショナルたちの協力のもと、登頂の達成感や絶景を堪能するだけでなく、富士山が持つ歴史や日本人に影響を与えた文化的背景を学び、知的好奇心を満たせるプログラムです。今年は登山の前日に、長きにわたり富士登山者の世話をしてきた「御師(おし)」の家や富士登山者にゆかりのある神社を訪れ、富士登山の歴史や文化を学ぶとともに登山の安全を祈願します。

背景
日本一の標高を誇る富士山は毎年多くの人々が登頂を目指します。しかし、装備の不足や日帰り登山などのハードなスケジュールによって体調を崩し、登頂を断念するケースも少なくありません。さらに、富士登山に興味を持っているものの登山経験の少ない人々は、そのような情報を耳にすることで、装備や体力の不安がつきまとい、なかなか挑戦できずにいると考えられます。そこで、星のや富士はグランピングリゾートとしての全面的なサポートがあるからこそ体験できる、ラグジュアリーで安心な富士登山を提供したいと考えました。富士山は2013年に「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」として世界文化遺産に登録されました。富士山周辺に点在する浅間神社や、登山道の鳥居や社から文化的奥深さを知ることができます。安心して富士登山を楽しむだけでなく、富士山の文化的背景についても学んでいただきたいと思い、本プログラムの開催に至りました。

特徴1 星のや富士が提供する充実したサポート
本プログラムでは登山の1か月前から、富士山登山ガイドである「富士山登山学校ごうりき」(以下、ごうりき)のスタッフによる電話やメールでのカウンセリングの機会を設け、体調管理と装備品の両面についてアドバイスを行います。まず、体調管理の面では、ごうりきに所属する「健康運動実践指導者」の資格を持ったスタッフが日常生活で行える運動や体力づくりの方法などを伝えます。装備品の面では、ウェアや登山靴の選び方からザックへの収納方法に至るまで具体的なアドバイスを行います。装備品の購入が間に合わない場合、一部アイテムのレンタルサービスの紹介も可能です。宿泊する山小屋は、標高約3,000mにありながら、水洗トイレやWi-Fiなど充実した設備を備える「海抜一万尺 東洋館」です。本プログラムでは、山小屋の個室を1組で貸切利用します。山小屋では、星のや富士のスタッフが部屋の準備を行うほか、登山の疲れを和らげるためのフットバスや夕食も用意します。夕食は、星のや富士の料理長が監修したビーフシチューです。富士登山に同行するガイドや山小屋、星のや富士のスタッフのサポートにより、安全かつ快適に登山を楽しめます。

■グラマラス富士登山を支える富士登山のガイドサービス

事前カウンセリング資料(一例)

写真提供:富士山登山学校ごうりき

本プログラムをサポートするごうりきは、2002年に設立して以来、徹底的に安全に配慮した富士登山のガイドサービスを行っており、平均50%程度と言われる富士山の登頂率が、ごうりきが率いるツアーでは90%を誇ります。星のや富士とは、年間を通して青木ヶ原樹海でのネイチャーツアーや、富士山信仰を学ぶツアーなど、宿泊者に向けた富士北麓エリアの自然や文化の魅力を伝える取り組みを行っています。

近藤 光一氏

写真提供:(株)合力

1967年、山梨県富士吉田市生まれ。富士山登山学校ごうりき代表。富士山登山ガイド歴24年。富士山登頂700回以上。2002年に富士山登山学校ごうりきを設立して以来、富士登山の本質的な魅力を伝えることをモットーに少人数制のガイドを行っている。2016年には、総務省ふるさとづくり大賞総務大臣賞を受賞。環境省自然環境局自然公園指導員。富士登山は原則として近藤氏自らがガイドとしてツアーを率いる。

特徴2 安心な日中登山



富士登山では、山小屋を利用しない日帰り登山者や、ご来光を山頂で見るために深夜に山小屋を出発して、登山客で渋滞するなかヘッドライトを点けて山頂を目指す人も少なくありません。どちらも身体への負担が大きい上、山頂付近は滑りやすく、夜中の登山には危険が伴います。そこで本プログラムでは、原則として登山は日中に行います。登山初日の昼頃に5合目を出発し、夕方に山小屋へ到着したら翌朝までしっかり睡眠をとり、体力の回復を図ります。翌日は夜明け後に山小屋を出発し、午前中に登頂するスケジュールです。ご来光は山小屋付近で見るため、混雑する山頂よりもゆっくりと堪能できます。体力的な負荷が少なく、時間に余裕を持たせたスケジュールのため、体力に自信のない方でも安心です。

特徴3 登山前の身体をサポートする「星のや富士流 御師料理」

「御師」とは、400年以上に渡り富士登山や宿泊の世話をしてきた人々のことを言い、その御師の家で富士登山者をもてなすために振る舞われたのが御師料理です。本プログラムでは、星のや富士が御師に代わり、「星のや富士流 御師料理」を提供します。「ほうとう」や「せいだのたまじ」など、山梨県の郷土料理を参考に、星のや富士の料理長が開発しました。登山前のエネルギーチャージを目指し、野菜と鶏肉が中心の栄養バランスに優れた内容です。

特徴4 富士登山の歴史や文化を学ぶ体験 【NEW】

星のや富士では、登頂の達成感や絶景を堪能するだけでなく、富士山が持つ歴史や日本人に影響を与えた文化的背景を学び、知的好奇心を満たすことが「グラマラス」な富士登山だと考えています。富士登山の前日には、グランピングマスターの案内のもと、かつて富士山に登る修行者たちを迎え入れていた御師の家を訪れます。御師の家では富士登山の歴史や文化についての話を聞いた後、「牛王刷(ごおうす)り」と呼ばれる、かつて人々が富士山を登る際にお守りとして白装束などに施していた版画の体験を行います。牛王刷りをした手ぬぐいは、お守りとして翌日の富士登山に携行します。御師の家を訪れた後は、富士山の吉田口登山道の起点でもあり、かつて富士山に登る修行者たちがお参りに訪れていた北口本宮冨士浅間神社に立ち寄り、翌日の登山の安全を祈願します。

滞在スケジュール例
<1日目>
13:30 星のや富士に到着後、御師の家へ向けて出発
14:00 御師の家に到着、牛王刷り体験を楽しむ
15:00 御師の家を出発
15:15 北口本宮冨士浅間神社に立ち寄り、登山の安全を祈願する
16:30 星のや富士に到着、チェックイン
18:30 ガイドによる直前レクチャー、装備の確認を行う
19:30 キャビンでの夕食「星のや富士流 御師料理」で登山前に栄養を補給

<2日目>
10:00 星のや富士をチェックアウト
11:30 富士スバルライン5合目に集合、昼食(別料金)をとって高地順応
13:00 ガイドと合流、ウォーミングアップなど登山の準備を行う
13:30 登山開始
17:30 山小屋到着、フットバスで足の疲れをやわらげる
18:30 山小屋での夕食

<3日目>
05:00 山小屋出発、途中で朝食をとる
10:30 吉田口山頂到着、昼食(別料金)をとる
12:00 下山開始
16:00 富士スバルライン5合目に到着・登山終了

「グラマラス富士登山」概要
日程    :2022年8月31日、9月3日、5日、7日
料金    :1名 280,000円(税・サービス料込)
星のや富士の宿泊予約および山小屋の宿泊料132,000円(税・サービス料込)
が別途必要です。
含まれるもの:牛王刷り体験、北口本宮冨士浅間神社参拝、ごうりきによる1か月前からの
事前カウンセリング、ガイドによる直前レクチャー、登山ガイド、フットバス、
夕食、山小屋での夕朝食
定員    :1回1組(2~3名)
対象    :小学4年生以上、69歳以下の健康な方
予約    :公式サイト(https://www.hoshinoya.com/fuji/)にて1か月前まで受付
備考    :プログラム内容は、状況により変更となる場合があります。

星のや
「夢中になるという休息」をコンセプトに、各施設が独創的なテーマで、圧倒的非日常を提供する「星のや」。国内外に展開する各施設では、その土地の風土、歴史、文化が滞在時間を豊かにするものとしておもてなしに織り込み、訪れた人を日々の時間の流れから解き放ち、特別な非日常へいざないます。
https://hoshinoya.com

星のや富士

河口湖を望む丘陵に溶け込むように建つ、日本初のグランピングリゾート。焚き火を眺めながら過ごすひと時、広大な赤松の森の中で愉しめる体験型の食事、自然の中で身体を動かす爽快感。常に屋外で快適に過ごせる環境の中、四季を通して新しい価値を提供します。
〒401-0305 山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408/客室数 40室
https://hoshinoya.com/fuji/

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
・湿度40%以上を保つ加湿器を全客室に設置(星のや東京、沖縄県内の施設を除く)
・レストランにおけるメニューのQRコード化(界ブランド全施設)

【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化および混雑予測サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)
・パブリックスペースへのCO2(二酸化炭素)濃度測定器の配備
・自然換気、機械換気など、建物の設計にあわせた換気の徹底

関連資料:【星野リゾート】コロナ対策まとめ

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

報道関係向け資料について

プレスルームにご登録頂くとリリースや画像などがダウンロードができます。

資料ダウンロード

この施設のお知らせ

メルマガ購読はこちらメルマガ購読はこちら