星野リゾート

星野リゾート

  • OMO7大阪

【OMO7大阪】「なにわラグジュアリー」を体感できる 「OMO7(おもせぶん)大阪 by 星野リゾート」 2022年4月22日に開業しました

  • OMO7大阪

寝るだけでは終わらせない、旅のテンションをあげる都市ホテル「OMO(おも)」は、大阪府大阪市浪速区に「OMO7(おもせぶん)大阪 by 星野リゾート」(以下、OMO7大阪)を2022年4月22日に開業しました。当ホテルは、新今宮駅の目の前に位置しており、交通の便がよく、観光スポットへのアクセス抜群です。それに加えて、土地の風情が色濃く残る新世界エリアがすぐ近くにあるため、これぞ大阪!と感じる体験をしたい方にはピッタリの場所です。当ホテルでは、「なにわラグジュアリー」を合言葉に、「笑い」と「おせっかい」を採り入れた大阪らしいおもてなしと、個性的なファシリティを通して、上質で贅沢な旅を提案します。本リリースでは、ホテルの全容を公開します。

「なにわラグジュアリー」を体感できるホテル
当ホテルが位置する大阪は、近畿地方において、経済・文化・交通の中心都市ですが、旅先としての魅力もたくさんあります。「食い倒れの街」と称される食文化をはじめ、「水の都」として栄えてきた歴史、商人の気質が生み出す自由闊達で人情味あふれる人たち。そんな街を満喫する旅を提案したく、「なにわラグジュアリー」を体感できるホテルを目指してまいります。「なにわラグジュアリー」とは、「笑い」と「おせっかい」を採り入れた大阪らしいおもてなしと、洗練された空間と上質なサービスが織りなす体験を意味しています。相反すると思われる2つの要素をかけあわせることで、コンセプトの「ほれてまうわ、なにわ」を感じていただき、他では体験できない当ホテルならではの旅を提案してまいります。

<パブリックスペース>
■約7,600平米!広大なガーデンエリア「みやぐりん」


「みやぐりん」は、都市部にありながら緑を感じられるガーデンエリアです。大きな芝生広場と、それを囲う段々のデッキテラスや散策路などで構成された、緑の丘のようなエリアで、思い思いの時間を過ごすことができます。電車が行き交う様子を眺められる東屋も点在しているので、電車好きの人はもちろん、街の活気を感じながらくつろぐという贅沢な体験もできます。

■大阪のお風呂屋文化を感じる外観と外に通じる天窓が特徴的な「湯屋」


エキサイティングな体験が連続する旅の合間には、広いお風呂でリラックスを。みやぐりんに併設されている湯屋は、大阪にお風呂屋文化が花盛りとなった時代を参考に「光と影」を表した外観が特徴です。天井部分には外に通じる天窓があり、浴室にいながらも、外の空気を感じることができます。外から光が差し込む時間帯には、浴室内に光がやさしく反射し、白い異空間のようです。

■ディープな仕掛け満載!全長約85mの開放的な空間「OMOベース」


大阪の旅を楽しくするディープな仕掛け満載のパブリックスペースです。全長約85メートル、高さ約5メートルの開放的な空間には、街の情報がつまった「ご近所マップ」に加えて、「OMOカフェ&バル」「OMOダイニング」「ライブラリーラウンジ」を有しています。大きな窓からは、都会にいながらも四季の移ろいを感じる景色を一望できます。

<客室>

いどばたスイート

いどばたスイート夜

コーナーツインルーム

客室は8タイプ全436室。特徴的な客室タイプのひとつが約60平米の「いどばたスイート」です。リビング空間には、大阪の代表的な観光スポットが描かれた「OSAKAボード」と、大きなテーブル、ソファを配しました。井戸端会議さながらに、旅の合間に、あんなことやこんなことを自由気ままにおしゃべりできます。最大6名まで宿泊できるので、ファミリーやグループでひとつの部屋に滞在できるのも魅力です。ゆっくり休みたいときには客室の四隅に位置するベッドスペースで。いどばたスイートの他、二面の大きな窓から通天閣や大阪の街を一望できる「コーナーツインルーム」をはじめ、旅のニーズにあわせて選べる多彩な客室を用意しています。

<食>
■大阪の食文化に独自のアレンジを加えたメニューを楽しめる「OMOダイニング」
・夕食

Naniwa Neo Classicメニュー一例

Naniwa KUSHI Cuisineメニュー一例

「大阪の食の本質を表現する」をテーマに、2種類のディナーコースを提供します。大阪の郷土料理や大阪で親しまれている食材を、フランス料理をベースにイノベイティブに仕上げました。「Naniwa Neo Classic(なにわネオクラシック)」と題した1つ目のコースは、箱寿司や船場汁などの大阪の郷土料理を華やかに表現。2つ目のコースは串カツをアレンジし、味も見た目も斬新な串料理へと変化を遂げた「Naniwa KUSHI Cuisine(なにわ串キュイジーヌ)」です。

時間:17:00~21:00
料金:各コースともに 1 名 13,000 円(税・サービス料込)
予約:公式サイト( https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo7osaka/ )より要予約

・朝食

朝食ビュッフェイメージ

ねぎ焼き提供イメージ

和洋食のビュッフェスタイルで提供します。大阪の食文化を語る上で欠かせない、ねぎ焼きやうどんなどの「粉もん」や、旨味のカギとなる「出汁」を楽しむことができます。削りたての鰹節からふわりと漂ういい香り、ねぎ焼を鉄板で焼くときの「ジュ~」という音など、ライブ感あふれる演出にこだわりました。

時間:7:00~10:00
料金: 大人・小学生2,500円、4~6歳(未就学):600円、0~3歳:無料 *いずれも税込

■気軽に利用できるカフェテリア「OMOカフェ&バル」

カフェメニューイメージ

朝食からバータイムまで、一日を通して気軽に利用できる「OMOカフェ&バル」。大阪の喫茶店文化が育んだミックスジュースをソフトクリームにしたり、大阪のソウルフード「たこ焼き」をスイーツにアレンジしたり。定番グルメにひとひねりを加えたメニューをクスっと笑いながら食べるもよし、「ほんまに?!」とツッコミながら写真におさめるのもよし!

時間:朝食7:00~10:00、カフェ&バル10:00~22:00

<体験>
■OMOブランドといえばこれ!街を丸ごと楽しみつくすためのサービス「Go-KINJO(ごーきんじょ)」
「Go-KINJO」は、ホテルから徒歩圏内の「街」を知り、新たな発見や出会いを通して街に溶け込むことをサポートするOMOのサービスです。「ご近所マップ」と「ご近所アクティビティ」の2つのコンテンツで構成されています。

・徒歩圏内のディープな情報が集まる「ご近所マップ」


OMOベースの入り口近くにある、幅6メートル、高さ4メートルの大きなボードに描かれたマップです。スタッフが実際に足を運んで見つけてきた、ガイドブックには載っていない、ご近所でおすすめのお店やディープなスポットを紹介しています。

・街の魅力をディープに体験「ご近所アクティビティ」
ええだし出てますわツアー(例)


当ホテルより徒歩 15 分ほどに位置する、大阪木津卸売市場を中心に大阪の「だし文化」について学ぶガイドツアーです。OMO7大阪にちなみ、だしにまつわる 7 つのポイントを解説しながら市場を巡っていきます。気になる食品や素材を買いたくなったら、ツアーの最後に訪ねる、だしや調味料などが品揃え豊富なスーパーで大人買いしてみて!

時間:7:30~9:00   料金:無料   予約:要予約    定員:10名

「なにわ」ってなんやねん講座(例)
ご近所さんをスピーカーとして招き、大阪の街の知られざる歴史や文化をお伝えする講座です。「地元の人が集う市場ってどんなん?」「大阪に銭湯が多いのはなんで?」「ヒョウ柄のおばちゃんってほんまにおるん?」など、独自の文化を育む大阪ならではの“なんやねん”をご近所さんと当ホテルスタッフが掛け合いながら語り尽くします。これを聞いたら、明日からの旅がより楽しくなるかも!
時間:20:30~21:00    料金:無料

■大阪をテーマにしたネオンアートで彩る「PIKAPIKA NIGHT(ぴかぴかないと)」

みやぐりんで開催する宿泊者限定のイベントです。トラやフグなど、大阪らしいアイコンのネオンアートが装飾された東屋で、至福の湯上がりタイムを過ごせます。芝生に寝転がってアナログレコードから流れる音楽に耳を傾けたり、ご近所さんのたこ焼きやクラフトビールのふるまいを味わったり、カラフルな提灯を片手に浴衣でそぞろ歩きをしたり。イベントのトリには、ホテルを覆う外装膜を利用した、ちょっとユニークな花火「PIKAPIKAファイアワークス」を鑑賞できます。
期間:2022年4月22日~6月30日
時間:20:00~22:00 *PIKAPIKAファイアワークス 21:50~22:00
料金:無料
対象:宿泊者
内容:なにわネオンアート、なにわレコードミュージック、ぴかぴか提灯
湯上がりご近所スタンド(たこ焼きとビールのふるまい)、PIKAPIKAファイアワークス

施設概要
施設名   :OMO7(おもせぶん)大阪 by 星野リゾート
所在地   :〒556-0003 大阪府大阪市浪速区恵美須西3丁目16-30
延床面積  :37,253.18平米
宿泊料金  :ツインルーム 1泊61,000円~、いどばたスイート 1泊109,200円~
*いずれも1室あたり・税込・夕朝食付
施設構成  :地上1~14階
客室、OMOベース(フロント、ライブラリーラウンジ、ショップ、
カフェテリア「OMOカフェ&バル」、レストラン「OMOダイニング」)、
みやぐりん(ガーデンエリア)、湯屋(温浴棟)
客室数   :436室
交通    :新今宮駅(JR・南海電鉄)目の前、
動物園前駅(Osaka Metro御堂筋線・堺筋線)・新今宮駅前駅(阪堺電気軌道)から
徒歩3分
開業日   :2022年4月22日
電話    :0570-073-099(OMO予約センター)
URL       :https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo7osaka/
設計デザイン:株式会社日本設計、東 環境・建築研究所、オンサイト計画設計事務所、
岩田 尚樹建築研究所
施工    :竹中工務店・南海辰村建設共同企業体

【ご参考】
「OMO」とは?


「OMO」は星野リゾートが全国に展開する都市ホテルブランドです。ブランドコンセプトは「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションをあげる都市ホテル」。地域と一体となって街を楽しみ尽くす旅を追求しています。全てのOMOで、街歩きをサポートするGo-KINJOサービスを展開。全国各地の11施設から「都市観光」の楽しさを発信していきます。

数字でわかる、サービスの幅


施設名のOMOのうしろにある数字は、サービスの幅を表しています。この数字があることで、旅の目的や過ごし方に合わせて最適なホテル選びが可能です。お客様のさまざまなニーズに合わせ、都市観光の旅をOMOがサポートしていきます。

報道関係のお問い合わせ先

星野リゾート 広報
TEL : 03-5159-6323
MAIL : pr-info@hoshinoresort.com

報道関係向け資料について

プレスルームにご登録頂くとリリースや画像などがダウンロードができます。

資料ダウンロード

この施設のお知らせ

メルマガ購読はこちらメルマガ購読はこちら